現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

子供が喘息と診断を受けました 携帯からの書き込み

砂時計
2012年8月31日 20:10

初めまして砂時計と申します。

小学生の息子がここ1、2ヶ月咳が治らず、朝、晩咳が出ます。
先日病院へいったところ、喘息と診断を受け、薬を処方されましたが、少しいいかなと思い、自己判断して飲むのをやめてしまうと、また咳が出たりして、結局薬を止められないのかなと思っています。
喘息は大体薬の予防で咳がよくなるものなのでしょうか?
私(親)としては子供の咳が聞いていて嫌になります。

喘息によう環境ってどのような環境がよいのでしょうか?

咳が続くのは環境でしょうか?
それとも季節的なものもあるのでしょうか?

ユーザーID:3152528777  


お気に入り登録数:59
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:26本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
空気のいいところ
にんにん
2012年8月31日 20:43

薬はやめちゃだめです。
せきをしていると気管支もダメージを受けますし、よくなることはないですよ。なるべく薬で抑えて、成長していくと強くなって治ることもあります。時間はかっこうかかります。薬をやめて呼吸器がダメージを受けると治らなくなるかもしれませんよ。セキだけならいいですが、苦しくて呼吸ができなくなったら大変なことになりますよ。運動も制限されるようになります。

環境もありますが、環境を変えたら即よくなるかどうかはわかりません。段々呼吸器系がきれいになって強くなるかもしれませんけど。
季節によってひどくなったりはします。黄砂がでたり花粉が出る時期は空気がきれいじゃないのかひどくなるようです。季節の変わり目も気をつけたほうがいいです。朝晩の温度差があるときはひどくなるようです。
夫が喘息です。毎日きちんと薬を飲んでいます。それでも体調が悪いときなど、呼吸が苦しくなるらしく気管を拡張させる薬を吸入しています。苦しくなっているときはしゃべることも出来ません。
義弟は薬をのんでいるうちに治ったそうです。

ユーザーID:0378273974
ひどい・・
ぶりリン
2012年8月31日 21:12

うちの息子は1才10カ月で喘息になりました。

咳は聞いていて「嫌」になりますか?
私は「可哀そう」としか思いませんでしたが。

喘息は一旦発作が起きてしまったら
投薬をして発作を治めるしかありません。
その投薬を途中で止めてしまったら発作は治まりませんよ。
発作がきっちり治まってないのに
予防のお薬(吸入含め)を飲み続けてもずっと辛いままです。

辛いのは喘息が出てる「お子さん」であって
トピ主さんじゃありません!

我が子が苦しんでるのに愚痴ってる暇があったら
ネットや書籍で小児喘息についてしっかり勉強して下さいよ。

私の知り合いは喘息の発作で亡くなりました。
それ位怖い病気なんです。

季節の変わり目や低気圧の時なんかは
喘息がでやすいみたいですが人によって違うので
お子さんの症状とその時の状況(お天気とか季節とか)を
よく覚えておいて下さい。

昔と違って今はいいお薬が沢山あるので
医師の指示通りに使えば余程ひどい発作が出ない限り
そんなに大変じゃありません。

でも医師の指示を無視すると大変です。
覚悟して下さい。

ユーザーID:9379262598
10年前ですが携帯からの書き込み
母ちゃん
2012年8月31日 21:20

当時 小1の息子の咳が止まらず 医者で【アレルギー性の喘息】と言われました

原因は稲刈りの細かいゴミでした

学校を休むほどではなく小3位で治まりましたよ

喘息は人によって違うようなのでお大事に

ユーザーID:6121179476
喘息を甘くみると
亀六
2012年8月31日 21:43

喘息を甘くみると、呼吸困難で窒息死するかも。
いまの喘息治療は、発作予防が主力です。
予防薬が処方されているなら、それは、自己判断では止めないこと。
発作がおきた場合の対処法もマスターしておくこと。

