何故、義母の言葉にモヤモヤするのか。

レス54
(トピ主1
お気に入り72

家族・友人・人間関係

ゆでこぼし嫁

 結婚四年目の主婦です。最近、主人の母(以下、義母)の言葉に、モヤモヤとしたなんと表現したらよいかわからない感情かわ湧き上がることがありました。
 
 私の実家は、ある嗜好品の製造販売をしています。今回、義母がお使い物に、その商品を使ってくれることになりました。実家から商品を送ってもらい、義母と相手のお宅に出向きました。
そこで義母は、「嫁の実家で作っておりまして。お口に合うかどうかわかりませんけれども。」 
と言って商品を渡しました。
人に食品などを渡す時の一般的な挨拶だとわかっているのですが、なんだかモヤモヤしてしまいま

した。
自分でも、何故こんなにモヤモヤするのかよくわからないのですが、客観的に見て、どのように感じるか教えていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

ユーザーID:2995236196

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数54

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 渡した相手にもよる

    近所の人とか親戚とか、トピ主さんも含めて親しくしてるような間柄の人に渡すなら「おいしいのよ」と勧めてほしいところですが、、、いや、でもそういう相手でも姑世代なら普通に礼儀正しい挨拶かな。

    ましてや気の張るご挨拶として渡したものであれば、ごく一般的な挨拶だと思います。

    ユーザーID:2293198353

  • 気にしない

    人様から見たら主様のご実家も義母様も身内と認識します。

    嗜好品ですので、お饅頭などと違い味がすぐ解かるものでも有りませんが、美味しい醤油だとか、使っているうちに解かると思います。
    食品ですので好き嫌いの味もあるでしょうし。
    一般的挨拶で良いと思います。

    それより、お使い物にしてくれたと言う事は姑様もおいしいと認めてくれているんではないですか?
    美味しくないものを無理に選んで贈り物にするとは考えられませんから。

    そんな事でモヤモヤも無いと思いますよ。
    信頼関係築くには姑様だけでなく、主様も相当の努力をしないといけないです。
    疑心暗鬼が一番いけない。

    ユーザーID:0209121028

  • お姑さんが嫌いなんでしょう

    ごく普通の言葉ですよ…
    ご実家は自信を持って長年その商品の製造に取り組んでいらしたのでしょう。あくまで日本的な謙遜とわかっていても、本来赤の他人の姑さんにご実家を卑下したような言い方をされたのが気に入らないだけでしょう。

    わかりますよ。全く同じ経験はありませんが、我が子の事を姑が外で卑下した言い方をした時、謙遜だとわかっていても嫌な気持ちがしたことがあります。それと似た感情かなと思います。

    でもそんなことでいちいちイラついていたら身が持ちませんから!

    ユーザーID:9923379084

  • 日本人ならではの謙遜でしょ

    嗜好品がなんなのかわからないけど、それが美味しいって義母さんは普段は言ってるんだよね?だって、美味しいと思ってないものだったらわざわざ貴方の実家から取り寄せてお使い物なんかにしないでしょ。
    主さんの考えすぎだよ。
    実家の商売を気にかけてくれるいいお姑さんじゃない。

    ユーザーID:1759604148

  • お義母さんはけして「美味しくないかもしれないけど」という意味で言った訳じゃ無く「とっても美味しいと私は思うからあなたに食べて欲しくて持って来たんだけど、味の好みはそれぞれだからもしかしたらあなたの口に合わないかもしれないけど」という意味で言ったのは解るんだけど

    なんだか モヤッとするって 解る気がします(笑)

    自分の母が言うなら何とも思いませんよね。自分のうちで作ってる物を謙遜してるだけですから。でもお義母さんが言うと間にワンクッションあって他人の物をけなした、もしくは他人の物で良い格好した、みたいな感じがうっすらしますもんね。

