自由保育とはなんでしょう

レス22
お気に入り54
トピ主のみ0

むが

子供

子供(5歳・3歳・1歳)が保育園でお世話になっています。

この保育園は、自由保育をモットーにしていますが、どうも、「自由保育」の定義がよくわからなくなってきました。

こちらの園では、遊具や玩具が一切ありません。かろうじて、材木の端切れで作ったような大き目の積み木のようなものがあるだけです。

子供たちは一日中、泥んこ遊びを中心に外で遊んでいます。

4月の終わりごろから水遊びが始まり、夏はプール、秋には材木が園庭にいれられ、それで遊んでいます。涼しくなったころから、園の裏山にのぼったり、焼き芋をしたりして過ごしています。

これだけを聞けば、子供の遊び心を十分に満たしてくれる素晴らしい園だと思います。

そのかわり、季節の制作や、折り紙、お絵かき、歌などはほとんどありませ
ん。

保護者としては、せめて、発表会やお誕生会、季節の制作などはしてほしいと思うのですが、園長先生がおっしゃるには「大人の押しつけ」でしかないそうです。

たしかに、押しつけかもしれませんが、こんな季節にはこんな行事があって、こんな歌があってと教えることも必要だと思います。もちろん、それは家庭ですべきことかもしれません。しかし、幼児期のほとんどを園で過ごす子供たちにとって、家庭で教えることにも限界があります。

子供にとって様々な経験が必要だと思うのですが、園長先生は、「必要な経験は、外遊びで十分経験できる」とのことです。

外遊びのできない雨の日は、園の中で走り回っているそうです。

本当にこれが自由保育なのでしょうか?

転園云々とは別問題で、回答をお願いします。

ユーザーID:2104489221

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 子供次第かな

    親の立場からすると、小学校に入ったら座ってじっと先生のお話を聞くなどが出来ないんじゃないかと心配になります。そのあたりの評判はいかがですか?
    裸足で走り回って泥んこで遊べるのは素晴らしい経験だと思いますが、うちの子は紙芝居、絵本の読み聞かせ、製作、シール貼り、歌などが大好きです。それを全てやらないとなると方針とはいえ手抜き、経費をケチっているように感じてしまいます。
    選択肢がなくて通わせているのかもしれませんが私なら子供の性格と相性を考慮して選びません。
    でもそういう堅苦しさがない自由な園が合っていて子供が喜んでいるならいいと思います。勉強などは家で補い、習い事させると思います。

    ユーザーID:7307027900

  • 良いと思います。

    私の子供たちは幼稚園なので、歌や行事を園で
    しているようです。
    でもそれは大抵私が既に教えたもので、別段珍しい
    ものではありません。

    私が幼稚園(もしくは保育園)に求めるもの、それは
    ずばり体力的なものです。
    うちは父があまり家にいないので、体力作りが最も
    頭を悩ますところです。
    あとは兄弟が二人のみなので、同世代とのふれあい方の
    学びです。
    私にとっては、みんなで一斉にさあお絵かきしましょう
    ダンスしましょうといったことよりも、子供同士にしか
    作れないあのハイテンションではちゃめちゃな世界・・・
    底抜けに明るく、喧嘩したと思ったら仲直りしている
    そういう経験をたくさんしてほしいです。
    それらは小学校になったらもう出来ないから。

    主様はお仕事はお休みがないでしょうか。
    恐らく週に2日もあれば、親が教えられると思います。

    と申せどここは考え方によって違いましょうね。
    幼稚園でも、朝から晩までクラスごとに分かれて
    テニス・水泳・華道・お茶・鼓笛などやる園もあります。
    私はそういうのが全くといってない園を選びました。
    自由保育がメイン、マンモス校でいろんな年齢の子が
    一緒に遊ぶ園です。