喘息の要因はいろいろあるだろうけど、アレルギー性であるなら、アレルゲンから遠ざけること。カビやダニがアレルゲンであるなら、季節も関係してきます。
お住まいが、風通しのよい乾いた環境であることが望ましいです。

ほんとは、涼しい避暑地のような高原にお住まいになるのがいいのかもしれませあんが、まずは、ほこりいっぱいの押入れ、とか、排気ガスが充満する幹線どおろ近くとか、機密性が高すぎてカビっぽいお部屋、とか避けたほうがよいかと。

発作を軽くするには、水泳など心肺機能が高まる系の運動がおすすめです。

ユーザーID:1056212337
子どもら二人とも中等度持続型です
はいどらんと
2012年8月31日 22:30

がっちり予防薬飲んだり吸入してても、風邪や環境の変化(気圧や季節の変わり目、他所でのお泊り(ダニとかの種類が自宅とは違うので))、
疲れたり、色んな理由でしっかり発作出ます。
発作にならなくても喘鳴が何か月も続くこともザラです。

喘息治療の基本は発作を抑えることではなく
『発作を起させないために予防』することです。
まずは発作をとめて それから予防薬などは継続することが原則です。

何度も小発作を繰り返す時は発作が出ていようがいまいが
毎日朝・昼・晩 の 3回 頓服のほかにきっちりネブライザー(医療用)をしたりもします。

薬のことで不安なら 喘息の薬を出してる製薬会社のHPや、あとDr.などにきっちり訊くことが大切です。

とにかく勝手にやめちゃダメです。

ユーザーID:4492257810
原因ランキング携帯からの書き込み
リボン
2012年8月31日 22:52

喘息のアレルゲンは

第1位がダニ・ほこり
第2位はカビらしいですよ。

ダニ・ほこりの対策は布団を新しくしたりダニほこり防止カバーをつける。

換気と掃除をしてみてください。

以前実家に泊まりに来て古い布団で寝ていた喘息もちの子供が咳き込みだしたので、ダニ対策をしたアトピーの娘の部屋の布団に移動させたら咳きがピタリと止まりました。

ユーザーID:3478220145
アレルギーは?
なんじゃもんじゃ
2012年8月31日 23:28

アレルギー検査は受けましたか?
どんなアレルギーか分からないので
困りますが、今はオノンが小さい頃から飲み続けていると
予防できる とあります。

ただ、個人差あるのでその辺りは分かりません。

勝手に薬止めるのが一番NGです。気長に付き合っていく病気
なので医者の判断なしに薬止めるのはダメですよ。

我が家もオノン4年ぐらい続けて飲んで大きな発作起こさなく
なりました。スイミングもやって体力つけて風邪ひきにくい
ようになりました。もちろん、病院と相談しながら です。

検索するとあれこれ出てきますから、しっかり勉強してください。
おだいじに

ユーザーID:3720730804
症状がおさまっていても
ICHICO
2012年8月31日 23:37

投薬は絶対に止めないでください。

投薬で咳が出ない状態を長く続けて、気管支を守ることが第一ですよ。

治療を中途半端にしますと命にも関わるようになりますよ。

私は友人を喘息発作で亡くしました。

咳が出てからの対処では遅い事もあります。

「咳は出させない」
これが基本です。

投薬を続け、すこしずつ身体を鍛え成長するうちに投薬しなくても良いようになる方もおられますよ。
ただし、自己判断だけはしないでください。

環境については「郊外の空気のキレイな場所」とか良く聞きますが、実際のところは関係ないとおもいます。(工場隣接とかは別)
我が娘も喘息持ちです。
東京郊外で生まれ育ちましたけどね。
季節の変わり目にはマスクはさせております。
冬場は空気の乾燥が気管支に良くないので加湿器や吸入器で湿潤させています。

現在の娘は投薬なしですが、空気の乾燥には未だに気を使っていますね。

ユーザーID:0987497666
子供の喘息は
みさえ
2012年8月31日 23:40

きちんと治療すれば治る確率が高いです。
10歳をメドにすると、娘のかかりつけ医が言っていました。
お子さんは今何歳ですか?

