接客が苦手・・・

レス5
(トピ主0
お気に入り7

キャリア・職場

店員

接客が苦手といってもお客様とのコミュニケーションが苦手なのではなく、商品をおすすめするのがとても苦手です。
購入がほぼ決まっている方からの質問には対応できるのですが、検討段階のお客様に声をかけ、商品の説明をし、クロージングする、という段階の接客がとても苦手です。
特にクロージングの仕方が全くわかりません。
あらゆる接客マニュアルは読みましたが、その段階の接客のコツがかかれている本には出会えず。
接客業のみなさまにその段階の接客のコツ、またはそこに特化した書籍でも構わないので教えていただきたいです。
よろしくおねがいします。

ユーザーID:2842795953

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そればっかりは…

    ご自分で試行錯誤しながら習得するものだと思いますよ。
    かく言う私も知りたいと思う事がありますよ。ですが、簡単に得られた知識って、簡単に忘れますからね。

    こういう質問が出るって事は、向上心の現れだと思います。そのお気持ちを忘れないでくださいね。

    ユーザーID:3821340962

  • ようは販売が苦手ってことですね。

    販売の中でクロージング、つまりいざ購入の決断をせまるというのが苦手なのかな?
    クロージングというと、どうしてもお客さんの反応が気になったり売りつけている感があったりしてうまくできないのではないでしょうか。
    まず「売っている」という考えを捨てることが鍵だと思います。そしてクロージングの前にヒアリングに重点をおいてください。お客さんはその商品によって何かの悩みや欲求を解決しようとしている。
    具体的に今何がお困りか?どうなりたいのか?きちんと掘り下げて聞くんです。それを冷静に頭の中で分析し、気持ちに寄り添えるようにきちんと理解してください。
    その上で、じゃあこの商品ならその悩みや希望をこういう形でサポートできるんですとお話しましょう。そしてそれをやる時期、タイミングがこの商品であれば今がベストですと背中を押す。そうすると相手の心にすとんと言葉が入ります。私はこれがクロージングだと思っています。
    購入動機は十人十色。その方の背景を探りそれぞれのトークを展開しましょう。
    あなたが取り扱っている商品たちでお客様の問題解決をする。このスタンスでいけばクロージングもスムーズにいくと思います。

    ユーザーID:6687422679

  • 本当は声を掛けない方がいい…

    私は接客業をしていますが、お客 の立場から言います…一声掛けたら(ゆっくりご覧下さいとか)お客の目の届く範囲にはいて、放っておいてほしいです…☆一緒に選んでもらいたい方もいますが 、自由に見せてほしい人がほとんどだと思います…★決めるのはお客で 店員ではありません 何か贈り物にしようと思って、一生懸命 選んでいるかもしれないのです…そこへ 「お客さまのお手伝い」というのは お節介 でしかなく、お客に対して 妨害行為・押し売り をしている様でもあります。☆店員の 自己満足 にならないように、お客の身になったサービスをしてもらいたいと思います…(それで売上も変わりますよ!)

    ユーザーID:4422452279

  • 考えすぎずに・・・。

    トピ主さんがお客さんになって買い物に行かれてみては?
    店員さんにどんな対応をしてもらったら気持ちが良いか、どんな接客をしているか?
    コミュニケーションが苦手ではない、ということですので
    あまり考えすぎずに、ご自分がお客様の立場だったら、どう感じるか試してみてはいかがでしょう?

    ユーザーID:0191492238

  • クロージングが苦手ならば。

    あなたが何を売るかによってアドバイスも多少異なるのですが。
    クロージングが苦手ならばまずは空き時間にとにかくとにかく、シミュレーションしてみましょう。
    まずは今週納品されたカットソー。
    パンツを合わせるとかなり知的。オフィスにもばっちり。でも、こういうベルトを合わせてみたら、ちょっと女性っぽくなって、イメージ変わるかも。
    このスカートだと、セレブの休日っぽくていいなあ。
    で、髪をアップにすると、首元のカッティングが更によい。
    アクセサリーも映えそうだなあ。
    アクセサリー、やっぱりシルバーかな。あ、でも、日焼けしてたり、サングラスや帽子と合わせてみたら、ゴールド、いいかも。むしろゴールドの方がかっこいい!
    という感じで、ショップにあるお品物で合わせてイメージしていくんです。
    逆にこのカットソー、どんな感じの人が似合うかな?と考えてみたり。
    そのうちにご来店のお客様がそのカットソー触っていた時には、あなたの頭の中にはセールストークがたくさん詰まっているから、お客様の雰囲気に合わせて、ニーズに合わせて、アドバイスができるようになっている事と思いますよ。
    楽しんで!

    ユーザーID:3233718999

レス求!トピ一覧