もうすぐお別れかな…

レス43
お気に入り96
トピ主のみ3

ねこまま

話題

トピックを開いて頂いてありがとうございます。

うちのお婆さん猫22歳
3日ほど前から寝たきりになりました。

元々足が不自由で、拾った時には獣医師さんに『おそらく長くは生きられないだろう』と言われていました。
しかしそれから20余年、彼女は精一杯生きて来てくれました。

昨日から固形物をほとんど口にしなくなり、流動食をスポイドやスプンでで少しずつ流し込んでいます。
浣腸をして4日ぶりに排便しました。
水はなんとか口元に持っていけば飲めています。

『もう疲れたからあまりかまわないで』
私には彼女がそう言っているように思えます。

獣医師さんで輸液をお願いしようか…正直すごく迷っています。

でも
彼女はじゅうぶん頑張ってきました。
これ以上頑張ってなんてもう私には言えない。
もっともっといっしょにいたいけれど…

時々寝息を確かめてはそばでぼんやりしてしまいます。
出かけるのが怖いです。
もうできることはそんなに多くないのですが…

残された日々をどうか穏やかに
痛みや苦しみなく過ごしてくれたらと
ただ祈る今日です。

どなたかに聞いて頂きたくて書き込みました。
読んで頂いてありがとうございました。。。

ユーザーID:5627929629

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数43

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です

    皆様、まずはお礼を言わせてください。
    つぶやきにこんなにたくさんの優しいレスをいただき感謝の気持ちでいっぱいです。
    本当にありがとうございます。

    猫(ぴーといいます)はまだ頑張ってくれています。

    皆様にもおっしゃって頂いた通り、このまま静かに、と決心したはずだったのですが
    意志薄弱な私は、夫の『一度は病院に連れた行った方が良いのでは』という言葉に負け
    昨日獣医師さんに連れて行ってしまいました。
    やはり老齢による腎不全とのことで補液とステロイド、おそらく口内炎による炎症のための抗生剤を点滴していただきました。

    今日は数時間に一度頭を支えて水を飲ませ、フードを無理矢理一口二口、萎えた足をマッサージしながら
    (いやなことばっかりしてごめんね)
    でも時折自力で頭をあげ、私を探すような仕草をします。
    (だいじょうぶ、ここにいるから)
    もし今回の輸液が効果的なら、自宅で皮下点滴できるよう指導していただけるようです。

    そうやって1週間、1ヶ月、半年1年と生きてくれないかな
    『皆様ごめんなさい。死ぬ死ぬ詐欺でした。まだ生きてます!』
    とか冗談言えたら良いのにな、なんて夢見ています。

    ユーザーID:5627929629

  • トピ主です 2

    レスいただいた皆様の、
    『かぞくのものがたり』のひとつひとつが胸を打ちます。
    皆様にたくさんの愛を残して旅立っていった子たちにありがとうを言いたい。
    もちろん今頑張ってくれている子たちにも。

    うまく言えないのですが

    うちのぴーは逝く前に、こんなに大きな贈り物をしてくれました。
    皆様からのレスが私の一生の宝物です。


    またご報告させて頂きます。
    良い知らせでもそうでなくても必ず。
    本当にありがとうございます。

    ユーザーID:5627929629

  • 今朝旅立ちました

    私の腕の中で最後は静かに逝きました。

    ありがとう、ぴー
    よく頑張ったね
    もういいよ、もういいよ

    一瞬、拍動が激しくなったかと思ったらため息をふたつみっつしてそのまま…
    抱きしめてほおずりして冷たくなっていく手をさすりながら
    いままで長い間ぼんやりしていました。

    レスくださった皆様、ほんとうにありがとうございました。

    ユーザーID:5627929629

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