• ホーム
  • 健康
  • 期待しないことに慣れてしまい……なんか疲れました

期待しないことに慣れてしまい……なんか疲れました

レス20
(トピ主0
お気に入り21

心や体の悩み

ふゆみかん

ずっとモヤモヤしています。
上手く説明できるか自信がないのですが…。

例えば職場で、
「ふゆみかんさん、近々表彰されるらしいよ」
と、同僚から嬉しい噂を聞いたとします。
わくわくしながら正式発表を待つ訳なのですが、
この『表彰される』という情報に具体性が欠けている場合、
いくつかのパターンが予測されます。

(1)噂通り近日中に表彰され、金一封など報償が与えられる
(2)実は表彰までいかない些細な話で、上司から一言「ありがとう」と声を掛けられただけで終わる
(3)いつまで待っても何も起こらない(噂がガセ、または表彰を手配する側が多忙で話が進んでいない、等)

私が実際に上記のような場面に遭遇したとして、
私は(1)を心の奥で願いつつ、でも現実は(2)か(3)だよね、と予測します。
そして実際に起こるのは(3)あたりです。

期待しないことで正解には近づけているわけなのですが
とてもとても空しいんです。
ここ1年くらい、こういった感じのことが増えました。。
予測(本音のほうです)と実際に起こったことの差が激しく、疲れます。
世の中って、こんなもんでしたっけ。。

ユーザーID:5789105444

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • まだ期待する気持がありすぎるのね

    期待しないことに慣れていないんですよ。
    期待しないように自分に言い聞かせながら・・・思いっきり期待しちゃってます。

    もうね、年をさらに重ねると
    人が持ってくる「おいしい話」も適当に流せるようになりますよ。

    自分の眼で見て、自分の耳で聞いた事にしか心を惑わせなくなります。

    まだ「若い」のですよ。

    ユーザーID:3732860444

  • あはは

    そんなもんでしょ、世の中なんて。


    ていうか、最近こういった感じの事が増えました…って、随分色々な事を期待しながら、日々生活しているんですね。


    表彰される自分を妄想する→表彰されずがっかり→落胆しすぎて疲れる…

    うーん…
    自己評価が高く、自信家なのでしょうか…

    良くわかりませんが、普通、表彰されるらしいと聞いたくらいで、金一封?なんて思いませんよ。

    表彰される「らしい」

    と聞いただけでそこまで妄想してたら、そりゃ疲れますよ。

    ユーザーID:4711644799

  • そんなものです。

    トピ主さんは、
    「表彰されるかもよ」、
    といわれるようなことをしているのでしょうね。
    研究者のような立場の人ですか?
    それともある程度から上の立場の人なのでしょう。

    なら、
    「そのうち、いよいよ表彰よ」
    は頻繁に言われるでしょうね。

    でも、
    思うに世の中には、
    「あと少しのところの人生」の人ばかりと思います。

    あと少しで○○賞だった、
    あと少しで○○士だった、
    あと少しで○○の妻だった、

    そういう人ばかりと思います。

    ユーザーID:0595261903

  • 想定内に捉われない

    最近やっと気付いたことなのですが、想定内に捉われない生き方をしようと思いはじめたところです
    あれこれ思考を巡らしても、そのとおりにいかないことは多いものです
    予測不可な事柄が起きても柔軟に対応できるように生きていった方が楽に生きれる気がします
    期待しないで前向きに自分のできることをしていったほうがいいかと思いますよ

    ユーザーID:1570484032

  • 逆でしょう

    タイトルは「期待しないことに慣れてしまい・・・」となっていますが、逆ではないですか?

    期待しないことに慣れていないから、空しくなるし疲れるのだと思います。

    私は具体性に欠けた情報は期待しないし気に留めないので、世の中ってこんなもんと思って通り過ぎます。

    ユーザーID:5586022559

  • 自分がされることより、自分ができることを

    そういうこと、よくありますね。私もよくありました。
    もしかしたら「運を呼び寄せる人、そうでない人」がいて、私は「そうでない人」なのかも(笑)
    でも、何年か前からかな、「小さな約束を必ず守る、素敵な人」と何人か出会って、考え方がかわりました。
    「今度、○○送るね〜」といってほんとにささやかなものを送ってきてくれるような人。
    手紙出すね、お祝いしようね、言っておいてあげるよ、など小さなことを必ず守ります。
    そういう人たちに出会ってから私も、自分のできること(ささやかですが)、他人にきちんとやろうと思うようになりました。
    自分が何ができるか、を軸に考えるようになったら、「自分に何をされるか」はあまりきにならなくなったような気がします。

    ユーザーID:2230240589

  • 私なんて

    毎回 宝くじ一等当選する予想をして末等しか当った事しかありません。
    落差に本当にがっかりですよ。
    でも期待しちゃうんですよ

    ユーザーID:0286367840

  • ちょっと待って!!

