全く蚊に刺されなくなった謎

レス5
(トピ主0
お気に入り9

心や体の悩み

虫よけスプレーいらず

子供の頃から夏はよく蚊に刺されていました。しかし30歳を過ぎたころから体質が変わったのか加齢と共に血が美味しくなくなったのか、全く刺されなくなりました。夫は2歳年下の32歳ですが、庭に出たら速攻刺されて痒い思いをするので最近庭に出たがりません。

私のような方は他にもいらっしゃるのでしょうか?体質が良くなったのか悪くなったのか気になります。ちなみに夫はA型、私はO型です。

ユーザーID:7801098432

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 地域的なことではありました。

    転勤で職場が変わったときありました。
    同僚はよく刺されるのに自分は蚊に無視されていました。
    自宅では刺されるので年齢は関係ないですね。

    ユーザーID:3289216180

  • 私もそうです

    私も40代になって全然蚊に刺されなくなったと思っていました。違うんです。本当は刺されているんです。蚊から刺された事に気づいてすぐに殺しました。でも刺されたところは全く腫れていないし、痒くもないのです。でも刺されたところを掻いてみると痒くなって腫れました。ただ、10分もしたら腫れも引いて痒みもなくなりました。刺されているけど気づかない(痒くならない)だけなんですよ。免疫ができたんですね。

    ユーザーID:0806355023

  • ご主人が引き受けてくれてるから、とか…

    私の場合は、結婚したり子供を産んだり、してる間に、ほとんど刺されなくなりました。
    真っ先に子供に、次に夫が刺されています。
    蚊は体温高いと刺されやすいらしいんですが、体温高い順に周りが先に刺され、私までなかなか順番がまわってこなくなりました(笑)
    30歳の頃に、ご主人と結婚されたか、冷え性になられたか、何か思い当たりませんか?

    ユーザーID:2981673333

  • 最近分かったこと

    蚊に刺されて腫れるのは生理活性物質ロイコトリエン、痒みは生理活性物質プロスタグランジン2によることを知りました。

    これって、アトピーと同じ原因物質なんです。
    オリーブオイルなら問題にならないのですが、コーン油(オメガ6)等を多用すると体内にロイコトリエンやプロスタグランジン2がたくさんでき、蚊の一刺しに劇的反応を起こしています。

    旦那さんは外食が多く先の生理活性物質がたくさんあるし、トピ主様は外食はあまりされないんでしょうね、先の生理活性物質が少ないんです。

    という私も食生活で油を止めるようになった結果、蚊に刺されても腫れず痒みも速やかに引きます。
    いい体質になったもんだと喜んでいます。
    よかったですね。
    (うちではオリーブオイル一辺倒で、さらに亜麻仁油を飲んでいます。)

    ユーザーID:1433440379

  • 加齢で代謝が。

    蚊は動物の発する二酸化炭素に引き寄せられます。
    つまり、口からの呼吸と皮膚からの二酸化炭素
    が多いほど多く蚊がよってきます。
    女性と男性では男性に、より蚊がよります。
    年配者と若年者では若年者に、より蚊がよります。

    気候の変化などの要素はもちろん考えられますが、
    人間側の要素ではそれらが一般的に考えられます。
    ちなみに、血液型は関係ありません。

    ユーザーID:1533528417

レス求!トピ一覧