パパの死と娘

レス57
(トピ主5
お気に入り273

妊娠・出産・育児

ねむ

今月に入ってすぐ、夫が亡くなりました。33歳でした。体調不良を訴えて受診しすぐに入院となったのですが、亡くなる数時間前まで普通に病院内を歩き回り、二週間も病院で何しよう、退屈だとぼやいていました。入院してから亡くなるまで24時間以内、医師も驚く急変でした。
あまりにも突然の出来事で、現実に起きたことと受け止めきれず、泣きすぎてぐちゃぐちゃになった頭で通夜、葬儀をすませ、今は役所関係の手続き等に追われながら、夫の遺影に向き合う日々です。
私たちには娘が二人います。2歳と1歳です。1歳の娘は夫が亡くなったことも何も理解できず、にこにこしていますが、2歳の娘は理解できないまでも、夫の不在、私や祖父母の様子に違和感を覚え、不安そうに寄り添ってきます。娘の前では明るく振舞わなければならないとわかっているのですが、遺影の前に夫が愛用していた帽子やカフスを『パパどーじょ』と持っていったり、『パパは?』『パパ会いたいね』と言う姿を見ると、どうしても涙が出てしまいます。今は、娘には『パパはねんねしてるんだよ』と教えています。いずれ、『お空に行ったんだよ』『天国にいるんだよ』という話をしなくてはならないと思いますが…。
二人の娘はパパによく懐いていました。私が妬いてしまったこともあるくらい、パパっ子でした。また夫も、仕事を調整して夕方には帰宅し、お風呂や寝かし付けを手伝ってくれる、子煩悩な人でした。下の娘は当然、8月に2歳になったばかりの上の娘も、今はパパを慕っているけれど、おそらくだんだんと夫の顔や声を忘れていくのだろうと思うと、双方がかわいそうでやり切れません。
これから夫の死について娘とどう向き合っていくべきなのか、わかりません。

ユーザーID:0652832403

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数57

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 涙が止まりません

    お悔やみを申し上げます。

    上のお子さんの様子を読んでいて涙が止まりません。
    同じように年子姉妹を育てていて、同様に上の子はパパ大好きですから。。。

    私にはなにもお役に立てることが書き込めず、申し訳ありません。
    どうか2人の娘さんが健やかに育つことを祈るのみです。
    主さんもお体を大事にしてくださいね。

    ユーザーID:7148206988

  • 私だったら

    御主人のこと、お悔やみ申し上げます。
    ショックなんて言葉では言い表せない、辛い出来事ですね…。

    私には3歳半になる息子と、お腹の中に娘がいます。
    夫は36歳。
    とても人ごととは思えず、レスをしました。

    私だったらですが、撮りためたビデオや写真を見せて、夫が子供を愛していたことを、とにかく一生懸命伝え続けると思います。
    最初は涙で上手く話せないと思いますが。
    子供達が大きくなっても、絶えず、折りに触れて。

    元フジテレビアナウンサーの高島彩さんも、幼少の頃、お父様を亡くされています。
    彼女の著書に、お父様亡き後、残された家族(お母様・お兄様)との暮らしぶりが少し綴られています。
    お母様の言葉や子供達への接し方が、今後の参考になるかもしれません。
    落ち着かれたら、手に取ってみて下さい。

    最後に。
    御主人のご冥福をお祈り申し上げます。

    トピ主様・お嬢様達に、幸あれ。

    ユーザーID:5629424985

  • パパの話を沢山してあげる

    とても辛い経験されましたね、御主人のご冥福をお祈りします。

    私自身、2歳の時に父(当時28歳)が病死しました。

    当時2歳でしたが幸いな事に父親の事、覚えています。
    母から聞く父の話が大好きでよく話してもらいました。
    それこそ出会いから結婚までのなれそめやデート話など(笑)
    お子さんに大好きなお父さんの話を沢山聞かせてあげて下さい。

    大人になって子供を持つ身となった現在、一番辛かったのは遺された
    母や私ではなく亡くなった父親自身だっただろうなと思います。
    父はノートに「娘に俺の事を覚えていてほしい」と書き遺してました。