    私が居る前でそういうか って感じも有るか?なんだかいろいろな思いがちょっとだけよぎっちゃたんでしょうね。そして自分でもその感情に驚いてる。結構みんな大なり小なり経験あるんじゃないでしょうか。

    身内意識と他人なのにという感情が行ったり来たりするって言うのか…

    ユーザーID:4443618623

  • お気持ちはわかります。

    いやぁ、おっしゃりたいことは十分わかりますよ。私も同じ立場でしたらやっぱりもやもやするでしょうね。
    でも、やっぱりここはただの社交辞令的な(日本人的な)言葉と受け取ったほうがいいですよ。

    外国だと手土産に対して自分の思い入れとか「これはおいしいんだ」とか言ったほうが相手が喜ぶみたいだし、最近では日本でもマナーの先生とかが「つまらないものですが」なんて言うほうが失礼。「これはどこそこの店のものでとてもおいしいから是非」とか言ったほうがいい、と(テレビで)言ってましたが・・・。如何せん、私も日本人気質なのか、まだまだそこまでは馴染めません・・・。

    まぁ、「お口にあうかどうかわかりませんけれども、いいものだと思うのでお持ちしました」ってことじゃないですか?

    ユーザーID:1019984065

  • 当たり前

    「(品物は)嫁の実家で作っておりまして。」は事実。
    「お口に合うかどうかわからない。」も事実。

    よってこの件に関しては何にもおかしなことは言っていない。気にしすぎ。

    もしこれが、「嫁の実家で作っていますので、お口に合うかどうかわからない」と言ったなら、モヤモヤすると思うけど。

    むしろ、義母さんはその品物の価値を認めているから、人に贈るわけですよね。義母さんなりに、商品を広めようとしていて、むしろトピ主の実家の商売に貢献しているようにも思えなくもない。

    ユーザーID:9781134322

  • どう言えば良いの

    【嫁の実家で作っておりまして。お口に合うかどうかわかりませんけれども】

    私も上記のように身内の家の商品なので謙遜して言うと思いますが
    主さんは、どう言えば納得できたのでしょうね。

    「嫁の実家で作っておりまして、皆様に好評なんですよ。
    是非、お召し上がりください。」
    でしょうか。
    でも、お義母さんくらいの年代の方には
    自分が持ってきた物を褒めるようなことは恥ずかしくてできません。


    お義母さんは、世の中に、たくさんの商品があるのに
    わざわざ、主さん実家の商品を選び、先様にお持ちしたのです。
    ですから、主さん実家の商品が特別良い物であると認めていますね。


    【人に食品などを渡す時の一般的な挨拶だとわかっているのですが】
    その通りですよ。
    それでも、モヤモヤですか。

    それは、お義母さんに別の不満があるからではありませんか。

    ユーザーID:4852665440

  • 何故?嫌いだからでしょ?

    お口に合うかどうか・・・
    主も言われているように一般的な挨拶の言葉ですよね。
    まぁ、、この場合、この言葉の是非は置いといて。

    お客さんへの手土産に使われるって、信頼の証なのでは無いですか?
    そもそも嫌われていたり、見下されていたりしたら、使わないよ。

    そういうのも通り越してモヤモヤするってのは、義母のことを嫌い
    だからではないでしょうか?

    ユーザーID:7357536397

  • 確かに

    感じ悪いけど 昔の人なのね〜とスルーでいいんじゃない?

    ユーザーID:9155807988

  • 良いお姑さんだと思います。

    トピ主さん。冷静に考えてみてください。

    身内贔屓したい気持ちは判りますが、お姑さんは
    大事な自分の知り合いやお客様に、トピ主さんの実家の製品を
    使ってくださってるんでしょ?それがどれだけ素敵な事か!
    少なくとも、義理の親子の関係だけなら、別にトピ主さんの実家に
    気を遣うだけなら、自分の知り合いにまで、配らないでしょ。

