普通学級か支援学級か

レス29
(トピ主2
お気に入り70

妊娠・出産・育児

2児の母

こんにちは。
今春から小学校へ入学する息子がいる母親です。

息子は2足歩行が遅かった(1歳10カ月で掴まり歩きで、一人歩きができませんでした)がきっかけで2歳の頃から療育を始め、
言葉の発語の遅れから言語訓練や発達検査では全体の発達が同学年の子より1〜1.5年ゆっくりしているということで、グループ療育を受けていました。

現在は言語訓練のみです。

去年の11月の就学相談の結果では、息子は「支援学級」ということでした。

わたしたち両親はあまり納得できていません。

納得できない理由としては、
・発達障害の●●とか病名が無く、ただ、「全体的な発達が遅い…言語、運動面、手先の器用さ」で支援学級というのは極端すぎるのでは?
ということにあります。

でも、教育のプロの方々が私たち両親との面談や息子の幼稚園での生活を見に行って下さったりして出した結論が「支援学級」なので、それに従う方がよいのか、悩んでいます。

通う予定の小学校の支援学級を見学させていただきましたが、息子の様なタイプが(同学年の子より幼い感じで、大勢の中より個別に見てもらえる支援学級の方が向いていそう?)いないので、なんか、支援学級とは違う感じがしています。

ちなみに、私たちの住む地域では、学科によって普通学級と行ったり来たり出来る(両方に籍がおける)システムはありません。
遠足やら運動会やら行事によっては交流があるようですが、基本的に籍はどちらかにしかおけません。

ユーザーID:7060853946

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うちも似たような感じ

     今年長男が小学校です。おそらく支援級適と判断されると思います。私は支援級を選びたいと考えています。夫は納得いかないと思いますが。

     長男はできるところは月齢以上のことができますが、できないところは本当にできない。現在年少4歳の次男もいますが、「次男にはできるが長男にはできない」「長男が次男にフォローされている」「長男の幼稚園の報告事項が次男の解説でようやく理解ができる」という事態まで発生しています。もちろんその逆であることもそれなりにあるのですが…
     そして、幼稚園や習い事とかの様子を見ていると、同じ月齢の子供たちの中でちょっと悪い意味で目立つ感が増えてきました。長男も十分成長してるのですが、周りは長男以上のスピードでもっと成長してます。


     トピ主さんが思ってる以上に、周りとの差って大きいですよ。私はそれをこの1年で身をもって体感しました。で、普通級で本人が困るんだったら、わりと手厚い支援級でとりあえず1年は様子をみたいという結論に達したわけです。決め手となったのは、学校見学で支援級に在籍してるほうが融通が効きやすい感があったことですが。まあ、参考までに。

    ユーザーID:7521556041

  • 我が家の場合

    こんにちは。トピ主さん夫婦の気持ちが 判ります。 我が家の娘 (春から 中学入学ですが)

    娘も 役場、保健師、保育所の先生方に 支援学級に 勧められましたが、 私達夫婦は 入学して 担任の先生、 校長先生方から 打診されたら 支援学級を 考えて行きますって 言い続けました。

    結果は 三年から 支援学級に 在籍はしましたが…

    お子様の事が一番 関わりを 持っているのは 勿論両親です。 後は 余所者ですから…
    夫婦で しっかり 話し合ったらいいですよ。
    何も アドバイスに成らなく すみません。

    ユーザーID:6073614850

  • 専門医は何て?

    我が家の次男も4月から1年生。
    やはり歩くのが遅く、1歳半健診でひっかかり、ずっと発達の専門医にかかっています。診断名は「広汎性発達障害」、言語療法と作業療法を受けています。

    担当医から支援級を考えるように言われましたので、
    市の就学相談を受け、IQをだしてもらったところ、91で普通級との判断でしたので、普通級に進学します。

    3月生まれなので現在まだ5歳ですが、6歳レベルの課題をパーフェクトでこなす一方、3歳児レベルの問題がとけない、などでこぼこがあるため、担当医は診断名をつけているようです。

