現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

研究者の道から脱落しかけています

やよい
2012年11月28日 12:38

トピを開いてくださりありがとうございます。
私は某大学で研究員をしています。人文学系の女です。40歳以下、独身です。
今の職場である大学の院に進み、博士を取得後は非常勤講師や大学の契約事務職員をしていました。
その後、ご縁あって今の大学に着任しました。ただし任期付きです。
院卒後、たくさん公募には出しました。二次審査まで行った回数はもう8回、でもダメでした。
いつかは何とかなると頑張ってきましたが、もうすぐ12月。今年度で任期終了。

以前から転職サイトに登録し、研究職以外で何か職はないものかと探してきましたが、やはり研究職への思いが強く、「今はまだ公募一次の結果待ちだから。次はいけるかもしれないから」という思いから転職活動に本腰を入れずにきてしまいました。
論文も書きました。ただ査読付きが少ないのと、単著がないです…。

今、一次審査の結果待ちが3件あります。2件は「当たって砕けろ」という高嶺の花のポストでしたが、もう1件は私のキャリアにドンピシャリで、自信がありました。大学の推薦書も付けました。しかし…もう数ヶ月経つのに何も返事がありません。ダメかも知れません…。

アラフォーで高学歴、大学しか知らない私に、どんな職があるでしょうか。
情けない質問ですが、アドバイスや喝をいただければ幸いです。
また、研究者から他の職に就いた方の経験談も教えていただけたらと思います。是非参考にさせてください。

研究、したいです。自分の不甲斐なさが悔しいです(泣)

ユーザーID:9887625556  


お気に入り登録数:217
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:92本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
私の知り合い携帯からの書き込み
あの
2012年11月28日 22:41

文系の研究者として、大学の講師を掛け持ちしていました。しかし、トップクラスの学歴でもなく、目立つ論文もなかったようで辞めました。
今は、長距離トラックのドライバーをしています。経歴を気にされるほど直接の人付き合いも少なく、もともと徹夜の集中力は人並み以上。気軽な独身なので、日本中どこへ行くのも旅行気分でやっているようです。研究分野の書籍を積んで出発して、休憩に読んでいるようです。
在野であっても、探求心を持つ研究者として私は尊敬しています。

ユーザーID:5320151657
派閥やコネは?
マイク
2012年11月29日 3:31

研究職というのは、どんな分野でも派閥があると思います。トピ主さんの師事した教授のコネとかないですか?派閥とかコネなしで研究続けられる人は、よほどその分野で論文が評価されたとかでないと厳しいです。逆に教授の派閥やコネに甘んじ、大した業績がないのに教授職に就いている人も多いのではないでしょうか。

ユーザーID:9775880064
直感ですが
とんび
2012年11月29日 19:02

文章を拝見して、ふっと浮かんだ直感ですが、現在されておられる専門性の高い研究内容を、一般読者向けの著書などにまとめてみられてはいかがでしょうか。
発想の転換、切り口を変えてみて、その研究内容をできるだけ多くの方へ知らせて、多くの方々から理解と賛同を得られたら、どこかに所属しなくても研究を続けられます。例えば子ども向けに表現されたら、将来その道をめざそうと夢を持つ子ども達が増えたり、発展します。
出版不況かもしれませんが、新しい企画は常に求められていますし、電子書籍などの道もあります。そこからまた大学からオファーが来る事もあります。

応募されておられるポストに採用されると良いですね。年末や年度末に向けて、今後また募集もあるかもしれませんし、心から応援しています。
研究機関に身を置いていても、そうでなくても、ご研究を続ける方法はあるかと存じます。

もし、ひとつのドアが開きがたいのなら、別の場所にもドアがあります。

トピ主様が人生をかけて研究したいと思われる内容・分野の素晴らしさを、どんな形であっても、私も知りたいですし、世界の多くの方々も待っておられると思います。

ユーザーID:5369357068
トピ主です1
やよい(トピ主)
2012年11月29日 19:27

早速のレスをありがとうございます。
あの様
長距離トラックのドライバー!尊敬します。情けないことに、普通免許も持っていません…。
>経歴を気にされるほど直接の人付き合いも少なく
そうなんですよね…。「経歴を気にしている場合じゃないでしょう」という御意見もあるかと思います。しかしこれまでの経験から、周囲に経歴を気にされると辛いんです。
私も在野でも論文を書き続けていたいと思っています。理工系と違い、最悪の場合、鉛筆と原稿用紙だけでも論文が書けるのが、人文学系の強味だと思っています。

