両親に実家の片づけをしてほしい

レス38
お気に入り124
トピ主のみ1

thirty

ひと

私の実家には物があふれていて、数か月に1度の帰省の度、憂鬱な気分になります。
実家はパッと見、それほど汚くはないのです。
母は一応掃除機を毎日かけますし、洗濯は、少しでも汚れたらしたいタイプなので、
自分をきれい好きと思っていると思います。

両親は共にものが捨てられない性分です。
母は自分が20代の時の服を40年以上たった今でも大事にタンスにしまっているので、
新しく買った服を収納できず、各部屋にタンスが殖えていきます。
ストッキングをダイニングの椅子に放置したり、扱いに困ります。
父も父で、30年以上前の仕事の資料を捨てません(すでに退職)。
読まない本、聞かないレコード、壊れたPCで4畳半一間が無駄になっています。

各部屋にタンスや本棚などが置いてあるので、床面積を圧迫しますし、
地震が起きたらと考えると、危なくて仕方ありません(これが一番心配)。

私の見立てだと、今、実家にあるものは、おそらく半分くらいは捨てられると思います。
両親に意識改革をしてもらうには、どのようにしたらいいのでしょうか。

アドバイスお願いします。

ユーザーID:0997206940

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数38

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 難しいです

    きっと、ご本人達(両親)が片づけたいと思わないと難しいと思います。

    私も結婚して何度も何度も地震で危険だからと話してきました。
    もう十数年になります。

    私の部屋も兄弟の部屋も、そして一つ余っていた部屋も歩くスペースはありますが、すべて物で埋め尽くされています。

    何度も何度も話をして、じゃあ私がと手伝おうとしたら「もうおまえは、この家の者じゃない」と父親に言われました。

    ご両親次第かと思いますよ。

    ユーザーID:7698830492

  • うちもそう

    一緒にやるしかないと思いますよ。
    地震も心配だし、一緒にやりながら思い出話でも聞かせてよって言って。
    今は暑いので、秋になって涼しくなったらどうでしょうね。

    ユーザーID:1435108626

  • うちも同じです

    父はもうすぐ80代。1日のんびり隠居生活。50年分の月刊誌のバックナンバーのコレクションがご自慢ですが、大半は段ボールに詰めたまま、読み返すのをみたことがありません。プレーヤーもないのにレコードも大量に取ってあります。何十年分もの書簡類、着なくなったスーツ、少しずつでいいから、身辺整理をしてほしいと、昨日もちょっとけんかになりました。早世した母の荷物は私がもう10年以上かかりながら、少しずつ片付けています。新しく家具を買うことはないのですが、使わなくなった家具の処分に悩みます。結婚して別居した兄もほとんどの荷物を置き放しです。私自身はせめてと思ってかなりの荷物を処分しましたが、あっちもこっちももううんざりするほどです。おそらく父が亡くなったあと、不要品処分しますと云った業者にお願いするしかないでしょうね。

    ユーザーID:6822354703

  • うちのこと?

    うわあ、ごめんなさい!
    我が家も、同じ状況です。

    ストーブや扇風機など、子どもの部屋に置いています。
    帰省の連絡があると、あわてて片づけます。

    ほんとに、キレイにしたいとは、思っているのですが、ごめんなさい。

    ・・・涼しくなったら、断捨離しようかな。

    ユーザーID:7029203843

  • わかるな…。

    私の親も捨てないタイプ。私はすごく捨てるタイプ。なぜ親子でこんなに違うんだろう…。スッキリ片付いた実家に帰りたい。
    でも、トピ主さんの両親はなかなか強敵。うちはそこまでないなぁ…。
    極端に捨てれない人って、病気を抱えてるって聞いたことあるような…。
    聞いてみました?なぜ捨てないのか。2人が死んだらここを片付けるのは私達だから、と。

