悪ふざけにいちいち傷つく息子

レス21
(トピ主1
お気に入り44

妊娠・出産・育児

kirari

小2の息子のことご相談させてください。
息子はよく「優しい」と言われますが、親からみても優しい子です。色々な子に優しくしてあげてます。
頭も悪くない方ですし、明るい性格でもあります。
ただ、自分が人に悪さをしない反面(ふざけたりはしますが)、もし友達から悪さをされたら、とても傷つきますし、怒ります。
もし手を出されたり悪質な悪さをされるのなら、そうなるのもわかるのですが、母の私が息子のことを見てきて気がついたのは、ささいなこと(いわゆる小学生の典型的な悪ふざけ、単なるからかい)でも
すぐに反応してくやしくて涙ぐむか、怒ったりしているようです。そしてその子達のことは、性格が悪い子みたいにとらえて、その後積極的に遊ばなくなります。

人をからかったり、ちょっかいを出すのがいいとはいいませんが、社会で生きていくなら、そういうのは大人になっても多々あるし、いちいち反応していたら、身が持たないだろうと思います。
そういうことに対して精神的に強くなるには、どうやって教えていったらいいでしょうか。大したことじゃないと、考えてくれて、軽く受け流しできるようになったらいいだろうにと思います。
息子には折をみて、そういう話をしているのですが、私のいい方があまりよくないのか、心に入っていかないようです。
自分が傷つきやすいというのは最近わかってきているようなんですが(通知表にちらっとそういうことが書いてあった)、どうしてもからかわれたりすると、くやしくなってしまうそうなんです。
確かに傷つきやすい性格を変えるのは、並大抵じゃないかもしれません。
似たようなお子さんの経験談とか、こういう本とか映画が効果があるよとか、なにかアドバイスがあったらお願いします。

ユーザーID:6640030242

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 男の子3人のママ

    息子も似たタイプです。

    一年の頃までは、ささいなことを大げさに捉えて傷ついてメソメソしていましたが、このままではいけないと思い、今まで親身になって息子の気持ちを聴き続けてきた私のスタンスを一転。

    「それくらのことでメソメソしない!」
    「気にしない」
    「それくらで怒ってたら、どんな友達とも遊べなくなるわよ」

    こんな感じで心を鬼にして突き放しました。

    そうすると、息子も「ささいなこと」と受け止められるように変わりました。

    傷つきやすい性格は治りませんが、多少の傷では痛がらなくなります。

    受け入れてダメなら突き放す!

    それが男の子の育て方かなと思ってます。

    ユーザーID:9662560599

  • お父さん

    お父さんと気質が似ている息子ってよく居ますけど。
    いかがですか?
    義理のお母さんに軽く相談してみたりしました?
    なにか成し遂げる時にいちいち傷ついていてはたどり着けない。
    それは、自分の体験でしかないと思います。
    お母さん、ご自分の体験にそれはなかったのですか?

    本とか映画じゃないです。
    お母さんの考え方も少し不思議です。

    男の子は外で成長させてください。お母さんの手のひらでは育ちませんよ。

    ユーザーID:2004155782

  • レスどうもありがとうございます。

    トピ主です。

    ももこん様、経験談どうもありがとうございます。
    私もまさにももこんさんのように「今まで親身になって息子の気持ちを聴き続けて」いた母です。
    自分が母にそうしてもらえなかったので、息子にはそうしたいと、今までいつも優しく親身に聞いていました。
    しかしいつまでもそれではいかん、と気がつきました。

    トピを立てたときに、私は「うちもそういう息子でした。でもいつの間にかたくましくなりました」なんて
    都合のいいレスを期待していたのかもしれません(恥)
    目が覚めました。ありがとうございます!

    ユーザーID:6640030242

  • レスありがとうございます。

    ぽこん様

    率直なご意見ありがとうございます。
    主人は細かいことは気にしないタイプで、私が傷つきやすいタイプです。
    私が子どもの頃は、ほとんどちょっかいを出された経験がなくて(普通の小学校でしたが)、息子のような経験はあまりありませんでした。

    大人になってからぽこん様がいうように、なにか成し遂げるためにはいちいち傷ついていたらたどり着けないということを何度も経験しました。
    それでその経験話を息子にするのですが、私の話は面倒くさいらしく、真剣に聞いてくれないので、本とか映画なら彼が聞けるのかなと思って書いたのでした。

    「お母さんの手のひらでは育ちませんよ」→これ、どきっとして我に返りました。本当にそうです!母親の教育で息子を強くしなきゃとか、なにか私は勘違いしていたのかもしれません。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:7654531503

