ペットで賃貸の家がボロボロ

レス14
(トピ主1
お気に入り113

生活・身近な話題

うさぎ

後期高齢者の両親が持ち家を人様にお貸しして(初めてです。)
5年経って退 去するときに家に入ってビックリ。
賃借人はウサギを放し飼いにしており、部屋がボロボロになっていました。
畳はオシッコのシミだらけ、フローリングの床は変色し、扉も柱も壁も家具も齧られて酷い状態でした。
両親はペットは最初、ケージに入っていたので可にしたようですが、その後放し飼いにしていた
ようでリフォームしたばかりだった綺麗な家が惨憺たる有様です。

現場回復するのにかなり費用がかかりそうですが、全て賃借人に請求出来るのでしょうか?
両親がペット禁止と伝えていなかったので、賠償されるのか心配です。
どなたかこう言った事情にお詳しい方のアドバイスをお願いします。

ユーザーID:5343049972

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 原状回復させる義務

    賃借人は部屋を大家に返す時、原状回復させる義務があります。
    ただし、普通に生活していて自然に経年劣化するもの(壁紙の汚れや、こすっても取れないコンロの汚れなど)については原状回復の義務はありません。

    ウサギの放し飼いによる損傷は、自然に劣化したものとは認められないので、賃借人は原状回復にかかる費用を全て負担しなくてはならないと思います。

    ユーザーID:2563548806

  • 契約書はありますか?

    通常の使用での劣化は家主負担、
    それ以外の損傷は借主負担が一般的です。

    ユーザーID:7338796231

  • 退去時立ち会いはしてないのですか?

    プロの見積もり人に入ってもらって
    妥当な費用を算出してもらいましょう。

    ユーザーID:7875628248

  • ペットが原因のものは請求できるのでは

    専門的な話は専門家に相談するのが一番ですが(初回は、役所の無料法律相談等を利用するのも手です)、一般的に考えてもペットによる傷みは、飼い主の責任となるでしょう。

    今の状態を写真に撮り、原状回復するための費用の見積もりを各業者にとったうえで、専門家に相談してから請求すると良いかと思います。
    畳の日焼けとペットが粗相をした汚れは同じではありませんしね(染み込みます)。

    私はペット好きですが、畳の部屋にウサギを放せばどうなるかは容易に想像できますし、もし万一放さなければならないなら、退去時には畳の交換を覚悟してからにします。
    犬猫だけではなく、ウサギや小鳥(インコなど放し飼いの方も多いですが、壁紙等を剥がすのが大好きな鳥も多い)も、かなりの破壊力を持っています。
    しかし、残念ながら非常識で知識も浅い心無い飼い主も少なくないようです。

    次回からは、ペット可にするにしても、ケージ必須にするか、条件をきちんと明示する必要がありますね。

    ユーザーID:2745226396

  • 以前賃貸管理の仕事をしていました。

    契約書の内容にもよりますが、一般的に「ペット可であっても、ペットにより発生した傷・汚れ・臭いは借主が原状回復する義務がある」ことになっています。

    契約の際、仲介してくれた不動産屋はいますか?契約書を不動産屋に作成してもらっていませんか?

    その不動産屋に、契約書の内容に関して相談してもいいと思います。退去立会をしてくれた業者がいれば、その業者でもかまいません。

    不動産屋が入らず、直接契約していて契約書がない場合は、自力で交渉は難しいかもしれません。

    その場合は、不動産に詳しい弁護士に依頼することをお勧めします。

    家の中でげっ歯類を放し飼いにして齧り放題にさせるなんて、借主としてはもちろん、ペットを飼う者としても非常識な行為ですよ。

    私は持ち家ですが、以前げっ歯類を飼っていました。ペットへの危険もあるから、常に放し飼いは絶対しませんでしたよ。

    ユーザーID:9117392423

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • ペット可なのかペット禁止でないだけなのか

    そのへんがよくわかりませんが、ペット可にしても常識的な使い方であればそのような事にはならないです。私は賃貸ではペットを飼ってませんが一軒家では飼ってました。猫なので放し飼い。やはり廊下や布団におもらしなどありましたが染みはないです。染みいるまで放置はしない。でもやはり柱に傷は出来ましたね。ペット可にするならそれなりの専用設備などしないと難しいみたいです。私が住んでいるところはペット可物件なのですがそれに関するトラブルが絶えないみたいでよく張り紙に注意文みかけました。もともとペット専用のつくりならまだしも、そうではないのを入居者増やすためか無理やりペット可にしたみたいなので。飼い主の責任もあると思いますしとりあえず請求してみては全額は難しいかもしれませんけどね。

    ユーザーID:4834840763

  • いやいや

    ペットの可不可とぼろぼろは別問題です。

    原状回復しましょう。

    というか、退去に立ち会っていないの?
    敷金とかは返してないよね、まさか?

    管理会社とか通さずに貸し出ししてたの?

    ユーザーID:3200853948

  • 現状復帰してもらいましょう

    現状というのは契約した状態のまま、です。
    保証金を預かっていますよね?
    退去するときに預かり分を返すと思うのですが、そこから
    補修費、滞納家賃を差し引く事が出来ます。
    ペット可、不可、に関わらず
    賃貸開始から、経年の劣化をのぞいてもとに戻してもらうことが出来るはずです。

    気に病むことはありません。
    事務的に、見積書を提示して
    支払ってもらうべきは差し引いて、足りなければ請求を起こして下さい。
    毅然と、粛々と、泣き寝入りは禁物です。

    頑張って!!