    ユーザーID:0045320593

  • そりゃ無理だとおもうな

    義理実家の話だと思いました。そういう家庭 結構あるんでしょうね。
    でも本人達は平気なので
    あきらめるしかないと思いますよ。片付けなくて平気、必要以上のモノに囲まれていても
    ドコにしまい込んだが分からなくてもそのモノが存在していることで多分落ち着くんでしょう。
    義父母は まさに捨てられない性格です。
    汚宅だったので結婚するまで招いてもらえませんでした(結婚後事実を知った)

    遊びに行った際、夫が幼少期に使っていた帽子(かれこれ30年以上昔の)を黙って我が子にかぶせた時にはどん引きしました。
    さらに夫の使っていた おんぶ紐、パジャマ、靴…他にはノートや教科書まで。ビックリしました。
    物持ちがいいというより
    捨てられない性格って 他人から言われても直りません。
    現に 夫も夫の兄弟も ずっと両親(義父母)に対し 捨てるよう言ってきたようですが
    引っ越してからも まるまる捨てられず新居に持ち込んだようです。
    普通に使える部屋が何部屋か物置になっていますが まったく気にならない様子です。

    ユーザーID:2786142394

  • こっそり捨てる。

    一人っ子の一人娘です。

    汚宅の実家持ちです。

    特に母がひどくて。

    両親が死んだら私がこの家を処理しなくてはいけません。
    この家、処理するのに何百万かかるだろうとぞっとしています。

    服なんかは明らかに着ない服はちょっとずつ勝手に持って帰って捨ててます。親が見てない間にこっそり服を抜いておいて、あらかじめ大きなカバンを持ってきておいてそのかばんに詰め、親が見ていない間に車に乗せて持って帰る。
    本も。ちょとずつ持って帰ってます。

    5年月一回続けてます。だいぶ親のタンス・本棚もあげぞこな感じになってきましたよ。

    あとは、片づけるのは諦めて、「この家を処理しようとしたら○○○万かかる、そのお金をわかるようにおいておいてほしい」と真面目に相談して、あなたの口座を作りそこにそのお金を残しておいてもらう(通帳・カード等は親が管理すればいいと思います)

    そのお金があるだけで安心ではありませんか。

    ちなみにうちは中身の処理だけ(家そのものの解体は含まない)で150万はみないとだめ、と言われた汚宅です・・。

    ユーザーID:7403079155

  • うちも・・

    我が実家も似ています。
    毎日掃除、洗濯して一見キレイそうですが・・・色々
    溜め込んでいます。

    私の兄、私、いとこが使ったベビーバス、私の2人の子供の
    出産時にも使い「もう要らないから捨てる」と言いつつ、
    孫達の水遊びに使い、今夏はスイカを冷やしていました。

    私は実家が遠くて、転勤族なので、自分の家の荷物の片付けにも
    数年ごとに追われているし、なかなか手伝ってあげられません。
    この夏も指摘すると「涼しくなったら元気なうちに処分するわ」
    と言うものの、なかなかです。
    冬の帰省時はお正月なので、がらくた処分する気にもなれません。

    トピ主さんがお近くでしたら、少しづつ手伝ってあげてください。

    年配の方は物を捨てることができない、かといってリサイクルショップに
    売りに行くのも抵抗があるようですし、ネットオークションなんて存在も
    知らないのです。

    ユーザーID:8363297917

  • 不衛生じゃないのだし・・・

    歳を重ねた人のほうが物を捨てられないそうです。本人以外にとってはゴミに見える物も老人には財産程の価値があると聞きました。
    それで断捨離のすすめなどの本もでるのでしょうねぇ。
    地震対策としてなら少し物が減らせるかも?

