女性の生き方の風潮

レス286
(トピ主1
お気に入り331

恋愛・結婚・離婚

けい

レス

レス数286

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 簡単に割りきれない


    「若くて健康なら収入があるに越したことはない」という事だと思います。

    私も子なし・兼業です。将来のために貯金、と思っていますが
    正直他人に「あなたも働いた方が良いわよ」とお勧めできるほど、全てが上手く行ってるわけではありません。

    職場では結婚したとたん定時ピッタリで帰っていく女性もいます。
    「貯金したいから」と言って育児休暇中もお給料を一部もらい、保育園を見つけて復帰した人もいます。
    時短で帰って行きますが、彼女あての問い合わせの大半を他の社員が受けて、なんとか1人分の仕事ができています。家はおばあちゃんが助けてくれるとか。

    どちらも正当な権利を行使しているに過ぎません。
    でもじゃあ、彼女達が残した仕事や問い合わせを、黙々と引き受ける私や、独身女性達は一体何なのでしょう?
    要領が悪いから残業してるだけなのでしょうか。

    福利厚生がバッチリで、誰かが休んでも上手く回せる恵まれた職場なら良いのでしょうが・・・。

    私は独身時代とほぼ同じように働いていますが
    すると家事はバッチリ、とはいきません。

    何が正解なんて言えません。ただ私は、兼業主婦が専業よりエライ!とは思いません。

    ユーザーID:7933388011

  • 年収500万ではいずれパート

    お子さんを持つ予定なのですよね。
    後々パートにでることになると思います。

    お子さんが習い事なし、塾なし、すべて幼稚園からずっと公立
    大学は進学しない、なら大丈夫!!
    でも子どもができると女の人って変わるんですよ。
    自分の子供が平均以下なのは許せなくなってくるんです。

    自分の子供より劣る、と(勝手に)思っていた子が
    少しでも目立つことをすると悔しくなってくる。
    こどもがあれやりたいこれやりたいといいうとその気持ちを
    (無条件に)信じてやらせたくなる。
    お金なんていくらあっても足りません。

    主さんの場合、お子さんが小学校に入ったらパート、というパターンでしょうね。

    うちは年収1000万超ですが私は子供が1歳から自宅パートを始めました。
    自分のこづかいは自分で稼ぐ、というスタンスでしたが
    周りには家計のために働いているんだ、と思われ、
    車や家にお金をかけない家庭でしたからなおさら
    子どもが私立中高一貫に入って驚かれました。

    450万円から年収0はきついと思いますが、
    いずれパートと割り切って専業になられるのも悪くないと思います。

    ユーザーID:1418416010

  • いいと思います!!

    私も主さんと同年代、来春に結婚を控えています。境遇としては、似ているでしょうか


    確かに今の風潮として、女性でも働く、産休が取れれば仕事を続けたいという人は多いですよね。
    これは、自己実現というか社会と関わりたいという精神的な理由であったり、
    最近では経済的な理由で「働かなければいけない状況」というのもあると思います。

    私も産休とって両立できる環境が整っているなら職場復帰したいと思っていますが、理由としては後者の比率が大きいです。(ついでに家事が苦手)

    なので、旦那様が仕事を辞めても良いといってくださっていて、主さんも専業主婦を望んでる、しかも家事が得意ならいいんじゃないでしょうか♪


    ただ、このご時勢なので、今のうちに貯蓄しておく、住んでいるエリアや子供の人数に応じての出費を計算して計画をたてていく、いざという時には働ける様にはしておく という備えはあるに越したことはないかと

    いつの時代になっても、専業vs兼業のバチバチみたいのはありそうですし、
    主さんが一番幸せを感じる形でいいと思います。

    お幸せに☆

    ユーザーID:7589475293

  • 『甘え』と思われてしまう原因

    >自分の精神状態をゆったり持って夫(今の彼)と暮らしたいからです。
    >結婚したら毎日隠すわけにもいかず、ピリピリや疲れを彼に感じさせてしまう

    念のため聞きますが、結婚後に彼がトピ主へピリピリや疲れをぶつけてきても文句言いませんよね?
    彼の方は結婚後も働き続けるんだし、それこそ隠し続けられるわけもないんだからさ。
    そして仕事を辞めた場合のトピ主の方は、一切ピリピリや疲れを夫へ感じさせないと誓えますか?

