ただ夫にもねぎらってほしいのです

レス77
(トピ主0
お気に入り124

恋愛・結婚・離婚

asuka

もうすぐ結婚20年目を迎える二児の母です。毎日家事・子育てと自分なりに精一杯やっているつもりです。夫や子供の健康にも気を使い、自分は少々体調が悪いくらいでは手を抜けません。自分はいつも後回しです。夫は仕事が多忙ですが順調で、このご時世に世間様には申し訳ない程のお給料を頂いています。毎月給料日になると「こんなに頂いてありがとうございます」と言って明細を受け取ります。

結婚前付き合っている頃は誕生日やクリスマスには必ずプレゼントをくれる彼でした。でも結婚し子供ができて夫は仕事に、私は家事育児にと日々怒涛のように追われるうちにいつしかそんなことはなくなってしまい、覚えている限り最後に夫からもらった物は最初の子の妊娠がわかった時、明らかに1000円程度とわかる花束でした。(1000円でも貰えるだけまし?)

私は日ごろから仕事から疲れて帰ってきた夫に向かって「お帰りなさい、今日もご苦労様。毎日大変ね」と意識して労いの言葉をかけています。一人の稼ぎで家族を養い、住宅ローンも払っていっている大黒柱に向かってこれ以上望むなんて贅沢だ、と仰る向きもあるでしょう。

でも私だって家事・育児という対価が目に見えない仕事に全力で取り組んでいるのです。朝早く起きて弁当作りや毎日部活で汚してくる子供たちの山のような洗濯、栄養を考えた献立を立てて買い出しや食事作り、難しい年齢に入っている子供たちの勉強や精神面のフォローまで、私だって本当はくたくたなのです。それでも私は養ってもらっている身、金銭という対外的価値を生み出していることにはならないのです。ただ夫にほんのちょっとでもいい、労って欲しいと思うのは贅沢ですか?できるなら昔のように花束の一つと一緒に。

それとも私が外で働いて稼げばこんな風に思わなくなるでしょうか。日々悶々としています。

ユーザーID:7473337006

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数77

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 手を抜いてもいいのでは?

    トピ主さんの年代の男性は、まだまだ女は家庭に入り家の事をするのが当たり前、
    もしくは男性優位的な思考の方の割合も多いですから、
    素直に奥さんに対して感謝の言葉を伝える旦那さんは少ない
    のではないかと思います。
    ただ、見返りの言葉を欲しくてアレコレするなら
    いっそのこと、手抜きしてもいいと思います。
    旦那さんに不満があるのなら、お疲れ様と労う言葉を
    封印してみてもいいですし、たまにはリフレッシュしに旅行に行ってくる
    なんて話してみて、家事や子育てに疲れていることを
    知ってもらうのもいいかもしれません。
    ただし、偏屈な旦那さんなら、私はこんなに頑張ってるんだということを
    強調し過ぎると、維持でも労いの言葉は出てこないかもしれません。