    ユーザーID:0287757794

  • それは無理

    持ち主自身が捨てたいと思っていないから。

    トピ主さんは実家に住んでいるわけでもないし、特に汚家と呼ばれるほどでなければ口を出す隙間はありません。


    もう両親は60代以上ですよね。もしかすると70代?
    捨てたくても体力的に無理でしょうから、片付けを手伝ってあげる!と声をかける位が精いっぱいでしょう。


    私の60歳の母も捨てられない人です。
    あきらかに壊れてサビだらけのストーブ。
    スーパーの袋、数百枚。
    開封済みの封筒。
    痩せていた頃の服。などなど。

    不燃は捨てるのも大変だから、引き取って捨てるよと言っても
    「嫌」と言われました。
    物に囲まれているのが安心するみたいです。

    諦めました。

    母が亡くなったら…片付けは大変だろうなぁ。

    ユーザーID:3285924646

  • お気持ちわかります

    たぶん無理だと思います。
    60歳を超えて生活習慣を変えることは難しいと思います。


    我が家もそのような状況で、ずっと悩んでいました。


    機内食の塩コショウ、ホテルのアメニティなども全て持ち帰りますが、ずーっと鞄にいれっぱなし。


    もったいない性分ですが、整理整頓が全くできないのです。

    どちらかというと浪費家で、買い物が大好きなのでモノが増えるだけ。
    安物買いの銭失いといったところです。


    一度、母が入院したことがあり、妹と二人で段ボール20箱以上の不用品を処分しました。(一応許可はもらったのですが)

    それ以来「○○が無い、入院前はあったはず」と何度も電話をかけてきます。


    ですので、彼らの生活に口出しするのはやめました。
    ケンカになるだけで、せっかくの帰省を楽しめません。


    保険の証書、家の権利書など万一の時に必要なものだけ家族のわかる所に保管してもらっています。


    今は3ヶ月に1回、冷蔵庫やキッチン周りの期限切れの食品の処分、掃除をするくらいです。

    両親が他界してから処分するつもりです。

    ユーザーID:4287855283

  • 意識改革は難しい

    と思います。

    きっと汚宅じゃないんですよね。
    物が多いんですよね。
    物置の中にいっぱいつまってるこれ以上置けないよ、みたいな。
    じゃあ実家と同じだ。

    私の両親宅も物があふれかえっている家です。
    父が転勤族で何度も引越しをしているのに、その割に物が減りません。

    昨年自宅を建て直しました。その際にだいぶ捨てたと言いますが
    現在私が見る限り以前と同じように見えます。

    父は親(私にとっての祖父母)が亡くなった後の物の処分に困った経験が
    あるにも関わらず、自分のものは捨てられないようです。

    なので開き直りました。

    私が処分する。

    年に何度かしか行けないので処分できる量に限りはありますがなにもしないより
    ましかと思って。

    次は読まない本をブック○フに送ろうと計画しています。

    それでも写真の整理だけはしてもらっています。
    私が知らない親戚が映ってたりして困っちゃいます。

    お互い頑張りましょう!!

    ユーザーID:3023880616

  • 親の性格を見て、色々作戦を考えます

    お金にシビアな人なら、「毎年の固定資産税が勿体ない」と、無駄をお金に換算。
    思いやりのある人なら「子供に迷惑がかかるから、老後は自分の身辺整理をするものよ」と、身辺整理マニアル本を読ませる。

    めんどくさがり屋なら「部屋に物が少ない方が掃除が楽よ。老後は体力が無くなるから、今のうちに一緒に片づけよう」と、手伝う。
    判断がきかない様なら「これ、貰っていい?」と行くたびに少しずつ持ち帰って捨てる。人にあげる事は嫌がらない人が多い。

    体力、判断力が無い場合は「言ってくれれば私が代りに捨てるよ。これ、同じのが5個有るから1個だけにしない?」と少しずつ処分。
    慈悲深い人なら「生活用品(本等)を困っている人に送りたい」と不用品を持ち帰る。

    用心深い人なら「倒れそうな物、固定させて。命と本とどっちが大事?怪我したら、介護するのは私よ。怪我したくないでしょ?」と、防災マニアルを見せて説得。
    思い出の品の類は、捨てると怒る場合があるので、それは施設に入ったり亡くなった後に処分しましょう。

    大変ですがコツは親の気持ちを汲みながら、一緒にやる事です。

    ユーザーID:2553166353

  • 運び出しは可能ですか?