    お母さんがいつも笑顔で元気だと子供は大丈夫です。
    でも時々弱さを子供に見せても平気ですよ。
    その分子供は母を守ろうと強くなります。

    母親が思う以上に子供は強くたくましいです。
    沢山、娘さんといろんな話をしてください。

    娘さんと向き合う方法は「パパの話を沢山する」事だと思います。

    ユーザーID:5197354044

  • お辛いですね

    ご冥福をお祈りいたします

    私の父親が去年亡くなり、娘は当時1歳9ヶ月でした。

    その時は、異様な雰囲気に夜中も急に泣き出したりしましたが…自宅に戻ってくれば普通でした。

    2歳半位になり、『じぃじ、死んじゃったの?』『痛かったかなぁ?』と聞くようになりました。

    でも『また、じぃじとプール入れればいいねぇ』とか言っているので…もう会えないとは思ってないのかもしれないですね。




    主さんも娘さんが笑顔で居るほど、切ないですよね。

    どうにか堪えて毎日をお過ごしください。

    ユーザーID:3521131814

  • おつらいですね…

    読んで涙が出ました。
    おつらいですね。

    私も幼い時に父を亡くしました。父親大好きっ子でした。成長するうちに悲しみが込み上げてきましたが
    でも悲しいのは父親を忘れてない証拠。
    つらい悲しみではなかったです。
    トピ主さま!ぜひ、お子さまにいつもパパの事を話してあげてください。
    パパの存在を感じさせてあげてください。
    そしてトピ主さま。
    旦那さまのご冥福をお祈りします。
    ご主人きっとそばであなたを見守ってくれます。
    頑張ってください。
    私もトピ主さまの人生を応援します。

    ユーザーID:2982338399

  • お悔やみ申し上げます。

    お辛いですね。
    心からお悔やみ申し上げます。
    私は1才半の頃に母を亡くしました。私には何一つ、母の記憶がありません。
    3つ上の兄は、母の記憶があり、今でも話してくれます。私達兄妹は、生みの親と育ての親がいます。
    どちらの母も大切な母です。
    トピ主さんのお子さんは1才と2才。記憶は残るかどうか分からないですが、トピ主さんが、いつもご主人さんの写真やお話をして差し上げる事は大切だと思います。きっとご主人さんがいつも見守って下さると思います。せめて2才の上のお子さんが忘れないように、ずっとお話なさって下さい。
    先月、急に父が入院し、そのまま3日後に逝ってしまいました。何だか他人事に思えずレスさせて頂きました。トピ主さん、お身体大切に、ご無理のないように。

    ユーザーID:4595666417

  • おつらいですね…

    言葉になりません。ご主人様のご冥福をお祈り致します。トピ文読むだけで、胸が締め付けられました。「時が解決してくれる」と信じて、かけがえのない2人の娘さんの存在を支えに、とにかく生きていて下さい。悲しみを我慢せず、思い切り泣いて下さい。のたうち回りながらでも、とにかくトピ主さんが生きていて下さい。お腹がすいたら、娘さんと美味しいもの食べて下さい。いつか笑顔が戻る日をご主人様も望んでらっしゃるはずです。時は必ず流れていき、人を癒します。時の流れに身をまかせてみて下さい。

    ユーザーID:1458369112

  • ご主人の御冥福をお祈りします。

    突然のことで、大変でしたね…お身体は、大丈夫ですか?
    私も、28歳で結婚し、29歳で息子を出産し、その5ヶ月後に突然死で夫は亡くなりました。
    トピ主さんと同じ状態でした。情けないことに息子の世話も出来ず、同居していた夫の両親も落ち込んでいたので、実家の母に49日まで嫁ぎ先に滞在してもらい、家事育児を手伝ってもらっていました。夫、父親としても申し分のない人でしたので悲しみは大きかったです。あとあとになって親友が「旦那さんの後を追うんじゃないかって心配で仕方なかった…」と言ってました。でも、そんなことしては大好きだった夫に絶対嫌われるとわかっていましたし、子どもがいる…夫の分も成長を見守り、父親のことを教えてあげれるのは自分だけだから。自分が寿命を全うし、夫と再会できたら『私、頑張って○○を一人前にしたんだから』と胸をはって言いたいと思ってます。
    辛いですよね。今は、娘さん達の笑顔に助けてもらって下さい。時間が経ったら、また心から笑えるときがきます。その時に、娘さん達に笑顔のお返しをしてあげてください。私の息子は、もう高校生になりました。父親に似てきました。

    ユーザーID:2874388214

  • 言葉がありません。

    かける言葉がありません。
    先月二歳になったばかりの娘を持つ父親です。
    パパっ子だったとのこと。
    ご主人もきっと天国でご無念のことと思います。