    挨拶の言葉も一般的と言うより、常識的だと感じます。
    嫁の実家を褒め称えて「美味しいから食べてみて」と渡されたら
    それこそ、製品自体の価値よりも、義理で受け取られる上に
    陰で何を言われるか。実際に美味しくても商売しちゃって!位に
    思われたら、それこそご実家の評判が落ちますよ。

    まあお姑さんが「使ってあげてるのよ」と恩をきせている態度なら
    話は別ですけど。モヤモヤする理由は他にあるような気がしました。

    ユーザーID:7536785501

  • 考えてみた

    お義母さまは「先方に対して嫁も嫁実家も自分側」という立場で謙遜した表現をした。
    トピ主さんはそれを理解しつつも、「義実家に対して(自分+実家)側」という立ち位置を崩せないので、お義母さまが他人である自分と自分の実家を貶めたような気がしてもやもやする、かもしれません。

    ただ、私なら「お口に合えば良いのですが」っていいますね。
    「お口に合うかどうかわかりませんけれども」って確かにいいますけど、時代劇でお忍びのお殿様に長屋の住民がなにやら振舞うっていうときならともかく、ただの謙遜っていうよりなんかこびへつらった印象があります。
    そこまで卑下しなくても・・・というもやもやかもしれません。

    ユーザーID:2299938792

  • なんとなく

    モヤっとする気持ち分かります。

    嫁は家族だから謙った言い方でもよいけれど、嫁の実家は立ててもらいたいですよね。

    でも、「ご実家のお品を気に入って下さった」こと自体が、お義母さんの気持ちだと思われたら良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:1485143041

  • これは理不尽かと

    義母さんはある意味販促してくれたんですよね?
    今後、お相手がその嗜好品のファンになってくれるかもしれない。
    なのにそういう受け取り方はひどいんじゃないかな。
    「つまらないものですが」
    だったら、むっとするのもわかります。
    でも
    「お口に合うかどうかわからない」
    のはその通りだし。

    ユーザーID:3212220394

  • 考えすぎ!

    義母さんの対応は、普通の対応だと思いますが...

    ユーザーID:4366268573

  • 言い方ひとつ

    表現がヤダな。
    なんだか嫁であるトピ主さん実家を下に見ているような
    表現に感じるからでしょう。
    「お口に合うと嬉しいんですけど。結構評判いいんですよ。」だったら
    トピ主さんはなんとも思わないんじゃない。
    要は、言い方、表現の仕方ひとつなんだよね。

    ユーザーID:0060228534

  • 考えてみました

    1. トピ主さんが義母さんに好意を持ってなくて、「嫁」と言いながらも実の娘のような扱いをされたことにモヤモヤ
    2. 義母さんの「お口に合いますか〜」が儀礼的文句ではなく本心のような気がするからモヤモヤ
    3. 2.のように思っていてなおかつ、「実家は一生懸命良品を作ってるんだ!」という自負心が傷ついてモヤモヤ


    1.ですが、昔は特に「嫁に来たら娘扱い」が普通でしたよね。

    4. として、トピ主さんが現代的(というかごく普通)で、特に嫌いとかではなくても義母さんの「嫁」扱いがなんとなくしっくりこなかった? というのも考えられます。


    仮に、実親が同じセリフを言ったとしてどう感じるかを想像してみれば、よりご自身の気持ちがはっきりするのではないでしょうか。

    ユーザーID:8006376475

  • 気にしない

    まあね
    年代の違いじゃないかしら?

    もう少し若いと
    「嫁の実家で作っているの、とても美味しいから」
    と言えるでしょうが
    それは謙遜する事を美徳とされた昔の人には
    ハードルが高いと思われます
    なんせ受け取る側の常識も謙遜が美徳な訳ですから
    まして外から見れば身内を褒めるになるし

    気にしない
    気にしない

    お使い物に使おうとしたくらいなのですから
    きっと自慢に思ってくれてますよ
    そう思って忘れちゃいましょう

    ユーザーID:3956675927

  • 世代が違う

    最近では、「すごくいい物なんですよ〜」って言って渡すこともありますからね。
    そっちの方に馴染んでいるからモヤモヤするのでは?

