耳だけでなく目も雑な息子

レス17
お気に入り38
トピ主のみ3

ききまつがい

子供

以前、3年生の息子が、とても聞き間違いが多く
「最悪→さいやく」などと書き間違えると相談をしたことがありました。

http://okm.yomiuri.co.jp/t/2011/1011/451028.htm?o=0&g=05

この手の間違いは少し減りましたが
読み間違い(知らない言葉で)も多いときがつきました。
だんだん読むものが難しくなってきたので気がついたと思います。

ひらがなで書いてあっても、思い込みで間違えたり。
先日は「親切」の対義語をしらべようとしていて
ないよ、ないよとさわいでおり、よくよく聞いたら「親切→親友」と間違えて
おり、対義語が見つからないと騒いでいたのです。
漢字がわからないのではなく、思い込みで間違えています。

たくさん行が並ぶ文章だと、途中でどこを読んでるのかわからなくなり
対策として物差しを当てながら読んでいます。
こうすると大丈夫ですが、しらない言葉を変なところで区切ったり
引っかかったり、読みとおすのが大変です。

本を読むのはこういう状態なので、楽しむ以前の問題です。
図鑑や4コマ漫画、絵本のようなものばかりです。

ひとつずつわからない言葉をつぶす以外に、対策はないでしょうか。
当然国語は苦手です。

ユーザーID:6911752815

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 多くの天才たち

    そのまま苦手でもいいってことにしてはどうでしょう?
    好きなことをすきなだけ自由にさせてあげれば、将来大物になる感じぷんぷんです。
    多くの偉人の親は、普通では障害とされるような苦手を「不足」とせず、期待せず、押さえつけなかったとはよく聞く話ですから…

    エジソンやアインシュタインの子供時代などについて調べてみると参考になるかもしれません。

    できないことに注目する癖がつくと、「できない人」になってしまいまうことが普通だと思います。

    ユーザーID:0568927774

  • 工作をやらせるはいかが

    工作と言っても、プラモデルに代表される説明書を読んで作るものです。

    もちろん三年生だし、うまく読み取れないのですから、
    最初はすぐに間違えが分かって、修正出来るようなものから始めるべきでしょう。

    読むこと自体をうまくやれ、と訓練しても本人は辛いばかりでしょうが
    読み取れば、出来ると分かれば注意深く読むようになると思いますよ。

    ユーザーID:8672232046

  • なぜ、国語ができたほうがいいのか?その目的は?

    当方、国語は勉強を全くしなくても偏差値80以上で
    その代わり数学は必死に勉強しても偏差値30もないという、極端な人間です。
    本当に情けないほど数学ができませんでしたが、
    美大出のデザイナーでそれなりに楽しくやってます。

    自分の子供が一般的と言われることができないと
    「うちの子は欠陥品じゃないのか」と、不安になりますよね。
    でも、お母さんであるトピ主さんが「うちの子の国語ができるようになる」
    ことの目的を、どこに設定するかが重要ではないでしょうか?

    ただ単に「普通の子ができることが、うちの子にできない!」
    と焦っていて、それを子供にぶつけているなら、とても可哀想な話です。

    ユーザーID:5519039486

  • 音読のすすめ

    遠い昔ですが 小学校低学年の時の宿題で良く出されたのは「音読」でした。
    国語の教科書で新しい単元に入るたびに「良く読めるようにしてきなさい」というものでした。

    低学年の子供は カツゼツに大きな差があります。
    文章は頭で読めていても 声に出すことの差があります。
    何べんも声に出して読むことで 自然と区切りや言葉の意味が分かることが良くありました。
    そして 自分の声でつかえずに読める快感も味わえます。

    息子さんは 少し落ち着きのない性格ではないですか?
    音読は自分の耳で確認し つかえる部分では落ち着く、注意する作業が発生するので良いと思います。

    とりあえず 国語の教科書を音読させ スラスラ読めても なお続けさせてみて下さい。
    良く読めた時は褒めてあげ 出て来る言葉の意味など 質問してみて下さい。

    国語の能力を上げるには文章をたくさん読むことが一番だと思います。

    ユーザーID:5830453751

  • 下の学年が読む本を読ませては?

    今3年生なんですよね。
    1年生用とか2年生用の本を読ませてみてはどうでしょう?

    ユーザーID:3115021217

  • 読み聞かせはいかがでしょう?

    物語の読み聞かせで、
    たくさんの言葉に触れさせてみてはいかがでしょうか?

    たくさんの見本となる言葉を聞かせて、
    耳からの情報を積み重ねていけば、
    今はなんとなくの理解でも、
    いづれわかってくるのではないでしょうか?