    私も背中に突き刺さる視線を振り払って定時退社して帰宅して、家の中を追いかけっこをしたり、
    お風呂に入れたりします。
    休日に娘と出掛けてママに内緒でアイスクリームを一緒に食べたりします。
    自分ではパパっ子の方と思います。
    その点で私はあなたのご主人と近いのでしょう。
    そんな私でもイヤイヤ期に入った娘に手を焼き、なかなか寝ない娘に苛立つことも増えました。
    最後はママでないとダメな時もあり、複雑な思いをすることもあります。
    でもこのトピを見て、そんな自分を恥じました。
    ありえない日常がどれほど幸せなのかを失念しがちだった気がします。
    嫌なことに苛々しがちだった自分が無性に情けなくなりました。
    もっと日々を大切に丁寧に過ごそうと気持ちを新たにできました。

    時間が癒してくれるなんて生半可な言葉はかけられませんが、いつか心安らかになれる日が訪れる
    よう心よりお祈りしております。

    ユーザーID:3044659629

  • 同じでした・・・

    まずは、ご主人様の突然のご逝去に、心からお悔やみ申し上げます

    実は、私自身31歳の時(娘1歳8ヶ月の時)当時33歳の夫を突然死で亡くしました

    突然にお身内の死別を経験した痛みは、本当に苦しく辛い事とお察し致します

    私もまた、主人の死に対して娘とどう向き合って生きていったらいいのか
    当時はとても悩みました

    そんな中で私がした事といえば、自宅に亡き主人の遺影の写真を黒枠を外して他の枠に替え、そこにパパがいるかのように毎日話しかけたり、天国・お空にパパは居て見守っている等々たぶん、トピ主様が思われているような事を毎日、または折々にふれて、聞かせてたりしてきました
    子どもの成長と共に、話の内容はより具体的になりましたが・・

    そんな話を聞きながら現在11歳になった娘は、顔は覚えていなくても
    しっかりと父親の事やその死について認識できて、成長しています

    心配は尽きませんが、まずはお子様にご主人様の事をたくさん、たくさん
    お話してあげて下さい
    お子さんは、きっとその思いを受け止めて成長していかれると思います

    親が思う以上に、子どもの受け止めや成長には驚かされる事が多くありますから

    ユーザーID:6406017874

  • 追記です。

    本当は、私も夫の死と向き合えていないのです。病院で最期の瞬間に立ち会い、通夜・葬儀の席でも顔を見つめ、手を握り、夫の死を目の当りにしたはずなのに、まだ信じられないのです。遺影を眺め、スーツや私服の整理をしていても、どうして夫はここにいないんだろう、私たちに何が起きたのだろうとぼんやり考えています。遺影の前にお茶やビールを供えるのも嫌で出来ません。どんなに泣いても、呼んでも、もう二度と会えない。死んでしまったのだと頭では理解しているのに。
    悲しい記憶は時と共に薄れて、温かな優しい思い出だけが残るというのは本当でしょうか。とてもそのような日がくるとは思えません。
    娘というよりも私自身の問題かもしれません。夫の死を受け入れられません。

    ユーザーID:0652832403

  • 大変でしたね。

    トピを読んで、思わず涙が出ました。
    娘さんも心配ですが、主さんも体大切にして、あまり頑張りすぎないで。
    ご実家を頼ったりして、どうか、つらいときはいっぱい泣いたりしてゆっくり進んで下さい。

    娘さん、下のお子さんについてはこれから主さんが写真を見せたりしながら
    パパはこういうパパなんだよと話してあげるといいんだろうと思いますが、
    上のお嬢さんは、きっといつか、パパがどうなったんだということが理解できると思います。
    彼女は彼女なりに、自分で気持ちの整理をつけていくと思うから
    主さんは、お嬢さんが求めたときにパパの話をしてあげるとか良いと思います。

    私は、ちょっと違いますが小学生の頃に弟をなくしています。
    自分なりにそれがどういうことだったのか、だんだん理解して整理していったと思います。

    何の力にもなれませんが、主さんと娘さんたちの今後が幸せなものであるようお祈りしています。

    ユーザーID:4614421116

  • 辛いですね、

    とぴ様 突然すぎの旦那様の死。本とうに私もすごく辛くなりました。

    お子様がパパどーじょ とか、パパ会いたいねって言って来て 涙がでてしまうお気持ちもわかります。

    こんなこと言うと薄情かも知れませんが、お子様小さいからお父さんの記憶は大きくなったときに あまり残ってないとも思います。
    おねんねして、お空から見ているよ・・って言うしかないかもしれないですが、
    本とうに世の中悲しいことあります、
    でも悲しい経験してる人 世の中わりといます。本とに・・・

