• ホーム
  • 話題
  • 境界のブロックいっぱいに盛り土する隣の家

境界のブロックいっぱいに盛り土する隣の家

レス17
(トピ主5
お気に入り103

生活・身近な話題

もりのきのこ

はじめまして。
築30年以上の隣家が新築をすることになり、我が家との境界線にあるボロボロなフェンス
(我が家側に倒れて来ていた)が、やっと作り直せることになりました。
前の状態に復帰させるにあたり費用は両家折半ということで…
施工は隣家の頼んだ業者にしてもらうことに。

数日前、境界線のブロック塀が4段積み上げらました。そこまでは納得の範囲とはいえ、
「あれ?前は3段だったのに…4段は高さがあるなぁ」と思っておりました。それが、
今日帰宅後確認したら、お隣の土地がブロック4段分いっぱいいっぱいまで盛り土されていました。

まるで境界線のフェンスを建てるためのブロックではなく、相手の土地の土留めのような壁になっています。
しかもブロック塀の上にはフェンスを建てられるような穴が開いていません。

元々はフラットな土地に境界線のフェンスがあったのに、現状復帰とは思えません。
ご自分たちで敷地内に好きな感じのフェンスを建てられたいのかもしれませんが、盛り土をすれば、
土地が低くなる、我が家側に水が流れて来ると考えられますし、安全面でも心配です。

施工主である隣人は、ほぼ毎日夕方以降に敷地を確認に来ている模様ですが、
こちらには話が一切なく、工事が進められて不信感を抱いています。
ブロック塀4個分の高さとはいえ、隣家に断りもなく盛り土をして、境界線フェンスを建てるための
基礎ブロックを土留めのように使うというのが法的に許されるのであったとしても、

元に戻すために工事をする。いう約束が守られないのであれば、
こちらが費用を折半するというのが納得がいきません。

ユーザーID:4317689788

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ブロックで土留めは無いと思います

     我が家も建て替えのために建築申請を出したところ、境界のブロック塀の補強を指導されました。 それがされていないと地震などの対策にならないので、許可が下りないとのことです。

     もしトピさんが納得できないのなら市役所なりに相談に行って指導してもらわないと、あと後の工事は大事になり、出費も返って嵩みそうです。

     とりあえずはすぐ、土を盛るのであるのなら、鉄筋コンクリートの土留を兼ねた壁を、全額隣人持ちでやってもらうしかないと、隣人と工事関係者に告げましょう。 

     明らかに自宅に被害が出そうですから、そんな勝手な事への費用は折半は出来ないのは当然です。 すぐに公的機関に相談してください。

    ユーザーID:1942110322

  • 早めに交渉

    隣家が1メートルも高く盛り土をしてその上に家を建てられてしまい、行政や弁護士に相談に行った人を知っています。
    「もう建ってしまったものは仕方ない」と言われ泣き寝入りしたそうです。
    そのお家は隣家から部屋が丸見えになるので新たにフェンスを立てたりしたけれど、それでも家にいるのが嫌になってしまったとか。
    完成前に交渉すればまだ間に合うかもしれません。急いで!!

    ユーザーID:2127259765

  • まずは市役所

    ちょっと今手元に資料が無いので根拠が示せませんが、
    そのケースだと建築基準法ではなく、民法でアウトだと思います。
    基準法の場合は、そのブロック擁壁の強度が法的に足るかどうかですが
    それも少し怪しいですね。
    ちょっと小難しい話をしますと、
    平均地盤面を調整して斜線規制を逃れようとしているのかも知れません。

    次の30年我慢する予定が無いのであれば、
    市役所の建築審査課・指導課に出向いて法的な事柄を問い合わせた上で
    (市民の相談、というかたちで行けば聞いてくれます)
    隣の業者が引き上げる前に、お隣と徹底的に話し合う必要があります。
    満足していないのなら、費用を払う前に。

    後になって揉めるよりも、いま揉めておいた方が良いケースだと思います。

    ユーザーID:9106848482

  • トピ主さん、お困りですね!こうして確認したらいかがですか!

    ブロック4段=80センチ隣地の地盤が上った訳ですね?

    隣家の工事状況が不明。これから着工?ほぼ完成し外構工事のしてのブロックなのか?