    ユーザーID:7900829385

  • そうなのかも

    私の上の子供は家の近くの私学幼稚園でした。
    折り紙はもちろん、おえかきの専属の先生もいました。
    楽器も盛んで、発表会は感激しました。

    下の子供は、自由保育の幼稚園でした。
    参観日も無かったです。正直、卒園式も一滴の涙も出なかったです。


    でも、べつにどっちの幼稚園でも、子供が楽しんで通ってたから良かったわって、今は思います。

    そんなにこだわる必要は無かったです。

    私的には、上の子供の幼稚園のほうが好きだったですが。
    今となっては、どっちがどうとか関係無かったですね。

    ユーザーID:2660535027

  • 定義なんてないです。

    元幼稚園教諭です。

    保育所や幼稚園というのは、小学校と違ってやらなくてはならない国で決められたカリキュラムがあるわけではありません。
    「自由保育」とかいう言葉にも定義があるわけではなく、その園で自分達の保育をそう呼んでいるだけですから、なにをやっても問題はないのです。
    勿論危険なことや虐待のようなことはダメですけど。
    どうしても合わなければ別の自分の教育方針に合った園を探しましょうとしか言えません。

    そういう外遊びや自然遊びを重視する親にとっては良い園なのでしょうしね。
    一日泥んこになって遊んだり山を駆け回ったり、それも家庭ではなかなかさせるのが難しい事ですし。
    私からみればお昼ご飯の時や帰りの準備の時など、ちょっとした時に歌ぐらい歌えるし、雨の日はちょっとした制作やお絵かきをしてもいいんじゃなかとは思いますけどね。

    ユーザーID:7017483091

  • 定義はないのでは?

    うちの地域にある自主保育をうたっている保育園は、基本、外遊び、山遊びですが、季節の行事はきちんとやっていますね。
    オヤツに季節感を取り入れていますし。
    歌も、季節にあった歌を歌っています。

    でも、年間のカリキュラムは特にないし、毎日何をするか、天気次第・子供達の気分次第で決めるようです。

    ユーザーID:0854465191

  • 自由保育は一長一短

    仲間内でスイカ割りをして、粉々に割れ砂まみれになったスイカを棄てようとしたら「洗って食べるからちょうだい」
    あわてて冷えたのあるからとお断り。
    「そう。なら持って帰るわ」
    驚くわたしたちに
    「ほらッ うちって〇〇園だから〜親も慣れてたくましくなるのよ」

    小学校の入学式でのこと。
    お話に飽きた数名の子どもたちが椅子から立ち上がり、その辺をうろうろ。

    思わずびっくり〜

    周りのひそひそ話しから
    △△園卒園生とわかりました。
    「大地が教室」をモットーとする自由保育園で、椅子に座る習慣がなく 毎年一年生のクラスは夏休み前まで学級崩壊するそうです。

    ユーザーID:1637303494

  • 自由保育の定義はないのではないですか?

    幼児の間に体の動かし方の基本が養われ、それは時期を逸すると能力の伸びは少ない、とも聞きますし、また、お子さんとの家庭での時間が少なければ少ないだけ、体を動かす活動は園でしかできない、とも言えます。

    また、おもちゃは、遊び方を限定しないモノの方が、発想が豊かになります。絵本だって、読むだけじゃない。絵本をドミノにしてもそれはそれで楽しい遊びです。

    トピさんが例に挙げた
    >季節の制作や、折り紙、お絵かき、歌
    は、家庭でも可能。
    >発表会やお誕生会
    これは、お誕生会は家庭でもできます。
    発表会は、お友達と一緒じゃないとできませんね…でも、確かに、園長先生がおっしゃるように「大人の押しつけ」かもしれません。
    子どもは純粋ですから、一生懸命やります。それを見る親の感動のために。
    こんなにセリフを覚えて…踊りを覚えて…役割をちゃんと演じて…楽器もできて…そして「園生活のおかげ」…そう言っちゃ、身も蓋もないのですが…

    必要な経験、外で遊んでいる時の疑問や興味、投げかけに対して考える力、また危険との境界線。十分かも。あ、私の子供は詰め込みの幼稚園です(笑)