    けど、時間が解決するので、

    とぴ様も周りの助けに甘えれるのなら 甘えてください。

    ユーザーID:4194429359

  • すみません ちょっと変なレスになりました。

    さっきお子様は小さいから 大きくなったとき記憶は薄れてるみたいなこと書いてしまいましたが、
    とび様が気にしまくってるようにとってしまって
    変なことを書いてしまいました。

    お子様にパパのことをいっつも話してあげてください。

    いいパパだったのよ、とか 心の中にいるからね・・・パパみてくれてるよ、など、

    すみません慕ってて忘れていくのかと思うとかわいそうでなりませんって、言葉が このまま悲しいのが続くって 思ってしまいましたので、

    ユーザーID:4194429359

  • 泣いて泣いて

    いっぱい泣いて。
    ご自分の悲しみを味わって。
    でも、悲しみに酔わないで。
    そして、真剣に自分の道と子供の未来を考えよう。
    娘が親の死に向かい合うのは一生のことです。
    「父親が死んだから、お前たちはもう、普通の子供と同じ扱いはしてもらえない。人の倍努力しろ。」
    義理の兄が子供の頃に父親を亡くし、実の母親に言われた言葉です。
    母子家庭を狙う、怖いことはたくさんあります。
    大変だよ。
    陰で泣いて泣いて、表ではしっかり歩こう。

    ユーザーID:7363157648

  • でも、きっと・・・

    2児の父親です。泣けました。あなたのお気持ち、
    子ども達の気持ちだけでも、父親として幸せな時
    間が過ごせたと思います。

    父としては、あなたともっと、一緒に時間を過ご
    したかった。
    娘の成人する姿から、花嫁姿まで見たかったはず
    です。

    僕も、娘がちょうど、同じ時期に交通事故で死に
    かけました。ICUで気づいたんですけど、ここが
    何処で、何をしているのかわからなかったけど、
    駆け付けた妻から話を聞いて、泣けました。

    天国の旦那さんはきっと、元気のないあなたの姿
    を見て悲しんでいるはず。

    だから!!心を鬼にして「喝!」

    アンタ、1人じゃない!目の前に2人、あなたと
    あなたの大事な旦那さんの分身がいるよ!

    泣いて泣いて、涙が乾いたら、立派な家庭を築い
    てください。経済的な意味ではなく。
    いつも心寄り添える「家族」であってください。

    頑張らなくて良い。でも、しなければいけない努
    力は、しないと・・・

    ユーザーID:0788814916

  • いつか きっと…

    私の夫も、24年前に病死しました。
    夫32才、私26才、娘2才の時でした。
    暫くの間、暗闇の中をさ迷う日々でした。
    泣いてばかりいる私に、2才の娘が笑顔で言いました。「もう泣かなくていいから、いいから」と…
    私はその時気づきました。
    この言葉は、夫が言わせているんだと。
    いつまでも泣いてちゃいけない、この子をしっかり育てなければと無我夢中でした。急ぐことはありません。主様がそう思えた時に、少しずつ前に進んで下さい。
    時の流れは優しものです。
    2才だった娘も先月花嫁になりました。
    未来を信じて生きて下さい。
    お二人の娘さんの為にも。
    そして、いつかご主人様と再会できた時、胸を張って報告できる生き方ができるように、お互い頑張りましょう。
    ご主人様のご冥福を、心よりお祈りいたします。

    ユーザーID:0753539306

  • 怖かったですね…

    突然ご主人に先立たれて、どうしようもないお気持ちだと思います。

    もう三十数年も経ちますが、私の父も33才である日突然あの世へ行きました。

    母は父に頼り切って生きていた特別に頼りない少女のような専業主婦でした。(周りの親戚談)
    何年も何年も、それはそれはとても苦しんでいたのを覚えています。何度も吐いて、当時は全身の毛が真っ白になってたと言ってます。

