現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

本当にあった素敵な告白おしえて!

なな緒
2012年11月1日 18:15

誠実で、ちょっと押しが強くて、男らしくて、スマートで、
女性ならば誰もがきゅいーん!となるでしょーっ!!てお言葉で告白された
女性の方に質問。どんなシチュエーションでどんな台詞を言われましたか?
「付き合って欲しいの告白の台詞」でも「プロポーズの台詞」でも可です。
人様が言われた台詞ででも心温まりたいです。よろしくお願いします。

ユーザーID:4025943782  


お気に入り登録数:192
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:29本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
デートしてくれ!
domani
2012年11月1日 20:09

昔のバイト先でのこと。

かっこよくて有名な先輩社員の方から仕事中に紙切れをさりげなく渡され、
見ると、「デートしてくれ!」って書いてありました。

イケメン男子のどストレートなお誘いにもうキュンキュンです…
もちろんデートしました。

お付き合いには至りませんでしたが、いい思い出です。
その紙切れも、しばらく大事にとっておいたっけ(笑)
もう二度とあんなことはないだろうな〜(遠い目)

ユーザーID:2661219493
高校時代の思い出携帯からの書き込み
うんも
2012年11月1日 20:27

「うんもが笑ってくれたら死んでもいい!」

今でも落ち込んだときに思い出し励ましてもらってます

ユーザーID:4641801148
俺が一緒にいたいから引き留めた!携帯からの書き込み
ぼ〜の
2012年11月1日 22:13

職場の先輩に言われた一言です。
仕事が終わった後、月1回くらいのペースで一緒に飲みに行っていました。二人ともよく飲むので、2軒、3軒と飲み歩き、かなり遅い時間に。
私「遅くまで付き合わせてすみません」
先輩「こっちこそ遅くさせちゃって」
私「誘ったのは私だし…」
先輩「でも次の店行こうって俺言ったし…」
などやりとりしていたら、急に
「いいから、俺が一緒にいたいって思って引き留めたんだから!」
と割りと強めの口調で言われました。
普段とても優しい人でそんなに感情を表にださないのですが、その口調と言葉にハートを撃ち抜かれました(笑)
私「そうか…(照れ笑い)」という微妙な返ししかできませんでしたが。
その後1年ほど進展なしでしたが、紆余曲折あり、最近その先輩とつきあうことになりました。
彼はこのことは憶えてないと思いますが、私はたまに思い出し、幸せ気分を味わっています。

ユーザーID:0704476322
じゃ、言っちゃいます〜
ぷーさん
2012年11月1日 22:19

とあるパーティで知り合った彼(現在は我が夫です)
すらっとしたイケメン君。

「一目見た瞬間に君しか見えなかった。
壁があったとしても君だけは壁を通して見えた。」

皆に夫「は」素敵だと褒められます。
私は言われません。涙

ユーザーID:0313161175
言葉では無いが!携帯からの書き込み
はる
2012年11月1日 22:29

まだ、学生の頃!帰りのバスを降りたら後ろから声が「すみません!これ読んで下さい」と、そう!ラブレターです。凄く綺麗な字!余りにも綺麗過ぎて、返事なんかとても、とても!後にも先にもラブレターなんてこれが最後でした。素敵な思い出です。

ユーザーID:7318865662
桜鍋食べませんか携帯からの書き込み
あらー
2012年11月1日 22:39

馬肉の鍋らしいですが行っていません。

次は「一緒に○○に行きましょう」観光で行く所に何故付き合ってもないアナタと?宿泊で?

変な誘いばかりで、告白もプロポーズもなかった…

告白?察してくれだって、どうなのソレ?
でも今は夫です。とても幸せ。

ユーザーID:7788647521
今の彼氏携帯からの書き込み
しずく
2012年11月2日 0:53

ずっと「しずくのことは好きじゃないし、この先好きになれるかも分からない」と言われながら付き合ってました。浮気されても諦めず…
でも、彼も私とは絶対別れようとしませんでした。

二年過ぎた頃、メールでちょっとした行き違いがあり、別れた方がいいのか?と思って、「ちょっと距離置こう」とメールを返した途端、電話がかかってきて…
「俺はしずくと付き合えて幸せだと思ってるんだよ」「今は大好きだよ。もう〜照れるからこんな事言いたくないのに」って、言ってくれました。

それから二年、今ではことあるごとに「好きだよ」って言ってくれます。

ユーザーID:0692045244
はーい!参加しまぁす!携帯からの書き込み
きゅんきゅん
2012年11月2日 2:36

いやん!素敵なトピ発見で思わず皆さんのエピソードにきゅんてなりました!

無口で不気味な彼と喧嘩中「別れる!」と言った私に彼が「ダメだ!俺決めてるから!俺はお前って決めてるから!」きゅんてしました。素敵なプロポーズの言葉も愛してるもなかったですが、今でもあの彼の目に嘘はなく私を好きみたいで私には大事な言葉です。あ、彼ではなく夫です。久々にあの頃を思い出して胸が熱くなりました。素敵なトピありがとうございます!