    ここでは工事は、前者であるとの前提でお話します。

    トピ主のお宅、何らかの「建物の高さ」の規制がある筈。「建物の高さ」は建物の周囲の平均地盤面からの高さ(現況地盤よりも切り土は認められますが、盛土は認められません)に依ります。

    隣家は明かに盛土面を活用し平均地盤面を上げる意図があります。

    現場の看板に確認した行政庁や確認検査機関の名称連絡先が出ています。

    盛土の写真を撮ってそこへ出向き確認図書の閲覧を申し込んで調べられる。土地のレベルは測量図か配置図にあります。しかし苦情を述べても、行動に移るまで時間が掛かる。

    出来れば近隣の設計事務所へ飛び込みで相談される事をお薦めします、詳しい者がいます。法的な確認もスムーズです。ただ僅かな謝礼だけはお忘れなく。

    ブロックの件はブロックの種類も判らず安全性については不明です。
    80センチの土圧を受けるなら一般的に今のブロックの他、コンクリートの土留めが必要だと思います。

    ユーザーID:6325151244

  • 業者の見積もりはどうなっているの?

    まさか、見積も見せてもらっていないなんてことないですよね?
    施工費が折半という事はトピ主宅からも業者に申し入れができるはずです。
    とりあえず、作業の中止をお願いしましょう。
    そして、「最初の話と違う」とご主人にお隣と話し合ってもらいましょう。

    ユーザーID:7554759285

  • 御近所付き合いってどうなんですか

    普通に話せば済みそうですが、トピを立てたってことはそうでもないのでしょうか。

    隣家もトピ主様も、今後お隣り同士を続けるのであれば、法律とか持ち出さずに穏やかに話し合いができると良いですね。些細な誤解だと思いますから少し話し合えば解決するんじゃないでしょうか。

    それを法的にどうのこうのとか言い出して、弁護士やら裁判所やら第三者を絡めて話をし出すと、決着がついた後も、近所き合いの視点で見れば住みにくくなると思います。

    ユーザーID:9093120064

  • 雨水は大丈夫?

    ブロックの費用がどうとかよりも、場合によっては一番深刻な問題は排水問題だと思いますよ。
    ブロックのいっぱいいっぱいまで土を入れたとなると、土地の傾斜具合によってはかなりの水がトピ主敷地に流れ込んでくる可能性があります。よその敷地の水が流れ込んでくるなんて最悪ですよ。
    ましてやゲリラ豪雨が頻繁に発生する最近では、思いもよらない量になりますから。

    お隣はどうかわかりませんが、少なくとも、隣家との共有の4段積みのブロック壁を土留めにして盛り土をする、その建築業者は信頼のおける良心的な業者ではないと思います。
    ご近所づきあいが、などと躊躇していたが為に、一生の後悔を残すことになるかもしれませんよ。

    まあ、現場を見ているわけではないので、余計な取り越し苦労かもしれませんが、
    お伝えせずにはいられませんでした。

    ユーザーID:1868169247

  • 皆さんアドバイス有難うございました。

    メーカーの営業が「西側と北側の段差が高く、新しく擁護壁を設置するにあたり、もともと高い北側の土地に合わせて南側の土地も高くなりました」と説明されました。理解しづらい話ですが、そのようなことは工事が始まる段階で盛り土したいのは明白であるのに、東側の我が家に理解を求めてなかったのか、不信感が払拭できませんでした。
    市役所の方は「話が違うということで費用を折半にする件は解消し、今後、境界壁倒壊の際は隣家が費用を負担する。ということでどうか」とアドバイスを頂きました。「1mを超えないので法律的には盛り土は合法であるが、誠実ではないと思われる」とのことです。
    隣家はわが家より後に、隣の中古住宅にいらっしゃり、新築のため一時引っ越しされましたが、引っ越し日はいつか、何処へ仮住まいされるかも教えられず、ある日突然引越センターが挨拶に来ました。また、裏側の家などにも工事の挨拶がなかったとのことです。
    隣家西・北側の擁護壁を作られる際は、夜中の2時頃まで大きなバッテリー音が響く日(排水ポンプ充電のため?)があったりして、こちらもナイーブになっておりました。このような経緯です。大変お騒がせいたしました。