    そんな不安定な状態だったので、母から父の話はしてもらえませんでした。
    「しようとしたら気が狂いそうになってたから。」だそうで。
    でも特に問題はありませんでした。周りの大人達のおかげで寂しいと思う事もなく育ててもらいました。

    あれから35年。母は今はとても穏やかに幸せに暮らしています。
    自治体が助成する母子家庭世帯が入る協会に入っており、今は若い母子家庭世帯の支援をしています。似たような経験をした者同士で助け合う方が、安心感があるようです。
    母が支援している若いお母さんたちも、実の親より話が通じると言っているようです。
    もしトピ主さんのお住まいの地域にそのような協会があったら扉を叩く事も考えてみてください。

    ユーザーID:6426020525

  • お気の毒でした

    この度は本当にお気の毒なことでした。お慰めする言葉もありません。

    うちは逆縁で、幼子を亡くしています。
    トピ主様、ご主人は「長期出張中」と考えられませんか?
    そりゃ、現実世界では折に触れてご主人が亡くなったことと直面しなければならないこともたくさんあると思いますが、
    普段は「長期出張中」でいいと思うのです。
    どうせ私たちも何年か先には向こうの世界に行くわけですし・・・
    だからうちの娘は「長期海外留学中(向こうの世界で修業中)」です。

    ユーザーID:4867223069

  • 私も同じ状況でした

    私も娘が3才になる直前に夫が急逝しました。
    当日の朝まで元気でした。
    今はつらくて、受け入れられないのが当たり前です
    当時、私も子供の前では泣かないようにつらいのでを
    我慢してましたが、年月を経過し思うことは
    子供の前で無理して元気にふるまっても子供は
    敏感に母親の気持ちをくみ取るので
    途中で心療内科の先生から、隠さず父親のことを
    子供たちにどれほど良い父親だったかを充分にお話ししては・・・と
    いうことで、時には泣きながら子供にパパのことをお話しながら
    言い聞かせながら自分にとっても良き思い出を話しながら時間が経過しました。
    時には、子供が「なんで○○のパパはいないの?」「パパがいなくて寂しい」と
    保育園の行事のたびに泣かれました。本当に胸が締め付けられる思いでした。

    強い母親じゃなくていいんです!私も子供と一緒にパパのことを
    思い出していろいろ話をしているうちに子供と一緒に何回も何回も泣きました
    悲しさを押し殺しては自分がつぶれます。
    (文字数の関係で続きます・・・)

    ユーザーID:8189201531

  • 私も同じです 2

    ただ私も偉そうなことは言えず引きこもり・・・になりかけました。
    家族・友人・職場の仲間が精神的に助けてくれましたが
    やはり眠れず心療内科にかかりました。
    小さなお子さんがいるのも同じ状況です(私は1人のチビでしたが)
    私に何かあれば、子供はどうなるの?と考え
    自分の体調を整えるようにしてくださいね
    頑張らなくてもいいんです。悲しさを隠さなくてもいいから
    身内の方などに支えてもらい、お子さんの傍にいてあげて下さいね
    それが1番です。そして少し落ち着いたらパパのことお話してあげて下さい
    うちは子供を悲しませないようにパパのことを
    周りがあいまいにごまかして私も我慢しまったので混乱させてしまいました
    きちんと3才でもわかるんだなと後で実感しましたので
    今はつらくて自分がつぶれそうだと思います
    今後周りからは、子供の為に簡単にがんばれと言われることが多々、あるだろうと思います。「嵐は時間とともに引き、冬は必ず春となる」これは
    私がどん底の時に友人から言われた言葉です。悲しみを乗り越えるのに時間はかかりますがご主人の分身である子供さんをどうか大切にして下さいね

    ユーザーID:8189201531

  • お辛いですね。

    私は3歳半で父を亡くしました。
    母はずっと父の話をしてくれました。
    写真を見ながら思い出を語り、
    7周忌には父が亡くなった土地に旅行に行き(海外旅行中の突然死でした)
    私が壁にぶつかった時には父ならきっとこんな風にアドバイスしてくれたんじゃないかと
    言う事を言ったり。
    そのお蔭で父はもうそばには居ないけど、
    私は父に愛されていたんだと言う自信を母は私の中に植え付けてくれました。

