老犬の可愛さ

レス24
(トピ主2
お気に入り49

生活・身近な話題

G子

はじめまして。

シニア犬の飼い主になろうかと、検討中です。

先代の犬は8歳半でシニア期に入る前に死んでしまいました。
想定外の病気で発病から一ヶ月でした。

その悲しみを乗り越えてやっぱり2匹いてほしい、と思うようになり(もともと2匹で飼っていて、後住犬は保護犬です。)
やはり迎えるなら保護犬から、という思いも強く、いろいろ保護団体の保護犬とお見合いやトライアルを重ねるのですが今いる子とうまく相性が合わなくて、

やっぱりこの子は先代の犬しかだめなのかな・・・・と思っていたところ、ビビっときた子が11歳のシニア犬でした。

ダメもとでお見合いしてみたところ、どんな犬にも吠える(パピーでさえもガウガウやってしまいました)のに
シニア犬には初対面で会っても全く吠えず、お鼻先で挨拶なんかしちゃってあれ、びっくり。
今、トライアル中で自宅にいますが全く気にしていない様子です。

シニアさんも殆ど寝てるし先住犬のテリトリーにも入ろうとせず(興味がない?)
お互いいい距離感です。シニアさんもシニアゆえなのか穏やかでゆったりしていてとてもいい子です。

もちろん高齢故の病気もありますし、歩行もよたよたしていますが
シニア犬ってパピーや若い犬のような爆発的な可愛さはないですが、じわ〜〜じわ〜〜〜〜っと地味に可愛さが染み出てくる感じですね。

先代の犬はシニアになる前に死んでしまって老後のお世話をさせてくれなかったので、この子と出会ったのかしら?とも思います。

この子を引き取ることを前向きに検討してるのですが、シニア犬を飼ってる皆様の「シニアのこんなところが地味に(いや地味でなくても)可愛いんです!」というお話を伺えたらと思ってトピ立てました。

ユーザーID:6988747817

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 十四歳のコーギーがおります

    今のところこれといった健康問題はないのですが、人間にすれば九十才近い高齢だそうです。耳がほとんど聞こえないので「ご飯よ〜」の呼び声も聞こえませんが、自分でもわかっているらしく、若い同居犬の様子を見ていて他の犬にいつもついて行く、といった感じです。

    足元もおぼつかないので外へ用を足しに出る以外はあまり歩き回らないのですが、夫や私が庭へ出ると一生懸命ついて来ます。段差のある所は夫が抱き上げて昇り降りしていますが、尻尾を降ってとてもうれしそうです。以前のように長距離の散歩はできないのですが、その代わり車に乗せてドライブに出かけると目を細めて窓の外を眺めていますが、帰りはもう居眠りをしています。

    あとどれくらいこの家にいてくれるのかはわかりませんが、子犬や若い犬にはない可愛さ、いじらしさ、と言ったものがありますね。

    ユーザーID:0910391487

  • 十二歳のダックス

    一段の段差も必死でタイミングをはかり、結局私に抱っこせんかいの眼差しを。口の周りは白髪で漫画のこそ泥の様。乳癌の手術に今年に入ってからの椎間板ヘルニア。本人ならぬ本犬は至って元気にしておりますが、私たち人間がこの子の老いに戸惑っている感じです。でも白髪も傷痕もいとおしいんですよね。

    ユーザーID:4962944872

  • 何だね〜?

    若い頃は異様に耳がいいですよね犬は。
    でも歳とったせいか(13歳)、うちの犬は聞こえずらいみたいで。

    で、「○○、可愛いね」など愛想を言ってもずっと寝っぱなし。
    顔のそばによってまた、お愛想を言うと、
    (ああ?何だね?)みたいな表情をします。
    それが何だか、可愛いです。お爺さんみたい。

    ユーザーID:2216898241

  • 言葉をわかる

    犬もシニアになりますと、「命令」じゃなくて「ことば」を理解するようになります。

    「待て」「ヨシ」じゃなくて、「待っててくれる?」「わかったー」みたいな感じです。

    元気ハツラツ天真爛漫の若い頃も可愛いですが、あうん ができるシニアは可愛いです。

    ユーザーID:3001890832

  • うちは、13さいの雑種です

    お腹や首の周りの毛が薄くなり、汚れもたまりやすく毎日のブラシなどの手入れをしても、くちゃいんです
    でも、くちゃいのも
    いとおしくなりますね。

    ユーザーID:5623171552

  • 14歳のMダックスです

    心臓と肝臓の薬を朝晩服用してます。フードは肝臓に優しい病院指定のものです。
    一日ほとんど寝てます(笑)後ろ姿特に後ろ脚に哀愁があります。
    顔も口の回りの肉が下がって、すっかりお婆ちゃん顔です。
    ヨタヨタとトイレに行きます。時々、粗そうしては隠れてます。失敗しちゃったの分かってるんですねえ。加齢臭なのか「うっ、臭い」と息子は言うくせに、顔をすりすりクンクン匂いをかいでます。「臭いけど、家族の匂いは平気だ」と、毎日ちょっかい出されて、迷惑そうな顔が、また可愛い。

