車内で笑いをこらえながら読める文庫本

レス127
(トピ主1
お気に入り1,651

生活・身近な話題

笑い栗

レス

レス数127

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • こらえられますか?

    みなさんお勧めの私も糸井さんの「いいまつがい」シリーズを
    強く強く!お勧めします。

    でも電車の中で読んでこらえられなかったら恥ずかしいですよ。
    だって大爆笑ものですもん。

    ユーザーID:7383183174

  • 生きるコント

    大宮エリーの「生きるコント」をおすすめします。
    私はこらえきれずに爆笑しちゃいました。

    念のため、五木寛之の「生きるヒント」ではありませんのでお間違いなく(笑)

    ユーザーID:6121806093

  • 原田宗典!!

    私のイチオシは原田宗典のエッセイです。

    私も車内で肩震わせて笑いをこらえるのに必死になりました。
    面白過ぎて涙が出ます。
    腹筋と頬っぺたの筋肉もやられること請け合いです。

    是非一読して下さい。

    ユーザーID:0154596974

  • みなさま!こらえられる本、ですぞ!

    ぶははってふきだしてるじゃないですか。

    原田宗典は・・・キケンじゃないですかー???
    空中ブランコとかは確かにこらえられる笑いですが・・・。

    私もなんだか心を軽くしたいのでいいまつがい、買ってみようーっと。
    普段ほぼ日手帳ユーザーなので、いいまつがいが一言の日は
    クスって笑ってしまいます。

    ユーザーID:8350969298

  • ナンシー関さん

    私もナンシー関さんをお勧めします。
    ナンシー関さんのTV番組や有名人達に対する皮肉と愛着のこもったエッセーも面白いのですが、私が一番気に入っているのは「信仰の現場−すっとこどっこいにヨロシク−」です。
    ナンシー関さんが「どんな人が集まり、どんな雰囲気の場所なのか」という事を調べに様々な場所に取材に行くという内容です。毒蝮三太夫さんのラジオの公開放送や、宝くじの抽選会、年末に映画「男はつらいよ」を見に行く人々等です。
    他には、北杜夫さんの「どくとるマンボウシリーズ」や、いとうせいこうさん、みうらじゅんさん共著の「見仏記シリーズ」もお勧めです。
    沢山、笑える本が見つかると良いですね。

    ユーザーID:4352055000

  • 私も岸本佐知子さんに一票!

    トピのタイトルを見た瞬間、思い浮かんだのが
    岸本佐知子「ねにもつタイプ」(ちくま文庫)でした。
    語り口は淡々としているのですが、
    おかしみに満ちていて、ふつふつと笑いがこみ上げてきます。
    ひとつのエピソードが10頁未満のエッセイ集、というところも
    通勤にはぴったりじゃないかと。おすすめです!

    ユーザーID:0872836219

  • 「言いまつがい」はダメでしょ?

    あれは、笑いをこらえられません。
    私は本屋でパラパラとめくって、笑い死にそうになりました。
    電車で読むには危険すぎます。笑。

    ユーザーID:4886384846

  • 国語入試問題必勝法

     ほほほさんと同じ本を、私もお勧めします。
     特に、
    「いろいろあった」はツボです。
     大学時代に読んだのですが、今でも思い出して笑っています。

    ユーザーID:4360579657

  • 笑いをこらえられるかな

    みうらじゅんさんの本は、全て爆笑ですが
    『郷土love』(角川文庫)には お腹が痛くなるほど笑いました。

    控えめな笑いでしたら、東海林さだおさんの本をお勧めいたします。

    ユーザーID:8461778272

  • 原田宗典さんのエッセイ

    既にご存じかと思います。
    学生の頃、友人間で流行っていて、「むむむの日々」とか通学の電車内で笑いを堪えて七面相をしながら読んでいました。

    読んでいなければ是非。

    ユーザーID:4960531386

  • 土屋賢二先生

    トピ文から、絶対気に入っていただけるものと考えました。是非お読みいただきたいです。腹筋の訓練になりますよ。

    ユーザーID:8440036570

  • 実録競馬 野次るファン

     この本をオススメ!

     「実録競馬 野次るファン」
     競馬場でのダメダメな関西人たちの一言を集めた本。
     本気なんだろうけどバカすぎて、脱力&爆笑。
     読みながら「おいっ!」と突っ込みたくなります!

     自己嫌悪とかでへこんだとき、ダメな人たちを笑いながら、なんだか励まされます。

     競馬を知らなくても全然問題なしで読めますよー。

    ユーザーID:8134831905

  • レスします

    雪だるまさん、原田宗典は最高ですよね!
    『これ!』って限定できない程、ハマりました。 何度、降車駅を通過した事か…。
    レスで思い出しましたが、ナンシー関さん!ほぼ制覇しました。消しゴム版画と、対象人物の一番痛いとこついてる観察眼は、現在『毒舌』言われてるタレントでも及ばない、見事なモノでした。トピ主さんも気に入ってくれるといいです。

    ユーザーID:5326844625

  • 既出ですが・・・

    荻原浩『誘拐ラプソディー』はフフフッって感じで読めました。

    あとは『死ぬかと思った』シリーズですかね。
    文庫で8ぐらいまで出てるのかな?バカバカしくて笑えます。
    こちらはフフフッじゃ済まないかも・・・。

    ユーザーID:6222112476

  • 穂村弘は危険!