マイク様
派閥とコネは「あるけど無い」「無いけどある」というちょっと変わった状況です。
指導教授は著書も多く成果を出されているのに、人脈が無く、就職の世話ができない方なんです。「自分はそういうことはできないから」と公言されており、実際、私の先輩・同期・後輩は学界から消えてしまいました。
私は院生の頃から「これはマズイ」と考え、資格を取ったり(簿記や秘書検定のようなものではなく大学だから使える資格です)、大学契約職員の時も教育に関する業務でスキルを身につけてきました。
続きます。

ユーザーID:9887625556
トピ主です2 続き
やよい(トピ主)
2012年11月29日 19:48

事務仕事も積極的に取り組みました。
そうした中、先述の資格とその職務経験があったことが母校の出身学部の某教授の目にとまり、「このプロジェクトのリーダーとして、研究員をしないか」と声をかけていただきました。
その教授は指導教授ではなく、御専門は私の分野と近接の分野です。また、大学の重役をお務めです。そこでこの数年は、「ここは!」と思った公募では推薦書をお願いしています。

なお、二次までいった8回の内、2回は派閥によるコネでした。後から聞かされたところ、その大学の他派閥教員から強固に反対されたため、不採用になったそうです。全国的にみて、私の属する派閥(=大学)は弱くて…。

>大した業績がないのに教授職に就いている人も多いのではないでしょうか。
はい。有力者を父に持つ人が今年度、就職しました。その父親が彼の指導教授(私の指導教授ではないです)に圧力をかけたそうです。彼は査読付き論文は1本で著書もゼロ。非難囂々ですが、就職した者勝ちなんですよね。

ユーザーID:9887625556
全く同じ立場です
同業者
2012年11月29日 22:12

女性、40歳、人文系Ph.D持ちです。
5年前に博士号取得し、その後任期付き研究員と非常勤講師を掛け持ちしつつ生きています。
今も任期付き研究員ですが、あと2年ちょっとで期限が切れます。
再更新はありません。

学生時代から勉強が好きで、
大学に入った時から研究者を目指していました。
バブルな上に子供も多く、大学が乱立していた時代の大学を見ていましたから、
努力すればいつか研究で食べていけると思っていました。
でもそれは間違いでした。
大学がどんどん潰れ、子供もどんどん減っている今の時代、
トップクラスの研究者か、コネでもない限り、
研究職につくのは奇跡です。
研究者になる!というのは芸能人になる!くらい非現実的であるということを20代のうちに分かっていたならば、
どんなに研究が好きでも研究者は目指しませんでした。
トピ主さんはまだ30代なのでしょ?
でしたら今からでも別の道を探しましょう。
研究に打ち込めた根性と才能があれば、きっと道は開けます。
というかそうしないと未来はありません。

ユーザーID:2073077907
単著がないなら・・・
Hana
2012年11月30日 1:32

単著がないのであれば、手っ取り早く、HPを立ち上げるという手もあります。
知り合いの研究者は、HPでかなりのアクセス数を得、そこから人脈を広げて出版にこぎつけていました。

あと、知り合いに多いのは、塾の講師や家庭教師をしながら研究を続けている人です。
非常勤講師で教えたり試験問題を作ったりした経験を活かせるようです。

一次審査の結果待ちをされているとのことですが、審査の進捗はお問い合わせになりましたか?

転職活動は受け身ではうまくいきません。
気持ちが進まないこともあると思いますが、ご自信の大切な将来のためですから、積極的に動かれることをお勧めします。

ユーザーID:4850833215
後悔のないように
あでりー
2012年11月30日 2:04

理系院卒博士持ちの女(独身)です。

私は博士号取得後、ポスドクを3年やって任期が切れ、4年浪人しました。当然、ポスドクの間に公募書類は出しまくりましたがことごとく振られました。浪人1年目も同様、本当に心細かったです。

浪人2年目になって、考え方を変えました。
というより、専門外の学生への理系教育について前から関心があったのですが、それを全面に出すようにしたのです。
なぜ専門外の学生に自分の専門分野について教えたいのか。
浪人2年目は、そんな話を会う人ごとにしていました。そうしたら非常勤の話がきたのです。やはり話はするものだな、と思いました。同時に、業界誌に研究こぼれ話を連載しはじめました。

