母がいなくなってしまう

レス57
(トピ主0
お気に入り174

家族・友人・人間関係

さかな

49歳女性独身、母と二人暮らしです。
突然ごめんなさい、助けてください。
母がもう長くないと宣告されました。あんなに元気だったのに。
妹はそんなのは分からないんだ、と言ってくれます。
あんたがしっかりしなくてどうするの、とも。
でも、どうしていいのか分かりません。
どうやったらひとりで生きて行けるのか、分かっていなかったことに気づいてしまいました。

私達はいわゆる、仲良し親子です。私は母が大好きで、母といるのが楽しかったので
ここまでずるずると、恋愛も結婚もせずに来ました。将来は老老介護で暮らそうね、なんて言ってたのに。

お正月には一時退院して、帰ってきてくれます。先生は良い時間を少しでも多くとおっしゃいました。
だから、母の前では泣き言は言いたくありません。でも、仕事中とかに不意に嗚咽が漏れたりします。
これまで、仕事が辛いとき、病気のとき、いつも励ましてくれた母です。
母がいたからがんばれたのに。母はいつでも私の一番の理解者で味方だったのに。

お願いです、同じような思いを経験された方、どうやって乗り越えられましたか?
友達も少なく、趣味もほとんどない人間です。
生きて行くヒントを与えてください。お願いします。

ユーザーID:1913239804

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数57

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うらやましい

    申し訳ないけれどうらやましいです。
    私は双子のように仲がよかった母を、私が16歳のときに亡くしました。
    母は47歳でした。私は今、39歳です。

    トピ主さんは49年間、お母様に甘えてこれたでしょう?
    一緒の時間を過ごしてこれたでしょう?
    それが本当に気が狂いそうなほどうらやましいです。

    大丈夫、お母様はこれからもトピ主さんを見守っていてくれますよ。
    ゆっくりゆっくり、精神的に自立していくことです。
    泣きたいときにはたくさん泣いてくださいね。
    でも仕事中ではできれば我慢した方がいいですね。
    今までトピ主さんの不安やつらさを受け止めてくれたお母様という存在を自分の心の中に作るのです。
    私は人生で一番大切なことは、自分自身をフォローできる力だと思います。どんなに辛いときも苦しいときも、自分を愛し包み励まし続けることが一番大切です。
    お母様にたくさんの愛をありがとう、と一緒に過ごせる宝物の時間を大切にして下さい。
    同じ体験をした人と共感できると一番の癒しになります。
    頑張らなくていいのですよ。
    ただ、これからも呼吸して生きていくだけでいいのです。

    ユーザーID:5392769940

  • レスします

    お辛いですね。
    私は30代前半で母を6年前にがんで亡くしました。とっても元気だったのに。
    主さんは49歳までずっとお母様と一緒にいられてうらやましく思えます。
    私も主さんと同じく仲良し親子でしたので。

    でもね、もしかしたらお母様の方が辛いと思いますよ。
    私は二人子供がいますが、この子たちを置いて・・と考えると何ともいえない気持ちです。

    今はお母様のためにたくさん思い出を作ってください。

    私も母がいなくなった後、心にぽっかり穴が開きました。
    しかし世の中にはもっともっと若い頃にお母さんを亡くした人はたくさんいます。
    主さん、不安もあると思いますが、親との別れはいつか必ずあるのです。
    しっかりなさってください。
    乗り越えれないことはないです。

    また違う人生が待っています。
    お母様をお大事になさってくださいね。

    ユーザーID:3033502622

  • 大丈夫です

    私も母と2人暮らしの同世代です。

    母と私はいろいろ葛藤を抱えているので(共依存のようなものでしょうか)、トピ主様とは事情は違うかもしれません。母娘の関係は難しいと切に思っています。

    母との仲がもっと良かった頃、母を失う辛さを、年上の友人に聞いてもらったことがあります。

    彼女が言うには、「必ずあなたにとって母親と同じ立場の人(男性でも女性でも)は現れる。それが、自然の摂理だから」ということでした。

    妙に納得して母を失う恐怖感が薄らいだのを感じました。大丈夫です。

    ユーザーID:0326373627

  • 子どもの気持ち

    既婚、子どもなし、同年代です。

    歳なんて関係ありません。
    親になったことがないと、いつまでも「親の子ども」のままなのです。
    当然ジタバタしてしまいます。
    最上級のお母さまがいなくなることに身が張り裂けそうになるお気持ち
    お察しします。
    私もそうでしたから。