    不用品、処分、捨てる、という言葉に
    もったいない、と拒否反応がでるみたいです。

    捨てる気になっているのなら
    ゴミ回収が無料のうちに片付けようと手伝う。

    捨てる気はないが、トピ主さんやお孫さんが
    (嘘でもいいから)これいいな〜とか、
    もらってもいい?利用できるかもしれないので欲しい、とか
    コレクション本を見せて〜と少し眺めて
    やはりご実家から運び出す。

    お孫さん(トピ主さんのこども)に
    あれは、虫がすごくてだめだった〜とか
    一部使えたけど後は使えないので捨ててもいい?等
    後からお伺いを立てて、少しずつ処分というのは無理ですか?

    同じ言葉でも、こどもだとムッとするけど
    孫あたりだと素直に受け入れられることもあります。

    関係がよければ、部屋が片付いたら孫が泊まりたいと
    言ってる〜と甘い言葉で誘惑してみる。

    3軒、片付けに苦労しました。自分たちで運び出したり
    一部業者さんに頼んだり、労力もお金もかかったけど
    名家でもないのでホントお宝なんてないんですよね・・。
    なんとか全集の本、カセットやレコード前にため息でした。

    ユーザーID:4740952427

  • びっくりしました

    自分がたてたトピかと思うくらい同じような状態でした。

    わが家は母が入院(退院しましたが)したことがきっかけで、少しずつ処分してくれています。
    「どこに何があるか分からないし、その家に夫をあげることもできない」
    「また入院することがあったら、この処分をするのは私達姉妹の仕事になる。義家族に断って来るのも恥ずかしい理由になるけどいいのか?」
    ちゃんと考えて欲しいと懇願しました。

    その話をしてから、自分のものから大量に処分しました。
    様子を見ていた母が少し捨てる素振りをみせたので、服で同じ色、同じ形を並べてみせました。
    「この色、こんなに同じ形があるけど、意味ある?」って。
    比べると、古いものにはシミがあったり、小さな虫食いの跡があったり、形が古いなど、無駄なものがあることに気づいてくれました。
    そこからは率先して大量に処分。

    本は「たくさん処分するのがあるから業者呼ぶんだけど、いらないのあったら言って」と言ったら、それもチェックし始めました。

    協力する姿勢をみせると少しずつですが、良い方向に向かうかもしれません。

    ユーザーID:6469345522

  • 我が母もそう

    でもなぜか洗濯だけは好きですが(笑)
    母が肺炎で入院したときにボロい下着は捨てました。勝手に。新しいものがあるのに、もったいないとボロ下着…あーた、御歳70越えたよ?いつはくんだよたまってる新品おパンツ。
    後はくれ、欲しいから。と半ば強引にもらい、まっすぐゴミ箱に…
    意識改革よりくれくれ攻撃の方が早いかも。
    悩みますよね、ホントに。トホホです。

    ユーザーID:7913471057

  • ゴミ屋敷とは距離を置く

    義理実家が酷かったですね。

    一見、こぎれいなキッチン、マットを剥いだら小動物の死体、
    黒い例のヤツなんかいつもいますし、
    二人暮らしの家に傘が60本、不燃ごみはずっと放置、
    昭和の時代の空の水槽がずっと玄関にあり、
    浴槽に農機具、縁側をふさぐ家具類、
    消費期限の切れたビールがダース単位であり、
    色あせネズミがかじった雑誌、中身のない段ボール等々。

    物を捨てられないんですよね、
    物に執着してるんですよ。

    価値観が変わるような出来事が起きない限り、
    変わらないと思いますけどね。

    執着を捨ててしまうことを促すよりも、
    他者への執着を先に捨てましたよ。

    ユーザーID:5535426193

  • 物置が四畳半一間なら許してあげて

    トピ主様のご両親はお幾つでしょうか?
    本当に、物を捨てられないお年寄は多いですね。

    私も、今日実家から帰ってきたところです。
    家の90代両親は、実家近くのホームに入ってもらったのですが、空家の実家は、もの凄い量の物が溢れ、片付けが大変です。(泣)

