最近の舅、姑についての疑問

レス25
(トピ主2
お気に入り55

生活・身近な話題

きいろ

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私は自省からしました

    思いつく限りの努力と我慢を総動員しましたが、個人の見解では限度があります。
    姑の要求だって、現実的に実行不可能なものもあり、断るしかないものもあるのに、姑は納得してくれない。
    これは嫁が反省したって、解決出来ない事項です。

    私は姑を悪者にしたい訳じゃなく、批評するつもりもありません。
    姑の気持ちがわかれば、「傾向と対策」が出来るかと考えてはいけませんか?
    個人の考えだけでなく、他の人の考えを聞きたいと思ってはいけませんか?
    姑のありのままを語ったら、一方的独善的な批評としか受け止められませんか?

    嫁に都合の良い社会なんて、現状を考えたら、訪れないのは解りきっています。
    不公平はどこにでも存在します。それに文句を言うつもりも、批評するつもりもありません。
    いかにして自分が工夫して生きるかを考えるしかありません。
    そのヒントを得たいと思うのも、嫁の我儘なのでしょうか?
    相関関係といいながら、嫁はもの言う事すら憚られるのでしょうね。

    ユーザーID:2545837728

  • 嫁姑

    同居して20年です。

    お姑さんは70歳になったばかり、まだまだ若い。
    そして私はもうすぐ姑です。

    最近姑さんの気持ちもわかるんです。

    同居は嫌だけれど、歳よりばかりになるんも空しいなあって思う。

    自分がずっと苦労してきたはずなのに、喉ぼと過ぎれば〜忘れてしまうというか許せる自分がいるんです。
    あんなに嫌だった義親(敵)も弱くなってきたのもあるのかな。

    主さんも今はまだわからない、その歳になってみないと実感できないものがあるんです。

    だからあまり決めつけず、ご主人やお子さんとの絆を深めることです。
    親は外野ですから。

    ユーザーID:8563146568

  • くだらないと思う

    相関関係において、一方が独善的に相手を批評することに何の意味があるのでしょうか。
    相手を批評するなら、先ずは自省から始めるのが必要なのではありませんか?

    どんな時代だろうが、嫁だけに都合の良い社会なんか絶対に訪れません。

    ユーザーID:8219066556

  • 確かに一括りにはできませんが、、、

    少なくとも、私の義両親は「自分たちが優先されて当たり前」また、「嫁は自分(姑)の気に入るように振舞うべき」と主張する人たちです。こちらが気遣ったり感謝の気持ちを出してもこともなげに扱います。そうされて当然といった具合です。旦那は自分の実家が嫌いで学生時代から寄り付きませんでしたが、そんな過去は無かったかのように、結婚して遊びに行かないと「嫁のせい」になってます。

    いつも考えるのですが、義両親といえば主人にとって私の家族も義両親になるはずですよね。ですが私の実親は先のご意見にありましたように「娘は私が育てたの!あなたの幸せは私のおかげでもあるのよ!感謝しろ!」と主人に対して思ってなどいません。「2人で頑張りなさいね。」と言ってくれますから。この差はいったいなんなんでしょう。

    生んだ子どもが男(息子)だから?(主人は男兄弟のみ)
    嫁や嫁の家族は一段下の扱いでよし、ということなのでしょうか。
    生んだ子どもの性別で家族に優劣が決められるのですか?それが結婚ということなのでしょうか。

    結婚以来ずっと頭から離れません。

    ユーザーID:8994311518

  • ずっと読んでいました

    こちらのトピ、ずっと読んでいました。トピ主さんは都市部の方でしょうか。
    私は、今現在は夫の実家がある都市部に住んでいますが、田舎の生まれ育ちです。

    私の実家の方では、60代の姑世代の方は、未だに姑と同居されている方が多いように思います。私の実母もそうですし、母の実家でもそうです。保守的な地域ですので、苦労された人も多いのではないかと思います。その世代の息子夫婦についていえば、同居率がぐっと下がります。ただし、同居率は都市部に比べるとそれでも高いかと思いますが。

    今住んでいるのは田舎の県庁所在地ですが、こちらで同居の話はほとんど聞きません。私の姑はこの地に生まれ育ち、この地で結婚生活を送っていますが、同居経験がありません。大変良い人で、嫁いびりの発想は全くない人です。

    ユーザーID:9353275328

  • 姑はなぜ嫁に冷たくなるか?

    時代を超えてもなぜ?嫁姑を経験してこなかった姑もなぜに嫁とうまくやれないのか?