    なぜ『甘え』って言われるのか、それはトピ主みたいな“辞める為の理由探し”に呆れちゃうからなんですよ。

    あとね、彼の「好きにすればいい」は「辞めるという判断を下した責任はトピ主に有る」という意味でもある。
    これから先“兼業だったら避けられたはずの不幸”が有ったとしても、彼を責める資格は無いって事。
    要は“専業主婦になる際の覚悟”なんて考えた事すら無さそうだからなんですよ。

    ユーザーID:6855468078

  • 案外といい方法あるよ

    専業主婦って時間のやりくりが利いて考える時間もあるので、
    結構いろいろ出来るんですよ。

    子どもを心身ともに健やかに育てたい、夫に快適な暮らしを提供したい、
    今まで通り働き続けたい・・・・・これらすべてをこなすには
    余程メンタリティーと体力と環境が整わないと誰しも可能な生活ではないと思うんです。

    しかししかし、みんなしぶといというか(いい意味で)、一度中断してもその間、
    数字に強い人は、倹約や投資、家政系の得意な人はネットで販売、
    写真が好きならストックフォトに登録したり、得意分野でお教室を開いたり、
    皆うまく婚前のキャリアを生かして、合間をぬってビジネスに変えてますよ。

    精神衛生上バランスも良いですし、お金もちょこちょこ稼げますし。

    案外と、余った時間でどうにでもなりますので白黒つけなくてグレーでいいと思います。
    子どもに手がかからなくなったとき、復職すればいいのです。

    専業とバカにされながら、密かに自分を高め、家族を守り、虎視眈々と、
    いつか訪れる社会復帰を目指せばいいのです。

    バカにされる経験すらプラスにつなげればいいのです。

    ユーザーID:6842168891

  • 風潮がどうのこうのじゃなくて

    トピ主さんがどうしたいのか?ですよ。

    私は妊娠中も産後も今もずっと仕事をしています。
    それは私の生きがいが仕事だったからです。
    経済的に自立していたかったからです。

    決して風潮だからではありません。

    しかし、家はいつも綺麗ですよ。
    時間がない人程、時間は上手に作れると思います。

    だけど、トピ主さんは仕事との両立は難しいと考えている。
    彼もそれで良いといってくれている。

    だから、トピ主さんの場合はそれで良いと思いますよ。

    だけどね、二人あわせて950万の年収。
    それが約半分になるって事ですよね。
    確かに細々と暮らしていけるかもしれません。

    将来子供が出来て中学生くらいになって、右から左にお金が
    出ていくような状態になり、さてパートでもしようかな・・
    と思った時に、450万もらってた人のプライドが許さない
    ような仕事にしかつけない現実があるのは確か。

    どれだけお金が必要になるか、なってみないとわからないじゃ
    手遅れなんですよね。

    プラスとマイナスの部分を考えて、トピ主さん夫婦がどうしたいか?
    じゃないのかな。

    ユーザーID:2848771469

  • お金がなくてピリピリする方が辛い

    彼の年収が500万しかないのなら、結婚後の生活レベルは落とさざるをえないですね。そんな中でゆとりのある生活は出来ますか?

    今の時代、真面目に仕事さえしていれば年収は右肩上がり、雇用も保証されるものではありません。彼が会社の業績悪化によるボーナスカットやリストラ等があった場合、余裕を持って対応できますか?