    ユーザーID:7203400694

  • 明細を頂く=給料全額奥様の管轄下ですか?だったら我が儘

    うちは旦那が家計は担当で、私は生活費20万を貰う専業主婦です。
    光熱費や学費の引き落としも旦那です。

    外食も旦那払いで、子どもの誕生日のケーキやお年玉も旦那様が家族へ渡します。

    旅行に行けば、交通費から宿泊も旦那持ちだから、慰労感はたっぷりですし、

    どこかへ出かけると、へそくりが増える方式です。

    で、自分へのご褒美は自分で買います。

    家計を妻が担当していたら、プレゼント気分が少ないだろうなぁと思います。

    ユーザーID:9736309539

  • 気持ちはわかる

    トピ主様のおっしゃりたいこと、よーくわかります。
    私もその立場になれば、そういう風に感じるだろうなって思います。

    でもでも、働いていながらも、トピ主様と同じことをしている人は沢山います。

    今は昔と違って、ネットの発達により、「自宅勤務」という形でほとんどフルに働いている人を何人も知っています。

    パンも手作り。
    お弁当も手作り。
    子供と一緒に編み物をしたり、
    テスト期間は、友達と一緒に勉強する時に食べるお菓子を手作りしたり…

    もちろん、男性と同等以上に稼いでいても、
    自宅にいるわけですから、
    子供のフォローもばっちりってね。

    そういう方は、必然的にご主人が自由になるお金も多くなりますから、誕生日やクリスマスにも素敵なプレゼントを頂いているみたいですし、奥様に感謝もされているようです。

    やるせいない気持ちはわかるけど、本当に自分は努力したのか、「女性」とか「主婦」という立場に『甘え』ていなかったかを考えると、私自身はかなーーり反省しています。

    ユーザーID:4523725615

  • その思いを

    ご主人は知ってますか?知らなければ話しましょうよ。
    子どもが寝た後にでも、愚痴っぽくならないように「専業主婦って楽そうに見えて大変なこともあるのよ」
    「こんなことがあって、この前はクタクタになったわ。頑張って夕食作ったけどね(笑)」
    「前にもらった花束嬉しかったな〜主婦の仕事を労われてる気がして」
    ご主人も「いつもお疲れ様。ママのおかげで仕事に専念出来るよ」と言ってくれるんじゃないですか?

    ただし、ご主人が家で仕事の愚痴を一切言わない人だったら、これは単なる甘えと思われるかもしれません。

    ユーザーID:7191493465

  • レスします

    怒涛の育児中ならわかりますが、今はお子さん大きいですよね?

    まあプレゼントやねぎらいはあれば嬉しいですけど、悶々とはしないかも。
    誰のおかげで食えてる発言されたら腹立ちますが、それがなく平穏に過ぎてるなら別にいいです。

    私は専業主婦で子供は中学生。勉強や部活動もちろんありますけど、外で働いて一家を養うのに比べたらぜんぜん楽だと思います。
    なんか私ばかりうちにいて悪いな〜、と言わないけど内心は思ってます。

    弁当は確かにめんどくさいけど、洗濯なんか楽だし掃除だって極めなければ大したこともないでしょう?

    むかむかしたら、その日は最低限ご飯と洗濯だけしたらどうですか?
    他の家事なんかサボってても誰も気がつきませんから。

    ユーザーID:2137720970

  • そういうことは

    誰かに褒めてもらうため、見返りを求めてするものじゃないです。
    トピ主さんの文章には、旦那さんを労うことや家事をせわしなくする事が
    卑屈のように書かれてある気がします。
    疲れたなら少し手を抜いて休めばいいんですよ

    ユーザーID:7203400694

  • もっと、リラックスしましょ

    毎日 子育てや家事、お疲れ様です。
    部活って事は、お子様は年齢的に思春期かしら? 大変ですよね。
    誰からも評価もなく、金銭という対価もなく続く毎日。
    せめて、家族には労って欲しいですよね。

    私は結婚30年になります。 子供達は皆、成人して独立こそしていませんが 国立の院卒ですので、学費も自分達で賄ってくれて 余裕のある老後を迎えつつあります。

    共働きですので、家事も育児もそれはもういい加減でしたけど、真っすぐできちんとした家庭を育て上げたと思っています。
    今のこの状態が、私へのご褒美かな。
    個人的には 夫や子供達からのねぎらいの言葉や物は必要ないな、ただ日々が楽しく 精神的に豊かにいられたらな、と考えて来ました。

    後もう少しですよ。
    主様もリラックスしつつ、日々を過ごして行って下さいね!

    ユーザーID:5416394625

  • 一人でしょいこみすぎてませんか

    私も同じように考えて
    同じように対応して子育てなどをしていました
    その結果一人で煮詰まって 
    普段なら考えもつかないような考え方をして
    実際には自分が考えていない方向に
    私の考えと理解されてしまう結果になりました
    そんな私からのアドバイス
    貴方の考え方はとっても立派です
    そのままの優しさで
    すこし気を抜いてください
    夫にすこし疲れたとそうだんしてください
    子供たちも難しい年代に入ってきて
    私だけの考えで対応しきれないことが増えてきたので
    男親としての意見を子供たちと話してほしいの と
    今まで私なりに頑張ってきたつもりなんだけど
    なんだかほめてほしくなってきてしまって
    精神的に疲れているのかな〜と
    ご主人はあなたに家のことは任せておけば大丈夫
    自分をちゃんと理解してくれていたわってくれる
    良い妻だと思っているはず
    でも 家にいて時間を自由に使えるので
    貴方が疲れるという発想を持っていないと思います
    すこしだけ 夫の気持ちだけに集中しないで
    私の方を向いてと伝えることで
    今の不満が解消するかもしれませんよ