    その答えは大事に育てて来た息子が他の女にとられる嫉妬心があるからです。
    それは絶対に無いと言い切れる人は、息子に手を焼いてきて早く出て行って欲しいと思っている母親。
    または、嫁が自分から下手に出てくれて、自分を敬って立ててくれる。つまり、母親としても立場を大事にしてくれる場合。

    もともと自分の大事なものを譲り渡したようなもの。
    だからこそ、私に感謝しなさいの気持ちがどうしてもでる。
    その気持ちが満たされないと、その相手に好意をもてなくなる。
    こっちは育てるのに大変だったのに、あなたはいいとこどりだと面白く無い。

    おかあさんといつも立ててくれなければ割が合わない。
    息子も結婚したらそっけない。自分を無視されてるようで面白くない。
    面白く無いからつい嫁にきつくなる。

    私が産んだんだ育てたんだ。嫁に負けてたまるか。
    表向き笑顔でいても、心の中では、嫁が幸せそうなのも、息子のおかげつまり私のおかげだろ?感謝しろという気持ちになる。

    が、いつの時代も姑の本心でしょう。

    ユーザーID:7957638619

  • ありがとうございます

    ふと思ったことに、これだけたくさんのレスをいただきありがとうございます。少し時間が空きましたが、たくさんレスが付いていて驚きました。皆さんの考えをすべて読ませていただきました。
    私の考えは一例です。決め付けるつもりはないです。
    嬉しかったのは、様々な世代からレスをいただけたことです。
    ありがとうございます。

    ユーザーID:9955734713

  • 私には理解できない「嫁いびり」

    私も「最近の姑」の一人ですが、私の中には「嫁ー姑」の意識が全くありません。

    「舅・姑」の恐ろしい「嫁いびり」を読みますと、その人たちに 一個の人間に対してそんなことが許されると思っているのか、それとも、自分の息子の妻ということで 一個の人間ではない思っているのかと聞きたくなります。私と同じ人間で同じような年齢、同性として理解できないのは、どうして息子の妻に対して「他の人間」に対してやって良いこと悪いことが当てはまらないかということです。 

    「義理の息子・娘は自分の子供ではなく、他人」とありますが、自分以外という意味では他人ですが(我が子だって他人)自分の子供と同じように大切です。だからこそ 自分の血の繋がった息子と彼女達へと許容範囲は同じです。人間、誰だって過ちはしますし、若い彼ら・彼女らは まだまだ 人生経験が少ないのです。でも私が年上だからといって、正しいわけではありません。これを忘れてはいけない!

    人間、近ければ近いほど、他人を尊重する努力が必要です。わが家は 皆その努力をしています。

    私の母は嫁いびりをされ、それを娘に確り返しました。反面教師感謝!

    ユーザーID:8657491404

  • 最近の舅 姑世代って確かに…。

    トピを興味深く、かなり頷いて、読ませて頂きました。

    ちょうど60歳前後でしょうかね…その年代の女性に悩まされてる人、まわりをみてるといますね。

    それは若いお嫁さんとは限らない、トピ文のような女性のいる兄弟で悩む男性達やその家族もいるんじゃないでしょうか?昔の親の時代背景を自分がまるで体験してきたかのようにして、まわりに押し付けてあら探し、悪口が耐えないトラブル。

    姑だけではなく、自分自身の両親もですね…。で、その親達、つまり、トピ主さんからしたら、どちらのおじいちゃんやおばあちゃんを、今、誰が面倒を看てるの?または看てきたのか?で、また新たにみえてくる事ありますよ。
    言わなきゃいいのに、常に人の事を文句言ってばかりいる言動や姿で、まわりは大変だろうな〜とわかってきますよね、確かに。

    ユーザーID:8070916548

  • 最近の姑

    トピ主さんの書かれてるように、今の姑は昔のように苦労していない人が多いと思います。
    同居はしてても、嫁は一番下みたいな徹底した扱いを受けたわけではなかったり、
    家事が出来なくても、そこそこかわいがってもらえてたり。

    嫁姑って、必ずしも姑が嫁をいじめることからはじまるわけではないですよね。
    私はいじめません。仲良くしますよと張り切り、逆に嫁に気を使うあまりに、
    いろいろと物を沢山送りつけたり、持たせたり、頻繁に遊びに来たり、
    遊びに誘ったり、娘のように仲良くしたいわと頑張ることが全部裏目にでて迷惑になって嫌われる場合が多くないですか?