    仕事でピリピリしても、それは収入という形で報われますが、お金が無いことでピリピリしても何一つ得るものはありません。

    何より仕事を持っているということは、夫と対等の立場でいられます。夫のリストラ、病気、浮気や義家族との不和、同居、介護などの問題が発生した場合も仕事があれば、選べる選択肢が増えます。

    経済的に自立出来ないため、やむを得ず愛情のない夫に縋ったり、義家族との同居を我慢するような惨めな思いはしたくないです。

    ユーザーID:9148165131

  • カードは残しておく

    こんにちは。40代既婚子供なし、フルタイムで働いてます。
    私はもともと結婚してやめる、という考えがなく、選んだ相手もそうだったのでそのまま来ています。
    ええ、家は汚いですよ(笑)、でも週末に掃除したり、外注したりしてやりくりしています。

    すべての人が同じ条件ではないし、子供がいたら続けていけたか、というのはわかりません。
    ただ、一つ言えるのは仕事を続けるにしろやめるにしろ『選択肢は複数持つ』ということです。
    私の友人たちも結婚や妊娠で一度仕事を辞めてから、資格を生かして復職したり、元の会社にパートで勤めたりしています。
    それも、知り合いを通して声をかけてもらったりと独身時代のつてがあったからこそだと言っています。

    結婚前でいろいろ忙しいとは思いますが、あまり思いつめずに(経済的なことも含め)、いい答えを見つけてくださいね。

    ユーザーID:7970458669

  • 私は専業主婦が性に合わなかった

    ご婚約、おめでとうございます。そしてお仕事お疲れさまです
    掲題の通り、私は専業主婦が性格に合いませんでした
    というか物足らなかったのです。こんな誰にでも出来るようなことをするために
    一生懸命勉強して大学を出たのではないし
    出会う人と言えば、夫と姑の愚痴と子供の自慢しかしない主婦ばかり
    主婦が経済や政治や文化に興味を持ってはいけないのか
    愛読書が日経とかプレジデントなのがそんなにおかしいのか


    私はもっと社会と接触したかったし
    家事や子育てもしつつ経済的にも精神的にも自立すべきだと考えたので、
    勉強して資格を取り今は正社員で働いています
    今はぴんっとこないかもしれないけれど、年収450万の環境を
    再び手に入れるのは難しいでしょうね。そして失うものはお金だけでは
    ないってことも・・・
    でも、失ってみて分かることもあります
    ここで意見を聞くよりも実際に体験して、どう思うかです

    ユーザーID:8618512289

  • ネットを見なければ気になりません

    専業主婦です。夢叶えた子ども関係の職業でしたが「子ども欲しければ辞職」とドクターストップ。で専業です。
    掲示板ではバッシングですね〜。まぁ気にしないことです。

    私は、仕事で多くの0歳〜成人近くの子どもまで関わった経験上、子が0〜思春期まで正規で働きその後は夕方には帰れるよう立場を落とすのが理想と考えました。自然遊びなどの体験不足は保育園幼稚園変わりありませんが、散歩のある園の子は持久力ありましたね。逆に思春期はイジメや非行など子どもが隠すサインに気づけるゆとりは欲しいと思いました。
    親の視野も、多くは兼業の方の方が視野が広く柔軟でした。
    子ども面は専業より兼業の方が私のイメージがいいです。

    ユーザーID:5784860939

  • 他人を気にしなくてもいいのでは?

    これまでも専業or兼業主婦論争いろいろありましたが・・・
    何でみなさんよそのお宅のことをとやかく言うんでしょうね〜。

    家庭ごとに金銭事情も育った環境も仕事など全てにおいて全く違いますよね?同じではないからよその家庭と自分の家庭を一緒にして考えることはできないでしょ?

    あなたが、じっくり考えて専業がいいと思い、ご主人もそれで納得しているのなら、自信を持ってください。
    ただし、後から共働き家庭をうらやましがったりするのはなしですよ!
    全て自己責任。
    自分で選んだことに責任を持って、自分自身もよその家庭のことを絶対とやかく言わないことです。

    ちなみに私は元共働きで夫の転勤について行くために仕事を辞め、今は専業主婦です。
    子どもが小さい時の共働きは、それはそれは大変で、かわいい盛りの子どもたちの相手もろくにしてあげられませんでした。
    今は、経済的には苦しくなりましたが、子どもたちとゆっくりする時間がもてるし、心の余裕もあり幸せだと思って生活しています。