    ユーザーID:7884432187

  • ありがとうございます。

    トピ主です。ちょっと旅行にいってましたので
    レスが遅れてすみません。

    読み聞かせは小さい頃は、やってましたが
    最近はしてなかったですね。喜ぶと思うし、言葉が増えるなら
    やってみようと思います。音読も一年生の時など、「なんの話?」という
    状態でしたが、繰り返していけばできるようになります。宿題以外でもやってみます。
    工作の説明書なら、読むかもしれません。好きなことは一生懸命だし。

    国語のできる人にしたいとは思いません、というか無理だと思います。
    算数の文章題が読めるとか、自分の状況を説明できるとか
    あまりに点が悪すぎてほかの教科の足を引っ張るとか、そういう事態は避けたいです。
    みんなの100点取るテストなら、6から7割取れればいいと思っています。

    ユーザーID:6911752815

  • 落語か演劇

    3年生ならクラブとかありませんか?

    文字や文に強くなる上で音読はとても効果のある方法です。

    その上、落語や演劇のような読むだけに留まらない拡がりのある行動は子供の心の色々な部分を刺激してくれると思いますよ。

    ユーザーID:7648017313

  • 楽しんで勉強した子どもは最強

    小学2年男子ですが
    国語の勉強になるかわからないけど
    DSと某RPGのゲームを渡しました(笑)

    読まなきゃ先にどう進んでいいかわからないし
    買い物、バトル時は算数をフル活用しているみたいです(笑)

    今は大抵のものは読めるようになっています。
    まぁ「書く」ことは別ですけどね。

    子どもは勉強が苦痛になった時点で伸びなくなるからどうやったら楽しく勉強させられるか工夫するのが難しいですね。

    ユーザーID:7916889379

  • まんがもいいですよ

    マンガ嫌悪の両親だと無理かもしれませんが、振り仮名が打ってあるので書くのはともかく、語彙は増えると思います。素直なお子さんなら親が厳選してやればいいですし。マンガの日本・世界の歴史は別の意味でもおすすめです。

    ちなみに、マンガばっかり読んで本を読まないとよく言われますが、私の周りではマンガを読む人は本もよく読みます。マンガ=悪ではないです。

    ユーザーID:2544418113

  • トピ主です。つづき

    天才だと言ってくださる方、ありがとうございます。
    確かに「できないことを引き上げる」より
    「できることを伸ばす」ほうが早いといわれますね。
    「できないにもほどがある、できることを伸ばす支障になる」
    レベルではないなら、好きなことをさせるのも方法ですね。

    当地ではクラブ活動は4年生からですね・・演劇などはないのですが
    落語の読み聞かせ、音読はいいかもしれません。
    教育テレビの「えほん寄席」などは好きです。

    ゲーム(RPG)・・・これは息子にとって究極の荒業かと・・。
    たぶん覚えると思うんですよ、「攻撃」「回復」「天空」「伝説」とかですよね。
    ゲームは、実は家にないんです。ほしくてたまらないのだと思いますが
    息子がゲームにはまってしまうことが予想されるので、与えていないんです。
    ある意味すごく有効な手だけど、もろばの剣かと・・・。

    ユーザーID:6911752815

  • まずは本人の興味のある分野の本から。

    高校生の息子がいますが、小学生の頃は国語が大の苦手でした。

    トピ主さんの息子さんは、図鑑やマンガは読むのですね。それだったら大丈夫だと思いますよ。

    うちの息子も図鑑が大好きだったので、本屋さんに行く時に連れて行って、本人のほしがる本を選ばせました。こちらからみて、子供には難しいんじゃないかと思うような本でも、そのまま与えました。

    そうしたら高学年になる頃には、興味のある分野(生物全般や機械工学)に関しては、大人向けの難しい本を選ぶようになり、気がついたら大人顔負けの知識まで身につけておりました。

    本人も読めない漢字があると、こちらに聞いてくるようになり、それでどんどん難しい漢字も読めるようにはなりました。

    ただ、努力が苦手なタイプのため、書くのはいまだに苦手のようです。

    私自身がマンガで漢字や雑学を覚えたクチなので、マンガも読ませましたよ。その延長からか、今では小説もたくさん読んでいます。

    ゲームは高学年で与えましたが、勉強関連のソフトは全く遊びませんでした。(泣)やはり娯楽に近いものだけ、はまっていましたよ。

    ユーザーID:6807605132

  • ディスレクシア関連の教育書が役に立ちます

    トピさん、素晴らしいです!
    お子さんと話をし、なぜわからないのか原因を解明したり、物差しを使って読む方法をあみ出したり。
    私もそうやって対処してやっていれば今高校生の息子もあんなに苦労しなかったのに、という反省からのアドバイスです。