ユーザーID:4551914938
中学生の時から好きだった携帯からの書き込み
なな
2012年11月2日 4:35

卒業から10年。

再開した25歳の時に言われたセリフです。

嬉しかったです。

ユーザーID:0133833875
大学生のころ
しし座流星群
2012年11月2日 12:37

だいぶ昔の話になっちゃいますが(苦笑)。
21世紀になる直前、「今世紀最後の彗星」が話題になってた
飲み会の席で、「あ〜あ、見逃しちゃったよ。」と私が言ったら、
先輩(OB)が「じゃあ、次この彗星が来た時は一緒に行こう。
一万何千年か後だけど。」と指きりをさせられた。

えっ、まるでプロポーズ?とちょっと焦った後、
結局「その前に、しし座流星群を観に行きたい」と
ややとんちんかんな答えをした私。
何回かデートはしたけれど、結局付き合う事はありませんでした。

もう社会人で忙しかった人だけど、よく「○○さんの笑顔を
見に行くよ。」「○○さんの為なら、いつだってとんでくるよ。」
と応援に来てくれたっけ。


学校を歩いていたら突然、知らない男の子に「ずっとファンなんです!
握手してください!」というのもあった。
「もう手が洗えない〜」と照れる姿は可愛くてちょっとキュン。

おもえばあの時が最初で最後のモテ期だった…(涙)。
今はさっぱりです。まぁ夫はいますけど、彼のプロポーズは
全然ロマンチックじゃなかったなぁ。

ユーザーID:0380638539
高校生の頃
popo
2012年11月2日 17:07

たまにバスで会う、違う高校の先輩を好きでした。
降車するバス停が一緒なのですが、話したこともなければ目があったことだってなかったのに、ある日バスを降りた途端に後ろからいきなり「すいません!付き合ってもらえますか?」とその先輩に言われました。
鼻血が出そうだったのを覚えてます(笑)
それから一年間くらいはお付き合いしたかな。二十年前の淡い思い出です。

ユーザーID:3739682259
貴女の笑顔が好きです。
ゆかりん
2012年11月2日 17:54

って言われて付き合いだしたんだ。夫と。
すっかり忘れていました。
思い出させてくれてありがとうございます。

当時、私は泣いてばかりいたので、
夫がそう言ってくれたおかげで少し笑えました。

うふふ、早く帰ってこないかなー。

ユーザーID:6522298214
仲良しの後輩君に
ぽよこ
2012年11月2日 18:44

もう20年も前の話ですが、すごく仲良しだった大学の一つ後輩の男の子。
長身、イケメン、スポーツマンで面白い、私のお気に入りの後輩君でした。

ある日、友達みんなと飲みに行った帰り道、「ぽよこ先輩は僕が送りますよ」と2人で夜道を帰ってました。
すると突然、抱きしめられて、キスされて、「俺、先輩が好きっす。付き合って下さい!」と言われました。

あれが人生で一番キュンキュンした出来事ではなかろうか。

その後しばらく付き合って、事情があって別れたけれど、元気にしてるかなあ・・・。

ユーザーID:6502073463
二重の幸せ
るすでん
2012年11月2日 22:23

大学の卒業式の日、付き合って2年の同じ大学の彼氏と一人暮らしの我が家に酔っ払って帰宅しました。

すると留守電がピカピカ点滅・・・
(当時は携帯もポケベルもありませんでした)

そして留守電ボタンをポチっと押したところ
「入学式の日に一目惚れして以来ずっと好きでした。彼氏と仲が良く幸せなこともわかっています。でも気持ちだけ伝えたかったので電話しました。4年間ありがとう。」と。

その声の主は同じ大学でしたが時々話す程度の男の子で、まったくそんな素振りがなかったのでただただ驚きでした。

そしてそれを偶然にも一緒に聞いてしまった彼。
彼の反応がまた心地良く、この日は私にとってとても心温まる1日でした。

はぁ。心が温まってきました!想い出せて良かった!

ユーザーID:0195628755
懐かしい
2012年11月3日 12:05

私は人見知りでつい人と壁を作りがちなのに構わずいつも笑顔で話しかけてくるY。
誰とでもすぐ仲良くなれる彼でした。
私の友人もとてもフレンドリーなタイプで3人でよく一緒に帰るようになりました。
友人のおかげでいろいろな人と遊ぶ機会があり、社交的でない私にはYがよく相手をしてくれました。
いつの間にか二人でも普通に出かけたりするようになったのですが、付き合うでもなく仲良しの友人のままで、私も密かに好きだったのですが彼は誰とでも仲良く
出来るので言えないままでした。
お互い彼氏彼女がいたりいなかったりした時期もありました。
ある時の飲み会の席で「Yはずーっとお前の事がずっと好きだよ」と友人に言われ「えー?ホント?」とYに言うとその場は笑っていましたが
帰りに二人になった時「ずっと友達でいたかったからホント一生言わないつもりだったけど…ダメだ。大好きだー!!」と言われて思考回路停止しました。
その後付き合いましたが友人の時はあんなに長くうまく行っていたのに彼氏彼女となるとうまくいかなくなりました。難しいですね。
でも胸キュンの思い出です。どうしてるかな。