    ユーザーID:3899764306

  • 今は日々が精一杯

    >このご時世に世間様には申し訳ない程のお給料を頂いています。

    この“世間様に申し訳ない程のお給料”をいただくために、ご主人は大変な毎日をお過ごしのことと思います。
    妻に労い言葉掛けをしていないことに気付く暇もない程に…。

    家計を支える為に育児と家事をしながら忙しく働く妻もたくさんいます。
    誰からも労い言葉を貰えていないことになんて気付く暇もなく…。

    定年退職まで、まだ十数年ありますよね。
    その時に、やっと肩の荷を降ろしたご主人が長年の妻の支えに対して労いの言葉を言ってくれるかもしれない。
    或いは、ご主人かトピ主さんの人生最期の日に「お前のお陰でいい人生だった」と言ってくれるかもしれない。
    そこまで言わなくとも、心の底から「ありがとう」と言ってくれるかもしれない。
    それで良くないですか?

    今日明日にも労いの言葉が無いともう家事が出来ない程なら、ご主人に労いの言葉掛けをした際に「私にも言って欲しい」と、言ってみたら良いのでは?

    ユーザーID:0591551359

  • うーん。。。

    30代後半の結婚10年目の主婦です。まだ、子供達は幼稚園なので、洗濯物の量も食べる量もトピ主さんの半分以下だと思います。

    ご主人や子供達はトピ主さんに文句言ったりダメ出しをするわけではないんですよね?であれば、彼らなりに感謝していると思うのですが。。。

    私も夫からプレゼントって貰っていないですよ。欲しい物や買いたい物は自分で(家計からですが)買うので気にしていません。トピ主さん、旦那さんと相談して毎月幾らかお小遣を貰うようにしたらどうですか?

    ユーザーID:2090165134

  • 人の評価と自分の充実感をリンクさせない

    ねぎらいとか感謝とか、自分が幸福感や充実感を感じるために誰かからそういうものをもらいたい、と思うのは不足の心を強化するだけだと思うんです。

    誰かからの賞賛がないと不満、感謝がないと不満、その心の裏側に何があるのか考えてみたら?
    夫に認めてほしいのかな?
    自分の努力を当たり前に思われるのが悔しい?

    誰にどう思われるか、それを基準に自分の幸せを測る癖って、私もあるけど、なんとか減らすように努力してます。

    それよりよーし今日も精一杯頑張ったぜ!って充実感で布団に入るのが日々の目標。

    自分がどう感じてるのか、それも人の目は関係なく。
    そこがポイントなんじゃないかなーと思います。

    ユーザーID:6762510730

  • 頑張ってます〜わたし。

    義父母との同居でもなく、家族が健康で、部活に精を出し活発なかわいいお子さんが2人もいる。ご主人はこの不景気の中、充分なお給料を持ってきてくれる。

    充実しすぎていて、自分がどんなに幸せなのか忘れてませんか?

    で、なんの不満でしたっけ?