    でも、考えたことは母の「私の育て方」は間違っていたな、ということです。
    親は、自分の子どもが社会に出て一人で立って歩いてゆけるように、
    そして、分かち合う仲間やパートナーを見つけられるように、
    育ててゆくべきだったのです。
    私は可愛がられ過ぎ、全てにおいて親が最優先でした。母もまたそうでした。
    自分の子どもをつくる必要性を感じなかった理由もここにある気がします。
    それに満足していた親にも問題がありました。

    さかなさん、ここで大人になりましょう。
    あなたが自力でこの世の中を渡って行けるというところを
    お母さんに見せてあげてください。
    お母さんもあなたが悲しめば悲しむほど自分を責めます。

    それから「私はお母さん(ママ)の子ども」という誇りをもって
    生きてください。

    ユーザーID:0811877960

  • お辛いですね

    仲良し親子
    とっても密着した 楽しい時間を過ごしてこられたのだと思います
    突然告げられたことに 動揺してしまいますよね
    涙があふれるのもわかります
    ただね
    貴方がこのままおろおろしている状態だったら
    おかあさん心配で心配で 死んでも死にきれない
    貴方から別れて 亡くなった方が行くと言われているところへ行かれない
    貴方は今なくだけないたら
    強くなって おかあさんに安心してもらうことが大事なのではないですか
    こんなこと言うのは酷かもしれません
    でも あなたも49歳です
    ほかの方より十分に親子の時間をかけてこられたのです
    だから おかあさんの心を安らかにしてあげて下さい
    残された時間を充実させてください
    そして ほんのすこしでいいですから
    その時間のいくらかを妹さんに分けてあげてください
    貴方だけの母ではありません
    貴方が独占した分 妹さんには時間が少なかったのです
    お父さんは ほかの兄弟は 
    許された時間を みんなでお母さんと共有して
    良き思い出を作ってください
    元気だった母が たった30分で亡くなってしまった私からのアドバイスです

    ユーザーID:5342208469

  • 永遠のお嬢さん

    49歳…。孫がいてもおかしくない歳ですよね。
    いつまでもぬるま湯のように居心地のよい「お母さんの娘」ではいられない、という事、お母様は教えてくださらなかったのでしょうか。

    トピ主さんのお母様はある意味毒親です。健全な親子は成人したら距離をおき、親離れ・子離れします。
    大抵親のほうが先にいきますから残される子供が一人で生きて行けるよう、経済的にも精神的にも独り立ちさせるのが親の勤め。それを怠ったのですから。

    いまさらそれを言っても仕方ありませんし、今はお母様が少しでも長生きできるよう、万全の治療を受けて戴くこと。
    残されるトピ主さんをお母様が案ずることがないよう、仕事に取り組み立派な社会人として生きること。生涯を共に過ごせる伴侶と出会うこと。

    これくらいしか出来ないのではありませんか?
    親が一番に願うのは、我が子の幸せですから。

    ユーザーID:4368257405

  • 同じでした。

    私は、29歳の時に、母を亡くしました。
    彼も居なくて、しばらくは、とにかく仕事に行って、普通の生活を送る事だけで、精一杯。
    買い物も、母とばかり行っていたので、しばらく洋服すら買えませんでした。
    今も、急に会いたくなって、泣く事もあります。
    結局は、日常を、しっかりと生活する事と、時間だけが気持ちを楽にしてくれた気がします。
    いつか私が逝った時に、よく頑張ったねって、誉めて貰えるように生きて行こうと思っています。
    きっと、近くで見守っていてくれるはずです。
    お互い、頑張りましょう!

