暑い時期の、怖い話!

レス21
お気に入り237
トピ主のみ0

アキヒロ

話題

日本の夏は、本当に暑いですね。

僕は、外をちょっと歩いただけで、汗だくです

こんな暑い時期には、やはり怖い話!

皆様が体験した、怖い話などがあれば、どんどん投稿してください!

皆様、エアコンに頼らず
少しでも暑さを和らげましょう!

ユーザーID:8784245024

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あの声は…

    一昨年、義父が亡くなりました。嫁である私を可愛がっていただき、そんな義父が大好きでした。死因は心筋梗塞。あっという間の出来事で、私は子供のように泣きじゃくる事しか出来ませんでした。
    家には訃報を聞き、続々と親戚縁者が集まり、私は挨拶してお茶を出したり、嫁の仕事が待ってました。一気に人で溢れた我が家。接待をしながら私は一人、聞いてました。どこからか聞こえてくるお経を。お坊さんは呼んでません。賑やかな話し声に混じり、男とも女とも知れないあの声…。強いて言えば、変声期前の男の子?でも大人の声に間違いはない。なんて聡明で神秘的な声…。お義父さんありがとうと心の中で手を合わせました。

    ユーザーID:5251108308

  • 皆様のレスが楽しみです。

    私の体験話は
    子どもの写真を撮ったら煙り?を吸っているような写真が
    撮れてました。
    そのようなものは何もなかったのに。
    (タバコのように煙りではなくて綿を吸っているような)

    あと夫の母親の葬式のとき、棚の端から端までバタバタバタバタバタッ!て音が。
    みんな、聴いてます。
    ネズミか何かじゃ?って言った人もいたけど、見なかったです。
    100歩譲ってネズミを見逃したんだとしても
    そんな激しい音なら棚の上にあったものが、一つも揺れない&落ちないなんて
    不自然だし…

    お葬式で義母の話をみんなでしてたからかな、って思ってます。
    ちなみに私は嘘臭く聞こえるかもしれませんが
    もし近くにいるなら何か合図してほしい
    って思った直後だったのでドキッとしました。

    ユーザーID:1708888303

  • 素敵ではない金縛り

    私の母方の家系は「見える、感じる」
    の能力が有ります。

    父は普通の人と思って居ましたが、二度の体験が有りました。

    自身の体験談を語ります。

    私の実家は、集まって来る様で

    妹が「昨日、亡くなったお祖父ちゃんが来た【喉が乾いて空腹】と言ったからお茶とお茶菓子を出した」

    「昼間に古い軍服の兵士が庭を歩いてた。近所で明治時代に戦死した人は居る?」

    妹は「怖く無いよ」
    と言ってましたが、私は実家の冷たい空気感が不気味でした。

    「見える」能力は低くて「感じる」しか持って居ませんが

    金縛り…何回か経験しました。
    異様な気配で、夜中に目が覚めました。
    体が動きません。叫びましたが声も出ません。
    何かが近づいて来る。
    天井に黒いドーナツ状の煙りみたいな物が、凄い速さで回って居て、中に男性の顔が有り私を見て居ました。
    気を失って目が覚めると朝でした。
    病院に入院した夜に、金縛りにあいました。

    金縛りの経験は、場所が関係すると思います。

    私は能力が低くくて、訴えが解りません。恐怖しか感じません。

    ユーザーID:4462615279

  • プリクラで見知らぬ人が

    旦那と子供(1才&2才)が撮ったプリクラに見知らぬ人が写りこんでました。
    3人のはずが4人。
    うすぼんやりですが、確かに女の人が。
    しっかりカメラ目線。
    気のせいかな〜と思ってましたが、旦那が会社の同僚に「この間子供達とプリクラ撮ったんだ♪」と見せた所…
    「これ誰?」と4人目を指差し。
    やっぱりいるよ〜

