あなたの恐怖の”G体験”を聞かせてください(駄

レス126
お気に入り90
トピ主のみ2

かんな

話題

トピを開いてくださり、ありがとうございます。

好きな人はいないと思いますが、私は”G”が大の苦手。
”G”とは、台所を徘徊する、黒光りした素早い奴のことです。

先日、夜中に水を飲みに行って、シンクのなかをカサカサカサと
ものすごいスピードで動く奴を見て、「ひゃああああああ」と、声に
ならない悲鳴をあげて逃げたところ、ドアに腕を思い切りぶつけ
物凄いあざを作りました。(十日ほど消えなかった)

奴と出会うと、理性がぶっ飛びます。
翌日、5000円分もG対策薬品を購入し(スプレー、ホウ酸団子など)
部屋のいたるところに設置。
(ホウ酸団子の黒い容器って、Gに似ていて、時々、心臓が止まりそうになる)
「プロが使う」を売りにした商品を中心に、金に糸目をつけず購入したので
今はなんとかでてきません。

みなさんのG体験をお聞かせ願えませんか?

ちなみに、うちの主人は独身時代、歯磨きコップの中にGがおり
それ以来、歯磨きコップは使わず、手で水を汲んで口をすすいでいます。
よほど怖かったんでしょうねぇ。

ユーザーID:6645952452

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数126

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 真冬に…

    あれは1月の寒い夜でした。
    入浴をすませて浴室から脱衣所に出たとき、ふと上を見ると、
    でっかいGが天井にへばりついているではありませんか!
    暖房もしていないのに、なぜこんな時期にいるんじゃー!!
    それ以来、冬でも油断できなくなりました。

    ユーザーID:6007770744

  • トピさんほど忌み嫌っておりませんが

    上京したての頃、1人暮らしの部屋を「飛行」する彼を初めて見ました。
    飛ぶんですよね…

    背中合わせで同僚と深夜残業中、視界に床を動くものが…
    同僚と示し合わせ、同僚が背表紙8cmはある、あるカタログを彼の上に投下。10分ほど放置…そろそろいいかな〜なんてカタログを撤去したらすばしこく逃げました。対衝撃性能もいいらしい。

    またまた、残業中、フロアの彼方で、別の同僚男性の絶叫が!
    小腹が空いたので引き出しのおやつを、と思ったら引き出しの中にいたんですと。

    成虫1匹見つけたら、100匹はいるらしいです。今年はとりあえずなりをひそめると思いますが、来年は早めに準備しましょう。早めの対策で、ここ数年我が家では見かけません。

    ユーザーID:2432358635

  • 3つほど

    ・学生時代にバイトしてたコンビニにて。
    夏の夜、裏口を開けると暗闇からこちらへ走って来る大量のGが…20〜30匹はいたと思います。
    Gは光に反応するみたいです。
    ・お風呂に入ろうとすると、壁にGが…
    お湯を沸かしてかけましたらピチピチー!!と言いながら、気のせいか灰色っぽくなって死にました。
    あののたうち回る様が異常に気持ち悪い。
    ・実家での事ですが、引っ越す前は結構古い家で、夜に台所に行って電気をつけると、必ず10匹はいました。
    あの光景は今でも忘れられないです。
    今年はまだ見てませんが、夜は毎日怖いです…(トラウマ?)

    ユーザーID:7814307056

  • 小学生の頃の出来事

    小学生の頃、祖母のオンボロ木造住宅に住んでいました
    あれは夏のゴールデンタイムに、弟とテレビをみていたら、何匹ものGが出現しました
    殺虫スプレーを吹き付けると、そいつらは逆ギレして、こっちに飛んできました
    それはそれは恐ろしいぐらいの数のGでしたよ
    すると弟がおもむろに掃除機を取り出して、なんとGを一匹ずつ吸い取っていきました