  • うちも同じようなタイプ

    今小3の息子が同じようなタイプ。先生や親からみれば「繊細、優しい」とよく言われます。
    つい先日まで、やはり(親から見れば)ささいな小学生のからかいでかなり悩んでいました。毎日毎日愚痴を言い続ける息子に、私のほうがギブアップ。先生に相談したところ、とりあえず何かあれば先生に間にはいってもらうという形に落ち着いています。

    私もアドバイスとして「そんな小さなこと気にしない」「どこにでも嫌な子はいるよ」とか言います。でもですね、まだ小学生なんですよ。年なんて一桁、10歳にもなってない。そんな簡単にうまくかわすなんてできませんよね?からかうほうだって、それはもう小学生らしくしつこい!そりゃー、嫌にもなるよねって感じで。

    大人だって愚痴を言えばすっきりする。息子なんてそのうち話をしなくなってしまうものとよく聞くので、今のうちどんな話でも聞いてあげるのが親の仕事のうちかな〜と思っています。
    今の年齢でまったく話をしなくなるのも、内にこもっているようで怖いですからね。

    ユーザーID:7906739336

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • からかわれて悔しいのが普通です。

    書かれているような説教がましい声かけで、何も愚痴らなくなったなら、
    それは成長して心が強くなったからではありません。

    心を閉ざした外側の殻が固くなっただけです。

    私も親ですから、お気持ちは十分に分かります。

    でも、心を強く持てと言われて強くなるほど、心は単純なものではないです。
    分かっているとは思いますが・・。

    薄い瘡蓋で覆われ傷ついた心に塩を塗りこんでる、そんな吐き気がするような風景が目に浮かびます。

    子供は外でからかわれて嫌な思いをする以上に、親に否定されて不憫がられる方が何倍も悲しいものです。

    貴女のトホホでマヌケな少女時代でも語って笑わせてあげるのが、一番の特効薬だと思います。

    ユーザーID:1697775093

  • レスありがとうございます。

    たれぽ様

    経験談と、アドバイスありがとうございます。
    色々同意したい気持がいっぱいです。
    厳しく教えたいながらも、話を聞いてあげたい気持も多々あり....
    おっしゃる通りに、聞いて上げられるのも今のうちなのかもしれません。

    私はこのトピを立てながら、もしかして私が優しくしすぎて過保護(かもと自分で思う)に育てたせいで
    息子がすぐに傷つく子になってしまったのかもという自分を責める気持があったことがわかりました。
    前にいただいたレス2つには、この疑いが的中だった〜と思ったのです。
    息子が傷つくのがつらくて(自分の幼少時の両親への反面教師)、いつも保護して、いたわりすぎていたように思っていました。
    だから、私がなんとかしなきゃっていう思いが強くて、それであせっていたのかもしれません。

    たれぽ様みたいに、
    無理なときに先生に頼ったり、なにげに本人には声かけしつつ、でも話を聞くことも忘れずに
    バランスをとれるようにやっていきたいです。

    ユーザーID:1363239973

  • レスありがとうございます。

    さざえ様

    違う角度からのアドバイスどうもありがとうございます。
    私はさざえ様の書かれていること、心から理解します(と思います)。
    私もずっとそう思って、表面だけで押さえつけないように、外側の殻を固くしないようにと、
    子どもを育ててきました。

    ただここにきて、私の子どもの場合は(性格と性質にもよると思います)、このままでは
    なにかいけないと感じ始めました。一つ前のレスにも書いたのですが、それは恐らく私が一種の「過保護」だったからだと思います。

    かといって、傷ついた心に塩を塗るような対処はするつもりはありません。
    ももこんさんもきっとそうされたのだと思いますが、突き放していくにしても、そこにはクサイ書き方ですが
    愛が伴うようにするつもりです。
    私のイライラとか聞きたくない気持の優先ではなくて、子どもが成長していく上での違う形での
    サポートというんですか、そうできたらいいなと思います。

    ぽこん様が書いているように、男の子が成長するには「外」の力が必要だと実感しています。
    母親が管理しない世界で頑張る子どもを愛をもって見守ること(話も聞きます)、これがこれからの私の目標です。