    ちなみに旦那は、この手の話は半信半疑。
    幽霊(?)のことより子供達の笑顔が可愛いからと車のダッシュボードに一枚ペタリ。

    ありえん…

    ユーザーID:9131628196

  • 20年も前のことですが

    今でも思い出す不思議な出来事がありました。
    その頃 実家の飲食店を手伝っていた私は,お昼の忙しい時間帯が終わり店の外に出てホッと一息ついてると道の向こうに遠方に住んでいるはずのいとこの姿が。 田舎に遊びに来たのかなと思って「久しぶりやなあ〜いつ来たの?」と話しかけると、ニッコリ笑いました。私が「お茶しよう。ちょっと待ってて」と言いお財布を取りに店に戻り、再び外に出ると彼女はいません。他に用事があったのかと思い、また来るだろうと、その時は深く考えず夜になりました。
    そして親戚からのあの電話が…。彼女がその日の朝早く亡くなったと…。私が彼女?に会った時間帯には既に亡くなっていたのです。
    私が会った彼女は一体何だったのか,あれは何だったのか今でも不思議でなりません。

    ユーザーID:1922020005

  • 聞いた話しですが…。

    私の姉の友人の話しですが。東京で1人暮らしを続け、頻繁には帰らなかった故郷。予定が狂ったのと、お盆休みが長く取れた事もあり、久し振りの帰省になったそうです。ラッシュに当たり、暑さも手伝って家に着いた時はクタクタでした。家族は喜んで迎えてくれましたが「ちょうど皆でお墓参りに行くとこだったのよ。アンタも来なさい」と母親に言われたけど「え〜もう少し休ませてよ!先に行ってて」と1人で寛いでいたら、廊下を歩く足音が聞こえて、誰かいるのかと見たら、生前可愛がってくれたお婆ちゃんが廊下の壁に消える所でした。怖くはなかったけど、慌ててお墓参りに行ったそうです。
    アキヒロさんは、怖い話し好きなんですね。霊は脳が見る錯覚とか云々と言われますが、それは皆さん死んでわかる事です。色々体験談はありますが、見えて迷惑な事もあるんですよ。
    因みに、私〔花子=マッシュ〕です。

    ユーザーID:5251108308

  • 病院のお話

    恐いかな?私には恐くないのですが・・・臨死体験をしたと言う話しはよく聞きますが、私は臨死体験は見れなかったがその後にすごく不思議な事がありました
    ICUで1週間ほど意識が不明だったそうです 意識が戻りその日はもう夜だったらしくて、そのまま寝なさいと言われました
    翌朝、起きるとBGMでお経が聞こえるんです 沢山のお坊さんがお経を唱えているのです あれ?不思議なBGMだなとその日はそのまますごしました
    ふと大部屋の端っこあたりにベッドに座って本を読む優しそうな顔のおじいさんがいました こちらを見てニッコリしてくれました
    翌日、あまりにお経が不思議だから、家族に「BGMでお経流れなる?」と質問したら「流れてない」と言われ「あそこにおじいさんいてニッコリしてくれた」と言うと「誰もいないよ」と言われ頭が大混乱でした
    しかし翌日からも、外は雨だよと言われると、なぜか部屋の全体の風景が見え窓から外が見えてました
    窓はベッドの後ろでしかも、私からはまったく見えず、遠くの窓はほぼ空しか見えない状態なのに風景が見えてました
    薬で幻覚が見せたと思いますが私にとって不思議なICUでの体験でした

    ユーザーID:0613189946

  • お仕事で

    第2弾行きます!!昔写真屋さんで勤めていたのですが
    現像をしプリント作業をしていたんです
    あるアミューズメントパークでの写真なのですが、ある写真にありえないなって感じの写真が写ってました
    それはある物の横でカップルが写っている写真なのですが
    すごくよく撮れた写真なのですが・・・
    そのある物の部分に大きく男性の透けた顔が写ってました。その男性は中年男性 しかも笑顔

    写真を見ながらプリントだが・・・その機械の画面でわかるぐらいなのである あ〜これをプリントしていいのかと悩み、同僚に相談したが
    一応プリントをしました せっかくの記念写真だからね