    世代の差だと思います。

    ユーザーID:1235631736

  • えっ?

    「嫁の実家で作っておりまして。お口に合うかどうかわかりませんけれども。」

    これのどこがだめだったの?
    これ以外何と言えばよかったのか全く考えつきません。
    今後の為にぜひ教えていただきたいです。
    よろしくお願いします。

    ユーザーID:1106495263

  • たぶん、

    ご実家を軽く否定されたと思ったのではないでしょうか?
    お義母さまが言ったことは一般的な社交辞令ですから悪気はなかったと思います。
    私の実家も食べ物を作っていますが、恐らくトピ主さまはご実家の商品に自信というか誇りに思ってるからこそ社交辞令とは分かっててもモヤモヤしてしまったのではないでしょうか?
    仮にお義母様が「嫁の実家で作っておりまして大変美味しいので召し上がってください」という言葉であったら気恥ずかしくも嬉しく思いモヤモヤは少なかったかもしれませんが、やはり謙遜に欠ける気がします。お義母様が贈答品としてわざわざ美味しくないものを選ぶとは思えません。お義母様も美味しいことは分かってて贈ってると思うので気にしすぎないでください。

    ユーザーID:7779705356

  • 普通ではないかと思います……

    我が家も実家が伝統食品の製造販売をしています。基本的に食品には好みがあるので、自分でも似た様な事を申し添えてお渡しします。

    親戚にお使い物として使ってもらえる事は、基本大歓迎です。実家の品物を人様に贈り物として認めてもらったからとうれしく思います。実際には社員価格とかで対応しますが、口コミにつながりますしね。中には、はっきりと好みでないと言われた場合も過去ありますが、所詮嗜好品ですし、種類があるので次回からは、その方の好みに合せるか、初回は詰め合わせにして好みをヒアリングする様にしています。

    ご実家の商品をお姑さんに全く無視されるよりは、よっぽどマシだと私なら思いますが……。第一、評判が良ければ何度も使ってもらえますし、駄目なら仕方ないと諦めます。

    個人的にはお姑さんの口上はごく、常識的なものではないかと思います。お嫁さんのご実家の商品をやたら自慢されたら、相手の方は逆に引いてしまうのでは?

    ユーザーID:0111439007

  • 気持ちはわかるけど

    気にしないほうがいいですよ

    逆にあなたのことを家族の一員だと思うからこそ、一緒に遜ることができると思います。

    そこのところは
    いい方に解釈してみたらいかがでしょう

    もし私が貴方の立場だったら、お義母さんとの関係にもよるけど

    内輪の娘になれたような気持ちになると思ったので。

    ユーザーID:0680971217

  • 別に・・・

     どんなに美味しいと思っていてもでも、相手先のお口に合うかどうかわかりません。

    「すごく美味しいので・・・」的な言葉は、本当に親しい人にしか使えません。

    「ほんのお口汚しですが・・・」とか「つまらないものですが・・・」と言ったわけではないので。
    (日本独特の謙遜の言葉だから、悪くはないと思いますが・・・)

    お義母さまの言い方やトーンが引っかかったのかもしれませんね。
    このくらいの言葉にモヤモヤしてると人生楽しめないので出来るだけ早く忘れた方がいいと思います。
    「聞き流す」です。

    ユーザーID:7135349129

  • 別に何とも

    私なら何もモヤモヤしません。

    貴女は義家族が嫌いなだけです。

    どんなに言ってもモヤモヤするのですよね。

    情けない人です。

    ユーザーID:0366234992

  • 微妙か、な?

