猫にアロマオイルは…

レス11
お気に入り34

にゃん

話題

猫にアロマオイルが良くない、らしいのですが、、、
猫を飼っている皆さんは、アロマオイルは使わないようにしてますか。
トイレに殺菌効果のあるアロマオイルを香らせたいのですが、、、
トイレに猫は行きませんし、ドアの開閉時に香りが廊下に流れるくらいですが。

ユーザーID:8684974145

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 専門家ではありませんが・・・

    我が家にも猫がいて、私はアロマを愛好してる者です。

    一般的に、猫は柑橘系の香りを嫌うと言われてます。
    直接舐めたりしなければ、毒にはならないはずなので、猫が嫌う香りでなければ、ディフューザー等でアロマを楽しんでもいいのではないでしょうか?

    ちなみに、わが家の猫はアロマの柑橘系の香りも好きですし、アロマを焚いてると、リラックスしながら眠ります

    ユーザーID:2492923928

  • 我が家の猫の場合

    我が家の猫の場合ですが....
    普段はよくラベンダーを使いますが、これは好きなようです。
    ラベンダーのポプリを枕にして寝ていたりします。(笑)
    ただ、苦手な物もあるようでユーカリは好きではないようです。
    獣医師さんに相談してみたらいかがでしょうか。

    ユーザーID:2408531613

  • 猫にアロマオイルは毒になります

    猫にアロマオイルは毒になります。

    猫は犬と体の構造が全く違います。

    ネコは、精油などの化学物質を分解するための酵素が肝臓で合成することが
    できないのです。
    そのため、他の動物と比べても薬剤や植物を含めた多くの化学物質に
    中毒する率が高くなっています。

    ひどい場合は仏壇の線香の煙で中毒になるケースもあるそうです。

    また、重金属の中毒に似ているため、徐々に体内に分解されない
    毒物が蓄積し、ある日突然猫が発病、すでに重症ということもあります。

    トイレのドアの開閉時に成分が廊下に流れ、
    それを猫ちゃんが吸って、
    体内に蓄積され、
    やがて発病ということもありえます。

    やめた方がいいと思います。

    ユーザーID:4134916180

  • 猫を大事と思うなら

    >猫にアロマオイルが良くない、らしいのですが、、、
    もう少し詳しくお調べになられては?
    中毒になったり、最悪の場合は死んでしまう事もあるようです。
    少しなら大丈夫、種類によっては危険じゃないと言われてもそれは自己責任で。

    ユーザーID:4881939039

  • 舐めなければOK

    香料ではなく天然100%のエッセンシャルオイル(精油)の事ですよね?

    確かに猫は肉食動物なので植物の成分はうまく分解できないと聞きますね。
    特にジュニパー(腎臓に負担)ティートリーはダメと聞いたことがあります。
    が、うちの猫はジュニパーの香りが好きなんですけどね…
    あと動物病院でティートリー入りの軟膏が出た事あります。
    (エリザベスカラー有りなので舐める可能性はない)

    植物の香り(成分)なので、元々自然の中で生きていた動物にとってさほど害があるとは思えませんし。

    絶対舐める事のないようにしておけば、香りを香らせるだけなら全く問題ないと思いすよ。

    ただ猫が嫌う香りもあるのでアロマの香りがある場所から移動できる環境が好ましいですね。

    ユーザーID:8131278983

  • 試したことありませんが・・・

    たまに、獣医師の方のブログやHPでアロマの注意喚起を
    みかけますよね。

    アロマの粒子って本当細かい、だからこそ無意識にも
    きいて色々な効能が効果でてくるんでしょうけど、
    それが空気中にディヒューザーなどで蔓延していたら、
    猫の毛につき、いずれは体内へと入ってしまうかもしれません。


    人と違い、家猫ならずっとその中で生活しているし
    小さい固体なので人間よりは影響を受けますよね。

    アロマが好きな猫ちゃんもいますが、
    だからといって飲ませたり、オイルマッサージとかして
    1日で死んでしまったコがいると、獣医師のブログに
    ありました。


    これを見て、ディヒューザーは却下しました。
    なので私は必要な時に、自分だけ嗅いでます。

    ユーザーID:1936581963

  • 匂いに敏感な生き物ですから

    匂いの強いものはやめた方がいいかと。

    私は香を聞くのが好きでしたが、猫を拾ってからはやめました。

    猫に悪いかも知れないと、香取線香の類やゴキブリ○イ○イの類もやめました。

    どうしてもアロマオイルを使い続けたいのなら、成分を書きだして獣医師さんにでも相談してみては如何でしょうか?

    ユーザーID:0388435149

  • 私なら使わないな

    ネコを飼っていないので、ネコにアロマがダメ、ということは初めて知りました。

    私なら、アロマは使いません。

    たかだかトイレの芳香剤程度のことで、ネコを危険にさらすかもしれない、なんて、ナンセンスだと思いません?

    ユーザーID:4542327148

  • 選択の基準

    2年前から猫を飼っています。
    アロマテラピーが好きだったので私もいろいろ考えました。
    結局飼ってから芳香浴は一度もしていませんが。

    まあ実際のところ、トイレで精油を香らせても問題はないかもしれませんよね。

    でもにゃんさんは万が一猫に何かあったとき自分を責めずにいられますか?
    自分の「きっと大丈夫だろう」という判断を後悔することはありませんか?

    私の場合は『危険だから』じゃなくて『後悔したくないから』が基準でした。

    とはいえ私も今だに精油を使うこともあるので(洗濯やニキビ治療など)
    偉そうに言えた立場ではありませんけど・・・。

    アロマってけして万能ではないですよ。
    トイレの匂いには小まめな掃除とよく効く消臭グッズのほうが効果ありそう。

    ユーザーID:9093272516

  • 意外と知られていないようですが

    人間には無害なのに猫には毒、って沢山ありますよね。
    アロマの精油成分もそうです。
    なのに、なぜかあまり知られていない…
    獣医師さんさえご存じないこともある。

    今の子を飼い始める時に、ネットで調べて初めて知りました。

    私、ラベンダーオイル、必需品だったのですが…
    この子を危険な目にあわせるくらいだったら、と使用をやめました。

    揮発したものが空中を漂い、猫の体につき、それを毛繕いの時に舐めてしまう、という方法で、直接口にしなくても体内に入ってしまいます。
    皮膚からじかに浸透するルートもありえます。

    ほんのわずかなリスクを負わせるのも嫌!という
    私の神経質な溺愛ぶり、家族には笑われていますが、
    だって危ないってわかっていてできないよ、と反論しています…

    ユーザーID:3380073786

  • トピ主です

    レスが遅くなりすみません。
    皆さん、レスありがとうございました。

    アロマオイルが猫に良くない、というのをまだまだご存知でない方が多いように思いました。

    私は5年ほど前に知りました。アロマオイルのお店の方に聞いても、そんなこと聞いたことありませんなどの反応でしたので、うーん、実際のところ、とうなの?とモヤモヤしながらも、知ってからはアロマオイルを楽しむことはやめにしてました。

    トイレの開閉時に香りが流れる程度なら、たいしたことない!?と思ったりしましたが、大事を取り、トイレでの使用もやめておこうと思います。

    ユーザーID:8684974145

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