    先々のことまでよく考えて後悔のない決断をしてくださいね。

    ユーザーID:8796949753

  • 専業主婦になると夫と対等の関係ではいられなくなります。

    兼業主婦でした。仕事バリバリ、家事も好きで。
    少し前に、夫が新しい仕事を見つけたという理由で、私は好きだった仕事を辞めざるをえなくなりました。つまり家庭を選びました。子供もいることもあり。

    専業主婦になり、楽しいですよ。
    トピ主さんも、それだけ仕事をきちんとされている方なら、どんな方向になっても、楽しめると思う。

    でも、私は、仕事をすることで、夫との結婚生活や人生そのもののバランスを取っていたんだなと思う。
    仕事を通して社会に直接貢献する機会がなくなり、家での世話人になったという気もしなくもない。
    経済的に夫の傘下に入るのは、やはり夫婦間で上下関係ができてしまうし、ある意味家事なんて、いま時食器洗い機に乾燥機の時代で、時間なんていくらでも省けるもの。今の仕事が充実しているのなら、何か心にすっぽりと大きな穴ができると思います。

    ユーザーID:5546858201

  • 妊娠時はいいと思います

    結婚した時に辞めちゃうと復帰できないから、
    とりあえず続けたほうがいいですよ
    しばらくやってみて決めてみれば?

    自分が使えるお小遣があるっていいことです

    私も辞めなくていいなら辞めたくなかったな

    風潮は働きたくない男性が女性を叩いているだけだと思いますよ
    左右されずご自分で考えられては?

    ユーザーID:6173178993

  • おしゃれして出かけなきゃ腐ります

    女性はだれだってそうでしょ?

    ユーザーID:6907006138

  • 良いのではないでしょうか

    彼も同意の上で、専業主婦という役割を担うのですから、世の風潮がどうかなど関係ないと思います。
    大黒柱となる夫は、夫婦の老後も含めた生涯にわたる生活費と子供が自立するまでの生活費と教育費を確実に保証する責任を負うことになります。
    これは本人の業務処理能力を維持向上だけでなく、継続的に仕事を確保するための人間関係構築や状況変化を的確にとらえ柔軟な対応が求められます。
    これらの責務を一人で果たしていく為には相当な努力と我慢が必要とされることでしょう。
    専業主婦は、夫が仕事に注力できるよう、生活上発生する様々な仕事、たとえば、家事、育児、介護等を一手に引き受けるという妻の役割です。
    これはこれで大変ですが、生計の維持を全て夫に託す以上、妥当な役割分担でしょう。
    昨今は、役割の全てを一人で負うことに不安を感じるのか、共働きで家事育児も分担するという家庭も増えていますが、どちらが正解と言う訳ではありません。
    夫婦が合意して、覚悟すれば良いだけです。

    ユーザーID:9662273939

  • 資金計画が大事

    人生を通して収支のバランスが取れない、働くのはその一点でしょうねえ。

    私が働くのは、私が仕事大好き人間ということが大きいですが、
    ・子供の学費
    ・定期的な海外旅行
    ・夫婦で好きなものを気兼ねなく買いたい。
    の資金作りかな。トピ主様も資金計画は建てた方がイイですよ。足りない分だけまず稼いでおいて専用の口座を用意しておいてから専業主婦になってはいかがでしょう。

    リスク分散は一理あります。が、私の周りでは、奥様が働き続けると離婚リスクがあがります。家事をしない旦那様に奥様が怒り離婚、家事のできる旦那様が奥様に不満を募らせ離婚…。家事分担は意外に難しいですから、始めから線引きをするトピ主様の考え方もスッキリしていて良いと思います。

    専業主婦は一国民として義務を果たしていないという考えについては、物事の一面しか見ていない、極端な意見に感じます。保育園の運営費を全額親負担にしてみれば良いんじゃないかな。
    働くお母さんは働かないお母さんより偉い?税金使い込んでそれは無いって。