    ユーザーID:3455820028

  • 十三歳のトイプードル

    一般的にトイプードルには長生きが多いので、十三歳とは言ってもまだまだ老犬の風格ではありませんが。
    毎日30分のお散歩は、他の犬の前を歩いていますし、ボール投げでは走ってキャッチします。
    ただやはり無理はさせないようにして、お散歩でもボール投げでも休憩をはさみながらです。
    一緒に飼っている若い犬を少しうらやましそうに眺めてますが、仕方ありません。

    老犬になり、体臭・口臭が強くなりましたが、そのほんのりした臭さも
    「今、私の腕の中で生きてるなあ。」
    と実感させてくれる、かぐわしい香りです。

    ただ、おととしの猛暑の夏が過ぎた直後、いきなり腰を傷めたようでした。
    しばらく病院に通いましたが、どうやら原因はクーラーでの冷えからきたようです。
    クーラーの冷寒は床にたまるし、ウチの子はフローリングの上に天井にお腹を向けて大の字でいつも寝てるのです。
    去年・今年は、相変わらず魚の開きみたいに大の字で寝るこの子に
    「あなた腰を冷やしたらダメなんだよ!」とお腹にタオルをかけてやってます。

    ユーザーID:2367769695

  • 16歳ビーグル

    最近ソファーに飛び乗るのを失敗するようになったので階段を買ってあげました。昼寝が深くて人が帰ってきても気がつかないことも多くなりました。おねしょも昼夜問わずするようになり、毎回洗ってやりますが大人しく世話されている姿を見ていると可愛くて仕方ありません。数年前に16歳3カ月で逝ってしまった子もいまして、その子は最後半年近く歩行困難でしたがなんとか一生懸命トイレまで行こうとしていました。帰りに15センチほどの段差を上がれず、何度もトライしたらしく膝をすりむいて出血していたことも(思い出すと健気で泣けてきます)。老犬は色々気を使ってあげないといけないし最後は介護も大変ですが一生懸命な姿が本当に愛しいです。大切にしてあげたいですね。

    ユーザーID:4817683547

  • 19歳の柴mix介護中です

    3年半前にケアンテリアとマルチーズ2匹の室内犬が居る所に保健所送りになるワンコを引き取りましたが既にその時点で16歳。
    放置状態の飼い犬だったみたいで家に来た時は酷い歯槽ノウロで餌も食べられず病院で11本の歯を抜く手術からのスタートでした。
    虐待されてた様で人間嫌いなのか全く慣ついてくれず、その子を迎える為に庭に作った立派なサークルからも何度も脱走(汗)
    仕方なく1ヶ月程で室内で飼う事にしましたが、散歩の習慣が無い為か何度も失敗の連続で本当に世話が大変で…(泣)
    けれど1年半が過ぎる頃からリビングを徘徊する認知症が1年続き、とうとう去年の暮れから寝た切り状態になってしまいました。
    食欲はあるけど身につかないので痩せて床擦れも出来てしまい、目も見えず耳も全く聞こえていませんが、あれだけ人間嫌いだった子が私や息子の膝の上で安心して眠ってくれてる事に幸せを感じてる自分が居ます。
    (すみません。続きます)

    ユーザーID:2690143158

  • 14歳の

    ロングチワワを飼っております。

    認知症かと思うくらいにご飯を激しく要求したり(食べても忘れてるのか?)
    お口がとっても臭くてなめられると思わずのけぞってしまったり(でもがんばってなめる!)
    散歩でヨタヨタと勝手に進んでいって呼んでも止まらず、でもすぐ追いついて捕獲されてしまったり(激しく抵抗するが全然効果ない)
    おトイレはあまり見えてないのでよく手前に外してて、それを踏んでしまったりしてますが