    ユーザーID:7048286872

  • まだ10年も生きていないからね

    人間て本当に変わりますよね、
    トピ主さんも自分にびっくりすることないですか?
    「あれ、私は昔こういうときこう思ったけど、今は違うわー」って。

    うちの子はもう大きいです。
    子供ってすごく変わりますよ。
    なので、長い目で見るのが大事だとつくづく思います。

    私が心がけたのは、子供の感情に同調しすぎないように、ということでした。
    これは子供だけじゃなく親でも友達でも同じなんですけどね。

    子供が悔しがる、怒る。
    「あなたは悔しかったのね」ってそれくらいです。
    それくらいで充分なんですよね。
    子供が一日一日色んな経験して、それでいつの間にかうまく身につけるんですよ。
    せいぜい「昔からそういう悪ふざけする子、いたなー」
    「いたの?」
    「いたわよー。昭和も平成も同じなのね」くらいかな。

    見守るのはしんどいですよね。
    でも、しんどさもそのうち、そんなに感じなくなるんですよね。
    当たり前になるんです。
    私も変わっているようです。

    ユーザーID:3711725200

  • 我慢の時期

    私も小学生の間はよく些細な悪口に落ち込むことはよくありました。もちろん大学生になっても傷つくことはありますが、だんだんと強くもなるし対処の仕方も学びます。それに大きくなるにつれ周りの子供たちも成長します。小学生の多くは、自己を強烈に出す人とそうでない人の両極端です。各自が時間とともに調節の仕方を学習をするものです。もちろんあなたもそうして今に至っていると思います。だから、親であるあなたが子供にしてあげるべきこと、というか出来ることは『中学になれば周りも大人になるから、それまではがんばろう!』、『みんなが通る道だからクヨクヨするな!』と明るく前向きなな態度で接してみてはどうですか?あなたが心配するあまり深刻な態度をとると、子供自身も思い詰めてしまいます。
    しかし、息子さんが『学校にホントに行きたくない』と言ったりしたら、すぐに学校に行くのをやめさせてあげてください。学校で自分を鍛えることは大切だし必要だと思います。でも命を削ってまでして行くことは全くありません。
    家庭がいつも安心して帰ってこれる場所にすることは親の義務であり責任であると思いますよ。

    ユーザーID:0290656667

  • こんにちは、早速ですが

     小学生の段階ではまだ早いと思いますが、息子さんが中学生くらいになった時に、私は何かがあった時にあなたに刃物を向けられてとしてもやむを得ないとあなたが生まれて着てこの方思っているよと言ったうえで、息子さんを絶望感へと導いてみたらいいと思います。性格を変えちょっとしたことだけでも手を挙げ、絶望的になるまでものを言って怒るということをしてみるのです。
     そして、決定的な展開になった時、握手をするなり抱き留めたりするなりしながら、何かがあって刃物を向けられても仕方がないと言ったことがあると言って、それは何があってもくじけない心はこうでもしないと見につかなかったのだ、これしかできない私は本当に悲しいのだと。悲しくても生きるしかないと言ってみたらいかがでしょう。
     このことは、私自身のかつて泣き虫で怒りやすくて、怒ったら何をしでかすかわからないとの恐怖に駆られていた時期がある経験から考えてみたことです。
     誰もが傷つけられたら相手から逃げるか倒すかをしたい、出来なければ絶望するかもしれないと思うのだと思います。
     
     

    ユーザーID:5330388086

  • 強くなれは禁句だと思う

    まあうちも「そんな奴一発鼻っ柱殴ってやればもう言わなくなるよ。」とか言ってましたけどね。
    二十歳過ぎても相変わらず言われほうだいみたいですね、愚痴ってます。

    親も味方してくれないってなったら精神的に追い詰められるのではないでしょうか。
    いつでも親が味方だよって思って安心したら成長できるのでは?
    その子とは積極的に遊ばないはお子さんなりの解決方法じゃないですか?
    トピ主さんは近所に嫌味なおばさんが居ても積極的に井戸端会議しますか?
    挨拶だけにするのでは?
    会社に入ってもいろんな人が居るだろうけど、そういう人とは仕事上はしょうがなく付き合うけどそれ以外は距離を置くで良いのでは?
    そんなお子さんとわざわざ一緒に遊ばなくていいと思います。

    ユーザーID:9045587667

  • 共感してみては?

    傷つきやすいことは悪いことではありません。
    めそめそしたり、落ち込むことが悪いことだと言ってしまうと、かえって殻に閉じこもってしまうのでは?

    まずは息子さんにからかわれてどんな気持ちになったかを真剣に聞き、悔しかったね。つらかったね。お母さんも悔しいよ。と言ってあげては?

    そのあとは家族みんなでどうしたらいいかをとことん話してみてはどうでしょう。

    そうすれば、息子さんも家族も真剣に考えているんだと実感し、自信を付けるのではないでしょうか?