    ユーザーID:8240618856

  • 自由保育

    そういった園に入れる親御さんはその保育に惚れ込んで信念のようなものを持っている方が多いと思っていました。
    発表会も運動会も必要ない、五感を働かせ、体や頭をフルに使って想像力を働かせてたくましく遊ぶ。
    定義なんてないですよね、あくまでもお子さんに合うと思われる保育内容を親御さんが選ぶのですから。

    お絵描きは保育園や幼稚園などで、テーマを与えて描かせることは幼児期には必要ないそうですよ。
    描きたいものを描きたいように描く、それでいいのだそうです。
    7歳ごろからテーマに沿ったり、物を見て描いたりしたらいいのだそうです。
    はっきり言って、幼稚園や保育園でする制作は家でも十分できるものです。
    発表会や運動会は別ですが、園でそれだけ体を動かしていればわざわざ何かを教え、
    披露する必要もないでしょうし、そもそも一斉保育ではない園なので園の保育理念に合わない内容でしょうね。
    私はカリキュラムがちがちの幼稚園で働いていました。
    大好きな職場でしたが、押し付け、親に見せる為…という部分は感じることがありましたよ。
    どっちがいいか一概には言えないです。

    ユーザーID:0895032139

  • 自由保育と一斉保育 その1

    私たちが思い浮かべる「いわゆる幼稚園ぽさ」…全員揃って歌を歌ったり、
    先生の指導のもと全員で一緒に手順を習いながら折り紙を折ったり…
    などの保育を一斉保育、あるいは設定保育といいます。

    「はい、いいですか、みんな集まって〜。最初に半分に折りますよ〜」
    って感じですね。小学校の授業の幼稚園版みたいなイメージでしょうか。

    それに対して自由保育は、先生が「はい集まって〜」と主導するのではなく
    子どもたちが自主的にそれに興味を持ち、取り組んでいくものです。
    もちろん、普通にほっといたら子どもは興味を持ちにくいですから、
    興味を持つような仕掛けを散々あちこちに用意しておくのです。

    折り紙で言えば、登園すると意味ありげに保育室の真ん中に机がひとつ。
    作りかけの折り紙作品と色とりどりの綺麗な折り紙が数枚。
    子1「せんせー、これ誰の?誰作ったの?」
    子2「わー、かわいいー、私もつくりたーい」
    先生「これ、先生が作ったんだよ。かわいいでしょう?一緒に作る?」
    子1「つくらなーい。私今日Aちゃんと砂場でトンネル作るんだもん」
    子2「私作るー。どうやるのー」

    ユーザーID:3403907056

  • 自由保育と一斉保育 その2

    (その1からの続きです)
    こんな感じで折り紙作りが始まります。参加したい子がします。
    そのうち子どもたちが集まってきて、子供同士の教えあいなども始まります
    折り紙をしたくない子はしない自由もあります。

    発表会などのお遊戯や年長のお芝居なども、日々の遊びの中で
    「先生がお帰りの前などに絵本を読む」⇒「お芝居ごっこが始まる」⇒
    「みんなでいろんな役をとっかえひっかえ演じて遊ぶ」⇒
    「演じるよりも小物や衣装作りにはまる子も出てくる」⇒
    「先生が作る背景の手伝いにはまる子もいる」⇒「本番」という流れです

    脚本どおりに演じましょうという指導ではなく、
    いい動きをした子を褒めたり、悪ふざけになりそうな場合は「それって
    ホントにカッコいいかなぁ?」など、子ども自身に考えるきっかけを
    次々と投じて、子どもたちと先生とで作り上げていきます。

    年長ともなると、運動会の入場門作りのような大物製作もありますが
    そういうものは何とか全員が少しでも関るように興味を持ちやすいよう
    先生が誘導しますが、「やりなさい」という強制はしません。

    ユーザーID:3403907056

  • 自由保育と一斉保育 その3

    (その2からの続きです)
    あくまでも、子どもが「やってみようかな」「やりたい」と興味関心を
    もって自主的に取り組む経験の中で、自分で考えて動けるようにように
    大人が仕掛けを作っていく、というのが自由保育です。