    念のため、入学までに担当医の診断、市の判断の資料を持って、副校長と面談をすることになっています。

    私が住む市は、支援級にするか普通級にするか、親の意見を尊重してくれます。

    ただ、やはり親は普通級と思っても、現実は厳しく、1年もたたずに支援級のある学校に転校したという話も聞きました。

    行政の担当者だけでなく、専門医のアドバイスも参考になさったらいいのではないかな、と思います。

    ユーザーID:2101183060

  • うーん・・・・

    広汎性発達障害の診断をもらっている子がいます、普通級です。

    障害名のあるなしではなく、お子さんの状態が定型発達の子の中でやっていけるか、をお考えになったほうがよろしいかと思われます。

    ・身辺自立が出来ているか・先生の指示が理解できるか、行動できるか・クラスメートと意思の疎通が出来るか

    小学校の先生も一人の子に付きっ切りで手厚く指導できません。皆、全体的にある程度が出来てる、という前提で進んでいきます。

    去年子どもが入学してから、子どもの学校や療育先のお友達の学校の情報を交換していて感じたのは、学校によっても対応が違うし担任の先生によっても障害に対する考え方が違うので、支援級普通級どちらに進めばよい選択になるのか賭けっぽいところもあるのですが。

    親としては悩むところだとは思いますが、お子さんが入学後楽しく生活できる場所のため、頑張ってください。良い先生にめぐり合えますように。

    ユーザーID:6838580507

  • うちもそうでしたね

    現在16歳(高1)の娘が、小学入学前診断で同様の判断を頂き、入学前に小学校長とお話をした際、学校に支援級自体なかったため、数年間は通常級に補助一人付ける形で話がついて入学したものの、2年生に上がるとき、やはり支援級に行くよう促され、転校いたしました。

    娘の診断は、広汎性発達障害(自閉症少々あり)でIQも85〜90で、凸凹な知能+精神障害(精神年齢が2〜3才下)と、娘と同様の障害を持つ、という人はいない障害を持ち合わせておりました。

    支援級には、同じような子がいないのはそのためです。
    同じ障害を持つ子は特別支援学校に、が分け目。

    支援級は、障害の度合・程度が軽めのお子さんたちが来て、それぞれの成長に合わせて勉強していく場、と認識するといいかもしれませんね。

    支援級がある学校をいくつかピックアップして見学してみるといいですよ。

    小さい時はその先が見えなくて、どっちがいいのか、と悩みましたが結果、高校卒業後、の進路を視野に入れると支援級も普通級も本人がどちらもどれだけ行きたいか、で選べるようになります。
    一年単位で毎回検討してみては?

    ユーザーID:1915028166

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 支援級へ通ってください

    プロが、支援級を薦めているのですから支援級へ進んでください

    自分はほかのお友達と同じことが同じ速さでできない
    と悩んだらどうしますか?
    勉強だけならともかく、給食の準備が一人だけ遅いために他の子を
    待たせることになり、結果、あいつのせいで給食が遅くなるといわれる
    体育の着替えが人よりも遅く、皆を待たせてしまう
    と、他の子と比べられてしまうことが毎日たくさんあります
    そのたびに担任がつきっきりになれば、他の保護者からクレームが来ることだって考えられます

    プロは
    普通級のなかでは生活一般において周りに追いつくことが難しいと判断したのだと思います

    ユーザーID:2146908299

  • 環境は大きいです

    こんばんは、とても悩む時ですよね。どちらにするかで子供の将来を親が決めてしまう様で…
    我が家の長男の時もそうでした。今5年生で広汎性発達障害との診断で支援級に在籍しています。
    どのような支援が必要なのかもその子その子で違いますし、発達の歩みの速度も今の時点ではわからないと思います。普通級でも小学1年生ではいろんなお子さんがいますし、それが当たり前の学齢だと思います。
    診断されていると学校側も先生方の負担なども考えて支援級を勧めることもあると思います。支援級から普通級へ途中で変わることは難しいです。普通級からはいつでも変われます。
    長男はその時の状況から支援級を選択しましたが、友人の子供さんはトピ主さんと同じような状況で行政、学校の判断で支援級とされ父親も賛成してましたが、友人である母親がせめて1年生だけでもと譲らず今普通級の1年生です。子供たちの中で大人が想像もつかないくらい順応していき、毎日楽しく通っているようです。環境は大きいです!長い人生の中でせめて1年子供さんの成長を信じてみてはいかがですか? 

