• ホーム
  • 話題
  • 注射の上手い人って、どうして上手いの?

注射の上手い人って、どうして上手いの?

レス13
(トピ主1
お気に入り62

生活・身近な話題

さやか

変な質問ですみません

よく献血に行きます

毎回、刺すときは痛いです
献血の時は、一時、痛みを感じます

それが、この間は、それほど痛くありませんでした
その後、針が刺さった状態の違和感もありません

この日は、たまたま鈍感だったのかな?としか思わなかったのですが、今回、また同じ看護師さんで、痛くありませんでした

ほとんどの看護師さんの注射が痛いのに、どうして、この看護師さんの注射は痛くないんだろうと気になっています

なにかコツがあるのなら、なぜ他の看護師さんはできないのかな?とも思ってしまいます

ユーザーID:9258156486

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あるある〜

    私もたまにあります!ま〜ったく痛くないこと!

    一回目はあまりにも採血時に痛みがなかったので看護師に
    聞いてみたら、「場所よ!場所!」って言ってた。

    二回目、インフル予防接種がまったく痛くなかったので
    医者に聞いてみたら。

    皮膚の下はザルのような網目のようになっているらしく、
    ちょうど、網目の穴になっている部分に針が入ったら痛くないと言ってた。

    ほんとかはよくわかりませんが。

    ユーザーID:8703498495

  • 私も知りたい

    所謂うまい人…ですよね。
    なにが違うんだろう?
    私も知りたいです。

    ユーザーID:9681452293

  • ありますね〜♪

    看護師です。

    私も日常的に注射しています。

    確かに、「今日は痛くなかった」、とか「今日痛かった〜」とか患者さんから言われます。

    皮膚には痛点という痛みを感じる部分があるようで、無数に点在してるそうです。

    見た目からは全く見えないので私達看護師も神経を避けながらの注射に注意は出来ますが、流石に痛点までは意識できません。

    一か八かといった所かも…
    なるべく痛くないように、針の角度や周りの皮膚を摘んで進展し痛みを分散するなど工夫はしているのです。

    痛かった場合は、本当に申し訳ないのですが、しかたない…というしかないかもです。

    ユーザーID:4855837649

  • 採血ですか? 注射ですか?

    献血なら採血ですが、採血は「慣れ」です。
    痛みは、針を刺す時だけのはずです。

    大きな病院だと、採血専門の部屋があり、
    そこで三人ほどの看護師が、ひたすら採血してます。
    一年も経つと、誰でもうまくなるそうです。

    一方、注射は「薬液を体内に入れる」のですから、
    針を刺すだけの採血とは、全然違います。

    痛み方は、注射する部位によっても違いますし、
    また薬液によっても、かなり違います。

    すごくおおざっぱに言うと、サラサラの薬(液体)を入れるより、
    ドロドロの薬(液体)を入れる方が、当然痛いです。

    とはいえ、医療者にも器用・不器用は存在するので、
    器用な人は、「痛くない処置」の習得が、比較的早い気はします。

    ユーザーID:8099474122

  • 経験!

    看護師も人間なので、
    腕を上げるためには経験が必要です。(もちろんその人のセンスもあるかもしれませんが。どんな職種でも向き・不向きがありますから。)
    上手な看護師はそれなりの採血経験があるのだと思います。

    その他の要因は、採血する場所で痛みの感覚が違う
    採血した時にたまたま痛点にあたらなかったので痛く感じなかったというのも要因になるかと思います。

    ユーザーID:8780912445

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • ありますね

    私は通院のたびに採血をしますが
    私は血管が細いので見つけにくいといわれてますが
    女性看護師さんだとチクッと痛く、なぜか男性看護師さんだと痛くない
    女性でもベテランさんも痛くない
    まったく痛くない人は痛くないのよね

    何でだろう?ねぇ

    痛くてたまにピリピリっと一瞬電気が走った感じがくるときもある。

    私の考えでは勢い? 見ていると女性看護師さんは戸惑うときがある
    しかし男性看護師さんだとここと思ったら勢いよく一気にさす
    これかな?しかしこの前やった採血はなよっとした男性看護師
    ちょっと痛かったんだよな・・・
    看護師さんに何で痛くないの?とか聞いてみたいが・・・聞けないな

    ユーザーID:2713723129

  • 手先が器用だから

    学校で、雑巾、縫ったことはないですか?