ユーザーID:8191303955
好きですよの意思表示
なな緒(トピ主)
2012年11月3日 15:08

皆さんありがとうございます。トピ主です。
やはりリアルな生の声はやっぱリアルですね〜。
トピ主があーだこーだ、ご意見してくるのは野暮なので
あまり言いませんが、昨今の告白にはいきなりもう
ハグだのキスだのもアリなんですね。ひゃーどきどき!

私はもう長いこと浮いた話もなく、さて男女が付き合うきっかけって
どうするの?何て言うんだろう?とふと疑問に思いました。
大人世代なら携帯メールなんてことはないだろうし
皆さんの、ほんわかんな思い出とそれにまつわる名台詞を
お聞きしたかったのです。

緊張とゆかしさと愛のある告白の台詞、たくさん待ちしております。

ユーザーID:4025943782
私もトピ主さんと一緒で
ばーばぱぱ
2012年11月3日 22:04

長いこと浮いた話がありませんが(笑)、記憶を糸を辿ってみました。

学生の頃、休み時間に違うクラスの男の子が意を決したように
教室に入って来たと思ったら クラスのみんながいる前で、
私の前に来たところで「好きです。」と告白されたこと。

一度も話したことがなかった人だったのですが、びっくりしたような、
なぜだか分かっていたような不思議な感じでした。

あとは「ばーばぱぱさんになら、遊ばれてもいいと思った。」という告白も、
オッという驚きがありました。

ユーザーID:2295586801
キュンとしたと言えば携帯からの書き込み
さくら
2012年11月3日 22:53

以前勤めていた会社の、同じ部署の男性はいわゆる愛煙家で、よく冗談で「命の次に大事(なタバコ)」なんて言ってました。
ある日、外出しようとした彼が「忘れた〜」と言ってまたデスクに戻ってきたのでタバコだろうと思い「命の次に大事なもの?」と言うと、彼が「正解!なんでわかったの?けど、一番大事なのは、さくらちゃんだよ」と言われました。
冗談だと思いましたが、ちょっとキュンとしましたね。
その後「さくらちゃんの事が気になってしかたないんだ」と告白されて、付き合ってます。

ユーザーID:1382948192
ありましたー!
とろ
2012年11月4日 0:19

社会人になってからの仲良し同僚たちと、旅行に行った時のことです。

帰宅したとたん、さっき別れた仲間の1人である男性から、ケータイに着信が。
出てみたら「いま、家の前にいるんだけど出て来れる?」
と言われてびっくり!
彼の自宅は反対方向なのになぜ?と思いつつ外に出ると
「好きだ!好きすぎてどうしても今日言いたくて、聞いてほしかったんだ。」
と、突然の告白でした。
旅行帰りでもう夜中になっていて、おまけに雨が降っていたのに、
傘も持たずに走って来た彼の熱意にやられました。笑
でも、告白されながらも「なんかマンガみたいなシチュエーションだな〜」と
どこか冷静な自分もいました。
青春してたなーあの頃は!笑

ユーザーID:7675606254
背中越しの告白
若かった・・・
2012年11月4日 0:41

県外受験で高校入学の後、追い越しざまに頭を軽く叩いたり、急に「ガキ」だの言ってくるクラスメート(K)がいました。

成績がよくクールな割に人づき合いもよくて、同じ出身中学の親友(Mくん)もいたり、たいして親しくはなかったけど(むしろ「親しくないのに小馬鹿にされてムカつく」くらいのポジション)、友達が多いのが羨ましくて。

たまたま部活のあと出会って、一緒に歩いているとき、
「Kくんはいいね、Mくんみたいな親友がいて」
と言ったところ、
「Mは親友じゃなくて相棒。信頼はしてるけど信用はしてない。友達は全部利害関係。こいつとは音楽の趣味が合うから、こいつには英語教えてもらえるからって感じでつき合ってる」
と、当時のピュアな私(笑)からすると、信じられないような冷たい返事が。

しかし、ショックを受け、顔を見たくなくて前を歩く私を、いきなり彼は抱きすくめ、
「でも、お前は違う。お前、馬鹿みたいに人のこと信じるから、いつか他人に傷つけられたりしないか、心配だった。気がついたら、ずっと見てた。俺は、お前が好きなんだ」

・・・いやぁ、ホントに青春小説のようでした(懐)

ユーザーID:8949544562
 
現在位置は
です