現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

母が亡くなったあとの父と娘の関係

イチゴジャム
2012年12月17日 11:54

はじめまして、イチゴジャムです。

今年母を亡くしました。59歳でした。
私は一人っ子で結婚して家を出ています。

父との関係で悩んでいるのですが、
母を亡くしてから父は日に日に落ち込んでいきます。

食事もコンビニかカップ麺かで野菜不足。
でも私が作った料理は嫌がるので
作っていっても食べてもらえず心苦しいです。

1日電話をしないと心配でたまらないのですが、
電話をして例えば「調子はどう?」ときくと、
「悪い。じゃあな。」という具合ですぐに
切られてしまいます。

その反面実家にいったら嬉しそうにしてくれる
ときもあるのですが・・

私は心配しすぎなのでしょうか?
父と娘の関係ってこんな感じですか?

うちは一風変わっている気がするので
これまでの関係を書いてみます↓

実は、これまで私は父とほとんど直接
喋ったことがなく、物心ついたときから
父との会話はほぼ母を通していました。

だから父のイメージは母を通して作られたもの。
そのイメージは「自分勝手でわがままで、
お金に執着があって傷つきやすい父」。

だから正直わたしはずっと父が怖かったです。

ところが、母が病気になり父と直接話す機会が増えると
私が直接見る父は母が言うものとは違いました。

とても母さん思いで献身的に看病し、治療のためには
お金もおしまない。逆にものすごい戸惑いました。

病気で辛い母に優しくしたい時なのにすごく疑問を
持ってしまった時もあります。私という人と、
父という人、母を通して何か変換されてるような気もして。
それだけ母に頼っていたってことなのかな・・。

こういった今までの父娘関係の育み方で
いまこんな訳が分からずに苦しいのかなぁなんて思ったり
します。同じような感覚の方いますか?

ユーザーID:3881991422  


お気に入り登録数:30
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:6本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
わかる、わかります!
まどか
2012年12月17日 12:58

私も一人っ子、父はずっと怖く、母経由がほとんどでした。
近年母が認知症になり、父と対することになり母経由だった父の印象が180度変わりました。同時に母が結構私に嘘をついていたこともわかりました。(ウソもあり、母の勝手な想像を断言したものもあり)

ずっと怖かった父のその理由も、私も母も知りませんでしたが男性の更年期障害から来るもので、父がひとりでそれに取り組んでいたことも知りました。(うちは現在70代です)

昔は「母が先に亡くなって、父と私が残されたらどうしよう」とよく思っていましたが、今は母のいろんな面がわかったこともあり、父が健在でよかったと心底思っています。

とにかくお父さんと仲良くなること。
夜一緒に話したり、一緒にでかけたり、2.3日に一度は返事が無くてもメールしたり。
そうしてると全然違ったものが見えてきました。

私の経験上「自分勝手で我儘」と娘に父親像を植え付ける母親にには問題があります。

今までの関係はあまり問題しなくてもこれから仲良くなって行けますよ。
父と仲良くなってただ今3年目です。

ユーザーID:0290163174
そうですねぇ・・
ao
2012年12月17日 13:01

いろいろ辛いですよね・・

私も母を亡くして、今父と二人暮らしです。
私はトピ主さんと違って独身なので、いろいろうまくやってますが・・
トピ主さんはいつも一緒にいれないから心配ですよね。
でも、お父様もあなたとの関係に戸惑ってるんだと思います。
他に兄弟もいないことあって、二人っきりで何話していいのか・・
あなたと同じように上手に出来ないだけでしょ。
昔からほとんど会話もしてなかったようだし。
急に二人っきりの状態で仲良くなんて出来ませんよ。
でも、これから新しい関係はいくらでも築けると思います。
今からお父様を知っていけばいいんじゃないですか。
うちも母を通してたところがあるから、母が亡くなってから意外な事に気づきもありましたよ(笑)
実家に行ったら嬉しそうにしてくれる事もあるようだし。
もう頻繁に顔出すしかないですね(笑)
お子さんでも出来たら、孫見たさにまた関係も変わってきますよ。
料理も家で作って一緒に食べたりしたら?!
おいしいものを外に食べに行くのでもいいし。
二人とも寂しいんだよ。頑張ってください。

ユーザーID:6570249635
まどかさんへ
イチゴジャム(トピ主)
2012年12月17日 18:49

レスありがとうございます。

分かってもらえる人がいて少しほっとしました。

まだ今の段階だと、父と色々本音で話すのは
ためらってしまい、かなり言葉を選んだりして
しまうんですが、

これから少しずつ時間をかけて、
今まで29年やってこなかった分、
これからは時間をかけて父と向き合って
いこうかなと思ってます。

まどかさんはお母様が認知症とのこと、
本当に大変なこと色々あると思いますが
お体に気をつけて寄り添って差し上げてください。

ユーザーID:3881991422
aoさんへ
イチゴジャム(トピ主)
2012年12月17日 19:00

レスありがとうございます。

そうですね、、もしかしたら自分が寂しいのかも?
自分と同じくらい父が寂しがってるんじゃ・・と思うと
心配になっている気もします。

こればかりは、時間をかけるしかないんでしょうね。
時間をかけてゆっくり色々知っていきたいです。
どうも今は心配のあまり焦ってしまって・・

まだ子供はいませんが、もしできれば
何か変化のきっかけになるかもしれないですよね。

励ましてくださってありがとうございます。

ユーザーID:3881991422
上手にまとめれるかな 長文失礼します
桜桃
2012年12月18日 9:46

あまり深く考えこまず自然に任せて…。
人には色々な側面があるのです。お母様も他意があってではなくお母様にとってはそういうご主人だったのではないですか?
人間は本当に身近な存在の前では素でわがままを言えたりします。

うちは子供時代は母は父をたてたりしていましたが私が大人になるにつれて父親の愚痴を言うようになりましたよ。母なりに不満あっても子供への影響など考えて夫をたてていたりしたようでした。
内容はトピさんのお母様とそっくりです。わがままでお金に渋いなどです。
確かに父はすごい倹約家でした。
でも母が入院してからはひたすら献身的に看病し、お金も母が快適に過ごせるようにと惜しまず使いました。
とても立派な夫だったと思います。

もともとは結婚するぐらいだしそういう関係だったのではと思います。ただ長年一緒に連れ添うとそれなりに色々あり喧嘩をしたり相手に不満がでたりするのでしょう。それでもやはり病気になったりすると相手の大切さを知ったりするのでは?

ユーザーID:6425836020
続き
桜桃
2012年12月18日 9:48

人として自然なことでしょう。お母様もきっと病床の中で夫の優しさを感じて幸せだったのではないでしょうか?まあ時に病人はひがみっぽくなるのでそれを素直に受け止めれてばかりではないでしょうが。

今お父様は辛い時期だと思います。でも時が必ず傷をいやしてくれます。
うちの父も看病で激やせ。最初は食欲もなかったようですが根気よく近所に住むおばたちが差し入れをしてくれて(私は遠距離でなかなか帰省できなかった)今では料理も覚えて近所でスイミングを始めそこの人と交流もったりでそれなりに楽しく過ごしているようです。

今トピさんができることはわだかまりを捨てて新たにお父様との時間を楽しむことでは?離れた時間が多いからとまどうでしょうが一緒にいるうちに相手の希望もわかってくるとそれなりに楽しく過ごせると思いますよ。

ユーザーID:6425836020
 
現在位置は
です