    小学校のような「学習指導要領」というカリキュラムはありませんが、
    幼稚園には「幼稚園教育要領」、保育園には「保育所保育指針」があり、
    その中で、幼児として身に付けておきたい基本的生活習慣や、生活経験、
    などが示されており、教員はそれに基づいて、子どもが興味を持ちそうな
    仕掛けを日々の中にたくさん仕込んで、豊かな経験を押し付けることなく
    体験できるように、保育計画を立てています。

    外遊びなどが不足しがちな現代っ子ですから、トピ主さんの園が目指すもの
    もわからないでもないですが、少し偏りすぎな気もしますね。
    それが自由保育です、と言われることには違和感があります。
    基本自由保育の園でも要所要所に一斉保育の時間もあるのが普通と思います。

    ユーザーID:3403907056

  • 羨ましい

    トピ主様のような園に入れたかった母です。

    自由保育をしていた園長先生にお話をうかがった事があります。
    既製のおもちゃやキャラクター商品がなくても、子供達は実に様々なものを見つけて見たてるようになるそうです。
    木材を積んで家や基地、ロケットにする。砂や植物の葉・枝・実はままごと遊びや飾り付けに。
    自分達で想像し、協力し、調達し、造ることが出来るようになるそうです。
    池や草花、木登りもできる樹木は季節の移ろいで変化し、鳥や虫を呼びます。
    園庭の築山は成長と共に駆け上がることが出来る程に足腰が鍛えられ、自由に走り回る毎日で体力がつきます。小学校に入学すれば、当然椅子に座って授業を受けなければなりません。しかし幼児期に十分遊び込まれている子供は体力と集中力が身についているので問題ないということです。
    勿論、基本的な躾はされての前提ですが。
    おもちゃや習い事は家庭の判断で与えてあげられる、入学すれば勉強は必ずやらなくてはならない、私は個人的には自由保育で体力、集中力、想像力を養うという考えに賛同でした。何を良しとするかは子供に合っているかや家庭の事情によって違うと思いますが。

    ユーザーID:9814403061

  • 保育園に確認するべき

    「自由保育」という言葉には、広く一般に通用するような「定義」はないと思います。
    その言葉に「定義」があるとすれば、「自由保育」を掲げている保育園や園長先生などによる「限定された定義(というか「とらえ方」)」でしょう。

    「自由保育」と聞いてイメージすることは、それこそ十人十色でしょうから、その内容は個別に確認しなければ明らかにならないことだと思います。

    主様の考える「自由保育」とお子さんの園生活(園の考える「自由保育」)にギャップがあるのは分かりました。
    しかし、特に園が私立であれば、園長が「これが当保育園の自由保育のあり方です。必要な経験は外遊びで十分。」と説明すれば、保護者は「そうですか」と受け入れるしかないと思います。

    これは「言葉の問題」として捉えるより「実際の園生活の問題」として捉えた方が良いと思います。要するに、お子さんが通園する「保育園の保育方針」と「主様の希望」がマッチしていない、ということです。

    転園云々とは別問題とはおっしゃいますが、保護者が園の方針に納得できなければ、転園するのがお互いのためではないでしょうか。

    ユーザーID:4289184636

  • 心底うらやましい

    今トピ主さんがお子さんを通わせているような園を、探しに探しましたが、通わせられる範囲には見つからなくて。
    うらやましいです。
    今お子さんが経験されている毎日は、与えようと思っても与えられない、得ようとしても得難い、大切な日々だと思います。
    親にはなかなかしてやれないことですよね。

    わたしだったら、その園に通わせて、のびのび遊び倒させて、製作や音楽関係の習い事ひとつふたつさせて、季節折々の行事は、家でしますね。
    その程度のことなら、家でもできます。
    そんな幼少期を過ごさせてやりたかったです。