    ユーザーID:9136897888

  • 母は偉大です。

    私の家は要介護の祖母、父、母、兄2人と私、6人で暮らしておりました。
    兄2人はとてもやんちゃで、母があちこちに頭を下げてまわっていたようです。
    かく言う私も末っ子気質満点でわがままばかり言って困らせてばかりだったように思います。
    父は公務員、とても厳格なひとで普段口数も少なく、口を開けば母にチクチク物言う頑固一徹。
    母はいつもはいはい、と言って聞き流していましたが横で聞いてる私もうんざりするほどでした。
    そんな中で義母の介護を中心に家事をこなす、本当に完璧な母でした。

    ある日、母が家出しました。
    朝食と共に『しばらく家を出ます。』の一言だけのメモを置いて。
    一同ぽかーん。

    結局、母は実家に帰っていたようで父が迎えに行き3日ほどで帰ってきてくれました。
    しかしそれから、父が驚きの変化をとげます。
    事あるごとに母にお礼を言い、労いの言葉をかけ、家事も手伝うように。
    兄や私も祖母の介護はほぼ母任せでしたが、できる限りのケアをするようになりました。

    と、うちは結果オーライでしたが、やはり何かしらのサインは必要なのかと思います。

    長文駄文失礼しました。

    ユーザーID:5524627307

  • 毎日お疲れ様です

    トピ主さん、はじめまして。日々本当に頑張っていらっしゃると思います。

    ひとつだけ。

    あまり”養ってもらっている”と卑屈にならない方がよろしいのではないでしょうか?
    もちろん御主人の働きあってこその生活です。ですがトピ主さんが日々なさっている事を放棄したら?
    家族は回らなくなりますよね。

    そしてご主人は口には出さないですがトピ主さんを全面的に信用なさっている様子。
    (トピ文から、お金の管理もトピ主さんがなさっているという前提でお話しています)

    ご家庭によっては奥様を信用できず専業主婦でもお金の管理を任せない御主人もおられます。
    パートナーから全面信用してもらうってすごく嬉しい事だと思います。

    もしかしたらご主人、トピ主さんを信用しすぎて無意識に甘えている部分もあるのかも。
    それも恐らく仕事の激務によるものかと。

    それからトピ主さんもたまに内緒で自分へのご褒美をしてみたらいかがでしょう。
    美味しいもの食べたりとか、ね。

    忙しすぎると不必要にモヤモヤすることありますものね。あまり無理なさらずに・・・。

    ユーザーID:5558435557

  • お疲れ様です。

    いい奥さんをお持ちでご主人は幸せですね。
    お子さんたちもいいお母さんで本当に幸せなお子さんたちですね。
    でも、その幸せの中にいるとその幸せの有難味に気づけないのだと思いますよ。後になってその有難味を知り、感謝するときが来るでしょう。

    それと同じで、トピ主さんも実は幸せのど真ん中にいて、いまの幸せに気づけていないのだと思います。
    お子さんやご主人が笑顔で健康でいてくれることが、どれだけありがたく幸せなことか…。

    後々、心の中でお互い感謝するときが来ると思います。
    それを相手に伝えられるかどうかはわかりませんが、みんな後になって感謝するものなのだと思いますよ。それでいいのだと思いましょうよ。

    自分も苦労しているのに、自分ばっかり人を労って損をしている気になるならば、意識して「毎日たいへんね」などと言わずにおいてはいかがですか?

    花のことですが、一緒に買い物に行ったときにいつもなら「これ買ってもいい?」と訊いてから私が預かっている家計の財布から私が支払うのですが、私はときどき夫に「買って」と頼んで夫のお小遣いで買ってもらいます。それでも嬉しいものですよ。

    ユーザーID:5547105806

  • きっと私の妻には、羨ましがられます

    >結婚前付き合っている頃は誕生日やクリスマスには必ずプレゼントをくれる彼でした。
    >でも結婚し子供ができて夫は仕事に、私は家事育児にと日々怒涛のように追われるうちにいつしかそんなことはなくなってしまい、覚えている限り最後に夫からもらった物は最初の子の妊娠がわかった時、明らかに1000円程度とわかる花束でした。(1000円でも貰えるだけまし?)

    ハイ、貰えるだけましです。

    うちなんか、結婚前からしてプレゼントなんて記憶にありません(笑)。もちろん、結婚後も一切ありません。家庭の内情は似ているかな(子供は二人(成人した)の専業主婦で、経済的には恵まれてるが、夫は激務)。
    そんなわけで、妻は「こんどの○○プレゼントはこれを買うね」と一方的に通告して、買ってしまいます。

    不満は溜めこまずに文句言いましょう。
    私は同様の文句に対し、ずーと昔から「そんなもん考えてる暇も買いに行く暇もない。自分で見繕って買っていい」と言ってあります。

    解決に役立ちますかどうか。

    ユーザーID:6854509579

  • ねぎらってほしいと夫に直接伝えましたか?