    ユーザーID:7677737830

  • うらやましい

    私には、トピ主さんがうらやましいです。

    文章を読んで、この世にはこんな素晴らしい母娘がいるのかと思いました。

    私は50才ですが、私はトピ主さんとは真逆な母娘の関係です。

    きっと、トピ主さんもお母様も素晴らしい方なのでしょうね。

    お辛いお気持ちを御察しいたしますが、きっと絆は永遠に続くと思います。

    トピ主さんとお母様との日々が穏やかで平穏でありますように。。。

    ユーザーID:1003613475

  • 甘えたこと言ってる

    あなたはとても自分勝手です。お母さんはこれからも病気と向き合っていくわけですよね?なのにあなたは自分のこれからのことしか考えないの?

    お母さんにとってはあなたが精神的にも社会的にも独立することを願っていたに違いありません。今もそうでしょうねきっと。

    生きていくヒントなんて、他人に教えてもらうことではない。

    友人や仲間との交流を避け、居心地のいい生き方を選んできたあなたにはお母さんを1人で支えることは難しいでしょう。

    家族一丸になってまずはお母さんのことを一番に考えてください。

    ユーザーID:7167079398

  • まずは残された時間を大切に

    まずは、大切なお母さまが心残りなく旅立てるよう、残された時間を大切にするのがいいと思います。

    どうすればお母さまが平穏に幸せに過ごし、安心して旅立てるのか。
    お母さまがご本人が旅立つ前にしておきたいことはなにか、
    旅立ちの前には体力が落ちてしまいますから、できることは早急に計画をたてて実行するべきです。
    この世を旅立つにあたってしておかなければいけないことがあれば是非お手伝いして差し上げればいいと思います。

    主様のこれまでの人生で多くのものを与え、支えて下さったお母さまに恩返しできる時間はまだ残されていますよ。

    自分の人生を心配するのはその後でも遅くはないと思います。

    ユーザーID:5551627710

  • 辛いですね

    私は27の時に母と父を予想外に病気で立て続けに亡くしました。だから私は49歳まで一緒に仲良く過ごしてこられたトピ主さんが正直羨ましいです。


    でもトピ主さんにとってはいつまでたっても大切なお母様です。そのお母様が余命僅かなら動揺しないで落ち着いていられる筈はないです。


    ただお母様と一緒の時は女優になって笑顔を見せて下さい。幾つになっても母親からしたらトピ主さんは可愛い娘です。お母様が安らかな時間で過ごせる時間を持ち、私は大丈夫だよ、と見せてあげて下さい。


    私の場合は急に容態悪化したのでそんな時間もなく、泣く私を母は心配し意識が無いのに涙を流したのだろう、と今でも考えてます。


    泣きたい時は泣いて良いんです。お母様の傍に最後までいてあげて下さい。

    ユーザーID:1115909101

  • 親が子供に望むこと

    欲を言えば色々ありますが
    一番は自立してほしい、自分の幸せを見つけてほしいということだと思います。

    そういう意味で 主さんの今までの状態はちょっと子育てに失敗しちゃったかなという状態だったんだと思います。
    だけど 歳をとると親のほうもエネルギーがなくなって子供の自立を促すエネルギーは残ってない。
    娘と仲良しという生あったかい幸せから抜け出せなくなっちゃうんだと思います。
    もちろんそれはそれで親孝行で幸せなことだったとは思います。

    だけど自分がこの世を去るとき 主さんが今の状態だと心残りが多いと思うんです。

    余命を宣告されたいまだからこそ、自分は一人でも大丈夫・幸せになれるってところをお母さんに見せてあげてほしいです。
    優しい主さんだから 自分のことは後回しにして全力で親孝行したいと思うでしょうが
    お母さんと同じくらい自分も大切にしてください。

    主さんはやっと親からの巣立ちの時ですね。
    長くいい時間を過ごせたことに感謝して前を向いて生きてください。
    まだ49歳。大丈夫です。絶対何か見つかります。