    どの幼稚園も、一長一短で、すべてを与えることはできません。
    園の特徴を見ながら、親が補ってやれば良いんじゃないかなあと思います。

    ユーザーID:1865736334

  • うちの子どもたちは3人自由保育でした

    子ども3人、自由保育の園で11年お世話になりました。

    自然が多い地域でしたので、朝から夕方まで子どもたちはずっと外遊び。
    季節の行事や発表会などもありましたけどね。
    歌も歌うし踊りも踊るし。

    でもそれは、決められたことをやるというより、先生たちが種をまいて、子どもが反応して自分からやっていく、という感じだったと思います。
    さらに、異年齢保育だったので上の子を見習う気持ちや小さいお友だちを助ける気持ちなども芽生えたし、横のつながりのお友だち関係のことも年齢による様々な問題もありましたが、先生方は仲裁に入るという感じ。
    対人能力はつくと感じました。
    小学校高学年以降になると、この園出身の子たちがリーダーシップを取り、運動会などの学校行事でも目立ってました。
    中学でも、横のつながりが強かったため、委員会や部活でもリーダーになっていましたね。

    うちの子たちは気質的にはおとなしい子たちだったので、この園が合っていたと思います。
    個性を伸ばしてもらえた感じですね。
    長男はスポーツ得意な高校生、次男は勉強大好き中学生、長女も活発なテニス少女になりました。

    ユーザーID:2412567778

  • 思ったこと

    公立のふつ〜の保育園に子供を通わせています。(男子)

    年中・年長の担任が、体育会系のアラフォー男性で、ラッキーでした。旦那が草食系なんで、たくましく思います。園庭も広いので、助かっています。外では、野菜の栽培・プール・縄跳・球技などをし、室内では、ラキュー・積木・ドミノ・ままごと・お絵かき・折り紙・ねんど・歌・体操などをしています。

    トピ主様の園は、梅雨や子供の体調がいまいちの時は、正直辛いなあ〜と思いました。

    私はフルタイムで手抜き気味ですので、家でなかなか制作などをやらせる気力が湧きません。そういう意味では、とても助かっています。

    個人的には、トピ主様の園は悪くないと思いました。でも、室内に材木しかないのは、ちと寂しい気がしました。

    家で、脳を鍛えること(手先を使う作業)をフォローできれば、問題ないと思いました。

    私もそんなたくましい園なら、こんなヘタレな大人にならなかったかも。

    ユーザーID:4206759625

  • 定義がないわけではありません

    学校のように集まって座らせて全員で同じ事をする設定保育と違い、自由保育とは子どもの自主性を尊重させる保育です。
    ですが、ただ子どもに好き勝手遊ばせるだけ…というのは自由保育を履き違えています。
    子どもは自由に自分の意思で動いているけど、保育士はねらいをはっきりと持って関わりや環境設定の工夫をしていかなくてはいけないんです。
    今この時期にこの年齢の子に必要な事は何かを考えたり、運動会等の行事に向けて子ども達が自分から興味を持てるようなきっかけを作ったり…
    設定・自由、どちらの保育方針の園でも働いたことありますが、自由保育の方が保育士としては大変です。
    マニュアル通りでいい設定保育とは違い、自由保育は子どもの興味を引き出すための引き出しが沢山必要とされますからね。

    それから、自由保育の園の子は小学生になると落ち着いて授業が受けられない…と思われる方がいますが、それは自由保育を正しく解釈したり活かしたりできていない園の場合です。
    きちんとした自由保育の園で過ごした子は自分で考えるのが上手です。
    静かに話を聞くべきかどうかちゃんと自分で気付ける子になります。

    トピ主さんの園はどうですか?

    ユーザーID:9379657413

  • そういう園を選んだのか、措置の順位が低くて第二希望か?