    ということで、資金面以外は、何とでも考えられるってことで。
    女性の生き方なんて、流行も半分あるでしょう。

    ユーザーID:6676647415

  • 北陸から東京に来て思うこと

    大学卒業を機に就職で上京しました。東京は専業主婦が多いことにとても驚いています。
    北陸は共働きが非常に多い地域ですので最初は違和感を覚えましたが、育った環境や地域性もあるんだと理解しています。

    現在、せっかくお仕事をお持ちなので、ご存知でしょうが出産ギリギリまで勤務されたほうが「手当金」で大きく違ってきますよ。

    ユーザーID:0234541976

  • 設定値の差

    祖母は女性医師で生涯現役、母はキャリアの先駆け。そんな珍しい環境で育ちました。
    私が子供時代からの憧れの職に就き、25歳で年収一千万超&フレックスで育児も余裕の環境を手に入れ、
    同じく安定&高給の夫と、やり甲斐と裕福さに満たされた生活を送れているのは、
    能力の差ではありません。設定値の差です。
    私には、仕事と家庭の両立は当たり前の設定値。
    人生のどこかで、夫のみならず他の納税者に養われるなんて全く想定しませんでした。
    だから自然と勉学に励み、大学は首席卒、超氷河期の就活も楽勝。
    育児中の今は、働く母を見て育ったことがいかにアドバンテージか実感します。
    現在は、専業家庭で育ちながら兼業家庭を築く人たちが四苦八苦している時代ですから。

    でも、そんな親を見て育つ子どもたちには、兼業の知見が蓄積され、
    近未来の、ほぼ全員が兼業家庭を築かざるを得ない時代への対応力は自然につきます。
    が、専業家庭で育つ子どもたちはどうでしょう?
    今、兼業を選んだ人がしているのと同じ苦労をすることになるでしょう。
    今と違うのは、その頃には兼業の知見のある友人が大勢いる点。
    結構キツイと思いますよ。

    ユーザーID:6062131568

  • 大丈夫ですよ〜

    うちは経済的な理由で、
    結婚退職し、産後1年で再就職しましたが、
    子どもを連れて検診に行ったりすると専業主婦の方ってたくさんいます。
    また、職場でお子さん連れの方と接する場が多いのですが、
    専業主婦の方は多いです。


    専業で肩身が狭い、家計が厳しい!と感じたら
    パートで少しでも働く、というのでもいいのではないでしょうか?

    ユーザーID:8302034279

  • 30代後半の現実ですが

    私の周りは結婚寿退職が主流だったようで、25〜30歳の間に結婚退職し、ご主人の近くに居を構えました。

    現在、子供さんが小学生になり時間ができて、ローン返済のために仕事を探しているものの、
    このご時世では、子供を抱え、なおブランクがあると、よっぽどのスキルがなければ家事に影響しない時間帯での仕事を見つけるのが困難のようです。
    「安易に辞めて後悔している」と言っていました。

    私は1時間以上かかるところに住む相手と結婚しましたが、
    仕事は続けています。
    平日の家事は行き届きませんが、週末に相手に感謝しながら
    やる二人での家事の時間もとても幸せですよ。

    兼業を選択した私は正しかった、と思っていましたが、
    ただ、専業で子育てしている義姉を見ると、
    絵本を読んであげて、歯磨きに時間をかけてという手をかけたケアができています。
    それはおそらく私には働いている間は後回しになってしまうだろうことです。

    5年先、10年先を考えると悩ましい問題ですね。
    無理だと思うまで仕事を続けてみるのはいかがでしょうか。

    ユーザーID:6997682867

  • こんな時代なので

    専業主婦でやっていけるなら、それはそれでよいと思います。
    ただ専業主婦の働きを時給換算されると、働いて税金・年金収めている身には複雑な気持ちになります。

    専業主婦で育児に頑張っている方、地域の事に積極的に参加されている方を見ていると本当にありがたいです。

    このご時世、つぶれない会社はないので、仕事を続けています。
    自分の欲しい物は自分で購入したいですし。
    年収450万とのことですが、資格職でもない限り、現役を離れたら時給1000円以下のパート・アルバイトで働くしかなくなります。
    せめて出産までは続けられたらいかがでしょう?
    自分の貯金があると、やっぱり心強いですよ。