娘は4歳の時に診断を受けました。
喘息の薬は早めに飲ませるのがコツです。
咳がひどくなってからだと効きにくいですし、長く飲ませることになります。
慣れてくると胸の音がわかるようになる(本人も違和感訴える)ので、そのタイミングで。
夜中に咳き込んで眠れないのなら、吸入器を購入されると良いですよ(3万くらい)。
薬は医師による処方ですが、内服薬よりも即効性があります。

娘はハウスダストによる通年制のアレルギーがあるとわかり、抗アレルギー剤を5年くらい服用してました。
アレルギーの有無も関係していることがあります。
もしまだでしたら、一度検査を受けてみると良いですよ。

気温差や花粉、台風なども喘息に関係あると聞きました。
今の時期に出ていると言うことは、気温差または台風かな?
いずれにしても、専門(呼吸器またはアレルギー科)の医師にきちんと指導を受けた方が良いですよ。
娘は医師の言うとおり、10歳以後喘息は出ていません。

ユーザーID:6614310001
医師によくご相談ください
夏子
2012年9月1日 0:31

こんにちは、喘息持ちの20代女性です。

人によって重症度が違います。医師の指示に従い、疑問点は医師に質問するのが一番です。
素人判断で薬を中断するのは絶対にやめてあげてください。お子さんも咳は辛いでしょうし、大きな発作が起こると意識障害や死亡の可能性もありますよ。

私は幸い軽度だったため、薬を飲んで症状を抑えつつ、成長につれて改善していきました。今は薬を飲んでおらず、症状もほとんどありません。
発作が起こるのは人によって様々だと思います。
私は体調不良のとき、低気圧のとき、季節の変わり目、が多かったです。
タバコの煙やホコリで発作が起きたこともありました。



>私(親)としては子供の咳が聞いていて嫌になります。

この一文を見て、小学生の頃、父に「咳がうるさい」と怒られたときのことを思い出しました。
「喘息持ちの悪い子」である自分が申し訳なくて涙が止まらず、必死に咳を抑えたら過呼吸になり、結局大きな発作になって更に迷惑をかけてしまいました。
それ以来父は咳を怒らなくなりましたが、「疎ましい」と思われていたことが、子どもながらも理解できました。

ユーザーID:6886723531
23歳の息子が幼稚園の時に喘息でした
tata 
2012年9月1日 1:52

発作がおきてしまうと気管支が狭くなって治らないようです。
それを防ぐための投薬ですからやめてはいけません。

うちは小学校にあがるタイミングで引っ越しました。
一週間で治り、それからずっと発作は起きていません。

ユーザーID:2890493122
薬は止めるな
リーリス
2012年9月1日 2:49

喘息に限ったことではないですが、基本的に薬は飲みきることを大前提で処方されています。
素人判断で勝手に止めてはいけません。

小児喘息はちゃんと親も子どももがんばって環境を整え、お薬を飲み続けていれば、出てこなくなるのがほとんどです。

しかし、私の知人は自己判断で勝手にやめてしまっていたので、結果、成人しても尚、時折喘息で咳き込んで大変だそうです。

喘息の原因にハウスダストアレルギーなどもあるようなので、基本的に空気のいいところに居住環境をうつす、毎日掃除、空気清浄機を各部屋に設置など徹底管理が必要だそうです。
あと、猫や犬といったペットも飼えないそうです。