    その晩は、恐怖のあまり、なかなか眠れませんでした
    その時の体験は、弟と一緒に『Gの運動会」とよんでいます

    ユーザーID:1784777794

  • 飾りじゃないのよ羽はぁ〜ハッハ〜♪

    何と言っても「飛ぶG」がダントツで怖いですよ。

    昔、箪笥の上でなにやらカサカサと音がしていたと思ったら、
    いきなりブ〜ン!(と音がしたかどうかは恐怖のため不明)

    ああ・・ヤツには羽があったんだ。
    飾りじゃなかったのね・・・


    あと、友達の妹が口開けて寝てたら口の中に入って来て目が覚めたそうです。
    どう?
    正気ではいられませんよね。

    ユーザーID:3927696745

  • わかるぅぅ!!

    22歳の時に一人暮らしを始めましたが猟奇的にGが出現するアパートでした。
    夏は帰宅が憂鬱でした。玄関ドアを10cmだけ開け顔を挟み、台所を四方八方天井と床も凝視し「奴がいない」と確認しなければ中に入れませんでした。玄関から寝室に入る時も襖を10cmだけ開けて同じ行為をしました。ホラー映画シャイニングの有名なワンショット状態(笑)。奴らは妙な視線をこちらに投げかけてくるのか私がパッと急に振り向くと天井四隅のどこかに居ました。カーテンに3匹張り付いていた事も。そうなるとギャーとなり友人宅かホテルに泊まりました。バルサンをこれでもか状態で焚きお金が溜まったら即効転居しました。この世で一番怖いのがGです。

    ユーザーID:6775848077

  • 子供の頃

    妹と部屋にいたら、ヤツが侵略しに来たので、妹と二人、殺虫剤で応戦することにしました。

    果敢に闘う妹、物陰で応援する私、、、あの頃妹はけっこう度胸もあって、こんな時は頼れるやつでした。

    ところが、切羽詰まったG、なんと妹に向かって飛び、妹の周りをぶんぶん回った挙げ句妹の腕にとまって噛み付いた!!!

    「イタ!いたい〜!」と、必死でヤツを振り払う妹、恐怖のあまり失神しそうなヘタレな姉の私、、今思い出しても身の毛もよだつ地獄絵図でした。

    結局騒ぎにかけつけたG殺し名人の母によってひとつかみにされたGでしたが。
    それ以来妹は私以上の、無類のG嫌いになり、今年も無数のブラックキャップを家中におきまくっています。

    ユーザーID:2304362874

  • 今朝のことです

    洗濯機が洗濯終わったよーっていうから
    洗濯槽から脱水後の衣類出してたら

    ・・・いるんです
    やつの 足 が 1本

    タオルに頭

    どうやら一匹 入ってたようです

    恐いよー
    こんなこと初めて!!!

    この洗濯物どーすりゃいーの!!!

    ユーザーID:1015787142

  • 先週の土曜日

    先週の土曜日、主人と美味しいトンカツ屋さんに行きました。

    通された席に座ったら壁に黒い大きな虫が…

    も・もしやこれはあれ?
    「ひぃぃ〜」と声にならない悲鳴が出ましたが、騒いではいけないと、スタッフを呼びました。
    スタッフがもたもたしているので主人がおしぼりで採ろうとしたら逃げちゃったんです。

    その後席を変えてもらい、見ていた周りの客も私たちも何もなかったように食事をしましたが、美味しいはずのカツの味は気のせいか微妙でした。


    主人は大学時代、ボロアパートの住人でした。
    寝ていたら顔がくすぐったかったのでパチン!と叩いてそのまま寝続け朝起きたら枕元に特大のGがひっくりかえっていたそうです。

    このくらいの素早さで退治したら良かったのに。

    でももうあの店には行けないかも…

    ユーザーID:1600887717

  • Gと聞いただけで血の気が引きます

    ヤツと遭遇すると頭の中は真っ白、心臓バクバク、冷や汗たら〜りです。
    年1回か数年に1回くらいしか出ないのですが毎年この時期は恐怖です。
    今までで一番怖かったのは数十年前の体験です。
    窓を開けたら何やら私に向かって黒い物体が飛んでくるではないですか。
    慌てて窓を閉めたと同時にヤツはガラスに激突、危機一髪でした。
    それ以来ますます怖くなり、遭遇するとこの時のことが鮮明に蘇ってきます。