    一度死にかけて復活してからはいっそういとおしいです。
    シニア犬のかわいさ、って表現は難しいんですが、そこに寝ているだけで、
    ああいるんだなーって癒しかと思ってます。

    トピ主さんは優しそうですね。その年でわんこ同士の相性がいいなんてラッキーですし、
    シニアの保護犬はやっぱりハードル高いのでなかなか巡り会いがないわけですが。
    これから一層幸せになるように、お祈りしております。

    ユーザーID:6627426467

  • 続きです

    今夜もそうですが日中に睡眠が多いと夜中に機嫌が悪く眠ってくれませんし、徘徊が始まった頃から怪我が心配で一緒にリビングで寝始めて2年が過ぎました。
    シニアからなので思い出も少ない…目も見えてないから私の姿も映ってない…耳も聞こえてないから私の言葉も届いてない。
    でも不思議なんですよね。意思の疎通が出来るっていうか、お互い気持ちは解り合えてると強く感じます。
    介護の子の後にトイプーも増え4匹の多頭飼いですが、犬同士も弱い者に対して理解してる様で気にしながら生活しているんですょ。
    一番初めから居てるケアンも今度お誕生が来ると16歳…段々耳も遠くなって番犬の様に吠える事も少なくなり、機敏さも衰えてきました。
    父の介護も経験し見送りましたが、ワンコも同様に大切な事を私へ伝えてくれてる様に日々感じています。

    ユーザーID:2690143158

  • 親密な時間を過ごせる

    シーズーとマルチーズと暮らしていました。
    シーズーは昨年16歳で天使になり、残されたマルチーズも10歳になりました。

    老犬と暮らしていると、優しい気持ちになれる自分がいます。

    人間には無い、真っ直ぐな心で私を見てくれる。

    お世話をしてるようで、実は、様々な事を教えてもらっていると思います。

    ユーザーID:5202070268

  • 愛おしい

    以前、マルチーズのまるちゃん飼ってました
    17歳近くまで小さい体で頑張ってました

    カミナリが大嫌いだったのにおばあちゃんになってからは
    耳が聞こえなくなってカミナリでも平気で寝てた
    目も白くなり歩き方もななめに歩いたり・・
    とにかく口が臭かった!でもその臭さがたまらなく好きで
    何度も嗅いだっけな〜
    でも可愛かったな〜愛おしいって感じです。

    ユーザーID:1544194378

  • コギじぃじぃ

    うちのコギーはこの9月で満14才。

    椎間板ヘルニアのせいかお尻と後ろ足がブルブル震えている事が多いですが、それでも散歩が大好き。でも1年程前から散歩の時間がずれ、飼い主が忙しい時に「今日の散歩はまだ? そろそろですか? ワーイワーイ」状態。このズレが迷惑だけど、かわいい。

    耳が悪くなったのか、勘が悪くなったのか、飼い主が居るだろうと思い込んだ部屋のほうに、耳をピンと立て、全神経を傾けているのが、忠犬ぽっくて(性格は勝手者)いじらしい。

    このコギーは2才の時、先住の10才のコリーと住み始めました。コリーはまさに「長老」の貫禄と落着き。13才で死にました。犬種の違いもありコギーが何を先輩から学んだかは解りませんし、事情がありまた2匹目を飼う事は出来ませんでしたが、犬は1匹より最低2匹で飼うのが、豊かな「犬人生」を過ごせると実感しています。

    ユーザーID:9485746935

  • すばらしい!



    トピ主さまはすばらしいです!
    先住犬の気持ちも十分考えて、新しいワンちゃんも保護犬から選ばれるなんて。

    うちには13歳、ビーグルがいます。
    まだちょっとやんちゃで、いたずらも時々。
    でも、心が通じる気がしてます。

    犬も猫も(保護した猫が5匹おります。)、ほんとの可愛さは5〜6歳から、と常々実感しています。

    ユーザーID:2457679867

  • 二頭目

     母犬が14歳で亡くなり、今息子が13歳9か月です。
    シニアになると人の言葉がかなり理解できるようになります。
    また、自分が弱くなったという自覚があるのでしょうか?人のそばに常に寄り添いたがります。
    耳も目も悪くなり、その分言葉も感情も理解する力が増しているのかもしれません。寝ている時間が増えますが、穏やかに尻尾をゆさゆさし、穏やかに喜びの表現をします。
    怒りは見たことが無いです。