    ユーザーID:0806982350

  • 越境通学などはできますか?

    専門家が勧めるなら支援のほうがいいと思います。
    ムリして普通に通って挫折してから支援に行くより 支援で思った以上に伸びたら普通に行く方が子供の為にもなりますし。
    うちは普通でもいけるとは言われてますが 支援(科目別)でお願いしようか迷ってます。
    というのもうちは3月生まれでただでさえ差があるところからの遅れなので・・。

    でも 通う予定の学校の支援級で同じような程度の子がいないというのは少し不安ですよね。
    とはいえお子さんの学年はどうなるかわかりませんし どんな子が来そうか探りを入れてみたらどうでしょう?
    現在 療育に言ってるならほかの親御さんから情報は入ってきませんか?
    もし 近くの学校の支援級に集まるこの方がレベルが似てるなら 越境通学も視野に入れてみては。

    ユーザーID:7509230902

  • トピ主です。補足とその後

    皆さま、親身にアドバイスを下さってありがとうございました。

    今は言語訓練(個別)のみですが、以前住んでいた地域では、学年ごとに分かれているグループ療育も週一で通っていて、息子も私も楽しく通っていました。
    また、懇談会が3〜2カ月ごとにあり、その前後の時間で親だけでランチ会等をしていましたので、療育時間に出来ない情報交換はランチ会でやっていました。

    今の幼稚園から、言語訓練に受けに行っているお子さんがいるそうなんですが、先生も教えてくれませんし、今は全く療育のことで話せるよそのお母さんが近くにおりません。

    以前住んでいた地域では、両方に籍が置けて、教科によっていったりきたり…だったのに、こちらでは普通学級か支援学級にしか籍が置けない。
    地域に寄って、療育に差があるので転勤族の我が家は戸惑っています。

    その後ですが、入学予定の校長先生から勧められて普通学級の様子を見学させていただけました。
    今月末に夫婦と息子本人を連れて、もう一度見学させてもらってから、決めたいと思っています。

    ユーザーID:0386678023

  • 家の息子

    下の息子が学習障害児です。苦手な科目も時間は、養護学級に行き、体育や音楽の時間は、現学級でいわいる通級をしておりました。小学校時代は、のびのびと過ごしておりました。また、他の子供達とも、先生方がしっかり指導して頂いていじめも在りませんでした。障害を個性として、息子に合った教育をして頂きました。息子は、工事現場で、働いてますが、彼女と生活しています

    ユーザーID:9030828835

  • 完全に分離されちゃうんだ〜

     うちの場合は支援級と普通級をいったりきたりができるのと、人員配置の問題を考えた上でそっちのほうが融通効くって思ったから、そんなに抵抗なく支援級って決めちゃったんですよね。しかも、難しい部分は支援級で過ごさせてそうじゃないところは普通級で過ごさせる条件付の支援級だから。

     トピ主さんのようなところだと迷っちゃうかも。
    集団の力で伸びてきたところもあるから、もったいないですよね。

     普通級で加配がついて、こどもに相性がよい人が担任って感じなら普通級でもありとは思いますけどね。

     見学する際には、その辺の事情も聞けるといいですね。

    ユーザーID:7521556041

  • なんか〆たあとかも知れませんが

    『両方に籍を置く』ということは出来ません。
    意味がないからです。
    支援級に〇人居るから 予算が云々とか支援員とか が決まるので
    両方というのはありえないんです。

    長男も小学校入学時、支援級在籍で なおかつ 交流学級の名簿にも(人数としても)カウントしてある、というだけでした。
    籍は支援学級だけど 一日に何時間かは交流学級で勉強、ということです。
    詳しいことは文部科学省のHPをみるなり、教育委員会にでも訊いて下さい。
    ただ、障害の度合いによっては 交流学級へ行くことは難しいとか、本人が嫌で行かない、ということはあります。
    そこの小学校が交流学級を一切持たないということはあまり考えにくいので
    もう一度、そこの校長かコーディネーター、教育委員会に訊いてみてください。

    ユーザーID:7618604596

  • 児童相談所は何と?