    ユーザーID:3419384798

  • ごめんなさい。

     ごめんなさい。
    昔 賃貸の一軒家に住んでいたとき
    ウサギを放し飼いで飼ってしまいました。ケージがあったんですけど
    狭い中に閉じ込めておくのがかわいそうになりだしていました。

     その結果退去時に原状回復の料金が発生してお支払いしました。
    100万ほどかかりました。痛かったですが 飼い主の責任です。

     大家さんには申し訳ないことをしたと今でも思っています。
    6千円で飼ったウサギが 今12年生きていますが 2ヶ月に1ッペン
    動物病院で伸びた前歯を麻酔かけて 削ってもらいます。それをしないと食べれなくなるので。一回2万円。
    今では年寄りですがこ今は 200万円ウサギと呼ばれています。

    大家さん 和室をぼろぼろにして本当にごめんなさい。

    ユーザーID:5352280233

  • 請求しますし、しています

    請求しますし、しっかり取ります

    ふすまを貫通したときは
    丸ごと請求し、いただきました

    禁止じゃのないから請求できないなら
    子どもがした事は、大家持ちになりますし
    火事禁止じゃないから、大家持ち?

    ただ、引っ越し先を教えず
    逃げる相手もいますので、
    プロ(不動産か行政書士)に頼むのは
    忘れずに

    リフォームありますから私は
    不動産屋に任せてます

    ユーザーID:9703549408

  • 問題はその先

    ペット可、不可に限らず、柱が齧られてボロボロのレベルなら請求できます。
    でも、本当の「問題」はその先なんですよ。
    その手の非常識人は、生活態度も非常識なので、大体がお金に困窮してらっしゃいます。
    そして壊したものは弁償する、などの世間の常識もまったく通用しません。
    恥を恥とも思わず生きてらっしゃる方達です。
    そういう人達にお金を払わせるのは本当に至難の業ですよ。
    私は物件管理の仕事をしていましたが、本当にその手の方達とのやり取りには精神を消耗しました。
    微塵の悪気もなく、胸を張りながら「無いものは無いから払えません!」って堂々と言い放てるあの神経が、呆れるを通り越し、ある意味羨ましくもありました。
    ここからは余談ですが、大家さんサイドにも悪い人って居て、退去時に法律無視で「とりあえずなんでも全部請求」して、相手が小心な方で黙って払ってくれれば「ラッキー♪」とほくそ笑み
    意義を申し立てられたら「チッ!(舌打ち)」とばかりに「法に乗っ取った請求書」を出すって人も居ました。
    一筋縄では行かない人の多い業界です。
    相談先も良く選んだほうが良いかと思います。

    ユーザーID:7578811044

  • 請求しましたが・・・

    大家してました。
    ペット不可にしていましたが、高齢二人暮らしで寂しくなったのか途中で犬を飼ったようです。

    が、5年経って退去の立会いに行ってビックリ。
    畳はボロボロでその下の床板まで腐っていました。
    どうも犬がそこをトイレにしていたらしいです。
    タバコのヤニで白い壁は真っ黄色に染まり、カーテンレールから垂れ下がるほど。

    当然敷金は全額返還できず、追加費用も発生するかも?と伝えました。

    後日ご夫婦の息子さん(保証人)が怒鳴り込んでこられました。
    「高齢者二人が5年ほどしか住んでないのに返還なしってどういうことだ!?」と。
    現状をお見せしたところ、「畳は大家負担だろ!」と…。
    畳をめくって見せたところ絶句。

    「ペット禁止のはずですが、どういうことかこちらが説明していただきたいのですが」と言ったところ平謝り。
    それでも年金暮らしの両親に自営業の自分には補修費用が払えないので敷金だけでなんとかしてもらえないかと言われ、50万の敷金全額返還なしでこちらが泣き寝入りです。
    その他にもフローリングや建具なども含め、補修に200万近くかかりました。

    そういうこともあった、ということで…。

    ユーザーID:4377613341

  • 通常の使用による損耗ではない

    契約書に特に記述があれば別ですが、
    国土交通省のガイドラインで「通常使用による損耗」については原状回復費用として請求は出来ないことになっています。
    あとは「ペットによる損耗」が「通常使用」になるかどうかです。

    もし「通常使用」として家賃に組み込まれた場合、ペットを飼わない店子にとっては余分に費用を払うことになります。
    したがって「通常使用」としないほうが公平です。
    「ペット禁止」でなくてもペットを飼わない家庭はありますから、ここでは「ペット禁止」かどうかは関係無いでしょう。
    「喫煙によるクロスの汚れ」なども同様です。

    したがって「原状回復費用」としてかなりの部分を請求可能と考えます。

    ユーザーID:3383664859

  • 皆様どうもありがとうございました。

    トピ主です。
    その後の話です。
    このトピをうちの母親に読んで聞かせましたが「私の家の事にお前が口を出すな!」と激高されました。
    母がどこからか今回の賃借人を見つけてきて(気の毒な身の上話を聞いて同情したらしいです。)不動産屋は通していません。
    母は大変賃借人を気に入っていて、敷金全額返金した上に餞別まで渡していたのには呆れ返ってしまいました。
    それでも後の話し合いで、10万程度の賠償金を支払ってもらったようでした。(母親は何度も賃借人に謝っていました。)

    今回の件は私には大変許し難い事件でしたが
    母親所有の家屋ですので、これ以上口は挟めませんがはっきり言って自分的には腹が収まりません。

    こちらで皆様に頂いたアドバイス、深く感謝しております。
    永久保存させて頂きます。
    また、自分ももう少し不動産や賃貸などの勉強もしていこうと思います。
    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:5343049972

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