• ホーム
  • 学ぶ
  • 自分の子供に読ませたい子供時代に読んだ絵本

自分の子供に読ませたい子供時代に読んだ絵本

レス38
(トピ主0
お気に入り65

趣味・教育・教養

煎茶

もうすぐクリスマスですね。クリスマスプレゼントはお決まりでしょうか。
我が家ではおもちゃは父親担当ですが、絵本は私です。
新しい作家さんの絵本もいいがいろいろのですが、いかんせん趣味が偏ってしまいます。そこで、長年愛されているロングセラーのお話も混ぜてみようかと。
みなさんのお勧めはなんでしょうか?
我が家の子供は4歳の長男、3歳の長女、1歳の次女です。

ユーザーID:7948932386

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数38

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ぐりとくら

    自分が楽しく読めるのが一番ですよ。
    児童書が充実している本屋に行くと、
    懐かしい本がたくさん迎えてくれます。
    まずは本屋さんに行き童心に帰ってくださいね

    ユーザーID:8834036053

  • 私が子供に選んだ本

    はらぺこのあおむし、ほかエリックカールの作品
    ひろすけ童話(ないたあかおに、など)
    エルマーのぼうけん(よみきかせから)
    かこさとしの作品(だるまちゃんのシリーズが好きです)
    ぐりとぐらのシリーズ
    斎藤隆介の作品(花さき山、もちもちの木、べろだしちょんま、ひさのほし)

    ユーザーID:1999771897

  • 有名なこの2冊

    「おおきなおおきなおいも」
    年長の時に何度も何度も読みました。

    ちょっと怖いけど「おしいれのぼうけん」
    怖いのになぜか何度も読みたくなる。

    小さい頃の本読みは同じ本を何度も何度も読むことが大事だそうです。
    暗記するほどに。
    その方が国語力がアップするとか・・・。

    ユーザーID:2055090934

  • ベタかもしれませんがクリスマスなら…

    レイモンド・ブリッグズの「さむがりやのサンタ」おすすめです。
    私は子供の頃に買ってもらって、大好きな絵本でした。
    大人になってから、新しく買い直したくらい好きです。
    すごくあたたかい雰囲気の絵本です。

    ユーザーID:0227413137

  • ごく普通ですが

    トピ主さんは既にご存知でしょうけど

    くりとぐら
    そらいろのたね
    ぐるんぱのようちえん
    もりのなか
    三びきのくま
    さんびきのこぶた
    三びきのやぎのがらがらどん
    おおかみと七匹のこやぎ
    どろんこハリー

    ここまでは多分いずれも福音館のものです
    昔話は同じ題材でも絵が違うものがありますし

    あとは

    ちいさいおうち
    かにむかし
    ひとまねこざる
    きかんしゃやえもん

    なんかが好きです
    自分が小さい頃読んだ本ですが、我が子のためにも買い揃えました

    ユーザーID:9164101069

  • 定番ですが

    私は「ぐりとぐら」大好きでした。

    幼稚園とか図書館にありそうですが…。

    ユーザーID:0609126407

  • ロングセラーと言えば

    「グリとグラ」
    定番すぎますかね(笑)

    絵本ではないですが、
    3、4才なら読み聞かせで、「小さいモモちゃん」シリーズはどうでしょう?
    楽しいファンタジーで想像力が膨らむと思います。

    あと絵本で「はじめてのおつかい」
    最近我が子の小学校の図書室に新しく入り、
    子供の頃よく読んだなぁと懐かしく思っていたところです。

    ユーザーID:1187059510

  • 名作はいつ読んでもすばらしい。

    その年代のお子さんが楽しめそうな作品だと「ぐりとぐら」シリーズなど山脇百合子さんの一連の作品、「ピーターラビットのおはなし」シリーズ、そして「うさこちゃん」シリーズ、「パディントン」シリーズかな。うちも親子二代で暗誦しちゃうほど読みました。
    「だるまちゃんとてんぐちゃん」等、加古里子さんの作品もいいですね。
    あと、絶版でなければ「とこちゃんはどこ」「おおきなおおきなおいも」も面白いです。

    下のお子さんにはまだ難しいけど、一番上のお子さんなら「いやいやえん」を読みきかせてあげるのもいいと思います。特に幼稚園や保育園に通い始めた子には身につまされるようです(笑)