    時間はかかるとは思いますが、真剣にじっくりお話してあげてください。

    ユーザーID:9869499752

  • 正しいかどうかわかりませんが…

    こんにちは。
    我が家の子供たちも、からかわれたり、嫌なことがあっても言い返せない方です。
    小2の娘が泣きそうな顔で、
    「今日●●君から死んでって言われた」と言ってきたときは(深刻じゃない事例です)、
    「そんなこと言われたんね?腹立つねー。『おまえこそ死ね、ばーかばーか』って言ってやれ」
    と、笑顔で言ってやりました。(『ばーか、ばーか』は末娘がよくわたしに言う言葉です)
    本気で、じゃなく半分ふざけた感じでアドバイスするのが、私なりの工夫です。子供の味方になって相手の悪口を言ってやりますと、気持ちがほぐれるみたいです。
    低学年なので、「何かあったら先生に言いつけるように」とも言い聞かせています。
    悲しんでいるときには、説教とか教訓めいた話は心に入りませんので、明るくサラッと味方になって加勢してやるのがいいのかなーと思っています。高学年になったら、同じ方法は取れないかもしれないのですが。
    「あの子だって、家ではお母さんに怒られて、泣いておもらししてるよ」などというと、笑ってくれます。

    ユーザーID:4406827195

  • そんなに心配しなくても。

    そのうち、トピ主さんの息子さんを指定したわけじゃなくても、
    「すぐ泣く人はおこちゃまよね」とか
    言いだす女子が現れて、泣くのをこらえるようになるのでは?

    泣くのは悪いことじゃないですけどね。

    小2ならまだ、友達との小競り合いで泣きだしたりとか普通に
    あるんじゃないかと思いますが。

    泣かなくなったり怒らなくなるのは、
    周りの反応が気になりだしてから、じゃないかな。

    ユーザーID:1798450786

  • ウチの長男がまさにトピ主さんのお子さんのような子でした。

    親から見たら単純にからかわれただけでしょ?ってくらい些細な事で傷ついて…
    ガラス細工の心で触ると簡単にポキッと折れる。

    ウチの子は3年生の時、
    ・後ろの席の男の子が授業中にボクの背中だけをつついてくる。他の子にはしないのに、自分だけがターゲットにされている。
    ・隣の席の女子からいつも怒鳴られる。
    ・プロレスごっこの鑑賞券(?)をもらえなかった
    事に心を痛めて学校に行きたくない、みんなに意地悪される、と泣いていました。

    ・背中をつつく⇒一番端っこの後ろから2番目の席。つまりつつく子は一番後ろの席。最初は隣の席の女子にもちょっかい出していたようですが、先生にすぐ言いつけられるので、他に近くに座っている唯一のうちの子にちょっかい出しただけ。
    ・隣の席の女子⇒単にクラスで一番活発な男子みたいな女子。言葉使いが男言葉で乱暴だけど、大きな声で騒いでいるだkで特に何も言われていない。
    ・プロレスごっこ催者の男子数人が、周りにいた子にチケットを渡しただけ。欲しいと言えば誰でももらえる。そもそも教室の後ろでやるので、チケットなしで誰でも見られる。

    続きます。

    ユーザーID:4081240105

  • 続きです

    背中をつつく⇒隣の女子だと先生に言われるし、端っこの席だからいたずらの相手があなたしかいないからじゃない?嫌ならやめろって大きな声出せば?⇒授業中に大きな声出したら怒られる。⇒先生はそんな事じゃ怒んないよ。もし先生に怒られたら、理由を話せば大丈夫だけどもし怒られたらお母さんが先生に言ってあげる。

    隣の席の女子⇒何て言われたの?⇒何かいつも怒ってるもん。⇒何か怒られるような事したの?⇒してないのにいつも怒鳴る。⇒今度怒鳴られたら、僕が何かした?何で怒るの?って聞いてごらん。⇒聞いたら怒られるもん。⇒怒られたら先生に事情を話してどうしたらいいか聞いてみたら?

    プロレス⇒自分で券が欲しいって言ったの?⇒言ってない。⇒言えばくれたんじゃない?⇒みんなにはあげたのに僕だけくれないもん。⇒全員もらってたの?⇒女の子はもらってない、⇒じゃあ、ほかの男子は全員もらってたの?⇒もらってない子もいた。⇒もらった子は誰?⇒○君と×くんと…⇒もらった子はみんな席が近くてもらってない子は席が遠いよね。あなたの席が遠いからくれなかっただけじゃない?