    もう一枚怪しい写真があったので、ネガを2重撮りしてしまったのだろうとは思いますが、プリンとしていいのか悩む写真でした

    勤めて思いっきり驚いた写真でした

    ユーザーID:0613189946

  • 実際に体験した。

    6月、オーストラリアのゴールドコーストに行った時の出来事。今時のホテルは、ベランダに出れないがそこのホテルは、出れた。高層のホテル。海が綺麗だったので主人とベランダから写真を撮ってた。その日は、寒かったので部屋の温度が下がってしまうからと、ベランダの窓を閉め、ベランダに出た。もちろん、部屋には、誰れもいない。が、ベランダの窓の鍵が勝手に閉まってしまい、部屋の中に入れなくなってしまつた!ベランダで騒いでいたら、斜め上の方が気が付いてくれ、ホテルのスタッフを呼んだ。スタッフに苦情を言うと、こんな客は、初めてだと言われた。誰れが、閉めたんだ!!!

    ユーザーID:1428022440

  • プリクラ

    10年ほど前の話です。小学校高学年の娘が友達と2人でプリクラを撮りました。何枚か連写のものです。
    最初の1枚は普通の写真でしたが、2枚目以降、2人の周りに現れた白っぽい煙のようなものがだんだん大きな渦を描いていく様子が写っていました。そして、最後の写真には、2人の真ん中に小学校低学年の女の子が立っていました。
    カメラ目線でこちらを向いた顔は、目が離れて鋭い目つき。例えて言うなら奈良美智さんの絵のような感じの女の子でした。撮っている時、言いようのない違和感があったそうです。

    心霊写真を信じていなかったので、心底驚きました。その後、知らないうちに写真が全部行方不明になったのも不思議です。

    ユーザーID:5930856031

  • 霊的な怖さではないのですが…

    昨年の夏の夜… 夜中にふと目覚めるとカサカサカサ…という音が聞こえる。 
    もしかしてゴキブリ!? いや、そんなはずはない。
    まさか!! ネズミ!?
    しばらく起きて耳を澄ましていたのですが、やっぱり聞こえる。
    電気をつけて、部屋の隅々まで見たところ…
    ぎゃあ〜っ!!! 壁に10センチ以上はある、巨大なムカデが!!
    主人は夜勤でいないし急いで寝ていた両親を起こし、どうやって捕まえるか協議をし、結果、掃除機で吸い取りました。
    本当に怖かったですよ〜
    昼間に塀に布団を干したときにくっついていたみたいで、それ以来塀に干すのはやめました。

    ユーザーID:8715520608

  • 究極の夫婦愛

    高校時代からの親友は、難病でした。

    お見合いでお互い一目惚れで、結婚しました。

    治療を続けて居て、出産は望まないと二人で、決めて居た様です。

    しかし彼女が子供を、切望して出産しました。

    やはり出産と引き換えで、病状は悪化して危篤状態になりました。

    ご主人が少しの時間、家に戻ると、階段を上がり友達が、帰って来たそうです。

    病院の姿のままで
    人工呼吸器を付けて居たそうです。
    友達は意識不明の重体で、移動する事など、不可能です。
    余程、家に帰りたかったのでしょうね

    ご主人にお礼も言いたかったのでしょう。

    黙ったままで消えたそうです

    ご主人は慌てて病院に戻り、看取ったそうです。

    意識不明で病院での最後のお別れは、出来なかったので生き霊となり思いを、遂げたのでしょう

    お悔やみに伺うとご主人が詳細に話して、くれました。

    私も生き霊の話しは、初めて聞きました。
    恐怖感は無く、友達の思いに、涙が止まりませんでした。

    ユーザーID:4462615279

  • 第3弾行きます

    これまたお仕事での話しです
    写真屋さんよりさらに前に勤めていた大型店 月に1度閉店後ミーティングをやるのですが
    片付けをし、すべての作業を終えて皆2Fにあった食堂に集まってました

    そんなある時の事全員食堂にいるはずなのですが、1Fの事務所のバタンと扉のしまる音がし、最後に出たのは私と上司、お互いに閉めたよね?と確認
    にしては誰かまだいるの?もう一度下に行き、全員でお店も見回り誰もいない、念の為に事務所の扉の鍵を閉め
    また2Fに上がりました。話しあっていると、バチン!今度は店へ出る扉の閉まる音が、全員で確認したんだから誰もいないはずなのに・・・
    そしたら階段を上がってくる足音もしキャー誰?と思っても誰もいない。皆怖くなって話し合いどころじゃなくなり、そうそうに解散、全員で店を後にしました
    その1度きりでしたが、お店ではいろいろ噂があり、倉庫で誰かが見ていたとか話し声が聞こえただの言う人もいました。