     やはり私も、おや?と思います。
     トピ主様ばかりか、ご実家までを自分に属する者として
    勝手にへりくだられてしまったのですものね。
     昔の風習としては、正しいのかしら。
    現代では、ちょっと垢抜けしないようにも感じますけど、
    正面切って怒るほどでもないですしね。
     よそのお店で買ったものなら当たり前の口上なのに、難しいものですね。

     例えば、
    「嫁の実家で作っておりますものですが、私どもは割合美味しいと思っていまして、
     お持ちいたしました。お気に召していただけると、嬉しいのですが。」
    これだと同じことを言っているわけですが、少しマイルド?

    「お嫁さんの実家で作っている物だけど、美味しいのよー!これが!!
     ほっぺた落っこちるわよー」
    だと、ご近所かお友達へのおすそ分けならいいですけどね。

     頂く立場でお義母さまのように言われたらどうか・・・。
    お嫁さんがいない場所なら気にならない、
    お嫁さんがいらしたら、気を悪くしていないかどうか、気にしてしまうかもしれません。

    ユーザーID:3364139870

  • えええ?

    劣化は、ここまで進んでいるのか。

    よそ様と相対するとき、あなたは、自分の身内。
    へりくだるのが、当たり前。

    本気でおかしいと思っているのか??

    ユーザーID:6757151842

  • 普通

    「そうだよね、お好みに合いますように」って心で思うくらいかな〜。

    義母さんがご実家の商品を良く思ってなかったら、人様に渡さないと思うんですよね…。

    もっと違う伏線が隠されてるんですかね?

    ユーザーID:4619452105

  • 一緒にして欲しくない

    私もたぶん、トピ主さんは 義母さんが嫁の実家を「自分の物」的扱いにしているのがイヤなんじゃないか、と思います。
    もしも他の人がおっしゃるように「見下されている」と感じたと言うのなら
    それは大きな間違いだと思います。

    ウチのお姑さんが「嫁の実家で…」って言う時は実は「自慢」なんですよね(笑)
    「嫁の実家で作っていまして」って言うと相手から返ってくる言葉は
    「まあ、それは素敵ですね」とか「すごいですね」じゃありません?
    それを期待できるものだからこそ使ってもらえたって思った方がいいです。
    (自慢できるほどいいものなのよ!)

    で、最初に書いた「自分の物」扱いなんですが
    ウチのお姑さんの場合だと「すごいですね」って言われると
    それが自分の評価になるみたいで、さらにガンガン自慢話をされて一緒にいると辟易します。
    「あんたが作ってんじゃないでしょうが!」って(笑)
    いわゆる「手柄を横取り」された気分? かな?


    「お口に合わないかも」はこれはホンット社交辞令です。
    それくらいの年齢の日本人なら付け加えておかなくてはいけない言葉です(笑)

    ユーザーID:0130553872

  • 何故って

    ズバリ、姑さんが嫌いだからでしょう?

    貴女も自分で言ってる様に「お口に合うかどうか」とか「些少ですが」とかは。
    送る相手に謙遜して言う言葉の一つですよね。

    若い方が使われるかどうかは知らないけど、姑さん世代の方なら大多数の方が使う言い回しですよね。
    ちなみに私は30代ですが、普通に使います(親や祖父母が使ってたので)

    私の実家も自営してますが(飲食系ではないですけど)
    仮に姑が私の実家のモノを相手に「合うかどうかー」と言っても、そりゃそうだと思うだけで気にもなりません。

    言わせて貰えば私は姑は苦手な部類ですが、姑は実家のモノが良いと思って送ってくれる。
    それは単純に嬉しいし。
    ただ合うか合わないかは、人それぞれでという事。
    ご尤もな言い方で、そんな事ではイライラはしませんけど。

    逆に「とっても良いから是非!」って推し進めてたら、それこそ「やめてー」って言いたくなります。恥ずかしいし。

    折角お姑さんが良かれと広めてくれ様としてるのに、何だか残念ですね。
    嫌いなのは仕方ないけど、言葉の些細な事まで過敏に気にしていたら疲れますよ。

    ユーザーID:1771032357

レス求!トピ一覧