    こんな感じで話を聞きました。
    続きます。

    ユーザーID:4081240105

  • 続きです

    これらの事をすべて担任に相談しました。

    親はいじめとは思っていない、単に小学生のイタズラの範疇だと思っている事。
    本人はいじめられていると感じていること。
    先生に話すよう言ってはいるが、親が先生にチクったといじめられないか心配している事。
    授業中うにやめろって言うと先生に怒られるから言えないと思っている事。

    担任は、
    「僕の目から見てもいじめとは思わない。単なるいたずらだと思う。しかし本人はそれでっころを痛めているので取り除いてやる必要がある。繊細で優しいけれど、その分女々しいところがある。長所でもあり短所でもある。まずは大きな声を出せるよう、自分の気持ちをはっきり言えるように1年かけて変えたい。任せて欲しい。」

    何かあったら相談する旨伝えて親は静観。

    大きな声を出せるように、朝の会で大きな声で歌を歌ったり、大声コンテストをしたり。
    少しづつ係りを任せて自信をつけるようにしてくれ…3ヶ月で性格が180度変わりました…。

    先生も驚くぐらい変化が早かったそうです。
    長くて済みません、続きます。

    ユーザーID:4081240105

  • 長文すみません…これで終わります。

    私がやった事は、学校での様子を家で聞くこと。
    楽しい話も辛かった話もとにかく聞くこと。
    聞いた話を子供の言葉そのままに日記に書いて子供に聴かせること。
    自分の言葉をそのまま書いて読まれるのが面白かったようで、何度も繰り返し読まされました。
    長男だけでなく、下の2人の弟の話を同じように日記に書いて毎日読みました。これだけです。

    先生がすべて解決してくれました…ウチの場合。
    長い割にアドバイスになってなくてすみません。

    でも、今24歳になった長男は、その頃の事を
    「いや〜あの頃は何でかわからんけど病んでたよ〜。何であんなに悲観的で暗かったのか自分でもよくわからん。」
    と笑って当時のことを話します。

    今は明るいオタクな社会人しています。

    きっかけを見つけるまでは親も辛いけど、子供の話をよく話を聞いて、「誰が何と言おうとママは味方だ」と子供に伝えることだけしっかりすれば、どうにかなるかなぁ…と思います。

    ユーザーID:4081240105

  • 考えちゃいますよね

    我が子も幼稚園の頃、傷つきやすいタイプでした。
    それでも、すぐ忘れて一緒に遊ぶんですけど。

    仲良しの子が挨拶がわりに手を出すタイプ。
    (通りすがりに出る感じで、他意がないのは知ってました)
    が、うちの子はそれを嫌がってました。
    先生は、相手は悪気がなくても本人(うちの子)なりの嫌な理由があるんです
    って理解してくださいました。

    私は「そっかーそれは嫌だったね」という同意とともに
    意地悪しようとか痛くしようとは思ってないよ〜と相手の子の気持ちも軽く代弁していたのですが・・・

    こう言ってはナンですが、その子とクラスが別れてから
    他の子に同じことをするようになってしまった時期がありました。
    その子の影響かどうかは判りませんし、影響されて人は変わっていくものなので
    仕方ないとも思います。
    と同時に私も後悔しました。相手の気持ちなんかいいからもっと「嫌だったね〜・・」って
    深刻にナデナデしてあげた方が良かったのかなって。

    トピ主さんと逆パターンですが、こういう場合もあるよって事で。
    きっと正解はないのかもね。

    ユーザーID:7777317362

  • 主が思うより酷い事を言われている可能性は?

    低学年だと男の子って、結構辛辣な事言ったり、まだ手が出る子もいますよ。

    家の息子も優しい方ですが、傷付きやすくもなく、あまり気にしない方なんですが、程度によりますね。

    低学年頃に、頻繁ではなく2回位ですが、蹴られた事もあるし、4年生位に一度、普段あまり気にしないタイプなのに、からかわれたと嫌がっていた時があり、先生に言ったら注意してくれ、相手から謝られ、以来嫌なことを言われなくなり、それからは楽しく過ごせたようです。

    今はもう高学年だから体も大きく、息子自身もたくましくなるし、さすがに手が出る子もいないし、変な事言う子もいないようで、部活も楽しく、部活がない日は気が合う友達たちといつも放課後遊んで楽しんでます。

    からかってくるといっても、どの程度なのか
    息子さんが涙ぐむって事は、それなりの酷い事を言われているのではないか、よく話を聞いてあげた方がいいと思います。

    今の過ごし方が、息子さんのたくましさを育てるし、高学年に向かい楽しく過ごせるか、大切な時だと思うし
    色々経験しながら、強くなるしかないから、大人しい息子さんにいきなり強くなれというのは無理。

    ユーザーID:2917717437

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