妻の的外れな節約

レス101
(トピ主0
お気に入り308

男性から発信するトピ

tomaton

私の妻は節約が大好きです。
ただその節約があまりにも的外れで、ケンカの原因にもなることが多いです。

実例として

1円でも安いガソリンスタンドを見つけたら、30キロ先までわざわざ行く。一応「○○を買うついで」と言っているが、その○○は近所でも同じ値段で売っている。
私が酒のつまみを作るために冷蔵庫を開けると「電気代もったいないから、冷蔵庫にあるもの使わないつまみにして」と言われるが、自分は家にいるときは(見ていない時も)テレビをつけっぱなしにしている。
見切り品をよく買ってきて節約しているつもりだが、使い切れず廃棄する量も多いが、悪いのは残業などで夕食を家で食べない私のせいだと言い張る。
節約と言う割には、自分の好みの缶コーヒーは飲みたくなったら定価でも躊躇なく買う。

まあ、実際の被害(?)金額は月数千円程度で、それで家計が傾くようなことはないから今のところ金銭的にどうこうはないのですが・・・・・・
そのような一方的にな節約手法を私にも強要してくることがもめごとの発端となります。

ガソリン30リットルくらいなら、2円安くても60円の差だからわざわざ遠くに行かず近くで入れると「無駄遣いして」と不機嫌になって、それ以上の金額を小遣いから差し引く。
(60円分高く入れたら、小遣い時に500円ペナルティーを取られるとか)
コンビニで缶コーヒーを買おうとすると(妻が買わない時は)無駄遣いするなら小遣い減らすと言われる。


具体的に「この場合ガソリン消費が何リットルで、そこに言っても何円しか節約できないからトータルマイナスだろ」とか話しても、感情的に否定するばかりで話になりません。
そして常に「お金がもっとあったらこんな節約しなくていいのに」を繰り返す。

どうしたらよいでしょうか?

ユーザーID:3704190501

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数101

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
91101 / 101
  • 典型的な「ダメ男くんの対応」。

    旦那様は、非常に幸運な人ですね。
    奥様はブランド小物や洋服を買い漁らない。変な「自然食品」などにハマってバカ高い食材を買う事も無い。「安く見えるモノを買いたい」なんて素晴らしい事です。
    趣味にしても、エステや習い事でお金を遣うワケでもない。「節約ごっこ」なんて、こんなに金のかからない趣味がありますか?
    巷に溢れる浪費妻より5万倍マシです。
    「アレが買いたい」「趣味に付き合って欲しい」というのは、「女のワガママ」ですよ。そんな女のワガママを理屈で論破しようなんて、愚の骨頂です。必要なのは同意と共感です。
    幸い旦那様はある程度の収入がおありで、実際数円レベルでの喧嘩は必要は無いようです。であれば、喧嘩の要因は(言い方は悪いですが)「奥様のワガママにイチイチ反発する、旦那の度量の狭さ、女心の分からなさ」です。
    嫁がガソリンを浪費しながら1円だけ安いガソリン入れに行っても
    「苦労をかけるねぃ。」
    くらい言っとけよって話です。
    そして同情する姿勢(例えば、自分も高いコーヒー1回飲んだら次の日は会社の水道水で我慢してると、嘘でもいいから言う姿勢)も見せとけって話ですね。

    ユーザーID:8016806351

  • お気のどくですが…。

    なんとかにつける薬は無い、のレベルの症状です…。

    奥様ってば浪費家で無駄使いをしているのに「しっかり者のあたし」をやりたいんですね。

    月に数千円の無駄使いで満足するのなら可愛い方かもしれませんが、他人(あなた)を不愉快にするのは馬鹿のやることです。

    理論的に話しても通じないのなら小遣い制度はやめてあなたが小遣いをもらうのではなく、生活費を奥様に渡す予算制度にするべきですよ。
    60円のガソリン代の補填に500円の罰金なのか??さっぱり分からないもの。
    お金を握ってるのに、多分家計簿もつけてないのでしょうね。奥様。

    ユーザーID:6430096433

  • 的外れ

    「妻の的外れな節約」  そう思ってる所が、的外れなのです。

    女性は感情の動物というでしょ。論理的でない事を平気で言います。

    「お金がもっとあったらこんな節約しなくていいのに」
    これが答えです。あなたに常にイライラしてるのです。
    なので貴方に当たり散らしてるだけです。

    そこで、そうと分かった後の、妻の操縦術は。
    貴方の腕の見せ所です。

    ユーザーID:8493566623

  • おれの金ばかりアテにしてないでオマエも働いてくれ

    週に4日は働け。
    一日8時間働け。
    とケンカしてみれば。

    専業から兼業へ、トピ主の奥様はものすごく抵抗しそうです。
    でも一度そうやって働かせてみる。

    ユーザーID:7409237073

  • 私も的外れ

    節約ってちょっと楽しいです。
    先日卵の安売りに行き、駐車場代が420円かかりました。
    買った商品は200円足らずなので、一品300円以上したことになりますね。
    自分のアホさをのろいましたが、主人に話したら笑い飛ばしていいこいいこをしてくれました。
    「がんばったねー」とまるで子供扱いですが、気持ちがだいぶ楽になりました。
    …トピ主さんも家計が困窮しているのでなければ静観してみては?
    そのうちに奥様も要領よく節約できるようになるのでは?