    ユーザーID:2109351793

  • 茶羽G

    昔アルバイトしていた職場でのこと。
    もともと古いビルだったのと食堂の真上の部署だったためか茶羽Gが多かったのです。
    ある日、掃除機をかけようと空になったビール瓶ケースを移動させたら壁の細い溝に茶羽Gの大群がビッシリと詰まっていました。
    また、書類で整理されていない机を拭いていたら茶羽Gが横断。嫌な予感がしたのでスチール机の隙間(空間)に殺虫剤スプレーのノズルを突っ込み噴射。机の隙間から茶羽Gがポロポロと落ちてきました。
    因みに整理整頓された机には茶羽Gはでませんでした。

    極め付け。
    電話で対応中に足がモゾモゾするので「何だろう?」とズボンの上から触ったら何かいる感触。思いっきり足踏みしてみるとズボンの裾から茶羽Gがポロっと落ちてきました。声をださずに悲鳴…。

    兎に角、茶羽Gが多い職場で毎朝の日課は茶羽Gが潜む所の殺虫剤噴射のお掃除。
    ゴキホイホイは余計に呼び寄せるというので設置しませんでした。

    最後に仕事中に足元を見てみると一生懸命卵を産もうとしていた茶羽Gを見つけた時は思いっきりため息が出ましたよ(はぁ〜…)

    ユーザーID:9074413596

  • 恐怖と言うか…

    まだ子供が小学校の低学年の頃の話です。
    残業をしていた私の携帯が鳴りました。妻からでした。
    切羽詰まった声で「早く帰って来て!」何かあったのかと驚きました。
    何事か聞いたら居間にGが出現したと言うのです。しかもかなり大きいとの事。
    実際にGを目にしたのは息子だったのですが、息子曰く「手のひらぐらいの大きさ!」んな事あるかい!

    まぁ仕方ないので仕事を切り上げ帰宅。
    息子にもう一度聞くと「こんなに大きかったよ!」と手で示した大きさはやはり息子の手のひら程度。
    出現から1時間以上経っていたので居ないとは思ってましたが、とりあえず退治するフリでもしないと妻も息子も納得しない状態でした。
    丸めた新聞紙片手に居間へ。
    すると椅子の下にいたのです!黒光りするヤツが!
    ……しかしそれ程大きくない、いやどちらかと言えば小振り(約3センチ)のG。
    躊躇無く叩きつぶして合掌。

    息子に確認すると、ターゲットは間違いなくコイツだったそうですが、どこをどうみたら3センチが手のひら大に見えるかな?
    家族そろって大笑い。大山鳴動して小G1匹って話でした。

    ユーザーID:5917055203

  • G嫌い!

    Gはほんとに恐怖ですね。

    看護学生時代、実習や試験で疲れ果て
    部屋の掃除を怠っていたときのことです。
    布団で寝ていると、何かが首元を歩く感触がしました。
    蜘蛛かな?と思って(蜘蛛は大丈夫なのです・・・)
    手で掴んでみると、大きなG!!
    飛び起きて、死闘を繰り広げました。

    看護師時代、夜勤で病室を巡回中
    どこからか、カリカリという音がしてきました。
    なんの音だろう?と調べると
    なんとGがベッドの下で、固くなった食パンを食べている音でした。
    ひぃ〜と思うと同時に、『歯があるんだな』と妙に感心しました。
    退治しようかと思いましたが、先輩に止められました。

    私の友達は、食器洗い中に
    コップをゆすいで、コンと逆さに置いたら
    コップの中にGがいたそうです。
    ミラクル!

    ユーザーID:7561202535

  • あります!