    7部屋すべてが山盛り、他に物置4ヶ所、車庫も(笑)
    布団、衣類、食器、本はもちろん、買い溜めした、砂糖20袋、賞味期限切れの缶詰多数、40年物の洋酒20本、毎年漬けて飲まなかった梅酒40瓶、トイレットペーパー袋100パック、テッシュ5個入100パック、固まった洗剤50箱、30年分の郵便物、ダイレクトメールすべて取ってありました。段ボール、新聞も、空き瓶、空き缶トラック1台分。
    なぜか、掃除機、扇風機7台づつありました?(一部屋に1台か?)電気こたつは5台?トースターも5台(笑)二人暮らしなのに。

    もう2年間片付け頑張っていますが、まだまだです。

    ユーザーID:5418768230

  • 難しい

    うちの実家もそうです。客間は一応キレイになっているのですが、物置の中は開けると雪崩を起こす荷物の仕舞い方がされてるし、3部屋、物置になってます。

    母親に聞いたところ、「片付けたいとは思うけど、捨てるのが勿体ない。だからといっていいリサイクル業者も知らない」ということでした。なのでいいリサイクル業者を紹介したら、少し片付けてましたよ。

    本人が「片付けたい」と思っているなら、片付けられる可能性はありますが、そう思っていないなら難しいです。

    まずはご両親の気持ちを聞いてみること。やる気がないなら、その気にさせること。
    モノを捨てるといい気が入ってきて、お金やいい情報が入ってくるんだよ〜とか。風水ではよくそう言いますよね。特に女性なんかは風水に興味ある人がいると思いますし。

    ユーザーID:1003580274

  • 親のうちの汚台所を片付けたのですが

    冷蔵庫には 一体何年入っていたのかというもので一杯。 棄てました。〔こんなものを食べさされたら、お腹 壊す!) 油でギトギトも、すぺすぺな状態にしました。

    そもそもどうして私が親の家の台所を片付けたかというとーー父が認知症がひどくなり、もともと片付け下手の母にお手伝いさんが必要な状態になったのです。しかしあまりにも台所が汚すぎて、恥ずかしい、他人を入れたくないという理由でなかなか頼む決心がつかない。だからまず私がお手伝いさんを頼んでも恥ずかしくない状態にしたのです。

    しかし、母は 人に「xx子〔私〕に食べ物を棄てられた」と言ったそうです。

    そんな父母も昨年亡くなりました。家の整理をしましたが、半世紀以上前のものがぞくぞく出てきました。父の若いころの着物〔生地が傷んで透けていました)が母の振り袖〔70年前??〕をはじめとし、味の素の缶、変色したワイン、ウイスキーなどなど。。。

    私は我が家に帰って、早速不要なものをばんばん処分しました。 有難い反面教師でした。感謝!

    thirty様、事故〔ものが多くて躓く、火事の際に逃げられないなど)の心配がないなら、あきらめましょう。

    ユーザーID:9141268362

  • 同じです…

    隣の義実家が魔窟状態です。一見豪邸なんですが,中は…。古いものとほこりとカビだらけです。50キロもある壊れたテレビなんかも置いてあります(呆)

    とにかく物が捨てられない人たちで,「物のない時代を過ごしたから」が義父母の口癖です。半世紀前のモノたちが居座っていますよ。

    夫がマスクを着用してときどき忍び込んで?積み重ねてある空き箱などを引き取ってくるのですが,箱を開けるとその中に箱,の繰り返しです。マトリューシカか?そんな感じで何でもかんでも取っておくのです。

    今回義母が入院したのですが,もちろんどこに何があるのかはさっぱり不明。入院準備はすべて買いだしてきました。義父はこういうことももう理解できないみたいです。

    将来子どもに結婚の話が出た時に,義父母(子どもにとっては祖父母)の家を見られたら破談になりかねないので,夫は徹底的に捨ててやる,と言っています。ステラレネーゼだった夫も,ようやく考えが変わってきたみたいですが,片づけは多分義両親の他界後でしょうね。

    基本的にご両親の考えは変えられないと思います。

    何の解決策もご提案できなくてごめんなさい。

    ユーザーID:4460794085

  • トピ主です

    皆様、たくさんレスいただきまして、ありがとうございます!