    その年齢差で子供がいて、共稼ぎなら選択肢は狭かったのか、
    あるいは激戦区で、もっと普通の保育園が人気が高く、第一希望から代に希望に落とされたのか、わかりませんが、
    保育園に入れる=保育に欠けるから行政が保育を措置する のです。
    確かに背に腹は代えられず、保育園に入れるしかなかったとしても、
    主さんの準備不足では?
    だいいちヘンって1人目のときに大きい子の様子見てたらわかるでしょ。

    保育園設立の認可に、面積や施設、保育士の人数は入りますが、
    保育方針は事細かく認可に見られていないでしょう。
    今のように保育園が足りなければ、評判関係なく保育園に入れないと働けない。

    保育園によっては、習い事系のあるところもあるし、公立なら研修が確保されているので質は高いでしょう。

    そこに入れたのは主様の責任と行政の振り分けです。
    転園とは別にとおっしゃってますが、転園って転居、職場の異動、転職、仕事以外に介護が入ったなど特別な事情がないと無理ですよ。

    もうあきらめて、家庭保育で行事や歌を教えてあげてください。

    ユーザーID:8718029886

  • 保育園で自由保育?

    自由保育って幼稚園ってイメージだったんですけど、保育園なんですね。

    他の方も書き込んでますけど、自由保育って本当は一斉保育より面倒くさくて大変だと思うんですけど、その保育園の場合は自由保育というより手抜き保育って感じがしちゃいました。遊具も玩具もないってすごいですねえ。なんか放任という名の放置って感じ。

    なんかで、子供はそれは何もなければしょうがないから工夫して遊ぶけど、おもちゃとかあった方がいろいろ出来ていいってやってましたよ。


    その保育園は認可保育園なんですか?

    ユーザーID:4591990594

  • 親の求めるものと子供との相性

    四歳の長女が、国立大学付属の幼稚園に通っています。
    基本的に自由保育です。お誕生日会や季節の行事は一応ありますが、みんなで揃って何かを作ったり歌を歌ったりというようなものはほとんどありません。
    遊具などはありますが、子供達が自分のやりたいものをやりたいようにアレンジしたりして、遊んでいます。
    教育学部付属は、実験の場でもあるので先生もただ遊ばせるのではなく、子供達を見守りながら新しい事挑戦させています。
    参観日に行っても、特別親に見せる出し物とかもなく、とにかう延々と子供が遊んでいるのを見るだけです。
    私の娘は、ここで正解だったと思います。小学校に入る時困るのでは?という心配が全くないわけではないので、その分習い事でフォローするようにしています。

    トピ主さんは、きっちりやることが決まっている園が良かったのですか?それならリサーチ不足としかいいようがないです。
    今のような不安は園を選ぶ時に解決することです。
    お子さんは毎日楽しそうに登園されますか?楽しそうなら、合ってるのだと思いますよ。

    泥んこ遊びなんていまどきなかなかできないですよ。
    いい経験をされていると思います。

    ユーザーID:6375575113

  • 自由保育って。

    まだ未就園児ですが、外遊び教育って、難しい!!と、思います。

    ・洋服は汚れるし(子供も自分も)

    ・体力使うし  (子供も自分も)

    ・目は離せないし(室内と違って、何が起きるか分からない)

    ・いろんなことを提案したり、発見する手助けしないといけないし。

    ・後始末も面倒くさいし。



    体力、気力がないと、とっても自由保育は出来ない! と、思います。






    ただし、きちんとした教育は必要だなーと、思うことがあります。

    お絵かき や 歌 なんかも、五感を育てると思いますし、挨拶や規則なども、教えないといけないと思います。

    近くに、自由保育の幼稚園、詰込み型幼稚園、無認可の自由幼稚園 等、色々あります。


    無認可の自由幼稚園は正に外遊び以外はさせない方針で、元気ですが、ちょっと驚くことが多々あります。




    ユーザーID:7661090473

  • かたより過ぎ

    自由保育をモットーに外遊びがたくさんある事はいいと思います。ただそれだけの保育園というのは行き過ぎと思います。幼稚園と違い、保育園は日常の生活習慣を身に付けるなど、家庭に替わって行う目的があります。(家庭ですれば良いというのは幼稚園の考え方。)
    また自由に走り回れない乳児はどうしているのか、小学校に入ってから大丈夫かが気になりました。

    ちなみに私の娘の通う認可外保育園は逆に教育熱心、行事も多いです。音楽、制作、英語、体操などの時間はありますが、子供が思い思いに遊ぶ自由保育と(園で)定義された時間もあります。

    ユーザーID:9962207936

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