    ユーザーID:5141585498

  • 自分が読んでいない物も含みます

    ころころころ
    もこもこもこ
    がたんごとん
    はじめてのおつかい
    3匹のやぎのがらがらどん
    ふしぎな絵
    ぶぅさんのブー
    ぐりとぐら
    おおきなかぶ

    クリスマスプレゼントなら奮発して、名書ぞろいの福音館「こどものとも復刻版 A〜Cセット」が3万円強で50冊セットのものがあります。
    最近の親ならCセットが子供の頃読んだ本が多く含まれています。
    3セットとも欲しいんだけど全部買うと流石に高くて...。

    他の方のレスも楽しみです。

    ユーザーID:1070160618

  • 11匹のねこ

    親や年の離れた兄弟が読み聞かせしてくれたことをよく覚えています。

    ユーザーID:1673848242

  • ベタですが

    今24才の息子にウケたのは『おおきなかぶ』と『三びきのやぎのがらがらどん』です。

    子どもには繰り返しフレーズのある話がウケます。
    『おおきなかぶ』なら「うんとこしょ、どっこいしょ、まだまだかぶは抜けません」
    『三びきのやぎのがらがらどん』は「カタコトカタコト『誰だ俺の橋をカタコト鳴らすのは!』」
    繰り返しフレーズは子どもがすぐ覚えて真似が出来るからです。

    ユーザーID:5834572357

  • 私のおすすめは

    名犬ラッシーなんですが
    ちょっとお子さんには上級すぎるので
    もう少ししたらというところでしょうか
    6歳の時に自分で図書館から借りてきて
    じっくり読んで その冒険にウキウキしたものです
    もしよければ
    お母さんが読んであげたらいいかもしれません
    わが息子は
    ばーばぱぱの冒険という本が大好きで
    シリーズをすべて読破しました
    4歳の時に絵本で読んでからのファンです
    文字の少ない絵本から しっかりしたお話まで
    このシリーズは楽しいようですよ

    ユーザーID:1113787717

  • 書ききれぬほどたくさんあります

    最初の子の妊娠中に、自分の心に残る絵本を用意しようとリストアップしたら100冊くらいになりました。
    母はフルタイムで三人の子を育てていたのに本当によく読んでくれました。

    ●かこさとしさん「からすのパンやさん」「とこちゃんはどこ」「むしばミュータンスのぼうけん」「だるまちゃんとてんぐちゃん」「どろぼうがっこう」
    ●安野光雅さん「ふしぎなえ」「さかさま」「壺の中」
    ●林明子さん「はじめてのおつかい」「きょうはなんのひ?」「あさえとちいさいいもうと」
    などの絵本が大好きでした。
    もちろん、すてきな三人ぐみ、まっくろネリノなどの海外絵本や、ぐりとぐらシリーズ、14ひきシリーズ、わたしのワンピース、おもいついたらそのときに!、ぐるんぱのようちえん、おしりれのぼうけんなども…

    ちなみに最近の作家さんでは酒井駒子さんのよるくまシリーズやかがくいひろしさんが子供たちのお気に入り。
    特に「よるくまクリスマスの前のよる」は、クリスマスにピッタリ。
    これと「よるくま」と「おやすみなさいおつきさま」という海外絵本の3冊を毎晩読んでたら、2歳なりたて長女は一ヶ月後に全部暗誦してました。

    ユーザーID:4089103727

  • 今も売ってるかな?

    クリスマスの絵本と言えば「こうさぎましろのおはなし」が大好きでした!
    サンタのおじさんにプレゼントをもらった白ウサギのましろは、もうひとつプレゼントが欲しくなって、身体に炭を塗って黒ウサギになってもういちどサンタさんの所に行きます。サンタさんは全部わかっているけど、もうひとつプレゼントをくれるんです。あとあとしょんぼりと反省するましろがホントにホントにかわいいです