    医療費は高額になりますが、母犬を介護していた時、本当に私一人を頼りにしているということがわかりました。
    その子を亡くし、私はこの世で一番私を必要としてくれた子を亡くしたんだと思い、なんだか自分はもう世の中に必要ではなくなったように感じました。
    寝たきりが長かったので実際は良く見たのだと思いますが、やっぱりもっといろいろできたんじゃないかという後悔があります。

    ユーザーID:3119388844

  • トピ主です。

    皆様沢山のお話ありがとうございます。
    まとめてのレスで失礼いたします。

    どのお話もじっくり目を通しています。
    皆様のわんこさんは愛されているんだなぁ・・・・というのがひしひし伝わってきます。そうそう、何か健気でいじらしいんですよね。

    今トライアル中のお爺くんはダックスの♂ですが、後ろ足に変形もあり高齢故心臓病予備軍でもありますが、なんていうのかその空気感にとても癒されてます。

    彼の背負ってきた犬生は過酷なものでしたが、それを受け入れて今を懸命に生きるその姿に涙が出てきます。

    パピーすら受け入れないうちの犬も最初から大丈夫でした。近所のガウガウ犬もお爺くんと散歩して近づいてきたが、全然吠えず、きゅんきゅん甘え声でお爺くんに挨拶して、これまたびっくり。

    シニア犬を飼ったことがなく、周りにも10歳超えのわんこさんがいなくてなかなかお話を聞く機会がなくて迷いも正直ありましたが、皆様のお話を伺えて背中を押してもらえた感じです。

    トライアル終了後お爺くんを家の子にお迎えして余生はのんびり暮らしてもらおうと思います。

    ユーザーID:6988747817

  • ウチもです

    素敵なトピありがとうございます!!
    皆さんのお話本当に心が温まります。
    ウチの柴は今16歳半、介護の真っ只中です。
    若い頃はヤンチャで気が強くじっと抱かせてなんかくれませんでした。
    それが今は私のひざで抱きかかえてご飯を食べさせて、夜も添い寝をすると安心して寝てくれます。なんだか若い頃以上に守らなきゃ、世話しなきゃと思えるのが飼い主として嬉しいんですよね。
    本当に、若い頃とは違うかわいらしさですよね。

    ユーザーID:7786331200

  • 赤ちゃんそのもの。

    10歳を過ぎたあたりから耳が遠くなり、私が帰宅しても玄関までの
    お迎えがなくなりました。
    なので、わざと静かに玄関のドアを開けて寝ているあのコの横で
    小さな声で「ただいま、かあちゃん帰ったよ」と言うと「わー帰ってたの!?」
    と慌てて起きて祭り状態で喜んでくれる姿がまた可愛くて可愛くて。

    若い頃は相当やんちゃだったので、老犬になってからは赤ちゃん返りを
    したように甘えん坊になりました。
    大きい体を頑張ってたくさん抱っこさせてもらいました。
    怖がりなので抱っこしてあげると途端に気が大きくなる姿が、これまた
    愛しくて愛しくて。

    私はあのコのパピー時代の事を思い出す事はないけれど、老犬時代のあの
    可愛さは亡くなって10年経った今でも毎日私を癒してくれます。

    主さん家のお爺くん、素敵な家族を持てて幸せですね。
    私も幸せな気持ちになれました。
    主さん、素敵なトピを有難うございます。

    ユーザーID:8017142886

  • トピ主です2

    皆様引き続きのレスありがとうございます。

    高齢犬を迎えるにあたって若い元気な犬より「死」が身近になることが迷いの壁でした。ここがどうしても最後まで気持ちの整理がつかず・・・

    11歳だからといってすぐ死んでしまうわけでもありませんし、若いからといって長生きするわけでもありません。実際先代はまだまだ全然元気な8歳半で突然死んでしまったわけですし。

    そんなときに読んだ本にとても心に染みて感動したフレーズがありました。

    ========

    「死」は全ての終わりではありません。愛犬と出会ってから今までの間で、もっともお互いの愛情を確かめることが出来る瞬間なのです。

    ========

    この言葉で最後の壁を越えることが出来ました。

    犬っていいですよね。
    若くても、年老いても、本当に犬っていいです。

    ユーザーID:6988747817

  • 17歳、20キロ、室内外を自由にさせている雑種犬がいます。

    「我が家がしていること」
    ・家の段差などをなくし数ヶ所をバリアフリーに角にはシートを張りました。
    ・夜間祝日対応の病院を探してあります。
    ・3か月に1度は検診に行きます。
    ・早朝と深夜に毎日30分は歩かせています。
    ・カリカリだけでなく水分多めの手作り食も与えています。
    ・シニア用品を徐々に揃えるようになりました。
    ・歯磨きを毎日する