    ユーザーID:7323337638

  • うーん・・・辛いでしょうが・・・。

    とてもお辛いと思いますが、現在まで幸せに暮らしてきた事をお母様に感謝して、親離れを決意しましょう。本当に体が辛い時はそれだけで精一杯になってしまうものなんです、そういう人は他の人を思いやるゆとりはありません。
    もうそう言う年齢なんだと自覚して、お母様べったりの生活ではなく、自分の人生を見つけるしかないです。介護をするなと言っているのではありませんよ、一緒にいるなとも言っていません。だけど自分がいなくてもこの子は大丈夫と、そう思わせてあげなくてはいけないと言う事です。
    お母様の傍に居ても邪魔にならないような趣味を見つける(読書・手芸・音楽や映画の鑑賞など)とか、思い切って婚活してみるとか、心の底から話せる友人を捜すとか。
    お母様の残りの人生を明るくしたいなら、あなたの人生が輝かなくては。
    私は今年、がんと宣告されて手術しましたから・・・家族にこれだけは言っておきたいです。
    「私があなたの傍にいられなくなっても、ずっと泣いていないでね。それは嬉しい事じゃないの。すぐにじゃなくてもいいから幸せを取り戻して欲しいな。だから好きな事は止めないで続けて、新しい人生を見つけてね」と。

    ユーザーID:0603973326

  • まず、声を出して泣く

    私事で恐縮です。うちは私が30の時心筋梗塞でした。
    ばったり倒れてそれっきり。直前まで元気に庭いじりしてました。
    あまりに突然で以降半年くらいの記憶があまりありません。
    その後家族が病に倒れ、最後まで看病し看取りました。

    思ったのは、泣く時間が同じだということ。
    突然死はその後泣き続け
    病死は宣告された時から泣き続ける。
    どちらが良いとはいえません。どちらもただ悲しい。

    私は無理に強がらなくていいと思います。
    ただ泣く時、一人なら声を出して泣くこと。
    自分の将来を悲観するような泣き方はしないこと。
    涙は自分の傷を癒す物だと思います。
    無理に強がって泣かずにいると、傷はいつまでも癒えません。
    だから泣ける時、涙が流れる時は泣いてください。
    そうして自分を癒してください。

    アドバイスとしては「愉快で笑える母親の思い出を増やす」です。
    優しい思い出は悲しくて泣けます。笑える思い出は泣き笑いができます。
    兄弟と今でも「母親のあの時の料理は大失敗だった」とか
    「道で2時間迷った時はケンカした」とか泣き笑いで話しています。
    妹さんとも将来そういう話ができるといいですね。

    ユーザーID:4347440560

  • お気持ちとてもよくわかります

    私はトピ主さんのようになるのが怖かったので、家を出て母から離れました。

    それでも怖いですね。

    トピ主さんが一番望むことは何ですか?

    私は、母が私のことを心配することなく旅立てることです。
    親なので多少は心配するかもしれません。
    でも、「この子を残して・・・」なんて思われたりしたら、未成年でもあるまいし恥ずかしすぎますよね。

    「この子は大丈夫」

    そう思ってもらうために生きています。

    その後どうなるかは、正直どうでもいいです。

    ユーザーID:5122342757

  • お気持ちわかります

    私も母が大好きで、結婚した後も実家に週4で顔をだしている状況です。
    いつかお別れする日がくるのは寂しいかぎりです。
    長生きしてほしい。
    トピさん、どっちになるにしても思い出をたくさん作って下さい。たくさんお話してね。
    読んでいて寂しい気持ちが伝わってきて、すかさずレスをしてしまいました。

    ユーザーID:7087914514

  • お辛いですね・・・

    私も、ここ数年で両親とも亡くしました。
    特に母とは仲が良く、若い頃には「ママが死んだら私も死ぬ」と。
    結婚もしていたし、仕事もバリバリしていたんですが・・。

    その後、愛する母が認知症に。中期からもう私の事が解らなく。
    介護の余りの辛さに、「いっそ」と思った事も何度か。

    他界して何年も経った今でも、夢に出て来る母は、お互いが一番苦しんでいた時の壮絶な姿ばかり。

    あんなに愛した母なのに、「早く私を楽にして」と思いつつ介護したのは一生の負い目になっていますし、
    逆に、つい最近まで楽しく母娘で暮らしていたトピ主さんは辛いでしょうね・・。