    初めてだから上手くいかない人もいれば
    初めてでも上手くいく人もいる。
    手芸が趣味で上手い人もいれば
    手芸が趣味なのにイマイチな人も(笑

    注射も同じだと思います。

    どんなにコツを教わっても
    最終的には手先が器用かどうかでしょう。
    すぐにコツをつかめる器用さか
    繰り返し訓練すれば習得できる器用さか
    どちらかがあれば、イケルと思いますよ。

    ただ、注射にかんしては
    痛いかどうか…より
    目的を達成するための一定のレベルがあればいいのだから
    中には、痛い人もいるんでしょうねー。

    ユーザーID:6191996198

  • テクニックとセンスかしら

    興味深いトピです。
    本当、痛い思いはしたくありませんよね。
    痛みの盲点に関しては、置いておいて(笑)
    もうこの回答に関しては、看護師のテクニックとセンスに尽きます。
    場数をこなして、技術を取得するしかないんです。
    針の先端は鋭角になっているので、この針先が皮膚を貫く時に
    ズズズッ・ザクザクッと鈍い手ごたえの時は、大抵「痛っ!」
    逆にスーッとスムーズな手ごたえの時は、「わぁ〜痛くなかった」と言われます。
    看護師にも、医師にも不器用な人はいるので
    「上手な人でありますように」と願うのはある種賭けですよね。

    これを読んでいる下手っぴな看護師や医師は切磋琢磨してほしいと
    切に願います。

    ユーザーID:2451778338

  • 針を入れるスピード

    針を入れる痛みは針の太さ、針を入れるスピード、神経の分布が関係しているようです。針を入れるスピードが結構重要で、刃物全体に言えることですが速く動かすほどよく切れるし、時間も短くなるので痛みを感じにくくなります。たとえば新しい紙の端っこはゆっくり押えても全然切れないのに、さっと当たると指から出血することがありますよね。注射が上手な人は血管に狙いをつけて、さっと勢いよく入れています。

    ユーザーID:4474019442

  • 技量もあるかと

    私は透析患者です。
    毎回、注射より太い針を血管の中に穿刺してもらうのですが、これが担当者により大違いなんです。

    もしかして皮膚の下も見えているんですか?というくらいピタッと上手に刺す人、「い、いた…痛いです〜(涙)」の(はっきり言って下手な)人、全然違います。
    痛いときはたいてい内出血になります。

    技師さん、看護師さん、お疲れさまです。
    私を使って経験値を上げるのですから、どうか私のライフポイントも上げてください。お願いします。

    ユーザーID:6891502733

  • みなさん、ありがとうございます

    ベホイミ様まで拝見しております

    注射ではなく、採血でした

    献血前の検査の採血は刺すときだけ痛いですが、献血の時は、一時(1分くらい?)はいつも痛みを感じます
    ただ、痛みが短くても、内出血(3cm位)ができるときもあります
    私の場合、今日は痛いなぁと思った時は、不思議と内出血はできません

    たまたまの偶然という意見と、技量という意見もありますね
    もし技量なら、上手な看護師さんと出会う確率がもっと高くなるのでは?と思ってしまいます
    その看護師さんの年齢はアラサーだと思います

    昔、知り合いに男性看護師さんがいたのですが、彼は注射が上手いと同僚からよく言われるというのを聞いたことがあります
    男性看護師からの注射(採血)の経験はないのですが、興味がでてきました

    今度、その痛くない看護師さんに、当たった時は、刺す瞬間を見てみようかなと思います

    ユーザーID:9258156486

  • ご了承ください

    静脈注射と採血は目的が違います。

    静脈注射は必要な薬剤を静脈内に注入すること。

    採血は検査や献血のために血液を採取することです。

    ちなみに、
    インフルエンザの予防注射は皮下注射です。

    検査用の採血に比べて
    献血用の採血は
    血球などの成分を守るため太い針を使用するとおもいます。


    採血・注射の種類
    看護師さんの経験・センスなどにより
    うまいヘタはあると思います。

    ほとんどの看護師さんは上手くなりたいと思ってます。
    努力もしていますが、
    経験・センスは伝承しきれるものではありません。

    ご了承ください。

    治療で頻回に注射が必要な方はポート造設検討を。

    ユーザーID:2213299232

  • presidentさんに一票

    わたくし 長年透析してます。
    じまんじゃありませんが、手首をもたれた時の感触で下手な人はだいたいわかります。

    上手な人は動作に無駄がないです。

    そして一番のポイントは針を注入するスピードです。表面の皮膚が適度に張りのある状態に左手でして、
    無理やり血管に突き進まず、
    ほんの一瞬針を入れた後一呼吸して、
    息を吐く感じを刺す人刺される人が 共にするといたくないみたい、

    力任せにやる人は下手ですが、
    本人は下手だと思ってないみたいです。

    そんなことより、痛みを感じなくするシールもありますし、
    刺される直前に
    一分ぐらいつねっていると痛みに鈍くなるようです。

    ベテラン患者のわたくしとしては、上手してもらわなくてもよいから、針がうまく入らず内出血になることがお悩みです。

    ユーザーID:3633193345

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