    皆さんのお困り事例を読んで、「ウチだけじゃないのね!」と少し安心してしまいました。
    (イカンイカン!)

    我が両親は60-70代。
    先日、私の祖母が亡くなり、とうとう、両親も人生の集大成の時期に入ったのかな、
    と感じています。
    両親が、「あぁ、もうそろそろ身辺を整理しておかなくては」と実感する時には、
    身体がいうことをきかなくなっているでしょう。
    できればその前に、何とかしてほしいです。

    私はフルタイムで働いており、実家を訪問するのは子どもをつれて週末のみ。
    埃が立つのがわかっているので、なかなか私自身も手が付けられません。
    でも、少しずつでも私が動くことで、両親を巻き込むしかないですね。

    本当は出産で里帰りしたとき、片付ける予定だったのですが、子どもが早く出てきて、かなわず。
    「片付けなら自分たちがやるから!」と言っていましたが3年たったいまでも、何も変わっていません・・・

    頑張ります。

    まだまだ皆様の経験談を糧に、頑張る気持ちを大きくしていきたいので、よろしくお願いします。

    ユーザーID:0997206940

  • だ、断捨離の本を差し入れてみるとか…

    無理かなぁ、やっぱり無理かなぁ…うちの夫も捨てられないんだよなー(私が捨ててるけど)

    ユーザーID:9327125856

  • みなさん、えらいなー

    みなさん、コツコツ捨ててあげたりしているんですねー。捨てたことでお母様から文句を言われても、あれこれ工夫をして捨てている心の強さに脱帽です。
    私の母も捨てられない人です。3LDKに夫婦2人でもガラクタがあふれてしまい、4LDKに引っ越しました。とりあえず生活に必要なものだけ4LDKのほうに車で持ち込み生活を始めました。3LDKの家の荷造りを面倒くさがって先延ばしにすること6年間…。6年間も使わなかったガラクタなのだから、さすがに捨てるかと思いきや、なんと「前の家を売ることになったから、家を空にしなきゃ」と言って、引っ越し業者に頼んでそのガラクタを全て新しい4LDKに持ち込んだんです(呆)

    私は母が生きているうちは指一本たりとも協力したくありません。まあ、亡くなった後は、私(や兄)で処分するしかないですが…。

    ビックリすることに、母は、自分の家のこともロクにできていないのに、私(既婚)のマイホーム建築に細かく口を出してくるのです。「人の家のことより、自分の家のことをなんとかしろ!」と叫びたい。

    ユーザーID:7268513156

  • mugiさん 親が亡くなる頃にはこちらが身体が動きませんので

    横レス失礼。
    mugiさん、物に執着のある(捨てられない)人は、命にも凄い執着があります。
    家の両親、90代ですが、絶対死にたくないらしく、毎年人間ドックで精密検査、肺炎、インフルエンザの予防注射を欠かさず。食事に注意しています。
    結果、医者もビックリの健康体、耳が遠いのと、少し頭が?の他、どこも悪くないのです。
    姿勢良く、歩行もスイスイ、食欲旺盛。
    下手をすると、疲れた子供達の方が早く逝ってしまうかも(笑)

    本人も、まだまだ、長生きするつもりなので、山のような物を蓄えているのです。
    みんな、これから使うものだそうで、(テッシュ500箱を使い切るのに何年?)たぶん100歳は楽勝でしょう。(医者も太鼓判の、綺麗な血管、内臓、脳内だそうです)

    亡くなる頃には、こちらは80歳近いので、とても片付ける気力は無いと思います。
    それで、今から文句言われても片付けているのです。(泣)
    自分の子供(両親の孫)には迷惑かけたくないですから。(もちろん、反面教師で私の家は綺麗です)