    そのガセ情報を毎回流しているのは誰だ!!
    そこが問題な気がします。
    本人の耳に入るルートが複数あったとしても、
    大元はひとりかふたり…なような…気がするのは
    ワタクシだけでしょうか。

    ガセ流す大元を特定できれば、
    ウワサを聞く→情報源確認→いつものそいつ→スルー

    となるので、
    心の平安が得られることでしょう(予言)。

    常にガセ情報が乱れ飛ぶ職場なのだとしたら、
    正式発表前の情報はまじめに聞かない(期待しないのではなく、信用しない)。
    これしかありません。

    ユーザーID:9444036642

  • トピ主です

    レスが1つもつかないかも…と思っていたので嬉しいです、ありがとうございます。(久々に期待値を超えることができました 笑)

    「そんなもんだよ」「期待しすぎ」

    という意見ばかりで、やっぱりそんなもんなのかな?と思いつつ…でも本当にそんなものですか?
    事が起こるたびに「そんなもの」「どうせたいしたことない」というフィルターをかけて結果を予測しているのですか?


    皆さんはどうやって、予測と結果を近づけていますか?


    期待しなければしない程、予測と結果が近づくのが本当に空しいです。

    誤解をまねいたかもしれませんが、トピ文の「表彰」「金一封」はもののたとえで、私の職業とは関係ありません(ちょっと大げさな例でしたね 汗)。
    もっと現実的な例でいうと…

    「夕方から会議をします」と上司から言われ、急いで資料を用意。予測されるのは次の3パターン
    (1)予告通り夕方に会議があり、急いで資料を作った労力が報われる
    (2)会議は結局翌日に変更され、急いだことが無駄になる
    (3)なんの連絡もなしに会議がなくなる

    私は(1)を想像しつつも、まぁどうせ(3)でしょと考え、予測は的中します。…空しいです。

    ユーザーID:9744037851

  • 手放しましょう

    ふゆみかんさんは、何を期待しているのですか?

    自分を誰かに認めてもらいたい?

    自分がベストと信じることを精一杯やったら、その結果として生じる現象には執着しない。自分に達成感があれば、それで良いではありませんか。

    現実社会で起きる結果は、物事のひとつの側面でしかありません。

    そんなことに一喜一憂するならば、決めたことに一生懸命取り組みましょう。そして、周りの評価は気にせず、目標をやり遂げた自分に自信を持ちましょう。

    やがて現実も変わってきますよ。

    ユーザーID:8551662696

  • 期待しないことに慣れていない

    のだと思います。トピを立てたのも、その証拠。
    期待なんてしてないもんね、と言いながら心では期待している。

    でもそれで良いではないですか。
    宝くじだって当選発表までの期待感が楽しめるのですし。
    ワクワク感を楽しむ余裕を大切にしましょう。

    ユーザーID:1471890447

  • それは期待し過ぎ?

    トピ主さんは期待しないことに慣れたんじゃなくて、ずっと期待しているのでは?と私は思いました。

    期待するのは良いことだし、それにワクワクしたり浮かれてみたり、いいじゃないですか。

    しかし、トピ主さんは
    「期待して残念な結果になることに疲れたと感じている」
    と私は思いました。

    残念な結果ととらえるのは人それぞれであって、そんなことあってもなくても当たり前と言いますか、
    多かれ少なかれそういうことは誰にでもあります。

    期待するのが良くないとか、その思考回路はやめませんか?

    すべてが残念な結果に終わるとも限りません。

    もしかしてトピ主さんは物事を悪くとらえがちなのでは?

    良い結果に終わったことがあっても、悪いことだけが頭に残っているのではと私は思いました。

    自分の良いところ、たくさんあるはずです。

    ユーザーID:9660354443

  • 感謝の気持ちが足りないのでは?

    失礼なタイトルでごめんなさい。
    でも、発想を逆にしてみては?

    私は小さいころから親の教育で、世の中期待しない事・人を信用しない事を徹底してきました。

    それが正しいかどうかの議論はここでは置いといて・・・

    期待しない・アテにしない・他人の言うことを真に受けないが当たり前になっていると、逆にほんのちょっとでもいいことがあると、物凄くありがたみを感じます。

    そんなわけで、私の日常は何かをありがたく思うことばかりです。

    ポリアンナのように、何でもかんでもあぁよかったとか、ありがたいと感じていると、いいことが連鎖して起きる気がしますよ。

    人を信用しないって言うと言い方悪いけど、信用しないというか、アテにしないのです。だから世間一般的には裏切られたというようなことが起きても、裏切られたとは思わず、その人の立場であったらそうなっても仕方ないと感じます。

    そんなわけで、人間関係丁度良い距離感で、友達にも困っていないし、毎日気持ちよく過ごしています。

    こういう発想で生きていると、がっかりすることなんて殆どありません。

    トピ主さんもお試しあれ。

    ユーザーID:2124611348

  • 期待しすぎですよ!

