生活・身近な話題

もうすぐお別れかな…

レス43
お気に入り96

ねこまま

話題

トピックを開いて頂いてありがとうございます。

うちのお婆さん猫22歳
3日ほど前から寝たきりになりました。

元々足が不自由で、拾った時には獣医師さんに『おそらく長くは生きられないだろう』と言われていました。
しかしそれから20余年、彼女は精一杯生きて来てくれました。

昨日から固形物をほとんど口にしなくなり、流動食をスポイドやスプンでで少しずつ流し込んでいます。
浣腸をして4日ぶりに排便しました。
水はなんとか口元に持っていけば飲めています。

『もう疲れたからあまりかまわないで』
私には彼女がそう言っているように思えます。

獣医師さんで輸液をお願いしようか…正直すごく迷っています。

でも
彼女はじゅうぶん頑張ってきました。
これ以上頑張ってなんてもう私には言えない。
もっともっといっしょにいたいけれど…

時々寝息を確かめてはそばでぼんやりしてしまいます。
出かけるのが怖いです。
もうできることはそんなに多くないのですが…

残された日々をどうか穏やかに
痛みや苦しみなく過ごしてくれたらと
ただ祈る今日です。

どなたかに聞いて頂きたくて書き込みました。
読んで頂いてありがとうございました。。。

ユーザーID:5627929629

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数43

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 幸せなネコちゃん

    そばについていられて、それだけ看病してもらって、ネコちゃんもお幸せですね。
    うちの場合、死期が近くなると、皆、どこかに出かけて、いなくなってしまいました。
    何年もたってから隣家との間の溝から見つかったり。
    先代のネコは、やはりどこかに身を隠そうとしていたんだと思いますが、庭の端っこで、こと切れているのを見つけました。
    その日はたまたま家族で外出してしまったのですが、なぜその日に限って外出したのか、本当に悔やまれました。
    最後を看取ってやりたかった。


    ねこまさんの気持ち、ネコちゃんにわかってますよ。
    きっと、幸せに暮らせたことを感謝してますよ。

    ユーザーID:8171525561

  • 幸せな猫ちゃんですね

    我が家にも19歳の猫がいます。
    いつの日が、お別れになるのはわかっていますが
    想像するだけでも辛いですよね。

    私は5年前に、18歳の猫を看取りました。
    具合が悪くなってほんの半月くらいで
    あっと言う間に逝ってしまいましたが
    最後まで自力でトイレにいくくらい頑張りやさんで(涙

    その子も、結局は点滴させることなく命を終えました。

    獣医さんには連れて行きましたが、病院で何時間も
    点滴をさせるより、飼い主さんの近くにいさせてあげたほうが
    いいと言われ・・
    点滴をしても、少しばかりの時間が延びるだけなので
    寂しい思いをさせないであげてほしい・・と言われました。

    外出するの怖いお気持ちわかります。
    せめて近くにいて見送ってあげたいですよね。

    大切にされていた猫ちゃん。寂しいですが最後まで
    見守ってあげてください。
    きっと幸せだったと感じてくれていると思います。

    ユーザーID:8987330458

  • ずっとそばにいたいですよね

    私も今まで猫と犬を見送りました。
    しかし犬は死に目にそばにいれませんでした。そばにいる勇気がなかったのです
    ずっと後悔しています
    獣医にもいき精一杯はしましたのでそこは後悔しませんでした。
    出来るだけ体をさすってあげたり抱き締めてあげて欲しいです
    淋しい最期じゃないように
    側にいて安心させてあげて欲しいです
    主さんみたいな人と家族になれた猫ちゃんは幸せだったと思います

    ユーザーID:3643082195

  • どうぞそのまま

    私も今年18歳の猫を亡くしました。腎臓が悪かったので最期の一月は週に2、3回輸液に通いましたが、徐々に食べなくなり、その朝まで自分でトイレに行き、糸がきれるようなくなりました。もう寝たきりならそのまま家で静かにおいてあげたら…と思います。22歳なら、食べなくなった時が寿命だと思います。