    ユーザーID:4523863333

  • 絵本というか

    チャイクロというシリーズの本です。

    家にまとめて10冊程度あり、小学校になっても見ていて長く楽しんでいました。
    これから生まれてくる子供にも必ず見せてあげたいシリーズです。

    内容は…すみませんが説明下手なので検索してみて下さい(汗

    絵本としても知育っぽくもあったような…。

    ユーザーID:9890962627

  • 「こぐまのくまくん」

    福音館書店 世界傑作童話シリーズ の
    「こぐまのくまくん」 息子が大好きな本でした。
    何度も何度も読んであげた記憶があります。

    あと、みなさんがあげていらっしゃいますが
    「ぐりとぐら」のシリーズは子供が大好きみたいです。


    先日、とあるイベントで3〜4歳の女の子に読み聞かせをしたのですが
    そこには本箱いっぱいに本があって
    「好きなのを持ってきて」と言ったら「ぐりとぐら」のシリーズで
    2冊選んできました。

    そこそこ長いお話でも飽きずに最後まで聞いていました。

    もちろん我が家にもありました(笑)

    ユーザーID:9933355814

  • 絶版ですが

    昔、「きょうりゅうがほしい」と言う絵本が好きでした。外国人作家さんの作で絵もストーリーも好きで娘が産まれた時に改めて読みたいと思いました。
    が、今は絶版になっていました…。実家にあったものも数年間に処分してしまい…。
    またどこかでお目にかかったら読みたいし、読ませたいです。

    ユーザーID:4163996847

  • いろいろあるけど、厳選して

    私が好きだったのは、

    「エルマーとりゅう」のシリーズ。
    「おにたのぼうし」
    「ごんぎつね」

    息子が好きだったのは、

    「そらいろのたね」

    ユーザーID:2044756671

  • 素敵な悩み

    トピ主さんの素敵なご家族が、すでに絵本のようですよ。

    私は「どろんこハリー」「しろいうさぎとくろいうさぎ」が大好きで、大人になってまた買いなおしました。
    それから「ひとまねこざる」も可愛くて好きでしたよ。
    「ないたあかおに」は青鬼がかわいそうで泣きました。

    絵本ではありませんが、叔父から幼稚園の頃にもらった
    マンガ「どらえもん」で自然に漢字の読み仮名を覚えていきました。
    ぼろぼろになるまで読んでいましたよ。
    その後ほかの巻は父が何冊か買ってくれました。
    おかげで小学校に上がってからとてもラクでした。

    甥っ子に買う絵本、私もこのトピ参考にさせて頂きますね。

    ユーザーID:9076318358

  • 我家の定番だった翻訳絵本

     子どもたちは自立してしまったので、読み聞かせをしていた頃がなつかしいです。日本の作品は色々挙げらているので、翻訳のものを。

     『かいじゅうたちのいるところ』(他の作品も含めて、子どもたちはセンダックの描く、ちょっと不思議な世界が大好きでした。)

     『白いうさぎと黒いうさぎ』(絵本ですが、読めば読むほどメッセージの深さにどきりとします。)

     『くまのプーさん』(シリーズものです。ユーモアのある可愛いおはなしです。)

     『ピーターラビット』(やはりシリーズもの。娘のお気に入りで、大小いろんな版を持っています。)

     『ブランベリーヘッジ』(シリーズもの。細密画のような森の絵がすてきです。)

    ユーザーID:9648681304

  • かこさとし

    私はかこさとしの『にんじん畑のぱぴぷぺぽ』や『からすのパンやさん』が子供の頃大好きでした。カラフルで夢があって元気が出て、とても幸せな気分になれます。おすすめです。

    ユーザーID:9276838543

  • 「手袋を買いに」、「こんとあき」

    小1の娘がいます。

    新美南吉の「手袋を買いに」を娘が年中の時に購入しましたが、仔狐の表現がとにかく可愛らしくて、娘のお気に入りの本になりました。

    林明子の「こんとあき」も赤ちゃんの時から一緒だったキツネのぬいぐるみと一緒にお祖母ちゃんの家に行くお話で、とても可愛らしいです。

    あと一人でもドンドン読んだのが「ノンタン」シリーズ。
    クリスマスのお話など色々ありますので、お好みのものを。

    絵柄に好みが出ると思いますが、お子様達がホットケーキが好きならば、
    わかやまけん作(こぐま社)「しろくまちゃんのほっとけーき」も楽しく聞けるお話です。

    ユーザーID:1251875275

  • 本屋並み

    家が本屋並に本がありました。
    というか、絵本以外今もあります。
    ぐるんぱのようちえん
    だるまちゃんシリーズ
    定番のぐりとぐら
    今も売ってるかな、ももいろのきりん
    花さき山