    医師の診断はもちろん必要ですし、加療の必要な状況下と想像されます。

    ところで、主さんの発言の中に「児童相談所」の語が出てきません。児童相談所は直属の精神科医の診断により発達障害の程度を認定し、それによって行政上の措置が取られる機関でもあります。そこでたとえば「C判定にもならない」と告げられたのでしょうか?

    子どもの発達障害については自治体によって扱いが異なるのですが、明らかな支援級通級相当の児童であればC判定ぐらいは下りそうな気がしますが。それによって税制や必要な支援措置がとられることもある(療育手帳の交付)ので、一度は足を運ばれた方がよいと思うのですが。

    もしまだなのであれば、一度児童相談所(児相)を訪ねられてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:4937541211

  • 第3の選択肢「就学猶予」

     専門家だから必ず正しい判断ができるかといえば大間違い。

     先ず一番大事な事はお子さんご本人が環境的に対応できるかを考えるべきです。

     結構こういう問題は本人以外の理由で成り行きで決定される事が多いのでとにかく相談しましょう。

     ちなみに我が家も結構「普通級」か「支援級」かでもめたようですが、行政と言うか学校から「お父さんはどうお考えなのですか?」と問われた際『私の考えは就学猶予と考えています。』と回答したら何故か普通級への就学が決まりました。
     (だって一年様子を見れば成長の度合いから充分にクラスへ入っていけると確信していたから、成長過程の説明がまともだったから世間体以外の理由で否定されることはなかった。)

     我が家の場合は「面倒は避けたい」と言う行政と言うか学校側の思惑で
    簡単に普通級になったみたいで現在それなりの学校生活を送っています。

    ユーザーID:3493231421

  • 判定をされないというよりも・・・・

    判定して貰う手立てをトピ主さん達親御さんが、まだされていないという
    ことなのでは?
    療育に通っているのだから、何か特別な病名などがあるのならば、そこで
    教えてくれるはずなんて思ってはいませんか?

    他のレスにもありますが、判定は児童相談所で受けるものですよ。
    医療機関では、子供さんには何かしらの障害などがあるものと腹を括っている
    ような親御さんでない限り、積極的に判定を受けるべきといった
    アドバイスはしない事と思いますよ。

    又、一つキチンと認識すべき事は「息子さんは発達の進度がユックリなだけで
    何処かで他の子供さんにも追いつく」ではなく「息子さんなりの発達の仕方。
    それは決して何処かで他の子供に追いつく訳ではない」というだと
    思いますよ。「発達の遅れ」という意味をはき違えてはいませんか?

    ユーザーID:5404007190

  • 両方に「籍」が置けることはないのでは?

    支援学級に在籍した場合、支援学級に担任の先生がいて主要教科を学び、その他に通常学級の決まったクラスに通級できるというシステムはありませんか?
    支援学級在籍になった場合、算数や国語は支援学級での個別指導をしてもらうとして、図工や生活科や体育も支援学級の先生が担当されるのでしょうか。

    診断名がなくても本人の行動特性によっては支援学級の方がよい場合もありますし、低学年のうちは通常学級でやっていける場合(家庭での念入りなフォローと担任との連携は不可欠ですが)も、診断名がついていても通常級で卒業まで過ごす子もいると思います。

    支援級在籍児童の障がい種別は年度ごとにバラツキがあるので、似たような子がいるかどうかは考慮しなくてもよいと思います。

    まずは、お子さんの行動特性(特に集団生活での言動)をご両親が把握する必要があると思います。
    現在いる幼稚園での適応はどうでしょうか。
    小学校生活は、幼稚園の枠組とはかなり違うので、支援級と同時に通常級の1年生のクラスの授業も見学させてもらうと良いと思います。

    納得できる進路を選択できますように。

    ユーザーID:5725564042

  • とりあえず一年、普通学級で

    >支援級在籍児童の障がい種別は年度ごとにバラツキがあるので、似たような子がいるかどうかは考慮しなくてもよいと思います

    というレスがありますが、大体の支援学級は人数が少ないので1年生から6年生まで一緒の教室で授業を学年ごと受ける(多ければ2クラスに分けるくらい)情緒の授業ではみな一緒に受ける事が多いので、トピ主さんが感じた「何か違う」という感は信じた方がいいです。