浪人4年目にありついた正職員の仕事は、自分の専門ジャンルに関わる仕事でしたが不安定な職場だったため、4年目に人文系大学の教員公募を受けました。応募書類には業界誌の連載など、論文以外の分かりやすい文章を同封したのですが、これが良かったのだそうです。

つづきます。

ユーザーID:4646483137
後悔のないように2
あでりー
2012年11月30日 2:17

今私はそのとき応募した大学で常勤教員として勤務しています。

少し長かった大学院、その後のポスドク、その後の浪人時代を通して、私は研究と教育以外の職業に就くことは考えていませんでした。
つぶしがきかなくなっているから、という消極的な意味合いではなく、研究か教育(あるいはその両方)こそがやりたい仕事で、それ以外の人生に興味なんかなかったからです。
だからこそ、目の前にもう道がない、と思ったら、吊り橋をかけてでも断崖の向こうへ渡ろうとしてきたのです。

トピ主さんは30代後半とのこと。今、その年代で常勤のポストがない人は沢山います。珍しいことではありません。
ただし、ここで踏ん張るのかそれとも大きく方向転換するのか、肚を決めて動かなければならない時期にきているのかもしれません。
そんなに研究が好きなら、踏ん張ると決めて転職活動なんかやめてしまいなさい。時間の無駄です。その時間に研究しましょう。
逆に転職すると決めたのなら、研究者として鍛えた頭で入念にリサーチして自分を売り込み、けっして後ろを振り返らないこと。

どちらにしても踏ん張りどきです。死ぬ気で頑張ってください。

ユーザーID:4646483137
やはり大学事務
もうすぐ四十路
2012年11月30日 3:17

今まで大学で働きながら研究を続けられてきたのであれば
せっかくのご経験を活かせる大学事務を狙うのが得策ではないでしょうか。

求人が頻繁に出るわけではありませんが全くないわけでもないですし。
大学事務、派遣、で検索するとかなりの件数がヒットしますから
就職活動中のつなぎに派遣で大学事務をするのはいかがでしょうか。

トピ主さんよりずっと低学歴で、実務家志望だったため
学校には教授に用のあるときに顔を出す程度ですが、研究は続けており
ときどき業界団体の懸賞論文などでお小遣いを頂けています。
学校にいれば情報も活用できるので研究者にとっては良い環境ですよね。

ユーザーID:6087894390
なんかうじうじしてますね。
匿名
2012年11月30日 11:49

アカポスの面接って多くても5人くらいしか呼ばないと聞きますが、8回(少なくともうち6回は)面接に進んでダメというのは、明るく朗らかではきはきしてるかとか、そういう点に問題があったりしません?

あと、文章読んでいると責任転嫁にも見えます。指導教官のせい?ふさわしくない人がコネでポストをとってしまうせい?派閥に力がないせい?
ひとつのボーダーと言われる35歳までに、必死に査読つき論文を増やし、単著を出版できるように努力しなかった点が大きいのではないですか。
博論を出版するべくできる限り努力したけどダメだったんですか?

あと、数ヶ月も返事の来ない公募の件は99%ダメだと思います。1件1件縋るように待つものじゃないですよ。倍率すさまじいのに。送ったら忘れておいて、返事が来たらラッキーぐらいに思った方がいいと思います。

ユーザーID:7348361352
似たような立場の方が周囲に複数います
shamrock
2012年11月30日 13:10

自分自身は違う世界で食べていますが、身近に同じような立場の方が複数います。しかもしばしば家族持ち男性。
四十代半ばでめでたく初専任という方も知っています。
転身もしくは半・転身組はこんな感じです。

1 非常勤を掛け持ちしつつ、文筆業。そちらの世界で名が売れているので、年によっては原稿料・印税収入のほうが多いかもしれません。

2 専門書・学術書系の出版社勤務。公募で入った人も、指導教授のところへなじみの編集者が「誰かいませんか」と相談に来て決まった人も。ただし二人とも当時三十代はじめでしたので、後半で会社勤め無経験だと難しいかも……。

3 書店員。

応募10連敗なんて話も耳にします。大変ですね。分野によってはポストが減っているという話も聞きますし。どちらの道に進まれるにしても、うまくいくことをお祈りしています。

