このマンガを知っている方

レス7
(トピ主1
お気に入り23

趣味・教育・教養

まるこ

30年ぐらい前の日本のマンガだと思います。

・主人公は男の子で、不思議な力を持っていて、物語が進むと自分がメシア(救世主)だと気づく。
・力を発揮するときに引き換えに近くの生き物が死ぬ。(うろ覚えですが、小鳥が死んで落ちてきたような・・・。)
・最後は自分の命と引き換えに地球を救う。
・外国の話で時代背景は古代ローマ時代?のような衣装だったと思います。

知ってる方いませんか?

ユーザーID:0897663301

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 作画グループ

    銀河をつぐもの

    だと思います。

    ユーザーID:4500683820

  • 銀河を継ぐ者/作画グループ

    30年前に少女フレンドで連載されたSFです。
    地球が舞台ではなく、ビシニアンという太陽をめぐる惑星でロギナとシリカという国があり戦争をしている。そこにはヒューマンとサブヒューマンと言われる人類がいて、超能力をもつサブヒューマンは薬でヒューマンに支配されている。
    途中の物語ははしょりますが、反乱を起こしたサブヒューマンは宇宙に脱出し、滅びる太陽の元に残されたヒューマンは、アトルというサブヒューマンの少年が自分の命と引き換えに惑星ごと新しい太陽の元に移動させ救います。
    これではないでしょうか?

    ユーザーID:6835035125

  • 銀河を継ぐ者

    確か漫画家が数人で描いてたと記憶しています。
    作画グループ、だったかなぁ。
    ストーリーはうろ覚えで、前半の宇宙船のシーンと後半の日照りのシーンが全く結びつきません。
    宇宙船内?でエランという麻薬っぽいサプリに縛られている女性が、
    脱出して幻覚を見ながらも薬から解放されたシーン、
    アトルという少年の名前、一緒に暮らす若い男女。
    男の名前はガイ、だったかな。
    女性の名前が出て来ない〜。
    最後はアトルが自らの生命エネルギーで、大きくなりすぎて日照りで困る人々から救う=消える。
    断片的ですが、コマ割りの絵をまだ覚えてます。

    ユーザーID:5356402026

  • 銀河を継ぐもの

    作画グループ著です。

    色々な作家さんがそれぞれにキャラ画を担当してて、すごーく面白い絵になってましたね。懐かしいです。

    古本市場でしか扱いがないようですが、検索すれば出てきますよ。

    ユーザーID:0336217070

  • 追加情報をいただけませんか?

    漫画には詳しいつもりですが、思い当たりません。
    もう少し追加情報をいただけると、他の方も思い出しやすいのではないかと思います。

    ・少年マンガでしたか?少女マンガでしたか?
    ・短編でしたか?長編でしたか?
    ・セリフや場面で印象に残っていることがあれば、教えてください。
    (「小鳥が死んで落ちてきた」はグッドです)
    ・どんなシチュエーションで読みましたか?
    (例えば「単行本で買った」「親戚の家で、雑誌で見た」
     「友達が単行本を貸してくれた中の1編」など)

    個人的には、横山光輝の「マーズ」だと思ったのですが、
    調べてみたら最終回が、まるこさんのおっしゃってるのと違うみたいです…。

    ユーザーID:8622560344

  • 銀河を継ぐもの

    懐かしいです!
    生物の命を生体エネルギーに変えられるアルトと言う少年が、人類を救うストーリーだったと思います。

    ユーザーID:6954761814

  • トピ主です。

    みなさんありがとうございます!!
    トピ分に書いたこと以外ほとんど思い出せないのですが、
    作画グループという名にぴんと来ました。
    確かに『銀河を継ぐ者』のようです。
    あの頃、本ばかり読んでいた私に友人が「マンガも面白いよ。」と貸してくれたのが
    銀河を継ぐ者でした。
    入手が困難なようですが、探してみたいと思います。
    さすが小町、こんなに早く答えがわかって感激しました。
    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:0897663301

レス求!トピ一覧