    仲良くしようとして嫌われることもあるのが嫁姑。
    孫においしい手料理を食べさせれば、ママのよりおいしいと言われて傷ついて姑嫌いになる人も。

    苦労して無いからこそ、嫁との距離感を甘く見るって人が増えていそうです。

    また嫁もそれこそ苦労してないから、なかなか人に合わせたり、敬ったり、礼を尽くしたりが出来ずマイペースだったり。
    大家族に慣れてないから目上とのかかわりが苦手だったり。
    そういう傾向ありそうです。

    ユーザーID:7957638619

  • 基本的な推敲ですが

    団塊世代真っ只中で青春を謳歌し、教育も戦後の民主主義を学び
    男女平等を良し!とした時代の65歳の私です。確かに家制度に反発はしましたが
    親世代は昔のまんま・・今の時代よりその葛藤は大きかったと思います。

    しかし、何方にでもその時代に沿った青春やイデオロギーがあって頑張って生きて
    来た事だと思います。時代は嫌でも流れ新しい価値感が生まれます。

    我々の時代でも信じて疑わなかった家族愛なども今の時代においては悪とされる
    事もあります。これは貴女の次世代にも起こり得る事です。

     私は思います。どの世代でも経験という実績のない親達、例えば、貴女のいう義理親との
    関係、団塊世代でも全くその感覚は違いますよ。

     私は明治の化石のような義理親と縁を結びました。舅(他界しています)とは上手く付き合う事が出来ましたが
    姑とはどうしてもダメで今に至っています。やはりこれは相性の問題だと思いますよ。

    相手を受け入れる心が動くかどうかで、時代とは関係なく和を築けるものだと思います。それが人間って事ですよ
    愛を感じられない人には背を向けたくなるものです。

    ユーザーID:6486562718

  • これからの姑さんは

    30年以上前の賞味期間切れや、使わない大量の買いだめなど、そういった事は減っていきそうな気がするのだけど。

    それを何かの機会に嫁が片付けなきゃならないという負担は、少なくなっていくんじゃないのかな。

    嫁を迎えるにあたり繰り返さないよう、出来る準備ってありますよね。

    ユーザーID:8070916548

  • 世代も時代も移り変わるもの

    私も決め付けや一括りは間違っていると思う。
    私が書いたのも一部の例に過ぎないし、トピ主さんの件もそうですよね。
    姑になったら皆同じは間違いです。実際、今現在姑の人達が、ほとんど皆嫌われ姑じゃありません。

    が、自分は嫌な姑になりませんと宣言したい訳じゃありません。
    今までと違う視点で嫁姑関係を見たら、どうなるのか考えてみました。

    私が姑になる頃には、新タイプの嫌な姑になる可能性もありますね。

    ユーザーID:8840584045

  • 姑の本当の望み

    フト思いました、姑の真の望みは、「嫁の上に居たい、嫁より立場が優位である実感」かな?と。
    嫁が言いなりなら、自分が上という実感がわくだろうし、
    自分が使用済みの物を嫁に送るのも、下の立場なら迷惑じゃないという思い込みかも。
    「下々の嫁よ、ありがたく使うがよい」な〜んてね。
    孫の子育てに口を出したいのも、干渉が助言だと言い切れるのも、
    自分の優位性を確かめたいサガなのかな?と感じます。
    姑のほとんどの言動理由をこじつけようとすれば、当てはまりそうな気がする。
    少なくとも、トピ主さんの家事には当てはると思いました。

    確かに姑は嫁より上。でもそれは序列だけで、言葉遣いや振る舞いに気を付けるという、
    立場だけの問題だと個人的に思ってます。

    ユーザーID:8840584045

  • とぴ主さんの意見も一理あります

    個人的な意見ですが、
    今の舅さん姑さんは、価値観の狭間で、損な時代に当たっておられると思います。
    そして、自分達の都合の良い理屈だけを、その都度に持ち出します。
    人間なのだから当然です。
    上手くいっている義父母関係は、もちろん、両方共に、賢いということは間違いないでしょう。
    残念ながら、上下関係で、誰にも、怒られない立場になったとき、どういう対応をできるかが、勝負の分かれ目ではないでしょうか?

    ただ、舅姑関係で、悩んでいる方に、人格的に問題があるとか、親の躾か悪いとかのせいにするのは、卑怯だと思います。
    弱い立場の者に、しわ寄せがくるのが、戦前の、嫁の立場というものでしょう。

    この手のトピを見て思うのは、女性は、同性にすごくキツイですね。
    そのもっともなのが、嫁姑関係ではないでしょうか?