    お客様がたくさん来る店だから、いろいろあるのでしょうね

    ユーザーID:0613189946

  • 私の母も病院で

    手術後の母に付き添って、居ました。
    母は不思議系の能力が有り…

    うわごとで
    「〇〇さんしばらくね。叔母さん会いたかった」
    と亡くなって居る人達と話しを、して居る様でした

    そして
    「お花が綺麗」
    と言った時は、母は目覚め無いのかもと心配でした。
    向こうの世界は、花が綺麗に咲いて居るとの説も有るので、母は行きかけたのかもしれません
    意識が戻ってからも
    「義姉がベットの横に居る」
    と指差します。

    亡くなった人です。
    「義姉がニコニコ笑ってる、好きでは無かったのに何故、居るのかな」
    一週間は言って居ました。

    私には見えなかったので
    お迎えに来たのかは、解りませんが
    「見える人」
    の妹は見えないと言って居たので
    幻覚かもですが

    ユーザーID:4462615279

  • 夢枕…

     親しかった人、お世話になった人が亡くなる時に夢を見ることが時々あります。

    意味が分かる時(亡くなるという)と、分からない時、両方ありますが

    何らかの強い感情が伴う時は、たいてい夢に出てきた人が遠く離れて行く時です。

    それらの夢を見て、怖い夢だと感じることは、ありません。

    ユーザーID:4631363596

  • カセットテープに女性の声が!?

     本当の話です。
    カセットテープの時代、ラジオから歌謡曲を録音したら
    1番と2番の間奏の部分に原曲には無い
    『ゥゥゥううう…』という女性の声のような音が入っていた。
    不審に思って弟を呼び、何度か再生して聞いたが、やはり声が…。
    その間ボリュームは同じにしているのに、声だけが大きくなったり、小さくなったり。
    「怖いなー」と言いながら聞いていると母が来て、
    「何してるの?」
    「お母さん、変な声が入ってるよ」
    「そんなはず無いでしょう」
    「聞いてみてよ」
    「……本当、女の人の声ね」
    「声の大きさだけ、聞くたびに変わるんだよ」
    と、いうことで再度ボリュームを変えずに再生すると
    『ウウウウウウウウーーーッ!!』

    三人揃ってラジオから飛び退き、尻餅をついた。
    その時だけ女性のうめき声が、もの凄く大きな音ではっきりと聞こえた。
    あまりに怖くて、私・弟・母で「怖い怖い」と騒いでいたら
    「何してるんだ?」と父も部屋に来た。
    テープに変な声が入っていると話すと、父はテープを取り出し、窓を開けてポーンと庭に投げ捨てた。

    一瞬の出来事で、真夏の怪談は幕を閉じた。

    ユーザーID:4631363596

  • お祖母ちゃんが

    後から考えれば亡くなる数日前から会いに来ていたんだと思います。
    夜中の1〜2時くらいにコンコンとドアをノックする音がして
    ドアを開けると誰も居ない事が3日間続きました。

    夜中、夢を見ました。
    母から電話でお祖母ちゃんが亡くなったから弟妹を連れて
    今からお祖母ちゃんの家まで来て欲しいという電話でした。
    分かったからと言って電話を切ったその時、
    実際にドアがコンコンとノック、開けると母がドアの前に立っていて
    「今、お祖母ちゃんが亡くなったと連絡が入ったから」と、
    会いに来ていたんだな〜と
    判ってあげられなくてゴメンと切なくなりました。

    まだまだ在りますが、身近な所の方が書きやすいので。

    ユーザーID:6733559017

  • 霊の存在なんて全く信じてませんでしたが

    とある経験をしてから、あるかもしれないな・・と思うようになりました。

    寝室でうたた寝していた時のこと、突然左手が痺れ始めました。意識ははっきりしているのに起き上がれないのです。
    で、小さなおかっぱの女の子が私の左腕にしがみついていました。
    古風な吊りのついた赤いスカートをはいた子です。
    その子がテレパシー?で私に気持ちを伝えてきたのです。