    一部(多くかも)の男性は察しません。
    「奥さんがねぎらいの言葉をくれる」=「じゃ自分もねぎらいの声掛けよう」
    という思考回路にはならないようです。

    「自分から催促してまで言ってほしくない」と思うなら、
    もう言葉は期待せずその分すこし手抜きしてみては?
    手抜きがかえってストレスになるようならお勧めしませんが。

    私はいい年ですが(40代)ふざけて催促しますよ、
    たいしたことない事で。

    「今日窓ふき風が冷たくて大変だった〜。頑張ったねって言って」
    「髪切ってきた、可愛くなったって言って(お題とそれますが)」

    夫は(やれやれ)という感じで
    「それは頑張ったねーー(棒読み)」
    「可愛くなったねーーー(さらに棒読み)」と言います。
    でも顔をみると笑っています。

    私から夫へのねぎらいの言葉、褒め言葉は当然しょっちゅうです。
    結婚6年目ですがわりと円満です。

    ちなみに家事全般しますが「ややぐうたら妻」で
    夫の家事協力度も高いので
    全て全力で取り組んでいるトピ主さんのことはとても尊敬します。
    体調に気を付けてくださいね。

    ユーザーID:3296478024

  • お母さんありがとう。

    いつもおつかれさま。ありがとう。

    たぶんご主人も子供たちも感謝してると思いますよー。
    あたたかいご飯があってきれいに洗濯してもらって掃除してもらって… あたりまえになりすぎて、お礼の言葉がなかなか出ないんでしょう。

    当たり前が当たり前でなくなったとき… 気が付くんですよね、そのありがたさに。


    でもトピ主さんの悩みはとても幸せな悩みだと思います。
    幸せな人でなければ悩めない悩みかな。

    ユーザーID:9211657742

  • わがまま。ぜいたく。

    金銭的に豊かで子供が大きい専業主婦がそんなに大変ですか?
    「山のような洗濯物」だって、洗濯機を1回余分に回す程度の話でしょう?
    掃除? もしかして、部屋の角を楊枝でつつくような掃除をして、「私はこんなに大変!」なんて思ってます?
    買い物と料理と片付けで一日にかかる時間はどの程度ですか?
    もしかして毎日一時間もかけてゆーーっくり買い物していらっしゃる?
    トピ主さんが独身で自活していたら今と同レベルの生活ができるほど稼げるのですか?

    ユーザーID:5760849859

  • 贅沢です

    会社だってお互い最小限の労いしかしません。

    「お疲れ様」とか「ありがとう」とか。

    それでもみんな働いています。

    主さんのご家庭では「いただきます」「ごちそうさま」「ありがとう」は

    いわないのですか?

    それともご主人やお子さんが「いつもこんなに美味しい料理を沢山作って

    下さってありがとうございます」とか

    「今日も気持ちよく眠ることができるのはトピ主さんがシーツを洗濯して

    くれたおかげですありがとうございます」といちいちいわないとダメなんですか?

    お給料の全額を渡すということはそれだけで最大限の信頼の証であり、

    労いだとおもうのですが、その重みをわかってますか?

    ユーザーID:8529813248

  • お気持ちは、わかります。

    お気持ち、わかります。

    ただ世の中のみなさんがやっていることです。
    というか世の中、フルで仕事をしながらトピ主さんと同じことをこなしている方も大勢いますよ。
    更に介護なさっている方もおられるんです。

    申し訳ないのですが、トピ主さんの「頑張っていること」は、ごく当たり前のことなんですよ・・・。

    ご主人があなたに対して「ありがとう」の労いがないのは、恐らく「当たり前」って思っているからじゃないですか?