    とある暑い日。ベッドに横になってクーラーのリモコンを。
    と、頭上のクーラーから
    「バリバリバリ!」
    っと異音がするやいなやばらばらになったGが降り注いでくるではありませんか!
    いまだにクーラーのスイッチを入れる時は離れてます

    ユーザーID:6164764007

  • 寝そべっていたとき

    自分の部屋でゴロゴロしていた時に、足の上をモソモソと移動していきました。
    ぱっとみたらGでした。

    もちろん悲鳴。

    父に退治してもらいました。

    今でもたまに足に違和感を感じるとあれ?ってびくびくします。

    ユーザーID:6488652150

  • 多分、触りました。

    5年くらい前、彼の家で。

    部屋を暗くして二人で映画を見ていました。
    ふと、真横にある、部屋のドア(引き戸)の上を
    何か黒いものがすすっと横に動いた気がして目を惹きました。

    焦って彼の腕をつつき「あれGじゃないの?」
    「えっ」と彼がそちらを向いた時にはもういませんでした。

    「気のせいだって」
    「そうかな」

    そして映画が終わり、隣の部屋への引き戸を開けたら


    何か、軽いもの、軽くてカサッとしたものが腕にあたって落ちました。
    刹那のことですが、腕にあたったものは、私の腕の上を、
    少し、移動してから落ちたように感じました。


    「ぎゃあぁああああぁ、ああああぁぁ」


    日頃から多少うるさい私ですが、あれほど大声で喚き
    腕をちぎれんばかりに振り回したたことはなかったと思います。
    多分、やや白目になっていたと思います。

    ちなみにその夜はほぼ寝ずに家中ひっくり返して探しましたが
    どれほど粘ってもGは見つからず
    私のしつこさに流石に腹を立てて先に寝た彼に
    「ブラウンの声でイヤになったんだろ」と捨て台詞を吐かれました。

    ユーザーID:9047119723

  • 口からヤツの足がはみだしていた

    若かりし頃、沖縄に一時住んでいました。
    その時にネコを譲り受け、飼っていたのですが
    メスで狩りがとても上手で、毎夜、ヤツをつかまえて遊んでいました(涙)
    まあ、他にもヤモリや雀とかイロイロプレゼントしてくれましたが。。
    私がたいていとりあげて捨ててしまうので
    せっかく捕まえた獲物は
    フレッシュなうちに食べよう♪と思ったのか
    ある日、ふとネコを見ると
    口からヤツの足がはみだしていました。。。。
    しばらくネコに近寄れませんでした。。。

    でも、ネコのおかげ(?)で
    今でもヤツを仕留めるのは早いです(笑)

    ユーザーID:0375345380

  • 一番ゾッとしたこと

    かなり前の出来事ですが、スリッパに足を入れたら何か違和感。脱いだスリッパを振ったら中から元気なGが!!背筋がヒヤリとしました。

    ユーザーID:2447829083

  • 飲食店にて(苦手な方は読まない方が…)

    飲食店でアルバイトをしていた時のこと。

    フライヤー(揚げ鍋)の裏に1匹のGがコソコソと逃げて行ったので、
    すかさず熱湯をバチャっとかけると、放射線状に大量のGが脱走!!(ヒョェ〜ッ)
    小さいヤツですけど、ざっと数百匹はいましたね。
    思い出すだけでも鳥肌物です。

    あとは、カルガモの引っ越しならぬ、Gの引っ越しも見かけました。
    大きなGの後ろを3匹の子Gが付いていく姿には少しだけ和みました(笑)

    ユーザーID:6939608176

  • 腕に止まった…

    随分前ですが、義母と夫と外で(義母のマンションの敷地)立ち話をしていました。

    右腕に(二の腕)にGが止まったんです。…よりによってノースリーブ(涙)

    「ぎゃあああ〜!」と思わず悲鳴を上げたら、ボテッとGは落ちて逃げて行きました。義母が追いかけたら(やっつけようとしたのでしょうか)素早く逃げて、最後は飛んで行きました。