    私も普段は安いインスタントコーヒーですが外出時などは「いつも節約してるし♪」と缶コーヒーを定価で買ってしまいます。
    スタバや喫茶店じゃないところがまた節約♪などと思ってしまっています。

    ユーザーID:4520996125

  • 節約記録張をつける

    奥様、私の母とちょっと似てるかも。
    ガソリンみたいに、目に見えない(見えにくい)出費には気づかないのに
    10円、20円の差に目を光らせてるようなところが。

    結構、女性向けの特集って節約術が多いんですよね。
    今は20代の女性向けの雑誌でも、「トイレのタンクにペットボトルを
    入れておけば、年間○○円節約!」なんて記事も。

    こういう情報が一杯入ってくると、節約してる=努力してる=頑張ってる私、
    みたいな感覚になりやすいんだと思います。

    で、ちょっとでも「値段が」高いものにお金を出すとなると怠けているような気がしてしまったり。
    本当は節約して金銭的な余裕を得ることで、精神的にも余裕ができて幸せ感を得たり、
    他に欲しいものを買うために貯金するのが目的だと思うのですが、どこかで「無駄は徹底排除!」に
    なってしまったのだと思います。

    なので、奥様の節約努力で節約できた額を、手帳やケータイに記録してみてはどうでしょう?この案は既出かもしれませんが…
    で、節約の成果は奥様のお小遣いにする。成果が微々たるものだったら働きに出るって言うかも?

    ユーザーID:8515521994

  • 単純な性格は直らない

    今更直らない。正しいと思ってるから、よく考えてから 発言するとか行動するが出来ないのは 苦労してないから、今更直らない。

    ユーザーID:0163001285

  • 分かります…

    私の母も似たような感じです。
    人には「節約しなさい」「エコは大事」と言いながら、自分はヤカンの蓋を開けたままお湯を沸かす(もうすぐ沸騰するのが分かりやすいからだそうです)、真冬に誰もいない部屋を「換気だ」と言いながら一日中窓を開ける(その部屋から徐々に廊下に冷たい冷気が流れて、家全体が冷たくなっていきます)。
    何を言っても理解出来ないようです。
    要するに「エコ=マイルール」エコになんてなってない。
    こっちが正論言うだけ無駄です。

    ユーザーID:7292635202

  • レスします

    節約節約いうならまず家計簿つけさせる。(毎日一緒にしましょう!PCで入力すれば簡単!) 
    2ヶ月奥さんの言うとおりに。
    それから家計簿みせてもらいましょ!

    粗はいーーーーっぱいでますよね。

    赤ペンで「節約」と書いてあげましょう!

    あと行動をメモる!無駄はここだといってあげましょう!

    否定しても「だから?無駄はこことここだ。文句言うなら無くせ。」それで小遣いどうのこうのいうなら「じゃあ、家計にいくら生活費いれるからやりくりしてくれ、他の定額の出費はこちらがだすし貯金もする。小遣いはさしし引いて俺名義の通帳に入れる。通帳確認は自由にさせてやる。俺の給料だから文句は言わせない。」と、毅然とした態度で。

    ユーザーID:5270586850

  • 逆に・・・

    ほめちぎる…というのはどうですか?

    「寒いのに、そんなに遠くのスーパーまでいってくれたの?ありがとう!」
    「キミがそうして缶珈琲買うのは、たまのご褒美だね」
    とか、そんな感じで。具体的にやったことを認めたり、褒めてみる。

    漠然と「きみのおかげ」だとエスカレートしそうだから、
    節約できたかどうかより、頑張ったことを褒めて
    気分良くなってもらって、こづかい減らしはやめて頂くという
    太鼓持ち方式(笑)

    キミに協力したい、買うのもったいないから、
    「水筒にコーヒー入れて」「毎朝弁当つくって」とか
    面倒になって、リタイヤさせるべく頼んでみる。
    できなくなったら「じゃコーヒー買っていい?」
    みたいな。

    たぶん、奥さんって、
    満足できない病でストレス溜まってるんじゃない?
    操縦方法、帰るしかないかも・・・

    ユーザーID:8597287087

  • エゴイストは強い

    強い奥様です。

    「自分は家にいるときは(見ていない時も)テレビをつけっぱなしにしている。」
    「自分の好みの缶コーヒーは飲みたくなったら定価でも躊躇なく買う。」

    などなど!

    エゴイストの強さを子孫に伝えてもらいませんか?

    露骨な競争社会で生き残れるのはエゴイストのみ。

    強いお子様を残してもらってはいかが?

    ユーザーID:9000137246

先頭へ 前へ
91101 / 101
レス求!トピ一覧