    家族のためにすることを「してあげている」と思うから労ってほしいって思うんじゃないでしょうか?「してあげたい」からするものではないでしょうか?「してあげたい」からすることにお礼や労いって求めないと思うので。

    ユーザーID:2170547867

  • 更にちゃんとすれば良い♪

    貴方は、ちゃんと主婦をして居るので、疲れていると思います。
    ご主人に言葉で労われるよりも、もっと嬉しい自分への労い方法が有ります。
    ご主人に内緒で自分だけのヘソクリをしましょう!
    ちょっと悪いかな?と思える金額のヘソクリを貯めましょう。
    トピ主さんには、子供の成長とご主人からの感謝しかご褒美が無いのでしょう。
    もっと、ハッキリと目に見える確かな報酬(ヘソクリ)を自分でしたら良いじゃないですか。
    いつか、家族が何かで困った時の為に成りますしね♪
    ご主人の為に使えば内助の功だし、自分で使えばご褒美と言う事で良いんじゃ無いですか?
    ただ、余りにも頑張り過ぎて、身体を壊さない様にね♪
    たまにランチで自分の母親を誘って、ご主人に内緒でお寿司でも食べに行っては如何ですか?
    今以上にご主人に感謝出来ますよ♪(もうしてたらすみません)

    ユーザーID:9096719454

  • これからです

    asukaさん。本当にご苦労様。
    asukaの奮闘ぶりが目に浮かぶようです。
    お気持ちよく解ります。

    夫婦にも色々な時期があると思います。
    今まではご主人もあなたも、それぞれの仕事・役割に邁進されてきた
    文字通り<働き盛り>の時期だったと思います。

    本当にご苦労様です。

    でも
    これからは違います。
    いえ、変えてみませんか?

    お子様もそろそろ手が離れてくると思います。
    お互いに<役割>を離れ
    夫と妻として
    一人の男性と一人の女性として
    向き合ってみませんか?

    そういう時間を取り戻して
    熟年の良いカップルとして、新しい関係を築いていきませんか?

    少しずつ足掛かりを作ってはいかがでしょうか。

    その際に、決して「あなたは〜〜」(「あなたはちっとも労ってくれない」)と
    ご主人を主語に話さないで下さい。
    これは非難・攻撃になってしまい、喧嘩になるだけです。

    「私は〜〜したい」(「レストランに連れて行って欲しい」)と
    自分を主語にして、あなたのやりたい事を伝えてみて下さい。

    お二人の<楽しい>時間を取り戻しましょう。

    ユーザーID:1440382222

  • う〜ん

    頑張りすぎていませんか?
    ご主人に労ってもらえないと、悶々としますか?
    私は無理しないので、お気持ちがよくわからないのですが…
    花束が欲しかったら、自分で買いますし(笑)

    トピ主さんの楽しみって何ですか?
    もっと人生を楽しんだ方がいいと思います。

    ユーザーID:3776380324

  • 自分へのごほうび

    プレゼントやねぎらいの言葉がなくて寂しいのなら、自分で自分への
    ごほうびをしたらいいんじゃないのかな。

    私もそうですが、私の周りのママさんたちはみんなそうですよ。
    「これ自分へのごほうびで買っちゃった!」ってみんな嬉しそうに話して
    見せてくれます。

    20年一緒にいて、何もないご主人なら自分から楽しいこと、うれしいこと考えて
    行動しないとつまらない人生になっちゃうよ。

    お子さんもそれくらいの年齢になると家事も少々手抜きしても全然Okでしょ。

    ユーザーID:2724470364

  • 気持ちわかります

    現状で、出来る範囲でお仕事をしてみてはどうでしょう?
    パートでも、在宅ワークでも。
    どんなに稼ぎが少なくても、自分で稼いだお金は特別です。

    専業主婦でいると、家の中のことばかりに目が行くようになり、世界が全部家の中、になってしまいます。
    一歩外に出ると、いろいろな目線で物事を考えるようになります。

    自分が稼いでみて、やっと、「こんなに稼いでくれる夫は相当頑張っているんだな」と実感できると思います。
    今は、言葉では「お疲れ様」と言っていても、本当に、心の底から旦那様の大変さを理解した上で労っているのでは、たぶん、ないでしょう?