    初めて気付いたのですが、腕に止まっても感触は全くありませんでした。

    速攻自宅に帰り、腕を念入りに洗ったのは言うまでもありません。

    ユーザーID:2002172195

  • 服の中に…

    学生時代の話。
    キレイにしているのですがどうもGが多い(退去時に確認したら台所の冷蔵庫設置場所のすみに小さな穴があった。素敵な分譲マンションだったのに…)。
    気をつけながら生活していました。
    ほぼ100%台所に出るので、寝室はすきま風ガード用のスポンジなどで完全密閉し、出たことがない安全地帯でした。

    ある秋、帰宅して安全地帯の寝室で部屋着に着替え、ベッドの上に置いてある長袖パーカーを手に取り、粗暴な私は昭和のドラマかはたまた踊る〜の青島刑事かと言わんばかりに乱暴に羽織ろうとしました。
    その時遠心力でパーカーから飛び出していく黒い物体!


    あの時普通にそっと羽織っていたら…。
    本当に恐ろしかったです。
    それ以来外に出してあった服は振ってから着ます。

    ユーザーID:4319261561

  • ほんとに怖いですよ!

    覚悟はいいですか!?

    まず小学生の頃、夜ベランダから外を見ていました。何かが後頭部に飛んできて髪に絡まりました。何か解らないけど恐怖で大泣き。そうです、Gです。父親が取ろうとするも完全に絡まってしまってなかなか取れず、無理矢理引き剥がすと、取れた手足が髪の中に…。

    これまた小学生の頃、運動靴をはくと、あれ?なんだか急に靴が小さくなった?
    なんだか窮屈です。外の階段に座って靴を逆さにポンポンとするとGが出てきました。そのまま小一時間動けませんでした。

    夏の初めにクーラーをつけました。なんだか変な音が。
    吹き出し口の下に顔を近づけて覗いていると、バラバラになったGの残骸が顔めがけて飛んできました。

    洗濯を干してました。なんだか黒いプツプツが洗濯物のいたる所についていました。何だろう?と思いながらつまんで取ってました。どこかで見たような物体?
    ちぎれたGの手(足?)でした。
    Gを洗濯機でまわしてました。

    ムカデもハチも超スーパー大ゲジも、何も怖くない私ですがGだけは幽霊より怖いです。見ると完全に金縛りになります。

    ユーザーID:9778817818

  • GGGGG

    お風呂に入っている時になんかお腹の辺りがこそばゆいな?と思ったら
    Gが!!

    和室で寝転んでいたら「カサカサ」と音がするので見るとGが!!
    「ぎゃーーー」と大声をあげたらGは「ビクッ」として逆方向に逃げた。その「ビクッ」のほうが怖かった・・・

    友人がある国で留学中、下宿で寝ていると無数の視線を感じて目が覚めた。
    窓が何枚もある部屋だったのだが、何故かすべて真っ黒に。
    よくよくみてみると全部G!!
    お互い牽制しあって動けなかったがあとずさりしながら友人は部屋を出たが3日間帰れなかったらしい。
    後で聞くと屋上にある貯水タンクがGの巣になっていて最上階の部屋に降りてきたらしい。数百匹はいたらしい。

    Gにはコンバットが効きます。コンバットを置くと1匹もいなくなりますよ。ホウ酸団子は水を飲みにきて絶命するので・・・・

    ユーザーID:0078863779

  • 妹の体験談

    寝ていた時、耳元でカサカサ、カサカサと音がするので目が覚め、かゆみもあって何気なく耳元に手を当てたらGだった、という恐怖体験話を聞きました。
    Gはすごい速さで妹の耳から離れた後、なぜか壁に張り付いてとまり、妹とにらめっこしたとか。
    呆然としていた妹はやっと事態に気づき、悲鳴をあげてベッドから飛び降りたとか…