    ユーザーID:5178344789

  • 日本に活力を与える風潮だね

    女性の生き方、確かに専業よりは兼業という風潮になってきたね。
    やっと時代が私の思いに追い付いてきたか、ほくそ笑んでます。

    男女関係なく自活が当然の社会なら、皆が今以上に熱心に勉強に向き合い、
    意識も意欲も向上心もアップせざるを得なくなる。
    今の日本を救うには、そういう一人一人の意識改革しかない。
    常々そう考えている私は、希望だろうと仕方なかろうと
    働き続けるのが当たり前の社会は決して悪いことではないと思ってる。
    兼業が是という風潮は、専業が是よりはずっと、
    日本に活力をもたらす可能性が高いから。

    たとえ再び専業が是という時代がきても兼業は何も困らないけど、
    トピ主みたいに専業前提でライフプランを立ててきた多くの人は
    兼業が是という風潮には対応不可能で不快なんだよね。
    でも、時代の流れは止められない。加速の一方だよ。
    どこかで兼業を前向きに捉える工夫をしないと、しんどいのは自分自身だよ。

    既に30代だと柔軟な対応は難しいのかな。
    でも20代の若者たちは兼業前提の人生設計をして実にたくましいよ。
    彼らに追い抜かされないよう、くれぐれも頑張ってね。

    ユーザーID:3222139973

  • ではアドバイスを

    色々意見が出ていますが、夫と対等でいられなくなるということはありません。
    そうなってしまうのはその家の夫の性格だと思います。

    我が家の場合の一番の変化は、夫婦そろってストレスが無くなったことです。
    私に余裕ができたこと(兼業のころは顔が怖かったらしい)で夫が家でくつろげるようになり、家事もしなくて良くなり、ストレスが減ったらしいです。
    夫は、仕事だけしてればいい家事しなくていいって凄く贅沢な気分、と。
    夫が仕事をしている間に家事が終わってるので、夫婦で在宅時はのんびりゆったり過ごせるのがとても贅沢な気分です。収入は減ったけど生活のゆとりは上昇しました。

    私の周囲でも専業と聞くと攻撃する人が一部にいます。
    彼らが言うには怠け者、引きこもりなのだそうです。
    冷静に観察すると妬みかなと感じます。

    アドバイスですが、家事に支障ない短時間のパートで収入を貯金することを勧めます。
    必ずまとまったお金が必要になる機会がきます。(家購入だったり子供のことだったり親の介護だったり)
    その時に、実はパート代全部貯めてたんだよと出してあげられるといいと思うんです。

    ユーザーID:7810505903

  • 専業主婦です

    私のまわりは専業主婦がおおいです。
    転勤族なので…
    とゆうか、私の感覚でいけば、大手企業の社員は転勤だらけ、その妻は専業主婦だらけなのでは…
    と思います。

    ただ、大手企業のように保証がきくのでなければ、なにがあるかわかりません。

    私の夫は25歳で年収500万です。これからもあがり続けます。資格職なので、職を失うこともほぼないです。
    加えて家賃補助があり、家賃はほぼかかりません。
    夫の万一のときのために高額保険。会社の保証も手厚いです。

    この条件でやっと、専業主婦でいられます。
    節約しなくても少しずつ貯金はできますが、贅沢などとてもできません。

    失礼ながら、30代500万で、ストレスのない生活は難しいと思います。
    専業主婦がとやかく言われるのは、環境によりけりです。

    ユーザーID:6808269693

  • 「良妻賢母のすすめ」

    タイトルの本をご一読ください。
    私も過去にトピ主さんと全く同じ悩みを持っていました。
    仕事も広告代理店の営業をしており激務でした。
    その時偶然であったこの本を読んで仕事を辞める決意をし、今は専業主婦になり2人の子供を育てています。
    幸せですよ。
    今の選択は間違ってなかったと自信を持って言えます。