    旦那様も、トピ主さまの大変さがわかってはいない。
    お互い様です。
    わかってほしいと望む前に、自分が相手を理解するようにしてみては?
    そして、まずは旦那様に、花束なり何か好きなものと一緒に、感謝の気持ちを表してみましょう。
    そうすれば、旦那様からもリアクションがあるはずです。

    対価が見えにくいものに対する感謝・労いを願うなら、相手が感謝・労いの行動をしやすいような状況を作るのがいいと思います。

    ユーザーID:0077921523

  • ねぎらってもらいましょうよ!

    トピ主さま、お疲れさまです。
    厳しいご意見もあるようですが、私はそのお気持ちは当然だと思います。

    同世代でおそらく似たような状況の専業主婦ですが、幸せなことに、夫は結婚記念日の帰宅に花束とケーキを欠かしたことがありません。
    結婚前も後も誕生日やクリスマスのプレゼントで喜ばせてもらった記憶は薄いのですが、彼の中ではまさしく「ありがとうの気持ちと一緒に花束」なのでしょう。

    でも、これは私の躾(?)でもなんでもありません。
    どうやら、義母が義父にプレゼントをされるのが当然な人だったようです。(欲しい物をはっきり言うタイプの義母、なるべくそれを叶えてやろうとする義父)
    イベント前の「何か欲しい物ある?」という夫からの問いに(専業のひけめで)「何も」としか答えられない私なので、この形になったようです。

    お陰様で、我家の子ども達は、夫は年に1度は妻を目に見える形でねぎらうもの、と刷込まれています。
    夫の花束は「いかにも」という大きさなので、あれを持って帰ってくるのはある種の勇気がいるかもしれませんが…お子さまの将来の為にも、たまにはねぎらってもらう方が良いと思いますよ?

    ユーザーID:9081541156

  • わかります

    男性と女性の表現方法って違いますよね。
    十分な稼ぎを渡し、安定した生活環境を与えている。それこそが愛情だと。
    でも女性は何気ないひと言や、記念日を大事に思ってくれる事が大事だったりする。
    その溝が大きくなって埋められなくなると、2人だけの生活になった時に破綻するんでしょうね。
    女性の忍耐もある程度は必要だろうけど、男性も早く気付けよと思います。
    退職してから妻孝行しようたって、もうすでに妻は望んでないなんて事になりますよね。
    トピ主さんは十分頑張ってると思いますよ。

    ユーザーID:2598757073

  • いや、いつまで子供みたいなことを?

    > 結婚前付き合っている頃は誕生日やクリスマスには必ずプレゼントをくれる彼でした。でも結婚し子供ができて夫は仕事に、私は家事育児にと日々怒涛のように追われるうちにいつしかそんなことはなくなってしまい

    夫婦間で、誕生日やクリスマスにプレゼントを贈るなんて風習は、日本にはありません。
    恋人間ではあっても、夫婦間にはないんです。昔から。


    それと。

    > でも私だって家事・育児という対価が目に見えない仕事に全力で取り組んでいるのです。

    これはどれだけ『向上』しましたか?


    > ほんのちょっとでもいい、労って欲しいと思うのは贅沢ですか?

    向上しているならば、贅沢とは思いません。
    が、5年前と同じ事を同じようにやっているだけならば、贅沢でしょうね。

    ユーザーID:1271011193

  • 私も働くに一票

    ご主人がたくさん稼いできてくれるから働く必要はないんでしょうけど、少し働いた方が視野が広がると思います。
    自分で稼いだお金で趣味を持つでもいいし、自分にご褒美にアクセサリーの一つも買ったらいい。
    ねぎらって欲しいとおっしゃいますが、そもそもご主人との会話はどれくらいしてますか?
    もし、会話自体が少ないなら、やはり働いてみることをお勧めします。
    会話の質も変わってくると思いますよ。

    難しい年齢のお子さんなら、少し放っておいてもいいでしょう。
    むしろお母さんがなんでもしてあげるより、家の手伝いをさせるとか、自分のことは自分でやらせては?

    ユーザーID:3996691075

レス求!トピ一覧