    「ピアニカを一生懸命練習したのに、誰も聞いてくれない」
    私は「お父さんやお母さんは?」と思いを送り返すとかぶりを振ります。
    「じゃあ、私が聞いてあげるよ」というとその子はピアニカをふきはじめました。
    あまり上手くないけど、よくある学芸会でやるような感じ。

    ふき終わって、その子は有難う・・・と言って消えました。
    それと同時に左手の痺れが止み、起き上がることができました。

    夢なのかなんなのかわかりませんが、のちに霊能者に会う機会があって聞いてみると「あなたが優しい人だから」とだけ言われました。しばらく怖かったですが、神の左手悪魔の右手といいますし、たぶん左側に来たということはいい霊だったのではないかと信じています。

    ユーザーID:5387228023

  • 私の影が

    土曜日の事です。
    主人と近くの田んぼ道を、9時頃に散歩していました。

    月夜で明るい夜でした。

    私の影が長くなっていました。

    何か不気味だと感じて、見回すと主人の影は、動きに対して同じなのに…私の影は私が動いても動きません。

    手を上げても手は、下がったままです。
    影の動きが違う事など、初めて体験しました。

    前を行く主人に声を掛けて、戻って来てもらうと、影は私の影になりました。

    この様な体験は他で、見聞きした事が有りません。

    不思議で仕方有りません。
    同じ体験された方や、あの影は何者なのか、教えて下さる方は、いらっしゃいませんか?

    不気味で夜の外出が、怖いです

    ユーザーID:4462615279

  • 叔母さんの家で・・・

    私の母はお寺の生まれで、実家も叔母さん(母の姉)の家もお寺でした。
    数年前におばあさん(母の母)の数十回忌の法要があるとかで、母を乗せて実家に行きました。
    実家では準備に忙しいからと母は残り、私は叔母さんの家(お寺です)へ行くことになったのです。
    叔母さんの家に行くと必ず「離れ」に泊められます。小さな頃から何度も泊っているのでなんてことはなかったのです。
    が、その時はまず午前3時頃に廊下の突き当たりの障子戸が「パキッ」と鳴って怖くなり電気を点けまくって寝ました。
    その後、またその部屋に一人寝る事があったのですが、またまた音がしたと思ったら、母屋の方から足音が聞こえてきました。それも足袋を履いた足で畳をするような音でした。あまりにもはっきり聞こえたので、障子戸に影が映るのではと凝視してましたが、音だけが聞こえてくるのです。
    思わず「叔母さん?」と声をかけましたが勿論返事はありませんでした。夜中の3時ですし・・・
    翌朝、叔母さんにこの話をしたら「久しぶりだからおばあちゃんが会いに来たんだわ」とさらっと言われてしまいました。

    ユーザーID:3245330618

  • 真夜中の音

    就寝中、「ズルッ、ズルッ」という音で目が覚めた。時計を見たら1時過ぎ。寝ぼけていたのかと寝なおした。「ズルッ、ズルッ」。また目が覚めた。なんだろうこの音、と考えた瞬間、結構遠くでしていた音が我が家の近くまできた!!まるで私の心を読んだみたいだし、瞬時に来たので驚いた。音の確認をしたかったけど、怖いのと、「開けちゃいけない、考えちゃいけない(考えていると離れていかない気がした)」と思って頭の中で歌を唄った。どこかでドアの鍵を開ける音がして「あー、開けたらダメなのに」と思ったけれどどうしようもなく、とにかく必死に同じ歌をリピリピリピ!で唄っているうちに眠ってしまった。

    何日も雨は降ってないのに、音は水や油で濡れたボロ布を体に何重にも巻きつけ、裾を引きずっている・・・そんなイメージが頭にポンッと浮かんでいました。

    寝ぼけていたのかとも考えたけれど、一晩に何回も変な音で目覚め、しかも行ったり来たり移動(ワープしているみたいに音のする場所が瞬時に変わっている)なんて、きっとこの世の物ではないのだろうな、と思っています。

    ユーザーID:3525612766

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