    ユーザーID:1383157568

  • 猫は人と同じように感情があるそうです。でも、

    人と明らかに違うとこ、それは、

    猫は、死を恐れてはいないそうです。

    別れの日は、辛いですよね。
    でも猫の立場でみてみれば、

    「ねこまま、今まで本当にありがとう。たくさん愛されて、すごく幸せ。」

    て、感じです。

    幸せな猫の一生に寄り添えたねこままさん、あなたも幸せだと、心のどこかに留めていて下さい。

    ユーザーID:9656626000

  • 涙が…

    >『もう疲れたからあまりかまわないで』

    もう…ただただ涙です。

    点滴よりもトピ主さんと一緒に過ごす時間が一番ではないでしょうか?
    最期まで責任持って、そばに居続けてもらえるニャンコも少ないです。トピ主さんに拾われて、幸せなニャンコですね。

    ユーザーID:2530183272

  • 無題

    私も8年程前に18年飼っていた犬を亡くしました。
    ボケてしまってて、寝たきりで、床ずれも酷くて。。。
    本当にかわいそうでした。
    泣きながら 消毒し、ガーゼを貼ってました。
    18年、たくさん可愛がりました。同様に沢山の愛を貰いました。

    トピ主さん、本当に可愛がっていたのですね。
    22年も素晴らしい!大往生ですよ!!!
    きっとトピ主さんの愛で天国に行けるはずです。

    なんて言ってあげたらいいか わかりませんが
    私もネコちゃんが穏やかに余生を過ごせることを祈ってます。

    ユーザーID:7388876927

  • 間違いなく幸せだったはず

    あとはただただ最後のときまで傍にいてあげてください。主さんの気持ち、絶対伝わってます。

    ユーザーID:7531822245

  • ありがとう

    長い間可愛がってくれて

    一緒にいてくれてありがとう

    居心地のいい家だったよ

    優しい飼い主で幸せだったよ

    ありがとうにゃん

    ユーザーID:1241812230

  • 読ませて頂きました

    何と言っていいかわかりませんが、トピ主さんも猫さんもよく頑張られたのでしょう。
    読ませて頂いた私が、同じく猫を飼っているというだけでこんなに辛く感じるのだから、トピ主さんの辛さはどれ程だろうと思います。