    私には、何年もかけてお互いに地獄の思いをしながらも、決別の時間がありましたから。


    お母様は、私の母とは違い惜しまれながら、愛情の中で行かれる分、遺される方も悲しさが深い。
    どちらが良いのか私にはわかりません。

    でも順番ですから。
    私も両親の他界の後の自分を心配していましたが、ちゃんと眠くもなる、食事も美味しい、
    痛みも徐々に薄まります。大丈夫。数十年後に会えますし。

    ユーザーID:8216084468

  • 寂しいです

    母を亡くして3年の43才です。
    いまだに立ち直れているとは言えません。傍目には普通だと思います。

    きついことを書きますが、これからお母様の状況が変わってきて
    それに対応するだけでいっぱいいっぱいになってくるかと思います。

    私はどんどん悪化して変わっていく母の状態を理解できていませんでした。
    主治医にも何度も話をしてもらっていたのに。
    自分の気持ちを考える余裕はなかったので当時の記憶があまりありません。
    日々、目の前の事態をどうするかということだけ。
    夜中に様子をみるため、1時間おきにめざましをセットしたり
    疲れていたはずですが、全く感じなかったです。



    母が亡くなってからよく思います。

    私がどうだったら母は嬉しいかなって。

    私が楽しく生活していたら母は嬉しいと思います。

    仕事も辛いし、身体も老化をひしひしと感じます。

    目の前で、体温を感じて、というわけにはいきませんが

    一人で辛い時は、母がいなくなった時のことを思うとどうだっていいレベルにしか感じません。

    迷った時は、母が喜ぶような自分でいようと思っています。

    ユーザーID:4172254240

  • 私もです

    父が余命一週間です。

    11年前に兄が、6年前に母が亡くなり
    父はただ一人の肉親です。
    どうしよう。
    まだ何も親孝行してないよ。
    いっぱい話したいよ。
    意識の無い父ともう話す事は出来ません。
    泣かない日はありませんが
    最後の親孝行でしっかり看取りたいと思うようになりました。
    もうそれしか出来る事が無いから。
    一人残る私をきっと父は心配しているから
    しっかりしなきゃ。自分で生きていかなきゃ。

    今、もし倒れても私の体は治ります。
    後悔しないように精一杯父の傍にいたいと思います。
    辛いよ・・

    ユーザーID:8636520519

  • しっかりして!

    40代、娘であり、娘を持つ母親です。
    母との関係は冷ややかな程で、今すぐ母の身に何かが起きても、淡々と事を進める事が出来る自信があります。
    同時に、親がなくとも生きて行けるようになっている事に小さな誇りと感謝があります。
    娘には、大切だからこそ、自身で立ち、親以外に支え合える人に巡り会って欲しいと、心から願っています。もしも今私の命が尽きるとなれば、その願いが叶う前に…という事になりますから、心配で胸が張り裂けそうになるでしょう。
    今、トピ主さんのお母様は、ご自身の身体以上に、トピ主さんの身を案じていらっしゃるのでは。
    少しでも、お母様に安心感を与えてあげて下さい。そのために、前を向いて下さい。‘私の心配は要らないからね’。私なら、娘にそう言って貰えたら、思い残す事はないでしょう。

    ユーザーID:1888669230

  • 私と重なる

    何年後か(すぐかも知れない)の私のようです。
    夫はいたけど5年で離婚しました。子供はいません。産めと母は再三言いましたが、できず努力もしませんでした。その後、夫に諸問題が勃発…。
    長年、母に甘えてきた精神面が、私もトピ主さんと似てます。
    母がいないと生きていけないと心から思います。
    一人になります。
    そう簡単に再婚相手はできないし、出産リミットも間近…。
    母は、気掛かりは私で、もう誰の子でもいいから一人産めと言います。そんな訳にもいかないし…。
    子のまま親に成ってない分、確かにいくつになっても甘えた未熟さはあります。
    でも老いてきた母に、これ以上甘えることもできませんよね?
    子供を産まなかった覚悟、腹を決めるしかないと思います。私は一人で生きていけると自信を持つ、大丈夫と言い聞かせるしかないと思います。
    一人で何でもできるようになっておくべきです。
    母が旅立つ時、母と一番長く過ごせて幸せだったと、悲しむのではなく、感謝したいと思います。
    「本当の孤独」味わうのだろうけど、私の生涯ともに居続けるのは、犬です。