    私の中に鮮明にある私自身の父の記憶は3つだけ。
    いずれも母が居ないシーンでの事なので、母の昔語りや写真で見知った事で
    自分が作り上げた記憶ではなく、私自身の記憶だと思います。
    3歳半でたったそれだけしか残ってないので、2歳のお子様だと正直ほぼ記憶には
    残らないかと思います。
    でも、父親像を作ってあげるのはこれからのお母様の役割です。
    大きくなったらこんな事を一緒にしたいって言ってたよ、
    パパは一緒にお風呂に入るのが大好きでお仕事を頑張って早く終わらせて
    いつも走って帰ってきてたよ、なんて一杯話してあげて下さい。

    ねむさんとお子様達に沢山の幸せと平穏が訪れますように。

    ユーザーID:7010227233

  • 切ないです

    トピを読んで、涙が出てしまいました。
    私には小1男児がいます。

    先月、友人が37歳で胃がんのために亡くなり、その葬儀に行ってきました。
    3歳くらいの娘さんが葬儀中も遺影に向かって「ママぁ、ママぁ」とずっと呼びかけていました。
    でもお棺に花を入れるときも、よくわかっていなかったようで、その姿が涙を誘っていました。

    私の友人は長いこと病を患っていたようですが、主さんの旦那様は突然亡くなられたとのことで、ご家族の気持ちを思うと、言葉が出ません。
    まずは、遺影を旦那様だと思い、話しかけてみてはいかがでしょう。お子さんたちに、旦那様のことを話してみてはいかがでしょう。
    それによって、更に旦那様との新しい思い出ができる気がします。
    主さん、まず、身体をご自愛ください。旦那様は見守ってくれていますよ。
    最後になりましたが、ご冥福をお祈りします。

    ユーザーID:8966619610

  • 皆様、ありがとうございます。

    ご主人を亡くされた方、お子様を亡くされた方、ご両親を亡くされた方、ご兄弟を亡くされた方。辛く悲しい経験をされてなお、見ず知らずの私のために声をかけて下さる方々に深く御礼申し上げます。
    夫を亡くした当初はこの世の全てを恨めしく思いました。街角も空も風も人々も、テレビ番組さえ普段と何一つ変わらないのに夫がいない。もっと言うなら、私と子供たちにとってかけがえのない存在である夫が亡くなったのに、世界は何の影響も受けず動いていくことを理不尽に感じました。また、涙ひとつ見せない医師や看護師の方々、葬儀社の方々にも怒りを覚えました。
    しかし、そうではないのですね。皆、口に出さないだけで、悲しい別れを経験した方は山のようにいらっしゃる。行き交う人ひとりひとりに人生がある。何も私に限った話ではない。…とは言うものの、やはり悲しく寂しく、悪い夢であればいいのにといまだに思いますが。でも私は、悲しみに酔っているつもりはありません。

    ユーザーID:0652832403

  • おつらいでしょう

    お気持ちを察するだけで私の胸も締め付けられます。
    お体。心。大丈夫ですか?

    かける言葉は見つかりません。
    ヌんな言葉もあなたの気持ちを楽にできないと思うから。
    でも、少しでも力になりたい・・・

    PHP文庫からでている「生きがいの創造」飯田史彦著
    ぜひ、読んでみて下さい。

    嘘だと思うかもしれませんが、読み終わった後、空に向かって
    笑顔を見せることができるかもしれません。

    私は無宗教です。普通のママです。
    だまされたと思って一度、手にとってみて下さい。

    ご主人、天国であなたの笑顔、きっと待ってますよ!

    私は父親がいない家庭で育ちましたが、とても今幸せです。
    確かに子供の頃、つらいことや複雑な気持ちになったことは沢山ありました。
    が、そのおかげで
    「他の人の気持ちを思いやる事の出来る優しい人間」
    になれたつもりです。(自分で言ってスミマセン)

    ママの笑顔、ママのたくましい背中を見て育つ娘さん達、
    きっと素晴らしくいい子に育ちますよ。

    泣いて泣いて涙がかれたら、笑顔で顔を上げてくださいね。
    心から応援してます。ファイト!!