    ただ、トピ主さんの優しさは猫さんにちゃんと伝わってると思います。
    本当に何と言っていいかわからず、支離滅裂ですみません。

    ユーザーID:1987998210

  • お気持ちわかります。

    輸液した方が良いのか迷いますね。
    猫の体に負担を掛けたくないとも考えてしまいますよね。


    うちの猫も主さんの猫さんと歳が近く、今21歳です。

    毎日体調が気になります。歳で腎臓が弱り、通院、投薬をしていますが「いつか来る日」を考えてしまう時もあります。

    以前居た猫は15歳で老衰で亡くしましたが、1週間飲まず食わずで、最期は腕の中で一度鳴き息を引き取りました。

    いつかその日は来てしまうけれど、今この瞬間瞬間を大切に、主さんと猫さんが少しでも穏やかに過ごせますように。

    ユーザーID:7420927547

  • お疲れさまです

    なんとお声をかければ良いのかわかりませんが…


    どうか猫ちゃんが最後まで心安らかでありますように。


    そして精一杯頑張っているであろうトピ主様が猫ちゃんの死でご自身を責められる事のありませんよう。


    生者必滅。


    死は必ず訪れるもの。


    避けられなくともせめてというトピ主様の気持ちは痛いほどわかりますが、
    トピ主様が倒れられるような事があればそれこそ猫ちゃんにとっての不幸。


    どうかご自愛されて二人にとって悔いのない最後を迎えられますように。

    ユーザーID:2132795712

  • 天寿

    ウチの猫もトピ主さんの猫と同じように、最後は寝たきり食事も摂ろうとしませんでしたね。
    もうおばあちゃんでしたので、寿命なんだなと思いました。
    お水と食事は常に側に置いといて、口元まで持っていって上げましたが、顔をそむけてしまうので無理に食べさせたりはしませんでした。
    「あまりかまわないで」
    まさにそんな感じでしたね。
    歩けないのに部屋の隅っこや外に這って行こうとしたりしてました。
    死期を悟ると自分で準備をするみたいです。
    だけど、話かけると返事をしました。
    2週間くらいたって、引き潮がやってきた時、
    「これでいっちゃうつもり?」
    ってきいたら、ニャンと鳴きました。
    「いままでありがとね。来世でもまた会えるといいね」
    と言ったら、私の指をペロペロ舐めてました。
    そして、その翌日に亡くなりました。
    看取ったのは両親でしたが、穏やかな最後だったそうです。
    生き物の生死には、月の満ち欠けが影響してるというけれど、本当なんだなと思いました。
    トピ主さんも後悔のないようにお過ごしくださいね。

    ユーザーID:1083433652

  • 幸せな猫ちゃん

    優しいトピ主さんに拾われて、とても幸せな猫生だったのではと思います。
    我が家にも2匹の雄猫がいます。まだ若く元気な彼らですが、いずれトピ主さんの猫ちゃんのように寝たきりになる時がくるでしょう。今はまだあまり考えもしなかった事ですが、私なら、ある程度まで生きてくれたなら、もうあまり病院などで延命治療のような事はしないで、そっと見守りたいなって思いました。
    無理はさせたくないので…
    でも少しでも長く一緒にいたいって気持ちもわかります。心が揺らぎますよね。でもトピ主さんの猫ちゃんが発信しているテレパシーのようなもの(もうそっとしておいてほしい…)が答えかなって思いました。
    彼らは何も言えませんが、伝わってくるんですよね。きっとトピ主さんにすごく感謝していると思いますよ。

    ユーザーID:2829862986

  • 読ませていただきました。

    残された貴重な時間を寄り添ってお過ごしください。
    穏やかな旅立ちとなるよう祈っております。

    ユーザーID:1688642651

  • 涙が出ました。

    長生きの猫ちゃんですね、その分きっと思い出もたくさんおありなんでしょうね。

    私は数年前に、子供の頃から20年間一緒にいた猫を亡くしました。

    もともとは野良猫だったけれど、彼女はそれは美しい猫でした。
    気高く、めったに甘えない子でした。でも寝るときはいつも一緒に丸まって眠りました。

    時間を随分かけて、自分をお手入れをする子でした。
    普段触られるのを嫌がる姿が、「毛並みが乱れるからイヤよ!」って言っているように見えていたものです。


    彼女は、仕事で深夜に帰宅した私を確認するかのように静かに息を引き取りました。待っていてくれたんだと思います。

    猫なりに、最期に会いたい人として私を選んでくれたと勝手に思っています。


    22年もの長い時間を、大切にしてくれるようなトピ主さまのような温かい人と過ごせた猫ちゃんは、幸せに違いありません。
    恐らく今、猫ちゃんの一つ一つの動作で一喜一憂していらっしゃるのではと思います。
    どうかお疲れ出ませんように。

    ユーザーID:4376687165

  • 辛いですね。

    だけど猫ちゃんはトピ主さんと暮らせて幸せなんだろうなぁ。

    楽しかった事や思い出など話しかけて、大好きだよって伝えてあげて下さい。

    私にはなにもできませんが、穏やかに猫ちゃんが過ごせるように祈っています。

    トピ主さんも無理をしないでね。

    ユーザーID:8888620713

  • うちの猫も25歳

    うちの猫も25歳
    猫ですかって言われるくらいおデブさんだったのに
    ずいぶん痩せてしまって
    背中がごつごつ骨に触ります。
    でも、生きている
    仔猫用の柔らかい餌を食べて、竹輪とカニカマ大好きなんです。
    このまま好きなものたべさせて、食べなくなったら
    お別れなのだと思っています。
    天寿を全うしたと諦めます。
    今は餌をくれと足元で泣いています。

    ユーザーID:9079036794

  • 頭を撫でて

    もうがんばらなくていいんだよって言ってあげてください。わたしは昔たいせつなうちの猫さんとお別れしたくなくて無理をさせてしまいました。すごく後悔しています。どうか静かに見守ってあげてください。つらいでしょうがこれから先は彼女の生命力に委ねるしかありません。かげながら祈っています。