    ユーザーID:9550904764

  • お気持ちお察しします

    厳しい意見が多いですね…。
    私も主さんと同じです。
    友達も全くおりません。少し年下独身です。母がいなくなったらどうしようと思います。
    でも今は先の短い母のことを優先にしています。
    自分のことは後で考えます。先を考えると私も不安だらけです。
    働いていますが、見通しは暗いです。
    でも私が取り乱すと母がかわいそうなので平気な自分を演じています。
    お互いなんとかがんばりましょう。

    ユーザーID:9446982601

  • しっかりして

    こればかりは、いくつになっても経験量の差が出るかも。
    私は若い内から自立もしてたけど、辛い体験が多すぎて滅多に動揺しません。
    冷静すぎて若いのに毅然とする姿に、周囲に涙されました。
    私は変だけど、親が向こうにいると思うと、死ぬのが怖くなくなりました。
    それまで人生を楽しもうと思ってます。

    心をしっかり持って、職場に持ち込まない。
    お母さんの前では、明るく笑顔で。
    乗り越えられない人はいません。
    ようやく自立する時期が来たんです。
    落ち着いたら、自分の人生を歩き出して下さい。

    ユーザーID:7253920750

  • 残っている時間を大切に

    36の時に母を癌で亡くしています。
    病気がわかって余命が3カ月と言われ実際は1カ月で母は旅立っていきました。
    今一緒に過ごせる時間を大切にしてください。
    たくさんお話をしてたくさん笑ってください。
    いつかは別れなければいけないんです。
    あなたは49まで一緒にいられて羨ましいです。
    今の私より年上じゃないですか・・・
    しっかりしないとお母様の心情にも良くありません。
    心配して旅立たれるのではなく、私が居なくても大丈夫!!と安心できるようにあなたがしっかりしてください。

    ユーザーID:4988709671

  • 巣立ち

    私は26歳の時に父母を亡くしました。今はアラフィフですが同窓会に行くと親の訃報はかなりの割合で聞きますし皆が乗り越えた道です。どなたかのレスにあるように今お母様は主さんが自立して生きていけるかを心配しているはずです。女優になったつもりでお母様の前では笑顔でいてください。一人で泣く時は思いっきり。私は親孝行らしいことはしていないのですが自活して頑張っていたので母親は最後に「あんたなら安心」と言ってくれ、「私(母本人)がいなければあんたが生きていけなくなったら死んでも死にきれない」と言っていました。
    主さん、今が巣立ちです。

    ユーザーID:3135407959

  • お母さんは特別な存在

    大抵の人にとっては特別な存在であるお母さん。
    悲しいお気持ち、お察しいたします。
    お母さんにとっても、トピ主さんは特別な存在なんじゃないでしょうか。もちろん妹さんもだけど。
    お母さんがあなたを心配しなくていいように、あなたと楽しく時間を過ごせるように、良い人生だったと心から言えるような、そんな時をこれから過ごすために、トピ主さんがしっかりして下さいね。
    大抵の人がいずれ通る道。お母さんを失うのは悲しくて怖くて辛い。それでも生きて行かなくちゃいけない。
    自分は「どうしよう」じゃなくて、お母さんに「どうしてあげたい」か考えて実行する時だと思います。

    ユーザーID:7621800441

  • これから心ある友人や愛する人と出会って欲しい。

    20代の子を持つ親です
    トピ主様の厳しい状況の中、失礼を承知ですが
    お母様は間違われたと思います
    ある程度の年齢に達すれば、親も子も精神的に自立すべきだと思うし
    私も子供達はその様に育ててきました。