    ユーザーID:1364564859

  • 昔とは違うから

    昭和な時代は夫が浮気しようと、無職になろうと離婚する夫婦はあまりいませんでした。
    つらくても我慢するのが結婚、みたいな。
    でも、今は離婚率も上がり何かのときに備えておくのが賢い女の生き方と
    考える人が多くなったから専業主婦は軽く見られるのではないでしょうか。

    それに家事も昔と比べてずいぶんと楽になったし、子供いない専業ってヒマなイメージがあるから
    子どもができるまでは共働きでなるべく資産を増やす選択をする人が増えてると思う。

    以前、女性上司に言われた言葉ですが
    「口紅一つ夫の許可を得ないと変えない人生なんてつまらないわよ。
    多少つらくても仕事は止めちゃだめよ。夫婦が対等でいるためには収入は必要よ」といわれました。
    すごく納得しました。
    たしかに家事労働は重要ですが、それはお金で買えます。
    離婚もしくは夫が死亡してもなにも困らない位のたくわえがあるならともかく
    せめて妊娠までは働いたほうが手当て面でも「得」だと思います。

    ユーザーID:0528623549

  • きついかな。

    30代兼業です。

    一馬力500万で暮らすのは、きつくないですか?
    結構、切り詰める生活になると思いますけど。
    節約生活でギスギスしないのであれば、専業もいいかな?
    時間のゆとりはできますよね。
    ただ、この先、住宅ローン、教育資金やらで、仕事を辞めたことがボディブローのように後々効いてくるのが心配で、私は、辞められない状態です。

    周囲は、勝手に定年まで働くと思い込んでますけど、一定の目標まで到達したら、スパッと辞める予定です。

    ユーザーID:4682088263

  • やめないで

    お母様が幸せだったからといってあなたが幸せな家庭を築けるとは限らない。
    義母がどういう人かもわからない。
    義家族との関係がどのようになるかわからない。
    また、お二人の収入では今後、子供を持ったときに苦労するのは明らかです。
    あなたのためにも働き続けたほうが絶対によいです。

    ただ、ぴりぴりした女性は必ず嫌われます。
    仕事でぴりぴりしているようでは、子育てではもっとぴりぴりします。
    そして、だんな様に愛想をつかされます。
    気づけば職もなく離婚もできません。
    というか、職もないのに、離婚されます。

    そうならないように、ぴりぴりしない、正社員を続ける。
    ご自身の長い長い人生のために、幸せのために、がんばってください。
    とにかく、再就職は厳しい時代ですので早まらないでください。

    ご婚約、おめでとうございます。
    お幸せに。

    ユーザーID:3864974546

  • お金は有った方が良いに決まってる

    専業主婦になるのも良いかも知れませんが、生活レベルをかなり落とす覚悟はあるんですか??
    金の切れ目が縁の切れ目って事になりかねないですよ。
    私は仕事を辞めようとは思いません。
    例えば夫と離婚や死別したら生活出来なくなるじゃないですか。
    子供が出来たら尚更子供を守っていかなきゃいけないし。
    ま、心配性な私の意見ってだけです。。。
    自分の人生ですから好きにしないと後悔するでしょうし。
    誰かのせいにするのではなく、自分で決めたって事で納得出来れば専業主婦生活でも良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:5391554397

  • 兼業→専業→パ−ト

    結婚して10年間はフルタイムで働きながら、出産・子育てしていましたが、体調を壊してしまったので退職して2年ほど専業主婦していました
    確かに時間の余裕はありましたが、根がぐうたらなので時間の管理が上手く出来ないのと自分で働いて収入がない事が不安なので、今は資格を生かしてパ−トで働いてます

    私は性格的に少し忙しくしていた方がテキパキと動くので今の生活で満足です
    夫は私の好きなようにしているのが一番だと言ってくれる人なので自由にさせてもらってます

    ユーザーID:4356213229

レス求!トピ一覧