    ユーザーID:8067175823

  • ただ、傍に。

    トピ主様、今の状態はさぞかしご心配なことでしょう。

    私も以前飼い猫が病気にかかり、
    最後は点滴に通う毎日でしたが、
    果たしてこれが猫にとって正しいことなのかと、常に疑問に思っていました。
    ですからトピ主さんが迷う気持ちお察し致します。

    大変に難しい問題ですが、延命措置を選ぶかどうかは、
    結局のところ飼い主さんそれぞれの考え方次第ということになると思います。

    個人的には、側に寄り添って最後の時を見守ってあげるだけで、猫にとっては十分幸せだろうと思います。

    二十年以上長生きできて、優しい飼い主さんに恵まれて幸せな猫ちゃんですね。

    どうぞ傍にいて、優しい言葉をかけてあげて下さいね。

    ユーザーID:3641617047

  • レスします

    猫ちゃん、とても可愛がってあげたのがわかります。
    1日でも永く一緒にいられますように、お祈りしております。

    猫ちゃんもきっと喜んでくれていると思いますよ。

    ユーザーID:8169757319

  • 幸せちゃんですね

    我が家のにゃんこ九月にお星様になりました。14歳でした。かわいくて大好きでした。苦しい最後だったけど長い間私たちをおだやかな気持ちにしてくれた。今は感謝ばかりです。お別れはさみしいけどきっと虹の橋で会えるのでは?長く一緒に暮らせた幸せ、うらやましいです。

    ユーザーID:1703683045

  • 猫ちゃんはいかがですか

    うちにも治らない病気の犬がいます。病院に通っていますが輸血はお断りするつもりです。
    毎日夜になると泣けてきて、もう頑張らなくていいゆっくり寝ていいよと思ってしまいますよね‥

    ユーザーID:7848829804

  • 幸せな猫ちゃんですね。

    きっと分かってますよ。
    猫って全て分かってるんですよね。
    犬もそうですが…
    実家の16歳の老犬も84歳の父親が面倒見切れなくなったのを悟ったかのように交通事故にあって亡くなってしまいました。
    きっと分かってたな…と思いました。
    トピヌシさんちの猫ちゃんも全部分かってて幸せな気分だと思います。
    昔飼っていた猫は亡くなる時姿を消そうとしてたら父親に見つかって連れ戻され仕方無く家で亡くなりました。
    すごーく憮然とした表情でした。
    「何で連れ戻すんだよっ!」
    って顔でした。
    きっと大好きだった彼女猫の元で旅立ちたかったのかな?
    トピヌシさんちの猫ちゃんはトピヌシさんちにいたいなんて羨ましいです。

    ユーザーID:5800671944

  • 猫ちゃん、幸せですよ

    我が家にも3人の猫と二人の犬がいるので、お気持ちよく分かります。

    先代の犬は、悪性腫瘍が出来て、
    手術から3ヶ月して亡くなりました。
    亡くなる当日の朝、父が病院に連れて行き、そのまま日中入院となり、
    また父が夕方迎えに行くと、病状が思わしくないのでそのまま夜間も入院となりました。
    その時の別れの目が、何とも言えず悲しそうな眼差しだったそうです。

    父は今でも、夕方に連れて帰ってくれば良かったかも、と、後悔の気持ちを抱いているようです。

    主さんのお宅の猫ちゃんは、おうちで十分お世話してもらえて、
    病院で亡くなるより、ずっとずっと幸せですよ。
    今までの色んな思い出を、残る時間の間に語りかけてあげて下さいね。

    (ごめんなさい、涙が出てきそうです...)