    期待しすぎて、思っているようになってないからむなしくなるんですよ。
    世の中そんなもんですよ。

    私も、宝くじ今度こそ当たるかも!?って毎回、いろんな妄想してますよ

    噂なんて、所詮噂ですから、聞き流す力(?)を身につけたほうがいいのかも。
    お世辞もそうですよね。

    そうだったらいいなーって思うと楽しくなりません?
    お世辞でも言われているうちが華かなって思っていますし。

    むなしいときは、自分で自分をほめることですよ。
    次はもらうぞー!とか、誰も見てくれなくても頑張ってるのは自分が1番知っていることですしね。
    私は自分をほめることにしてます。

    ユーザーID:7129834944

  • ・・そういうことですか。

    私も含めて、
    みなさん、
    トピの内容を、
    あなたの意図とは違って受け取ってましたね(笑)。

    資料を作ったことは、
    無駄にはならないのでは?
    労力が無駄だったということ?

    「せっせ」としたことを、
    上司や同僚、
    友達や夫や妻、
    に手柄を取られることもありますよ。

    ユーザーID:0595261903

  • 2回目です

    トピ主コメ読みましたが。

    想像力たくましすぎなんじゃないかな?と感じました。
    先読みし過ぎと言うか。

    私でしたら会議の例でも「あ、無くなったんだ」で終わり。
    作った資料は一応保管して何か使えるときがあれば使おう、くらいです。

    自分の思うようにことが進むはず無い、世の中自分中心に回らない、と思っていれば自然と流れにのってスムーズにいけると思うのですが。

    ユーザーID:5586022559

  • 1番期待している主要が掴めてないから

    年齢や環境が見えないのでストレートに入れませんが、
    今回の事例で、トピ主さん自身1番期待するポイントが自分の中でぼやけているように感じましたよ。
    自分の気持ちを見つめ直したら、安定するんじゃないですか?

    ユーザーID:8460077004

  • 期待してるんですよ

    やはりつまり、本音のところでは期待してるから疲れるんです。
    ここ一年ってことは、ここ一年なんらかの理由で自己評価が高くなり、そのギャップのためしんどいのかもしれないけど、他に気がいかないようなつまり生活の全体的に満足度が低くなってしまい、何かとにかく良いことないかなと思っていたり、自分を認めてもらいたくなってしまっている状態なのかと思います。

    でも、心を無にする、空にする、なんて、なかなかできないのが人間。
    そのうえ期待しないようにしなきゃとわざわざ思えば思うほど期待してしまうのではないでしょうかね。

    わたしは営業だからあなたの言う感じ。わかります。
    判をつくまでわからないと周りには言いつつ、奥底で期待してるんですよわたしも。確かに疲れますわ…。

    見込みが他にないときは特に。

    つまり他の見込みが増えているときにはがっかりしないかな。

    アドバイスできるならそこらへんかと思います。

    ユーザーID:9757522199

  • 考えよう

    表彰される→予測(3)がっかりー。
    この考え方をたとえば「○さん(表彰話を持ってきた人)には、私って表彰されるような人間に見えたんだ!よっしゃー!」と切り替えます。

    会議の件もせっかく準備したのに無くなってがっかりーではなく、「早く帰れる(別の仕事ができる)ラッキー!」と切り替えればいいだけ。

    心配性だと言われる私からの経験談です。何でも「よかった」に変える癖をつけると、世の中お気楽に生きていけますよ。

    ユーザーID:0226131086

  • トピ主です

    レスありがとうございます。
    最初のトピ文では、うまく伝えられずすみません。
    訳の解らない文章になりそうで怖く、
    ポイントを絞ったつもりが絞りすぎたようです。

    ■凛さん
    >トピ主さん自身1番期待するポイントが自分の中でぼやけている
    …そうかもしれません。だからうまく説明できないのかも。

    ■春巻きさん
    >判をつくまでわからないと周りには言いつつ、奥底で期待
    …あ、なんか解ります。そんな感じです。
    で、期待を抑えつつ「判はどうせもらえないさ」と予測したら的中しまくり…のような。

    ■ゆきんこかさん
    一瞬いい考えかと思いましたが、
    単なる欺瞞に感じてしまいます。ごめんなさい。


    期待しない、あまり良くない方向で考えるほど、
    予測と結果が近づく。
    こんな法則いつのまに出来たのでしょうか。

    近々、ウン年ぶりの友人と再会の予定ですが、

     (1)昔話に花が咲き、楽しい時間を過ごせる
     (2)直前で予定変更、再会は先送りになる
     (3)当日になって友人の子供が急な発熱、
      予定は白紙になり、そのまま会えずじまい

    (1)を想像してますが、また(3)になるのでしょうか。
    なんかもう嫌です。

    ユーザーID:5244748763

レス求!トピ一覧