    皆さんの親ごさんも手強そうですね、大変ですが頑張りましょう。

    ユーザーID:5418768230

  • リフォームを勧めてみては

    私(一人娘)の実家は母親(67歳)が一人で3LDKのマンションに住んでいましたが、
    30年以上昔の使いにくい間取りで、段差も心配だったため、
    収納家具を作り付けにして段差をなくすリフォームを勧めました。
    思い出の品を処分するのは嫌がるかなと思いましたが、
    意外にも乗り気で、母がリフォーム代(500万くらい)を出せる経済状況だったので
    トントン拍子にリフォームすることができました。

    仮住まいとの往復引っ越し作業をするうちに、
    これから数十年の人生で必要と思われる品物を母自身が納得しながら選別し、
    解体作業の時にこれまでのいらない家具などを
    一緒に処分してもらえたので、一石三鳥くらいの効果はありました。


    義実家は築50年以上の母屋、100年は経ったであろう長屋と蔵など
    これまた死蔵品が盛りだくさんでしたが、
    雨漏りの修理の相談を受けたことをきっかけに、大規模改築を勧めました。
    リフォーム代金は(長男である)夫が出しましたが、
    家が住みやすくなってすごく喜んでもらえた上、
    死蔵品の処分もできたので、やってよかったです。

    ユーザーID:7522489139

  • 寂しがりや


    物が捨てられない人って寂しがりやが多いんです


    私も精神状態が悪くなるとそうなります

    守りに入りたいと捨てたくなくなります
    (掃除は嫌いじゃありません)
    一度本でテンションをあげ、断捨離をしたら寂しくて泣きました。思い出がなくなった気がして。
    半年経ちますがまだ癒えてないです。
    私には向かないんだと思います。
    捨てられないから買わないことにしました。

    お年寄りは体力も気力も衰えているから余計ひどくなっちゃうのかなと汚宅を見て思います。少しずつやってあげてください。

    ユーザーID:5723262988

  • 命にも執着…たしかにそうかも

    還暦おばばさんのレスを読み、「たしかにそうだ」と思い当たることがありました。
    捨てられない実母ですが、すごおく長生きしそうなんですよ…。今まで考えたことありませんでしたが、そう言われると、命に執着している感じです。

    そもそも、掃除も炊事も苦手なので、ちょっとでも具合が悪いと完全に放棄して家族にやらせる。たとえ元気でも、決して無理はしないで、惣菜を買ってくる。自分の健康には異常に気を遣い、(子どもの学用品や洋服などにはとてもケチなのに)健康食品や無農薬野菜などの惣菜を、お金に糸目をつけずに買い込んで摂取しています。ちょっと具合が悪いと「医者で絶対安静と言われた!」と大騒ぎで1か月も寝込む。(しつこく聞き出すと、医師は「まーゆっくり休養してください」と言っただけ)

    ありふれた老人性の症状なのに、往復何時間もかけて東京の超有名病院に通います。
    父が「母さんは、かなり長生きするよ。頭は使っていないから認知症になるのは速そうだけど」と言っていました。

    長生きしたあげく、ガラクタの山を残され、私は70代…。うわっ。ちょっと危機感湧いてきました。

    ユーザーID:5601744607

  • 小姑に読ませたい

    実の娘さんでさえ、処分するのにこんなにも四苦八苦するのに…。
    嫁の立場、罵倒されながら大変でした。
    今年、初孫が生まれた近くに住んでいる実娘50代が、引き継いでいます(荷物だらけ、ここでもお嫁さんが片づけていくのか?)、処分していくという意識さえ持たずこの年まで…。
    捨てていく事、大事ですね。
    年齢と共に家の中は軽くしておく、毎日 意識してないと増えるばかりです。

    ユーザーID:0225040820

  • やっていくと誰もが元気なうちに…と実感します。

    御実家には、トピ主さん自身の荷物はもう残ってはいないのでしょうか?
    もしもまだあるとしたら、まず自分の物から始められると良いかと思います。
    あとは食品ですかね、賞味期限を一掃するだけで、台所変わります。
    量によっては日数や作業、馬鹿になりません、少しずつ変化をつけていく事です。

    ユーザーID:0225040820

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