    ユーザーID:4317689788

  • 役場に頼み「境界」を打ってもらう。

    「境界」と書いたプレートが打ち込んであるのを見かけたことがあると思います。
    あれをしてもらうと後々たすかりますよ。
    くわしくは役場へどうぞ。

    ユーザーID:3340958144

  • トピ主です

    業者は隣家には「鉄筋が入っているので大丈夫」と説明したそうですが、
    鉄筋が中心にしか入っていないので、側圧に耐えられるように作ってありません(計算済み・写真有り)
    この境界上のブロックは、基礎コン(捨コン無し)の上にブロックを積み上げている状態です。

    もし側圧が掛かる土留めにするなら、【捨コンを打った基礎の上に、RCで作り、RCを地上にまで出す】
    というのが建築学会の指針だそうです。

    原状(前の状態)を写真で見たら、地面から立ち上がるブロックの上に1個ブロックが乗り
    それにフェンスが取り付けてありました。フェンスの形状なりはどうするかは今後また話し合う
    ということでしたが、ブロックを原状に戻すという話し合いは、双方の家主が当初にしてありました。

    隣家は業者を信頼してお任せしていたので、境界ブロックがこのように施工され、利用すること
    を知らなかったそうです。業者の責任であることが明確になりました。
    遅くなりましたが、業者側に費用負担の上、対処してもらうことが決定しましたので、ご報告します。

    ユーザーID:4317689788

  • 見守っていました。

    このレス、気になって見守っていました。
    なんとか解決に向けて進んでいるようですね。

    「業者側に費用負担の上、対処してもらうことが決定しました」
    こう言ってもね、もう造っちゃったから直せないとか言ってそのまま押しつけられる可能性はありませんか? お金で解決(今回の費用は燐家全額負担)ってことはありませんか

    私は法律関係の仕事ですが、私なら釘を刺す目的で、
    ・原状回復を求める
    ・前の状態に復帰させるという工事の費用は両家折半は合意した。しかし、前の状態と異なる土留めのような工事を合意したわけでは無い。盛り土となるなら前提が全く違う。
    ・盛り土をすれば、土地が低くなる、我が家側に水が流れて来ると考えられ、安全面でも心配なので、境界線上の壁設置は認めない。よって、燐地内で対処して欲しい。
    とこんな感じの書類を日付捺印付きで燐家と業者に提出しますね。
    あとは放っておきます。

    費用の問題じゃないですよ。将来の壁が崩れたときの責任問題の話です。
    口約束は危ないですよ。あと、業者を信用しないように。
    壁が崩れる頃には業者が無くなっているというのは良くある話です。

    ユーザーID:3415986895

  • アラフィフおやじ様

    見守っていて下さって感謝しております。参考にさせていただきます。

    色々調べたり聞いたりした結果、隣家が今後大変になるのではと心配になっています。
    写真で確認すると、根入れが浅く(地下15cm程度から基礎コン)の上にコンクリートブロックが積み上げられています。
    基礎とCBの隙間から水が入りやすく建築学会の基準を満たしていません。

    地鎮祭の前に、こちらが「約束違反なので、対応を!」と通告しているのに、地盤改良が行われました。
    そして、業者は「ブロック工事をやり直すと、地盤(地盤改良で砕石を詰めた)が緩んでしまうから困る」
    と言いました。【そんな重要な役割の土留め壁を、境界上に設置して平気】とは!?

    業者は、9日には「業者間の連絡不足だった」との非を認め、「対応します。お盆明けどう工事するか伝えます」
    と言ったのに、今になってまた「CB壁の強度は足りている」だの「5段までぐらいなら大丈夫」などと言って逃げます。

    土留めブロック塀が家屋より先に壊れ、家が傾むいても保証切れ。なんて怖いですよね。
    境界壁建て直し費用なんかと比べようがない。

    ユーザーID:4317689788

  • あ〜あ

    >こちらが「約束違反なので、対応を!」と通告しているのに、地盤改良が行われました。
    やっぱりね。悪徳業者の常套手段です。
    そして、「やり直すと、・・だからから困る」
    「それでも大丈夫(と逃げる)」も常套文句。

    お隣さん次第ですが、私の予想では
    1.このまま進む
    2.トピ主側土地に補強のコンクリートをつけさせてくれと言ってくる
    3.建築学会基準どおりに工事をやり直してくれる
    のいずれかですが、どうなるのやら..
    ただ2は絶対避けましょう。将来の売買にも影響します。