    私もG対策はめっちゃします。
    死骸を片づけるのも嫌なので、Gワイパー?という商品をいたるところに仕掛け、今のとこお目にかかっていません。

    ユーザーID:3119524354

  • 今は見ませんが、

    今はお気に入りの駆除剤(置型)を置いてるので全く見ませんが、
    以前、駆除剤で放浪していた時は頻繁に見かけていました(涙〜

    その時のお話です…遠い目。
    ウチの電子レンジは白いタイプ、
    両脇に横5cmくらいの放熱の用の隙間が数段並んで付いていて
    ある日、目がその隙間に吸い寄せられたんです。
    何かモゾモゾうごめくその黒い物体の正体は?
    なんとゴキちゃん!
    その隙間に入って身動き取れない状況に陥っておりました。

    後は聞かないで下さい(願)

    ユーザーID:3771378161

  • Gが居ない家だと思ってたのに

    朝起きて、トイレのドアを開けたら、黒い大きななにかが素早く動いたので、とっさに避けようと足をぱっと開きました。するとその何かの逃げる方向、タイミングと私の動きが一緒だったらしく、一瞬で思いっきり踏みつぶしました。
    あの感触は今でも残っています。

    あまりの出来事に家族にはいまだに話していません。

    ユーザーID:8953758093

  • G in スニーカー

    中学生だった私は、その日の朝いつも通りにバタバタと「いってきまーす」と玄関に行き、
    スニーカーを履こうとしたその瞬間、スニーカーの中で何かがつぶれる感触が・・。

    後はご想像にお任せいたします。

    ユーザーID:1241552822

  • 私の場合・・・

    ある夜、リビングで一人新聞を読んでいたら
    目の端にカサッと動くものが・・・。
    思わず視線を向けるとそこには”G”!

    思わず、「ぎゃぁ〜〜〜〜」と叫ぶ私。
    何事かと駆けつける母。

    ”G”がいたことを説明すると、
    「そんなことで叫ぶなんて近所迷惑!」
    と私を睨み付け、あっという間に撃退。

    私を睨み付けた母のその目には、確かに殺気がありました・・・。
    絞め殺すぞ・・・という感じの。。。

    その後すぐ、自分の部屋にいたときにまたまた”G”登場!
    私の大切なコートの上をゴソゴソと走り回る様子に心臓バクバク。
    アドレナリンがピューピュー分泌されているのが感じられ
    思わず叫びそうになりました・・・が、母の殺気のある目が瞬時に
    フラッシュバック。

    今叫んだら、たぶん、”G”より先に私が抹殺されること間違いなしな
    気がしたので、遠のきそうになる意識をなんとか保ちながら自力撃退
    した次第です。

    ”G”も怖いですが、うちの母も怖いです。。。

    ユーザーID:3799358374

  • 2つほど

    1:
    朝起きて、1階へ下りて行くと、絨毯の上にバラバラにされた、黒い彗星Gが!!
    飼い猫の仕業でした(涙)
    しかもどう見積もっても1匹じゃない((足が8本くらいあった…)。
    沢山退治してくれたんだね、と、得意げに鼻を広げる猫を褒めておきました(涙)
    しかも外猫だったので、絶対持ち帰ってきてた…。

    2:
    就職祝いに数人で、人生初居酒屋へ。
    「かんぱーい☆」とグラスを合わせ、ミルキーなカクテルを一気飲みした友達。
    カン!とグラスを置いた瞬間、周りが絶叫。
    グラスの中には、氷で圧死した黒い彗星G。
    今思い出してもゾッとします。

    ユーザーID:0325850546

  • 混浴♪

    高校のときの友人の話でもよければ・・・。
    ある夏の晩、窓を開けて湯船に浸かっていたら
    Gが突如「ブ〜ン」と飛来し、彼女の豊かなデコルテに着地したそうです。

    お昼休みにヒイヒイ言いながら聞いていましたが
    後ろの席で眠たそうにしていたクラス随一のコワモテ不良君が
    こちらを二度見していたのも可笑しかったです(笑)

    ユーザーID:1853221049

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