    ユーザーID:1333488921

  • 決め付けはよくない

    うちの姑は80代半ば、大姑と大舅を一人で介護して看取った人です。
    主人は次男ですが、長男(50代)が独身の為、嫁は私だけです。
    でも、同居しようと言われたこともありませんし、意地悪をされたりも一切ありません。
    私は一人っ子なので結婚当初から「kinaさんしかいないんだからご両親を大切にしてね」と言ってくれていました。父が亡くなった後、母が癌になり自宅で終末医療を受けました。その時も度々電話をくれて「介護は本当に大変だろうけど、無理はしないで。何かお手伝いできればいいんだけど…」といつも気遣ってくれました。

    結婚二十数年の間には色々ぶつかる事もありましたが、根はとっても優しい人です。
    亡き舅は我が儘、自己中な人でよくケンカもしましたが、うちの両親の事はとても大切に思ってくれていました。両家、とても仲が良かったです。

    どの世代でも色んな人がいます。主様は苦労されているのかもしれませんが、ひとくくりにするのは良くないと思います。

    ユーザーID:4615393663

  • トピ主さんのレスを拝見。私は「山茶花茶」さんに賛同します。

    トピ主さんは、
    分析して納得しているようですが、
    都合のいい分析だと思います(笑)。

    そうとう、
    義親に悩まされているようですが、

    実際、義親の若い頃はトピ主さん、見てないでしょ(笑)?
    「義親は苦労してない、家事は自分より下手」
    って、
    腹が立つときにゃ、
    まあいいたいのはわかるけど、
    いかにも気の強い女のそれだなあ・・と。
    トピ文章の「戦後・・」から始まる高尚な、
    どんなご高察が!と思ったら・・。

    ユーザーID:0503797230

  • 実母からは家事は教えてもらわなかった。

    私の実母(19歳で結婚)は、お手伝いさんつきでお嫁に来たせいで、料理は全くできませんでした。

    家事などは学校で教えてくれるものと思っていたせいか、4人の子ども(女、女、男、女)には、教育は受けさせてくれましたが、家事について何か教えてもらったことはありません。

    実母より11歳年上の姑からは、いろいろ教えてもらいました。

    洗濯物のしわを伸ばして干すとか、蕗の煮物とか、シーツと布団カバーに上下があることなどいろいろ習いました。和裁(浴衣、長襦袢)も習いました。

    私たち夫婦は、生活費を渡すため、月1回、姑宅(舅は亡くなっていた)を訪問していましたが、そのときにいろいろ教えてもらいました。

    そんな環境でしたので、団塊世代の私は、たしかに、掃除、片付け、料理など苦手です。

    自分のいたらなさは、自覚していますので、息子の奥さんに文句をつけるなどということはありえないです。

    もてなしが苦手なので、息子には、うちにはできるだけ来ないように頼んでいます。そのかわり、新車を買ってあげたり、お金ですませています。

    ユーザーID:2881959954

  • 姑という立場になったらみんなそうなる

    私は絶対に嫁いびりするような姑にならないと思ったら大間違い。
    なりたくても息子がいない人とならいざ知らず、息子がいて、結婚し孫ができて姑になったら、
    いわゆる嫌われ姑路線まっじぐらな人がほとんどでしょうね。

    女の人ってどんなに口で綺麗ごと言ってても、その立場になったらやはり自分を正当化するものです。
    嫁でいたときと姑になったときとまったく正反対の事を言ってても、自分の中では筋が通っていると考える。
    だから形が変われど、永遠に嫁姑の争いはあり続けるのです。

    息子が彼女を連れてきてこの人と結婚したいと言ったときに、この彼女はどういう人かしら?
    いい子かしら?息子を幸せにしてくれる人かしら?と思った瞬間から姑根性が始まります。
    そんなの当然でしょ母親なんだからという考え。それが姑根性のすべてです。

    そうならずに、あなたたちはあなたたちでしっかりやっていけばいいと突き放せる人もまた、
    息子夫婦が寄り付かない。寂しいけど我慢しますとなる。要するに本音はべったりしたいけど、我慢してるだけ。
    姑になると、口出すか我慢して密かに恨むかの距離感しかとれないようです。

    ユーザーID:7957638619

  • 続きです

    変な知恵だけはしっかり持たれているので、プライドを守る為に、都合良い理論を持ち出すくらいは有るのだと感じます。

    嫁は確かに下の立場になるのでしょうが、思い通りに動かせる駒ではないはず。

    一番疑問に感じるていること。
    歳を重ねた経験の中に、自分の思う通りならなかった、でも工夫したというのもあるはず。
    嫁よりも姑のほうが、思い通りにならない経験値があるはずなのに、嫁だけにはその経験を活かすことなく、思い通りにならないことに腹を立てるのは何故なのか?

    姑になれば解るという意見も多々ある中、私自身が歳を重ねても、わかりそうにない状況です。
    やはり元々の性格が、大きな要素を占めているのでしょうか?