    昔の知人(当時30歳既婚女性)は、ある日母親が亡くなり、失意で仕事を休まれましたが
    オーナーや同僚の説得で半年後出勤してこられました。

    当時学生だった私は、親と子は共依存な関係ではダメだと感じたし
    30日付、マカロニさんの言う通りだと思います

    一昨年その知人と会う機会がありましたが、
    「母が死んで何も手に付かず、そのまま引きこもりをしていたかもしれない。
    オーナーや同僚のあの時の行動があればこそ、今の自分がいる
    母も安心していると思う」と言っていました
    廻りの方々に助けられたのですね。

    お母様はきっとトピ主様のこれからを案じておられるでしょう
    タイトルの事を願っておられると思う
    病室では感謝の言葉と大人の態度で見舞ってあげて下さいね。
    同世代として応援します

    ユーザーID:7102734612

  • 最期の別れ方

    今年22歳になった私も、17歳の頃実母を末期の肺癌で亡くしました。母が末期であったことを知らされたのは、亡くなった日のその夜。
    当時反抗心からか、家族間で私だけが浮いた存在であり、中2〜高校卒業するまでの約四年、地方にある実家を出て都内で一人暮らししながら学生していました。
    今現在も母に対し、悲しい気持ちよりも親不孝娘であった事の方が強い後悔として残っています。ある親戚の方より、『憎まれっ子世にはばかる』と言われた時がありました。憎まれっ子は私で。なんだかそういう人間程、この世に長く生き続け、逆に「良い人だ」って慕われている人の方が、早くに亡くなってしまうようなサイクルがある気がしていました。
    母は私宛てに生前手紙を綴っており、母は闘病中であっても精一杯私を思いやってくれ、「そばにおいておけない事が一番の心配、お母さんの力不足をしみじみ考えてしまい…」など、何も悪くない母が何故か私に詫びていました。
    親は自分の死期を悟っていようが最期まで子を守る姿勢でいることを知りました。
    お母様が最期の日を迎えるまで、たくさんお話ししてください。感謝を伝えてください。主様のご健康をお祈りしています。

    ユーザーID:0078939041

  • 元気出して下さいね

    今は焦燥感や悲しみでいっぱいだと思いますがトピ主さんもお体には気を付けて下さいね。

    49歳までお母様と仲良く過ごされた、強い絆で繋がっていた親子関係が結べたという事実は素晴らしいと思いますのでどうぞ自信を持って生きて行って下さい。
    涙は愛していた証拠だと思います。

    私も大好きな母が昨年生死をさまよう大病をし、沢山泣いたし悩みましたのでお気持ち解るなというか少しでも励ましたいなという気持ちででてきました。

    ユーザーID:4289650991

  • 素敵な人生

    私も、19の時に父、27で突然母を亡くしました。
    母の日に一緒に旅行に行こう、と約束しており、「迎えに行くね」
    と電話を切った次の日でした。

    兄弟もおらず、いきなり天涯孤独になってしまいました。
    さみしくて、どうして良いかわからなかった。

    当時から付き合っていた彼(主人)に言われた言葉があります。
    「ひなったーのお母さんは、幸せだったよ。だから良かったんだよ。ちょっと早かっただけだよ。」

    当時は、それを飲みこめませんでした。

    確かに親子仲良く旅行に行ったり、飲みに行ったり、
    「幸せだ」と本人もよくいっていたし、
    病院の先生も「多分本人も死んだことに気づいていないと思う」というほど、苦しむこともなかった。

    「悲しい。さみしい。」という気持ちは、よくよく考えたら、
    結局「自分が困る」の裏返し、自分勝手な気持ちなんですね。


    本人にとって、何が「一番幸せか」って、また別のことなんですよ。
    …ていうことが何年もたってやっと飲みこめました。

    「親より後に死ねる」って素晴らしいじゃないですか。
    最高の親孝行です。まずは、悔いのない介護を頑張って!

    ユーザーID:4439794494

レス求!トピ一覧