ユーザーID:3139719341
トピ主です3
やよい(トピ主)
2012年11月30日 19:57

shamrockさんまで拝読いたしました。皆様、ありがとうございます。

とんび様
>発想の転換、切り口を変えてみて、その研究内容をできるだけ多くの方へ知らせて、多くの方々から理解と賛同を得られたら
専門の研究を一般読者向け・子ども向けの著書にする…というのは近年、私の専門分野では割と多く出版されています。こういうのはやはり、専任教員でかつエリートの方々の独壇場というか…「単著も出してないのに、何でお前が語れる!?」みたいな空気が学界にあります。

しかし、私は割と切り口を変えて、自分の研究分野で培った能力を応用して様々な分野へと対象を広げてまいりました。「今、3校待ち」と記しましたが、どれも研究領域が微妙に異なっています。こういった経験から得たことを書籍にする…考えてみます!

拝読して、涙が出ました。心より感謝申し上げます。

ユーザーID:9887625556
トピ主です4
やよい(トピ主)
2012年11月30日 20:14

同業者様
>トップクラスの研究者か、コネでもない限り、研究職につくのは奇跡です。研究者になる!というのは芸能人になる!くらい非現実的であるということを20代のうちに分かっていたならば、どんなに研究が好きでも研究者は目指しませんでした。

おっしゃる通りだと思います。院生・学生に進学相談をよく受けるのですが、同様のことを話しています。私はここまで、本当に幸運に恵まれました。院生達が「私もやよいさんみたいに研究員に…」と言うのですが、私は複数のスキル・契約職員時代に得た事務能力で、拾っていただいたものですから。

>でしたら今からでも別の道を探しましょう。研究に打ち込めた根性と才能があれば、きっと道は開けます。というかそうしないと未来はありません。

そう思います…。それでこのトピを立てた次第です。


ただ書きながら「今の仕事が好き。辞めたくない」という思いがこみあげてしまいまして…。12月目前にしても、まだきっぱり諦められない自分がいます。

ユーザーID:9887625556
トピ主です5
やよい(トピ主)
2012年11月30日 20:32

Hana様
HPの件、そうですね、フェイスブックも含めて、ネット上での情報発信は今、大切ですね。アナログな者でして、「ネットで費やす時間があれば一冊でも本を読もう!」とここまで至ってしまいました。参考にさせていただきます。

もうすぐ四十路様
>学校にいれば情報も活用できるので研究者にとっては良い環境ですよね
はい、同期や後輩で、出身大学の契約職員をしながら研究をしている人が何人もいます。ですが、実は、私はこれまで自分の居る地域の大半の大学で非常勤講師・事務職員・アルバイトをしてきまして…。ただ、他の地方に引っ越して、大学事務になろうかなあとは、少し考えています。もちろん年齢や諸々で、不採用かもしれませんが。

ユーザーID:9887625556
トピ主です6
やよい(トピ主)
2012年11月30日 21:00

匿名様
はい、自分に人格的な問題があるのかと死にたくなった時もありました。現実的に不採用な訳ですから、改めて真摯に受け止めます。

>責任転嫁にも見えます
マイク様から御質問がありましたのでお答えしました。それに、同業者様が「トップクラスの研究者か、コネでもない限り、研究職につくのは奇跡です」とおっしゃったように、コネ・派閥で就職するケースが多い世界ですから、御説明しました。「送ったら忘れる」も既に習慣で、数ヶ月返事がないとダメというのも経験でわかるのですが、これも状況説明のため記した次第です。

このトピの主眼は「アラフォーで高学歴、大学しか知らない私に、どんな職があるでしょうか」です。ですが、うじうじしているのも確かです。「希望と未練を持ちつつも転職活動を頑張り、かつ、論文を書き仕事をする」という毎日に悲鳴をあげ、皆様のお力をお借りしたいと思い、トピを立てました。

>博論を出版するべくできる限り努力したけどダメだったんですか?
はい。結果として出版してませんので「努力しなかった点が大きい」という御意見、その通りだと思います。御叱責ありがとうございます。

ユーザーID:9887625556
参考になるかどうか分かりませが
研究者
2012年12月1日 11:37

40代理系研究員です。しかも、修士です。学位を持っていません。
原著論文も1つしかありません。データを集めるだけで数年かかるからです。
任期も今年度末で切れます。