    ディスレクシアに関する教育書が役に立ちます。

    国語が苦手だと、得意な他の科目も出来なくなってしまう可能性があります。例えば数学の文章題を読み間違えて0点とか。英語でつまづくとか。
    対応が早いにこしたことはありません。

    ユーザーID:8649132895

  • ふたたびレスします

    2つのトピ主さんのレスを読みました。

    >あまりに点が悪すぎてほかの教科の足を引っ張るとか、そういう事態は避けたいです。
    >みんなの100点取るテストなら、6から7割取れればいいと思っています。
    基本的に平均より上でないとって事ですよね?
    それって、全くデキない子からしたら、充分高望みな気がしますが…

    5W1H(誰がいつどこでなにをどうした)が、苦手ということでしょうか。
    子供は親と口調がそっくりになります。
    トピ主さんは、理路整然としっかり話せる人ですか?滑舌はいいですか?

    親が楽しそうに勉強していると、子供は「勉強は嫌なものではない」と受け止めます。
    「やらなくちゃ、やらなくちゃ」と親が理想ばかり追い求めて焦っていると
    「勉強はやらなくちゃいけないもの=やりたくないもの」
    と親から刷り込まれて認識してしまいます。
    人間は「やらなければならない」と思った瞬間から
    やりたくないのが本音ですから。

    ゆっくり何度も読める本を、じっくり楽しく読み聞かせからではないでしょうか。
    子供に本を選ばせて一緒に読む、後追いで読ませるのも
    子供が「やらされている」と認識しないのでお勧めです。

    ユーザーID:5519039486

  • ありがちですが、ゾロリにはまりました。

    引き続きレスを下さる方、ありがとうございます。
    息子がはじめて自分で本を買ってくれといいました。

    とてもありがちですが、「かいけつゾロリ」シリーズです。
    半分マンガのようですが、内容を聞いてみたらちゃんと理解できています。
    繰り返し本を読む姿など、初めてみたかもしれません。

    また、今まで図書室に行って、なぜか「うちにある、読んだことのある本」を
    借りてきていて、「別にいいんだけど、家にあるものを何で?」と思ってましたが、「学校の図書の時間だから借りないといけないんだけど、しらない本を読むのは面倒だ」という理由だったのですが、
    ゾロリは順番待ちをしても読みたいといいます。
    少しホッとしているところです。次の誕生日に本を買ってほしいそうです。
    本をほしがってくれただけでもうれしいことです。

    ちなみに、滑舌はどうかわからないですが、私自身は国語が得意で
    音読もほめられていたほうです。だから息子がなぜできないのかわかりませんでした。

    ユーザーID:6911752815

  • 目的と手段が混乱しているのでは?

    トピ主さんの

    >半分マンガのようですが、内容を聞いてみたらちゃんと理解できています。

    >なぜか「うちにある、読んだことのある本」を借りてきていて、
    >「別にいいんだけど、家にあるものを何で?」と思ってましたが、

    小学三年生でしょう。
    理科に始めて取り組む学年ですよ。

    それなのに、大人が本を読むときの論理で比較するというのは、
    いくら何でも酷でしょう。

    >本をほしがってくれただけでもうれしいことです。

    こっちの方が重要ですよ。

    漫画やアニメで言葉が増えて、大人と会話ができるようになっていくわけです。
    だから、重要な教育のステップになります。
    その意味では「誕生日に本を買う」のとは別になるべく本に触れさせる
    ことを考えるべきだし、本じゃ無くてアニメでも良いですよ。

    どうもトピ主さんの中に「お勉強=学校の教科」との見方が強すぎる
    ような印象を受けますが、教育の目的は「社会に融け込ませるための手段」
    なのですから、教科が良くても社会性がダメ、という大人にしては
    ダメなのは、いうまでもありません。

    背伸びして、大人と話が出来る子供になっていく時期ですよ。

    ユーザーID:8672232046

  • 普通の漫画もいいそうですよ

    小学校教師をしている友人が言っていたのですが、
    本当に読解力の乏しい子は、漫画すら読めないそうです。
    コマを正しい順番に辿って話を理解することができないとか。

    文脈を想像して読み進むという訓練には、
    絵が多くとっつきやすい漫画もそこそこ効果があるという話でした。
    (あくまで現場での体験です)

    うちの息子も国語は頭の痛い年頃で、
    とにかく読解の場数を踏むことが大事だと担任にも言われました。
    現在彼がはまっているのはドラゴンボールとポケモン(攻略本)です。
    ゾロリは学校の図書室で全巻読破したそうです。

    活字を読んでいるならまあいいか、と思って見ていますが、
    文章を読むことが苦にならないというだけでもめっけものですよ。
    トピ主さん、お互いに頑張りましょう。

    ユーザーID:6184360729

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