大変ですが、親子で頑張って乗り切ってください。
小学生ということなので、ここが正念場なのではないでしょうか。

ユーザーID:3131486015
お母さんだけが頼り携帯からの書き込み
さはら
2012年9月1日 6:15

喘息は治りません。
ただ今は昔と違い吸入ステロイドなど、薬が充実してきました。
放置して慢性の炎症を繰り返していると、些細な刺激でも気管が腫れて気道が狭くなり薬も効きづらくなってきます。早期に予防してると、原因となる刺激に対しても、そうそう簡単に炎症反応しなくなり、発作から遠ざかります。
人によって発作のきっかけは違います。食べ物、ハウスダスト、ストレス、体調、天候、気温、動物、植物、臭い、運動と様々です。
発作の起こるものに近づかないのが最善です。
喘息が治ったかと思っていてもアレルギーマーチというのもあります。喘息(気管)から他のアレルギー症状(皮膚、鼻など)に移行していくものもあります。
息の長い病気なので、周囲が理解してあげてください。
あと、喘息の咳、咳止めとかで止めちゃうとだめですが、あまり喘息専門の先生がいらっしゃらないので、ある程度自分が勉強しておかないと、間違った処方されちゃいます。

ユーザーID:7015477891
薬をやめてはダメ携帯からの書き込み
咳喘息、経験者です
2012年9月1日 9:53

どうして薬をやめるのですか?
喘息って、本当に死ぬかと思う程、苦しいものですよ。
私は「咳喘息」を経験しましたが、本当に辛いです。

病院の薬は、継続すること。

部屋の掃除の頻度は?
埃っぽいのは、良くないですよ。
布団やソファー・カーテンにも、掃除機かけて下さい。
空気清浄機はありますか?

水泳を習って、呼吸器や肺の機能を高める人も多いですよね。
友人がそうでした。

私は、薬と同時に、喉に良いといわれるハーブティーを併用して良くなりました。

ユーザーID:5725167660
おつらいですね
usa63
2012年9月1日 10:31

でもお母さんが咳を「嫌」と言っていてはお子さんがかわいそうですよ。我が家の息子二人とも喘息が出ましたが、アレルギー反応の体質は両親からのものなので子供達には申し訳ない思いで一杯でした。なんとか良い方向に向かう様に努力なさって下さい。

我が家では上の子が喘息と診断されてから、

1)週に一度はタンスなど大きな家具も全部動かしての掃除を徹底して行いました。ほこり(=ハウスダスト)や家庭内のカビも、弱いながらもアレルゲンなのが判明したからです。これは夫が休日をほぼ丸一日使って実施してくれました。

2)また、ほこりやカビ、ダニなどが部屋にたまらない様に、カーペットやラグのたぐいは全て撤去して、フローリングやタイルでの生活にしました。和室は徹底的に掃除機をかけた上でフローリングカーペットを敷きました。

3)アレルゲンの結果を参考にし、反応があったものは出来る範囲での除去食としました。

4)主治医によく話を聞いて、薬の使い方や飲み方を親が理解する様にしました。

おかげさまで、今は二人とも運動を目一杯出来ています。なり始めが肝心ですよ。どうぞお大事になさって下さい。

ユーザーID:5351781914
我が子も喘息
mo-mo-
2012年9月1日 12:57

3歳の時喘息と診断されました。
薬は医師の指示に従い数ヶ月飲み続け、今は咳が出たら薬をもらいに行く程度になりました。

義実家に預けて帰ってきてから咳をしていて次の日病院に行ったら喘息を発症したと言われました。
肌寒い日に上着も着せず近所に孫を見せるために外に連れ回し、髪の毛やホコリ・ゴミのいっぱいついた不衛生な絨毯の部屋で遊ばせた結果です。

その後も仕方がなく義実家に預けることがありましたが、預けた日の夜は必ず咳をしています。
夫から義母に掃除機を念入りにかけてもらうように言ってもらってからは少なくなりました。

気をつける事は毎日の掃除と、気温の変化がある季節の変わり目、気圧が関係する台風の時期などです。空気清浄機は必ずつけています。
大きくなるごとに良くなっていくと言われていますので、長い付き合いにはなりますが気をつけていこうと思っています。
自己判断で薬をやめたりせず、医師の指示に従って下さい。治るものも治らなくなりますよ。