    現在3年生の友人の子は幼稚園より勧められて支援学級に進学しました。
    よくしゃべるけど頭のいいお子さんで、コミュニケーションが拙いかな、レベルでした。
    友人も入学前に「何だか幼い子が多いんだよね」と言ってましたが本人の為と信じて支援学級へ。
    結果「何故ここにいるのか理解出来ない」お子さんは荒れに荒れて一年生の殆どを棒にふりました。入学前にしっかり話したようでしたがおそらく本人の中でイメージが違いすぎたのだと思います。
    その後先生と話し合いほぼ普通級にいる支援学級の生徒を一年やり、今年度は普通級の生徒です。
    何の問題もなく、友達もいますよ。

    ユーザーID:0688719615

  • 補足です

    nekoさんのご意見を拝見して、ちょっと補足します。

    支援学級の学級構成は自治体によって異なるとは思いますが、例えば、肢体不自由、難聴、病弱児、知的、情緒などといった、障害種別(医療の分類や用語とはちょっと異なるのですが…)によって学級編成されていることが多いのではないでしょうか。

    主様が見学されたクラスはどの学級だったのでしょうか?
    主様がどのような点で「ちょっと違う」とお感じになられたのかはわかりませんが、
    例えば、肢体不自由児のいなかった学校に、新年度から新たに肢体不自由児が入学するとすれば、おそらく、肢体不自由学級が新設されることになるのではないでしょうか(自治体によって対応が異なる可能性はありますが)。

    つまり、来年度、既存の支援学級に所属することになるかどうかはわからない、ということです。

    そのような点も、ぜひ、次の見学の時にはお聞きになると良いと思います。

    また、年度途中での移籍や、支援級から通常学級、通常学級から支援学級への移籍がしにくい場合もあると思うので、その点も確認しておくとよいと思います。

    ユーザーID:5725564042

  • はじめは普通級でもいいかもしれない

    普通級でいったらいいじゃないですか、「やっぱり無理!」と思ったら、その時、移ればいい。

    小学校2年生の発達障害、広汎性発達障害の子供がおり、就学診断を受けて、週一回の情緒障害級にいきながら、普通級に在籍しています。

    全てにおいてみんなより遅れている、、しかも限りなく3月生まれに近い男の子、、ということで正直、ついていけるかとても心配しました。
    でも学校に行かせてみて、この子が非常に算数が得意な子であること、漢字が得意なことがわかりました。
    暗記力があるため、生活科も困っていないです。

    知的に障害がないなら、普通級でいけるかもしれません。
    ただ三教科(図工、音楽、体育)があまりにできないため、時々私は学校の様子を見に行っています。(担任の許可あり)

    うちの子供は「不思議な子」と思われていますが、目立つところの勉強(算数)がよくできるため、「すごく勉強のできる子」とクラスでは一目置かれています。

    親の私は反対に勉強以外のところのあまりの差に、落ち込むことがおおいですが、今は勉強が付いていけなくなったら支援級に!という気持ちです。

    ユーザーID:0724722293

  • トピ主です。児童相談所について。

    引き続きアドバイスをありがとうございます。

    児童相談所は虐待を通報する機関だと思っていたので、こちらでアドバイスを頂かなかったら、全然知りませんでした。

    それで早速地域の児童相談所に電話をしました。

    知的障害の程度の判定をしていて、療育手帳の判定機関が児童相談所です、とおっしゃっていました。(大人は別)

    電話でかなり詳しく子どもの様子を話したので、面談に伺うことも無く、会議にかかることになり、近日中にまた児童相談所から連絡がくることになりました。

    小学校をどちらのクラスにするかを決めるのは、児童相談所ではない、といいうことも分かりました。(既に連携をとっている総合教育センター)