    だから、普通によい舅姑も存在しているのですよね。

    ユーザーID:8840584045

  • 「核家族」と「共働き」の増加

    核家族が増える前は、長男が親と同居が当たり前で、嫁いだ嫁も別居という選択肢がなく、我慢を選ぶしかなかったのでしょう。

    共働きが増え、嫁にも現金収入力ができ、経済的理由の同居は回避でき、別居という選択肢が選べるようになったのでしょう。

    女性の社会進出によって、外の情報も得やすく、価値観も多様化してきました。
    嫁は確かに昔よりは強くなった、というより、選択肢が増えたのだと思います。

    一方、団塊の世代に限らず、年配の方は、今更価値観を多様化させることなど難しいのでしょう。
    それに、あらゆることが衰え始め、色々な事が面倒になる。
    人にやってもらって楽したい。
    ところがプライドだけは衰えるどころか、キープもしくは高くなる。
    確かに若い頃は頑張ってきたのでしょうし、色々な苦労はされたのでしょうが、今現在その苦労中の息子夫婦に、
    自分達が引退した後の感覚で色々なことを要求されても困りますね。

    ユーザーID:8840584045

  • トピ主です

    レスありがとうございます。お二人の意見をなるほどと思いながら読ませていただきました。
    確かに、戦後、日本は劇的な変化を遂げたと思います。でも、そうですね、おっしゃるように、依存度の高い人間は、年齢に限らず、いつまでも依存する傾向にあるんでしょうね。
    苦労は買ってでもしろと言いますが、人間、特に若い頃に色々な経験を積むことが、年齢を重ねた時の人間の結果として現れるんだと思います。

    ユーザーID:9955734713

  • 永遠のテーマ

    嫁姑問題は家制度だけの問題ではなく世代間の争いなので、
    その時代時代に沿った嫁姑問題が現れるのです。

    今の舅姑の傾向はトピ主さんのいう通りかもしれませんが、
    姑側から見れば、最近の嫁は私達の世代より厄介だとなるのです。
    トピ主さんが姑世代になれば、嫁世代から今とは違った形で批判され、
    自分達も違った形で嫁批判をすることになる。

    だから永遠のテーマと言われるのです。

    ユーザーID:3719214185

  • 団塊に限らず

    家督制度の本当の意味を知らない人多いと思います。
    大昔、簡単に言うと、それなりの裕福な家庭では
    それなりに理にかなった制度でした。
    跡継ぎには責任と労に見合った利があったはずです。
    職業選択の自由と財産も平等の今の世の中では、そぐわないし
    ましてや、都合の良い部分のみ抜粋では、滅茶苦茶です。

    長男なんだから、は子に頭を下げずに思い通りにできる便利な制度ではありません。
    都合のよいところだけ抜粋するのは、それ、ただの依存です。

    二世帯以上なら、同居のデメリットを知っているので
    拘る人が少ないのではないでしょうか?

    一方核家族の中で、特に家族の居心地が良ければ自覚がなくとも
    無意識に家族に依存しているのではないでしょうか。
    親に依存し、夫に依存してきた人は老後に誰に依存するか?
    子供ですよね。

    今の若い世帯だって依存している人は多いはず。
    立場が変わったら、言うこともきっと変わるはず
    数十年後に長男なんだから、はさすがに使う人いないでしょうけど別の手段に代わるだけでは?
    わがふり直さねばと思います

    ユーザーID:1813230578

  • う〜ん、まぁね

    たしかに、、、団塊の世代って
    「色んな事を壊して自分たちは好き放題してた世代のくせに」
    「都合のいいときだけ、制度?風習?を持ち出す」
    とは、思います
    (一部例外を除く)

    でもさ、そもそも「年寄り」
    ってそうなんだろうな、自分も気をつけなと
    と思います

    うちの舅「仏壇」「墓参り」が大事、を連呼しますが
    自分たちはまだ生きてるのに
    私たちに自分の親含め先祖の仏壇を(新築の家に)
    押し付け、最近ではお盆にも来ない
    同敷地内に住んでるのに
    墓参りだって、一年に一度くらいです

    姑「私の実家を見に来て欲しい。
    先祖がいるから、孫もいるんだから」と
    しつこかったが、夫に聞くと
    姑は自分の舅(婿養子)の実家になんか
    一度たりともいったことはないという

    「孫を預けて」としつこかったが
    自分は姑に預けたりはしてない
    ずいぶん長く(しかも長距離で)別居

    年寄り全般(一部例外を除き)
    そんなもんかもと、、、

    ユーザーID:7691070648

レス求!トピ一覧