    室内外自由ですが、若い頃からほとんど室内で過ごしています。
    犬でも猫でも人の気配がわかる範囲が好きなんだなと改めて思いました。
    このままゆっくり過ぎると思いましたが、散歩中にうちの犬が猫を見つけました。
    子猫でなく1歳前の猫なので保護に3週間かかりましたがどうにか保護しました。
    犬に刺激が多すぎゆったり過ごせないと思い病院の先生に里親さんを探してもらおうと考えていましたが、2匹で寝ている姿、2匹で話している姿などを見て我が家の猫にしました。また1年後の冬、散歩中にうちの犬が猫を見つけ、今回は私の所に一緒に連れてきました。こちらの猫は純血で人慣れしていたので捨て猫でした。
    今3匹で生活しています。

    ユーザーID:0914936771

  • 我が家も老犬2匹

    我が家にもおばあちゃん犬とおじいちゃん犬がいます。保護団体から来ました。
    おじいちゃんは2キロ、おばあちゃんは3キロ余りのポメラニアンです。うちに来た時からかなり年でしたので、今14歳くらいかと思います。
    カートに乗せて公園まで出かけます。(散歩とはいえませんね)気管虚脱、肝臓・腎臓数値悪、てんかん、心臓弁が不完全等、病気山盛りです。でも、この子達、可愛いのなんの、見飽きることがありません。カートで出かけても、「この子達、ビックリするほど可愛いですねー!」なんて言われます。
    病院通いが当たり前の暮らしですが、すこ〜しでも永く、痛くも、苦しくも、寂しくもない生活が続けばいいと思っています。
    まだおばちゃん犬だけだった時、私が2か月入院した時がありました。1週間くらい、私の帰りを待ち、玄関から動かなかったそうです。後から聞き、胸が締め付けられそうだったのを、覚えています。
    犬はほんとに愛情深い生き物ですね。

    ユーザーID:3450782913

  • 柴犬15歳12kg

    昨年、僧坊弁不全症と診断されました。
    ここ1ヶ月ほどで急に老けてしまい、短距離を歩くのも、やっとです。

    時間の感覚が変なのか、夜中の2時3時に起こされます。

    ご飯は、手で口の高さまで器を持って、食べさせています。

    耳と目は大丈夫ですが、尻尾がダラリと下がったまま
    ほとんど動かないのが悲しいです。

    歩くのが難しくなってきたので、今、シニアカーの購入を考えています。

    若い時は散歩中に脱走する事、数回。
    他所の犬に噛み付いた事、数回。

    最初の飼い主に、やんちゃすぎて断られ、我が家にやってきました。
    そんな犬が、今は、ほとんど寝ているだけです。


    犬って歳を取っていくにつれて
    だんだんと可愛らしくなるのは、どうしてなんでしょうね。

    私も、くちゃいのも構わずに、抱っこ&もふもふしています。(苦笑)

    獣臭が香ばしく、すぐに、全身着替えてますけどね。

    もう少し、長生きしてほしくて頑張って介護をしています。

    ユーザーID:8349537203

  • 愛犬共々我が家は高齢家族です

    我が家の12歳のシーツーは既に目も耳も衰えてきて、嗅覚だけは未だ衰えず、食べる事だけが唯一楽しみな所は飼い主ソックリ。
    ヤレ白内障だ、難聴だ、高血圧だ、アレルギーだと医者通いもまるで競い合ってるかのよう、家族3人の医療費がバカになりません。

    「誰が一番先に認知症になるかねエ、オカアさんかもね?」と夫、自分の事タナに上げて愛犬に優しく話しかけてます。

    夜は見え難く怯えるため、あちこち電気を付けた儘、明るい部屋で寝るのも慣れました。

    耳が遠く花火も雷も聞こえ難くなり、以前はその度に窓の無いクローゼットに駆け込み、収まるまで共に過ごしたっけ。
    お籠り中、夫がお茶や雑誌、おやつなど差し入れてくれ、友人たちは「今頃彼等はクローゼットかな?」と陣中見舞いの電話をくれたり…、あの頃の元気さを再び取り戻す事が叶わぬ今、せめて私達が出来る事は、元気なうちに充分世話をして、穏やかな老後を全うさせてあげたいと切に願う日々です。

    この子は私共にとって最後の犬になるでしょうから。

    ユーザーID:8659693912

レス求!トピ一覧