    ユーザーID:6048457780

  • はぁちゃん様

    個別のレスになり、申し訳ありません。
    はぁちゃん様のレス、泣きながら読みました。お子様の年齢、ご主人が亡くなった時の状況(朝まで元気だった)、お子様にご主人の話をしながら泣いてしまう…など、全てがとても他人事とは思えません。本当に辛い経験をなさったのですね。私などに話していただき、ありがとうございます。
    私は30歳で、気楽な専業主婦でした。専業主婦の仕事である家事ですら満足に出来ず、浪費家で分不相応な高額のバッグ等を欲しがり、決していい妻ではありませんでした。それにも関わらず、『夕方になるとねむちゃんと子供たちの顔が見たくてそわそわする』『家で飲むビールが一番おいしい』と言ってくれた、おおらかで優しい夫でした。いなくなってからこんなに恋しく思うなら、どうして隣にいた時にもっと好きだと伝えられなかったのか。どうしてあんなにくだらないことで喧嘩してしまったのか。できなかったことへの後悔で押し潰されそうです。

    ユーザーID:0652832403

  • しばらくは無理です

    大事な人を亡くしたのです。
    しばらくは何も手につきません。

    ただ、今日一日、お嬢さんたちと何かひとつ楽しい話をすること。
    それをお嬢さんたちと「楽しいね」と笑うこと。
    しばらくこれを続け、出来たら号泣すること。
    ダメなら、一人になれる一瞬で泣くこと。
    楽しいことも辛かったことも、一つひとつ出来たことを、心の中で「よくやった私」と唱える。

    時間が経つにつれ、出来ることが増えてきます。
    ただ今は、出来ることを一つする。
    あなたはお嬢さんたちと生きているのだから。

    ユーザーID:2185836207

  • 涙が止まらない…

    30歳 1才の娘がいます。旦那は32歳。
    どうしても自分の家庭と重なってしまい 最新レスを読ませていただきましたが涙が止まりません。
    突然ご主人を亡くされて どれだけ不安で悲しかったか…ご主人もどれほど無念だったか…考えるだけで辛いです。
    心より ご冥福をお祈り致します。
    ささいな喧嘩への後悔や 伝えきれなかった想い…大切な人を亡くしてから 気づかされるんですよね…。どなたかのレスにもありましたが 私も毎日を平凡に過ごせることの幸せを忘れていたことを トピ主さんのレスを見て恥じました。
    別れはいつかやってくるものとは頭の隅では理解していますが 現実を受け止めたくなくて忘れたふりをしてしまいます。 でも 少しずつでも必ず来る死と向き合って 後悔のない人生を送らなくてはな…と思いました。

    今は本当にお辛いと思いますが いつか 家族想いの素敵な旦那様との思い出が懐かしく 心穏やかに話せる日が必ずきます。
    それまで旦那様と血を分けた大切な娘さん達と たくさん泣いて 助け合って生きていってくださいね!!

    皆様の幸せを心からお祈りしています。

    ユーザーID:9018461973

  • 運命です

    母方の祖父は出兵したももの
    戻りませんでした。
    戦地での病死だそうです。
    その知らせを同じ部隊の方から聞いたときの祖母の半狂乱ぶりを当時3歳だった母は克明に覚えていて、もう年ですから何度も語ります。父親の想い出はうろ覚えで、ひとつ二つのことしかないそうです。姉や兄が記憶があることでうらやましく思うそうです。
    家族の不幸は70年前はもっと多くあったのです。
    以前同僚が事故死で、奥さんのおなかに一人を残して逝ってしまいました。

    ユーザーID:1092279608

  • お悔やみ申し上げます

    幼子を抱えてご主人の突然死。
    今はまだ、主さん自身どこか混乱した状況ではないでしょうか。

    ご主人の事を思い出し、話をするのは辛い事もあるでしょうね。

    でも、それでも毎日毎日、お子さん達にご主人の話をしてあげて下さい。
    主さんは話をしなくても思い出の記憶は残っていくでしょうが、子供達は日々新しい情報を頭に記憶していっているでしょうから、話をし続けていないと、ご主人の記憶が消えていってしまうのではないでしょうか。


    五歳のわが子は、時々自分の一歳の頃の事を質問して来ます。
    そして後日、私が答えた内容を、さも自分が覚えていたかのように話す事があります。

    この様な事が主さんのお子さんにも起ったら・・・
    大人になった時に
    「パパが亡くなったのは一歳の時だから覚えてるはず無いんだけど、両手を広げて私を抱きしめてくれるパパの記憶があるのよね・・」
    なんて具合に、写真の中のご主人と、主さんからの話で(意識せずに)作られた『優しい記憶』が残るかも知れませんよ。


    主さんのご家族が、思い出に包まれながらも、前向きに過されて行ける事を祈っています。

    ユーザーID:2452224383

レス求!トピ一覧