    ユーザーID:7060853946

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 判定内容は様々な状況で目安になります

    児童相談所に赴かれたとのこと。行政上の扱いや税制上の措置、公的支援等、一定の情報を入手できますので、ご活用をお勧めします。

    私共の愚息の場合、支援級どころか支援学校相当を覚悟するレベルなので、迷うことすらなかったのですが、療育手帳を所持していれば、障害レベルを相手に知らせる目安にもなりますので、判定は受けておかれた方がよいとは思います。一方、我が子の障害を認めることを拒む親もいるようですので、そういったケースならば無用かも知れません…。

    また市役所を含む役場でも各種支援措置に関する情報を入手できます。レスパイトサービスのような情報は子育て支援?課が多く持ち合わせています。

    支援級入学判断は、私のいる地域では市教育委員会が担当だそうなので、居住地域で異なるという理解で良さそうですね。参考になりました。

    私の周囲でアスペルガー+多動でC判定児がいますが、ご家族は支援学校を希望しながら教委からは支援級入学を勧められ、逆に憤慨していたそうです。障害児にも手を掛けてもらう方がよいタイプがありますが、このことを教委が理解してくれないとか。

    兄弟が通うとなるとイジメの懸念もあるのに…です。

    ユーザーID:4937541211

  • 決めるのはご両親だから

    決めるのはご両親なので、専門家の方の意見も具体的に聞きながら
    (どうして支援級をすすめるのか、普通級に進んだ場合に何が懸念されるのか)
    納得のいく判断をされるのがいいと思いました。
    行ってみなければ分からない、という部分もありますよね。
    行った小学校の雰囲気にもよりますしね。

    ただ、普通級に進んだ場合でも、
    支援級を否定する発言を、お子さんにしないで欲しいなと思います。
    小学校3〜4年頃、子供によってはそろそろ思春期にさしかかるか、という時期から
    どんな子でも周囲との関係が複雑になってきますよね。

    その中で、お子さんが途中から支援級に変わることを検討し始めたとして、
    それまで支援級のマイナス評価を聞かされた中で育っているお子さんの場合、
    「自分はダメな子なんだ」と感じてしまうことがあります。

    気になるのはそれだけです。

    ユーザーID:0304084807

  • トピ主です。決めました。

    もうあまり観ていらっしゃらないかも知れませんが、一応報告します。

    普通学級に決めました。

    どうしても勉強についていけない等、本人が辛そうだったら、学年が変わる時に支援学級を考えます。

    こちらでのアドバイスや励ましは有難かったです。

    こちらに時々息子の状況を上げるかもしれません。ありがとうございました。

    ユーザーID:7060853946

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 親が決めたのならそれで…

    お子さんの本当の状態もネットの向こうの私たちにはわからないので。

    ただ。
    勉強についていけない、本人が辛そうだったら、支援学級を考える
    では 遅いんです。
    それだけは理解しておいてください。
    つまり、その時はすでに二次障害が出てる可能性がある、ということです。
    あと。
    普通学級で、ということは。
    医療機関、療育機関(言語だけでなく)とも連携が今以上に必要になります。

    またご存じでしょうが。
    支援学級を考える場合、早めに対応する必要が。
    もし今ある支援学級が無くなってしまった場合、前年度の秋には学校へお願いしなくてはいけません。

    ユーザーID:7618604596

  • いえ、見守ってましたよ。

    トピ主さん。

    私も我が子が障害を抱えるようになってから、相談する先が少ないことに途方に暮れたこともありました。でもネットの力は偉大でした。私たちも、色々と情報を取り入れるべくネットを駆使しましたところ、最初に行き着いたのが県の発達障害センターでした。そこから芋づる式に小児医療センター、児童相談所、市の窓口、レスパイトサービス…という風に適切な相談先が見つかりました。

    ですから、他人様とはいえ、困っている様子に接すると自分の経験をすぐに伝えたくなる、いわばお節介になってしまいました。

    時期が時期ですので、決め時であったのだと思いますが、私には直接はお子様に触れる機会がないため判断をしかねるところではあります。

    ただ1つ、児童相談所は行政機関としてちゃんと仕事をしてくれるところもありますので、活用しない手はないでしょう。障害認定は下りないかも知れませんが。

    また、お住まいの地域にも小児医療センター、発達渉外支援施設があるかと思います。時間のあるときに相談窓口などをお調べになって置いてもよいはずですし、おかしいと思うことがあれば躊躇なく活用なさって良いと思います。