    「業者間の連絡不足」、良く言われる言い訳ですが、たぶん確信犯ですから絶対折れちゃいけません。違法建築のツケをトピ主家側に及ぼされてはたまりません。

    あと将来考えられるシナリオ。燐家が売却され新しい住人が来たとします。その場合境界線上の壁の所有者は(費用をどちらが出したに関係無く)燐家とトピ主家の共有と主張されるでしょう。その壁が崩れたら、修繕費用負担はどうなるでしょうか? 燐家から半分請求されるかもしれません

    今回に関しては3で解決しないなら弁護士に相談する方が良いかもしれません。

    ユーザーID:3415986895

  • えっと

    敷地をほぼ毎日確認に来てるのになら
    お隣さんと工事会社は合意の上のような気がします。

    アラフィフおやじ様の意見に賛成です
    原状回復ですよ。

    あなたがお隣を慮るのは墓穴を掘るようなものでは?

    ユーザーID:5442145859

  • すでに被害をこうむっております

    アラフィフおやじ 様

    早速のご助言、ありがとうございます。

    ところで、我が家が越してくる前に、隣家の以前の住人が、共有フェンスに半透明のトタンのような目隠しを
    設置していました。それが強風に煽られやすく、徐々にこちらにフェンスが傾いておりました。
    とうとう、今年3月の暴風雨で、フェンスのブロック(1段)の数個が我が家側に崩れ、
    フェンスも大きく傾いたのです。見つけてすぐ、家主が隣家に「ブロックが壊れたので、フェンスを折半で直したい」
    と伝えましたが、隣家は「もうすぐ家を建て直すので待ってほしい(年末までにはできる)」と返事しました。
    家主は譲歩し、このままでは危険なので、支えの器具を買い、なんとかフェンスを支えておりました。

    それなのに、新しい境界の共有ブロックを予告なく土留めにされ、それを譲歩しろ。と言われても、
    そこまでお人よしではありません。業者や隣家が誠意を見せてくれなければ、専門家、法曹家の助けになるかと思います。
    アラフィフおやじ様のおっしゃるとおり、今しっかり決着しておかなければと思います。

    ユーザーID:4317689788

  • 私ならこう交渉する

    「(相手に)どうするのか?」と、漠然と質問するようでは相手の土俵上で議論することになります(不利になりやすい)。
    ですから、書面を最初に渡してトピ主側の立場を明確にしておいて、それを満たす相手の対応策を聞く、それ以外は受け付けないという強硬な態度の方が交渉的には楽です。

    書面のポイントは
    1.土留めでない壁の状態への原状復帰を求める
    2.原状復帰ができないならば、トピ主家側の土地内に一切の建造物をはみ出させてはならない。即刻撤去せよ。   以 上

    この2つを主張することは、おかしくもなんともないでしょ。
    これをはっきりと証拠に残しておかないと、後日の裁判の時に「土留め兼用の壁を造ることにトピ主家は合意していたが、できた後に土留めが予想外に高いといちゃもんをつけてきた」と隣家側(すみません漢字間違えてました)が主張するかもしれません。

    最低の譲歩でも「隣地内に壁を移動してもらうこと」。そうすれば崩れた壁の修理代も、崩れたことによるトピ主の家の修理代も相手に請求できます。

    ユーザーID:3415986895

  • 有難うございます

    冷房中 様
    アラフィフおやじ 様

    アドバイス有難うございます。

    盛り土&土留め状態を発見してすぐ、工事担当者、ハウスメーカーのみならず、市の担当部署にも
    相談しておりますので、もし業者が「盛り土、土留め壁にする了承をもらってた」などという
    嘘を言ってもまかり通らないです。

    特に、建築士、宅地建物取引主任者などの資格を持つ者が、隣地境界上のブロックを新たな盛り土の
    土留めにするという重要事項を、相手に伏せたまま造成したことは、許されないことである。
    と、国家資格保持の専門家が言います。こちらに瑕疵がないので焦らずとも解決できる。
    時間を掛ければ不利になるのは相手側である。と言ってくれているので、安心して進めていこうと思います。

    アラフィフおやじ様のご助言に沿う書面を内容証明(相手が受け取ってないと言わないように)で^^

    こちらのサイトは公開されています。進捗状態の案件ですので、これ以上のやりとり控えたほうが
    宜しいかもしれません。皆様には貴重なお時間を頂きましたが、皆様のお蔭で心理的にも救われました。
    重ねて感謝いたします。

    ユーザーID:4317689788

レス求!トピ一覧