    息子が好きだったのは「おべんとうなぁに?」

    あと、探すシリーズ ミッケもいいですよ。
    クリスマスプレゼントに全部買ったことがあります。

    ユーザーID:0101721108

  • 子うさぎましろのお話

    「子うさぎましろのお話」はどうでしょうか。

    クリスマスに、よくばってサンタさんから2回プレゼントをもらおうとした子ウサギのお話です。
    すっきりとシンプルな線で描かれた絵がとてもかわいいのです。
    38歳の私ですが、子どもの頃家にあり大好きな1冊でした。

    ユーザーID:4113093707

  • かこさとしさん

    ○はははのはなし
    ○どろぼうがっこう

    あと作者は不明なのですが
    ○しずくのぼうけん

    小さい頃、知的な部分を刺激された良い絵本です。
    風刺が効いているのと雑学系が好きでした。
    可愛い絵本でなく、面白い絵本が好きな子なら気に入ってもらえると。。

    ユーザーID:7212126747

  • 名作

    「しあわせな王子」
    「フランダースの犬」

    兎に角、名作です。

    大人も涙します・・・

    ユーザーID:1919778230

  • ビタミンさんへ、絶版はネットで

    ビタミンさんへ、
    お探しの本、amazon で中古本ですが安価で出てますよ!私もさっそくオーダーしてしまいました。うちは英語版にしたので、日本語版はまだ残っています。

    さて、本題ですが、素敵なトピですね。私も子どもの頃から自身が絵本好きです。今でも図書館へ行くと1回20冊ほど借りてしまいます。

    私はアメリカに長く住んでいたのであちらのベストセラーから数点
    ー「てぶくろ」を始めとする、ジャン ブレットさんの作品。お話も雪国の古典をわかりやすくアレンジしたものですが、その絵がパッチワークのようにお話がいっぱい詰まっているのです。まるで1ページでは表現しきれなかった情景を練り込んだような彼女の枠絵が大好きです。その枠絵を見ながらミッケのような遊びもできてしまうんです。
    ー皆さんご存知、おさるのジョージ。これを一人で読むとなると小学校低学年ぐらいまでお預け?1冊が意外と長く、軽々しく「読んであげる」と言えない本ですが、どの本も登場人物や内容が変われど同じ構図なので、子どもは話をつかみやすいところが良いのではと思います。

    日本の作品で好きなのは、「そらいろのたね」と「たからさがしかな」?

    ユーザーID:6855884284

  • たくさんありますが

    他の方のレスでほとんど出てしまった感もありますが
    まだ出てきていないところで

    「ねずみくんのチョッキ」をはじめとする、ねずみくんシリーズ なかえよしを
    「いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう」 バージニア・リー・バートン
    「スイミー 小さなかしこいさかなのはなし」 レオ・レオニ

    「スイミー」に関しては、私(30代後半)のときも息子(現在中1)のときも、小学校2年生くらいの国語の教科書でも出てきた記憶があります
    しかし、絵本で読むのと教科書とでは、また違った印象がありまね

    イチオシは「いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう」です
    白黒の絵なのに、何が子どもをそう惹きつけるのか、姉も私も幼少の頃、そして息子も夢中で読みました
    夢中な間は「ちゅうちゅう」うるさくなるのが難ですが(笑)楽しいですよ

    ユーザーID:1477339848

  • 今でも大好きな絵本

    ゆかいなゆうびんやさん☆絵本のページに実際に手紙が入っていて楽しいです

    のばらのむらのものがたり☆ピーターラビットの絵をさらに細かくした感じのかわいい絵で癒されます


    好きだった外国の絵本を大きくなって原書で読むのも楽しいのでおすすめです!

    ユーザーID:7506287088

  • そらいろのたね

    あとは
    ぐりとぐらシリーズ、
    100万回生きたねこ。


    どれも、大人になった今でも時折読みたくなり
    心に残っている絵本です。

    主さん、素敵なお母さまですね。
    トピを見て心が暖まりました。
    良い絵本、見つかるといいですね☆

    ユーザーID:1919812882

レス求!トピ一覧