    ユーザーID:4753278375

  • 猫ちゃんありがとう

    もうすぐお別れかな、というタイトルから主さんの気持ちが伝わってきました。
    主さんのそばが居心地よかったからとても長生きされたんですね。

    私も主さんの立場だったら、全く同じようだったと思います。
    時々息を確かめて、輸血しようか悩んで。やっぱり猫ちゃんは「もうそっとしておいて」と言っているように感じて。

    私も主さんだったら、最期はとにかく辛くないようにしてあげたいと思うばかりだと思います。

    猫ちゃんは主さんがそばにいてくれてとっても安心していると思いますよ。

    ユーザーID:9595449197

  • ただそばに

    きっとトピ主さんの今されているように、そばにいることが猫ちゃんにとってもトピ主さんにとっても一番自然で、良いことのように思いました。

    私のワンちゃんは8年前に死んでしまいましたが、最後は私が外出している時で、帰宅した時に彼はお墓の中でした。
    8年経った今でも、家族との会話で「あの時○○が」と彼の名前がよく出ます。
    そのたびに彼が元気いっぱいに尻尾を振る姿と、最期の小さくうずくまってお水も飲めなくなった姿が頭に浮かび、最期の最期に一緒にいれなかったことを悔やむ気持ちになります。
    もっと一緒に遊べばよかった。もっと可愛がればよかった。最後一緒にいたかった。
    これが今私が思っていることです。

    ユーザーID:4671358909

  • 先月愛猫を見送りました

    先月愛猫を見送りました。
    トピ主さんと同じ心境でした。

    ウチの子も高齢だったので、病院からの積極治療の提案を断り、家でゆっくり過ごさせることにしました。

    やはり、見送った後、頭の中がこれでよかったのかぐるぐるしましたが、家で最後の時を過ごさせてやれてよかったというところに、気持ちが着地しました。

    毎日できるだけゆっくり、そうっとなでてやりました。話しかけました。
    エサもいろいろ工夫をして、無理強いさせない程度にやりました。
    ゆっくりお別れの時が近づくのを感じながら、祈りながら、1日1日を大切に過ごしていました。

    1日1日を大切にお過ごしください。
    可愛い表情をしたら写真にも撮ってあげてください。

    覚悟していたのに、やはり、その時は号泣しましたし、今も愛猫を想うと涙が止まらないことがあります。そんな時はツイッターやブログなどに想いを書いてみたり、泣きたいだけ泣いています。
    あの子のことを笑顔で思い出せるようになるまで、まだ時間がかかりそうですが、それでもあの子に会えて幸せでした。

    ユーザーID:2276409568

  • 辛いですね…

    昨年、18歳の子を見送りました。
    本当に大切な家族でした。

    ある日飲み食い出来なくなり、脱水になりびっくりするくらい
    どんどん衰弱していき点滴をするため入院し
    入院して3日目の早朝病院で独り旅立ってしまいました。
    私も夫も頭の中ではもうお別れの時が来ているという認識はありました。
    しかし脱水で苦しんで亡くなることに耐えられず入院させてしまいました。
    今も後悔しつつ、穏やかな顔で旅立った愛猫を見てこれで良かったのかも…と思ったり…

    何が最善だったのかはいまだにわかりませんが、夫は『あいつがその時を自分で選んで旅立ったんだと思う』と言ってくれ、私もそう思う事にしました。

    22年過ごしたトピ主さんが決めたことが最善だと思います。

    どうか穏やかに過ごせますように…

    ユーザーID:7339906326

  • 寂しいですね。。。

    私も小さいペットと生活していました。
    平均寿命よりも大幅に長生きをしてくれて、検診などで病院にいくと、獣医さんが『本当に?』と驚かれるくらい、健康で長生きでした。

    でも、食事が細くなり、排便もうまく出来なくなり・・・
    獣医さんに『歳には勝てない。機能が低下してきてる。老衰になるよ』と言われた時『そんなバカな』と力が抜けました。
    一日でも長くと思い、点滴やいい注射があるのならと相談しましたが、『年齢を考えると、針を刺すのはこの仔にとって良くない。大病して苦しんでの死ではないから前向きに考えて。この仔は幸せな一生なんだから』と言われて、静かにそのときを迎えようと思いました。

    出かけているときに、天国に旅たってしまいました。
    出かけたことを後悔し、涙が止まりませんでした。
    けど、『息を引き取る姿を見せて、悲しませながら旅立てないから、そのタイミングまでがんばったんだよ』と言われ、そう自分に言い聞かせています。

    猫ちゃんは、ねこままさんと過ごせて、本当に幸せだと思いますよ。
    私も猫ちゃんの穏やかな日々を祈っております。

    ユーザーID:2705485345

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