私は修士修了後、ある研究機関に正規職で入りました。しかし事業仕分けで事業所を閉鎖、
以降任期付きで大学や研究機関で働いています。
最初に任期つきで働いた職場は一般公募をしていない機関でしたが、ダメ元で履歴書を送りましたら、
臨時という形で採用されました。次の職場は最初の職場のプロジェクトに参画していた教授が
ポスドクを募集していましたので、
「その研究をやりたいのですが、私ではダメですか?」
と申し出たところ、補欠要員の形で採用されました。
今は最初の職場の関係である独立行政法人に任期付きで採用され、最初の職場と前の職場との
共同プロジェクトを担当しております。

科研費を受けたことがないので、academia.eduに論文のベースとなるデータやエッセイ、研究計画書を
アップしています。
原著の数よりもオリジナルの手法を評価している方が多いようで、多数の方にアクセスいただいて
います。

ユーザーID:5803925244
トピ主です7
やよい(トピ主)
2012年12月1日 12:10

あでりー様
具体的な経験談、大変参考になりました。
>専門外の学生への理系教育について前から関心があったのですが、それを全面に出すようにしたのです。
なぜ専門外の学生に自分の専門分野について教えたいのか。

これは私も同じです。近年、「就職に不利」「役に立たない」として、私の専門分野の学部・ポストはもの凄いスピードで潰されていきました。この流れの中で、「専門の研究だけではなく、色々なことを身につけて『使える教員』になろう。ストライクゾーンを広げよう。だから事務職もバイトも良い経験だ。業績書に書ける結果を残そう」と決意しました。
それで「色々できるんですね」と評価していただいでいます。しかし一方で、匿名様のおっしゃるように専門の研究で「努力しなかった」と評価されても当然だと思います…。

>業界誌の連載など、論文以外の分かりやすい文章を同封したのですが、
はい、私もこれをアピールしています。

>研究か教育(あるいはその両方)こそがやりたい仕事で、それ以外の人生に興味なんかなかったからです。

拝読して「ああ、私もそうなんだ。そうなんだ…」と涙が出ました。

ユーザーID:9887625556
トピ主です8 …続き
やよい(トピ主)
2012年12月1日 12:34

>そんなに研究が好きなら、踏ん張ると決めて転職活動なんかやめてしまいなさい。時間の無駄です。その時間に研究しましょう。
逆に転職すると決めたのなら、研究者として鍛えた頭で入念にリサーチして自分を売り込み、けっして後ろを振り返らないこと。

今年に入って「今年度で最後。不安にかられる暇があったら、このかけがえのない1年を思い切り楽しもう。無我夢中で研究しよう」と思いながら過ごしてきました。
でも最近、「キッパリ諦められない私って馬鹿?貯金も何もないのに。論文書くより4月からの食い扶持を探す方が賢いだろう」と迷ってきました。そして「では研究・転職活動両方を全力でやれば済むことだ。不安感も消えるだろう」と考えてしまい、トピを立てました。

あでりー様にここまで言っていただきながら、現時点では決められず、うじうじしております。

どんな仕事であっても「覚悟」はとても大切なのだと痛感しました。
深呼吸して、まずは落ち着きます。

なかなか相談できる方がおらず、また、この歳でどなたかに「〜しまいなさい」と言っていただく機会は滅多にないです。心より感謝申し上げます。

ユーザーID:9887625556
トピ主です9
やよい(トピ主)
2012年12月1日 12:55

shamrock様

>しかもしばしば家族持ち男性。
これまで、そういう方に対して「よくこんな不安定な身分で結婚できるなー」と思ってきましたが、最近は「家族がいるって羨ましい…」とだけ思います。
1・2は大変関心があり、これまでもリサーチしてきましたが、今住んでいる地方都市では仕事・求人がほとんどないです。東京に出て行く・東京方面にネット上からアプローチする、という方法を考えなければならないですね…。

3書店員も、そうですね、これも引っ越さないと…。

狭い地方都市である上、良くも悪くも何でもやってきたものですから、顔が広くなってしまいまして。

やっぱり転職ならば、故郷を捨てて引っ越すのがベターかなと思います。独身で身軽であるけれど、こういう時に家族がいてくれたら心強いのでしょうね…。


今日は週明けに提出のプロジェクト成果報告書の原稿執筆、頑張ります。

ユーザーID:9887625556
 
現在位置は
です