ユーザーID:1434437630
最近まで飲んでました。
おもちちゃん
2012年9月1日 13:18

小学2年生の息子が、2歳6か月の発症から今年の7月まで予防薬(オノン)を毎日、一日も欠かさずに飲み続けていました。
他にも喘息の症状や状態に合わせて他の薬やネブライザーも使用していて、発作の回数が無くなるにつれて、薬も減っていきました。
まだ、治ったという訳ではなく、季節の変わり目などに発作が起これば再開することになります。

アレルギー検査の結果、ダニとハウスダストに陽性でしたので、換気(空気清浄機も含む)、こまめな掃除、寝具をアレルギー用にするなどを実行しました。風邪が流行っている時は、予防にマスクをさせています。
自己判断はせずに、かかりつけの先生と相談しながら治療をするのが良いと思います。

ユーザーID:4323974995
薬は自己判断でやめちゃダメです
Jzo
2012年9月1日 13:21

飲み薬だけですか?Webで調べたら、たくさん情報があると思います。でもまず、原因と対策については、きちんとお医者様に訊くべきと思います。
使う薬も微妙に違いますし。
一般的には常に気管支が過敏で傷んでいるので、お子さん本人が一番辛いと思います。発作が起こると、血液に酸素が足りなくなって、高山病みたいな状態になってます。すごく苦しいですよ。肺炎にもなりやすいです。インフルエンザとかも重症化しやすい。

うちは、生後6カ月で診断され3年間吸入と服薬を続けてました。今は寛解しました。治るのが早かったね、と言われました

低気圧が近付くと、発作が起こりやすかったです。天気予報よりも精度が高いです。うちは、アレルゲンがあったわけでないということで、乾燥もよくないので、ダイキンの空気清浄機と加湿器一体型のを寝室に置いてました。
大変だと思いますが、小学生であればきちんと説明をしてあげて、その前に親が説明を受けて理解して、お子さんと一緒に頑張ってあげてください。

ユーザーID:1481771047
診断が下っているのなら・・・
オクラ
2012年9月1日 15:05




医療機関で働いていますが、ぜんそく発作で運ばれてくるお子さんは多いです。
特に季節の変わり目の朝方・・
重症になると麻酔器を使用することもあります。
ぜんそくは酸素を体に取り込むことが一時的にできなくなるので、長時間その状態が続くと最悪の場合、低酸素脳症などに発展してしまう可能性もあるのです。

大人の場合もそうですが、薬を飲んでいるから症状を抑えられているということを忘れて、最近調子がいいからと薬を中止してしまう方が多いです。

レスを見る限り、病気に対しての認識があまりにも不足していると思います。
ぜんそくに対して知識を増やし、お子さんを守りましょう。

咳をしているお子さんが一番つらいのですよ・・・

ユーザーID:7357302478
重症度によりますが携帯からの書き込み
ローズ
2012年9月1日 19:25

喘息の重症度にもよりますが・・肺活量を増やせるスポーツを、お医者様に相談してみて下さい。
私も元・喘息持ちで、季節の変わり目はダメでした。入院もしました。

当時の主治医に、

「成長期のうちに肋骨を広げ、肺活量が増えれば、喘息には有利だ」

と言われて、水泳を始めました。
骨格と肺活量を成長期に増やせれば、大人になっても極度に落ちる事はないそうです。逆に大人になってから鍛えても、中々・・らしいです。特に骨格は、大人になってから広げるのは、成長が止まるから難しい。

主治医の薦めどおり、水泳を小学校〜高校まで続けました。その時の肺活量は3800CC。(普通の成人女性は2700〜3200くらいが平均)その後、社会人になってから運動はずっとしていませんが、約20年後の今、肺活量は3600CCです。(先月の健康診断の結果)

水泳を習い始めは、風邪をよくひき、喘息の発作もありましたが、止めずに続けた結果、小学校高学年には発作が出なくなりました。以来、現在まで発作はありません。(アレルギーは色々持っていますが)
重症度にもよりますが、ご参考までに。

ユーザーID:4979363492
 
現在位置は
です