    本当はちがうんだ日記。
    おすすめですが、おすすめできない。
    私、吹きました、山手線で。

    ユーザーID:1734293189

  • ゲッツ板谷

    バカの瞬発力からどうぞ

    しばらくこの人にハマります

    ユーザーID:5921839867

  • 奥田英朗さんの

    「延長戦に入りました」
    エッセー集です。
    スポーツ観戦がお好きでしたら必ずやハマるはず。
    おかしくておかしくて、どんなに嫌なことがあっても必ず笑える一冊です。
    中でも、箱根駅伝に関する文章は一押しです!

    ユーザーID:8027157201

  • トピたてありがとう〜〜

    最近巡り合ってなかったので、探してました〜。皆様のレス参考にします。主さんありがとうございます。

    私は群ようこさんの「無印」シリーズ、電車の中で読んでいて「変な人」になってました。

    ユーザーID:0768318060

  • 東海林さだお

    東海林さだおさんの「丸かじり」シリーズなんていいと思います!

    ユーザーID:3243151866

  • 私のおススメ

    『そのノブは心の扉』がお好きなら、室井滋さんのエッセイなども面白いと思います。私は全部持っていて、やはり歯医者などの待合室には必ず持っていって何度も読んでますよ。全部が噴き出す系ではないけれど、おすすめです。

    ユーザーID:6670424263

  • 東海林さだおさんシリーズ

    「東京ブチブチ日記」は特にオススメ。
    実際に電車で読んで、笑いをこらえるのに必死でした。

    ユーザーID:9147645527

  • 恩田陸「ドミノ」

    ドタバタの描写が脳内で映像化できるほど詳細で。。。
    実際電車で読んでいて噴き出しかけました。

    ユーザーID:6628305910

  • 発作的座談会

    作家である椎名誠さん、イラストレーターの沢野ひとしさん、
    弁護士の木村晋介、編集者の目黒考二さん4人のオジさんたちが
    どーでもいいことを議論するどーでもいい本ですが
    ものすごーーく面白いです。
    特に沢野さんの掴みようのないキャラと、長年それにつきあってきた友人のあきらめにも似た感情。笑えます。

    他に辛酸なめ子さん(池松江美 著の作品もあり)、
    ゲッツ板谷のエッセイも面白いです。

    ユーザーID:0388440674

  • 原田宗典にもう一票!

    学生時代、なんど電車でふきだしそうになったか!
    彼の作品は一杯ありますが、どれも「ぷぷ〜っ!!!」はお約束できます!

    ユーザーID:6178766700

  • ライトノベルで良ければ

    「バカとテストと召喚獣」がお勧めです。

    1巻が一番面白いです。

    ユーザーID:2882097325

  • 中島らも

    故 中島らもさんの「明るい悩み相談室」です

    以前 新聞に掲載されていましたユーモアを交えた人生相談コーナーで連載されていました

    相談者の悩みに対する珍回答?で思わずクスリとできます
    大変頭の良い人だなあ〜と しみじみと思えます

    真面目な方には可笑しさが伝わらず、オススメできないかもしれません・・・

    ユーザーID:4060945677

  • ここはひとつ

    大槻ケンヂ氏のエッセイをオススメしましょうか。

    入り口としては「ボクはこんなことを考えている」(角川文庫)
    あたりが宜しいかと思います。

    冒頭に強烈な“恐怖体験”が収録されております。
    もし気に入られたら、別タイトルもお読みください。
    ズビズバ〜

    ユーザーID:2747346919

  • 中島らも

    中島らも著
    中島らもの明るい悩み相談室はどうでしょうか。
    薄い文庫本で、シリーズ化されています。

    ユーザーID:6999892802

  • マンガで良ければ。

    マンガで良ければあります。

    文庫本になる前に本屋で立ち読みしたら、
    そばにあった大きな柱に寄りかかって必死に堪えました。

    『やさぐれぱんだ』(山賊)

    という作品です。とてもシュールなやり取りがキます。

    やさぐれぱんだ1〜4巻
    やさぐれぱんだとたまご
    やさぐれぱんだとペンギン
    やさぐれぱんだとうさぎとかめ

    が、あります・・・が。
    大きな書店でも見ないので、ネット通販で探し、購入しました。
    数年前には、DVDになりました。
    でも、私の中でのイメージを壊したくなかったので観てません。
    主さんに合うかはわかりませんが、気になりましたら是非!

    ユーザーID:3788117316

  • 中島らもさん:西方冗土

    タイトルの本は、
    電車の中で読んでいて、
    笑いがこみ上げて、
    困りました。

    友人に勧めたら、
    彼女もそうなったというので間違いないです。

    ユーザーID:8604754007

レス求!トピ一覧