    ユーザーID:4937541211

  • 頑張りましょうね

    うちの子も。1年くらい成長の遅れがあり、運動神経はいいけどバランス感覚に乏しく、手先が不器用で文字を書いても歪みます。
    今まで、私が思う出切る限りの療育を受けてきて、4月より普通級です。
    私も支援級の進学を進められましたが、実際に見学して説明を聞いてみると
    普通級に適応出来ない場合の逃げ場で、普通級に適応できるようにフォローしてくれる場ではなかったのと、
    発達検査の結果が普通級に進学する子の範囲内であるために本人の状態に関わらず将来普通級に戻される可能性があることなどを考えると、
    普通級で頑張るしかないよな、とすら思いました。
    頑張りましょうね。

    ユーザーID:8913838075

  • 気持ちしだいです

    お母さんの複雑な気持ち、解ります。家の娘の小学校ですが、言葉の遅れがある子に、言葉がないままに引っ張られて、かなり怖かったらしく、鬱ぽくなってしまった子がいました。娘も幼稚園時代に、言葉の発達が遅い子に、髪の毛を縛るゴム(キャラクター物)を取られて、床にたたきつけられて、壊され、泣いて帰ってきました。1週間くらい、様子がおかしかったです。先生はみていませんでした。普通級に入ると、トラブルメーカーと評判が広がってしまう事もあります。覚悟が必要です。子供が、気持ちが伝わらなくて、辛い思いもするとおもいます。お子さんのために、ご自分のために答えを出すのが、良いとおもいます。
    支援をうければ、普通級より、子供の育ち方も違うようです。
    案外、他の保護者も受け入れてくれる事もあります。

    ユーザーID:9966329037

  • 小3・発達障害の息子(普通級)を持つ母です

    普通級に決められたとのこと、私は良かったと思います。
    1年生ならまだまだいろんな子がいます。
    1年後半の時点でまた考えても遅くないと思います。

    ただ、トピを見ているとどうも専門医の受診をしてないのでは?という所が不安です。

    私は主治医に言われたのですが、発達の問題には2種類のアプローチが必要だそうです。

    1つは文科省的アプローチ。
    これには就学前の自治体等の療育や、就学相談、学校での支援(支援級、通級、学習支援員、SC等)が入ります。
    2つめは厚労省的アプローチ。
    こちらは専門医の受診、数種類の検査による詳細なアセスメントの作成、必要があれば投薬などが入るかと思います。

    本来はどちらも必要なのに、自治体の療育につながった人はそこで満足してしまい、往々にして2の厚労省的アプローチを全く飛ばしてしまうことがあるのです。
    (ウチもこの罠にひっかかりました)
    これって骨折があるのに、整形外科でレントゲンを撮らずに、リハビリや痛みを取る対症療法だけに通うようなもの。

    療育も就学相談もあくまで教育機関の査定ですからそもそも診断はしません。
    1度是非評判のいい専門医の受診をお勧めします。

    ユーザーID:6345358830

  • 方向が徐々に定まってきていますね

    焦らずにゆっくり進んでいいんですよ♪

    子供の成長は、育児書のような枠にハマることなく育っていくことが一番です。
    授業についていけないときは、支援級で不足の部分を補えればご家庭でも、塾や家庭教師などを最大限利用して、少しずつ楽しく勉強できる環境にしていけばいいんです。

    我が家も小学1年は通常級でしたが(それでも補助はついてました)2年生になったとき、通常級に席を置きつつ、個別級へ入れました。

    その生育の過程で、何が苦手か何が得意か、を親の方が見極めていき、得意なことをみつけたらぜひとも!伸ばしていってあげてくださいね。

    失敗しないように、と願うのは、どんな親も思っていること。
    でも、失敗してもすぐ修正を促せるのも親のできることです。

    いろんな機関を最大限活用して、お子さんの義務教育、楽しい時間を親子で過ごしてくださいね。

    ユーザーID:1915028166

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