体外受精 助成金

レス10
(トピ主1
お気に入り18

妊娠・出産・育児

しほ

2人目、不妊治療をしているものです
まだ数ヶ月の治療なのですが、ステップアップの為に、体外受精を考えています

体外をするにあたって、所得が730万円以下じゃないと、助成金が出ないこと
を、最近知りました。助成金をもらえる事もはじめて知り、喜んでいた矢先なので
驚きとショックでした
不妊治療に、所得制限ってどうなんでしょうか?私はケチでしょうか
子供を欲しい人の気持ちには、変わりはありませんよね
私は、助成金がでなくても、体外をしますが、私と同じような方、どのように
気持ちを、前向きにしたか教えてください、また意見が聞きたいです

ユーザーID:6742636448

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 子供が生まれたらもっと

    独身や子供なしで生きているうちは、「所得制限」なんて言葉知りませんでしたが、不妊治療だけでなく、子供が生まれたら何でもかんでも「所得制限」ですよ!
    子ども手当や子供の医療費補助、幼稚園代補助、なんでも所得制限があり、一定の収入がある家庭は子供をすべて自力で育てることになっています。。こどもの扶養控除もなくなりましたから、税金上の恩恵も何もありません。
    裕福な家庭における育児はぜいたくな趣味ということですかね。
    非常に不満ですが、現状として子供の手当類に所得制限があるのだから、不妊治療に所得制限があるのは、行政や政治の発想からして当然という気がします。(いい悪いではありません。)

    ユーザーID:3846818132

  • 所得は収入じゃありません。

    収入からもろもろ引かれたのが所得です。
    医療費控除受けた時の確定申告書を保存してますか?
    うちは年収一千万近いですが、かなりの額自費で治療費を払ってましたし、諸々引かれたら適用内になりましたよ。

    ユーザーID:5951288660

  • 当たり前じゃない?

    子供を欲しい気持ちの大きい小さいは関係ありませんよ。
    「子供を欲しい人のために、助成します」のではなくて
    「所得の低い(要するに貧乏な)人のためにちょっと手助けをしましょう。」という
    意図だからです。

    ユーザーID:7221086838

  • お金がなくて不妊治療を諦める人の為のものだから。

    トピ主さんは「不妊治療したいけど、食費が心配。家賃払えるかな。」とは思ったことはありませんよね?だから対象外なんだと思います。

    日本は、税金を多く納めた人が、その恩恵をより多く受けられる国ではありませんから。

    でも、結婚したら子供が出来るものと思って結婚して、なんの悩みもなく簡単に子供に恵まれた人の中には
    「なんで不妊治療なんかに何十万も税金出してやらなきゃいけないの?成功率も低いのに。だったらもっと保育園増やしてよ」
    と思う人もいるんじゃないでしょうか。
    自分の立ち位置によって、見方は変わるものですよね。

    国に支援してもらわなくても、自分達は不妊治療が出来る甲斐性があるとでも、前向きに思ってみましょう。
    個人的には、不妊治療費もままならない経済状態で子供が出来て、満足な教育費が捻出できるんだろうか?と、他人事ながら思うことはあります。

    ユーザーID:8886632881

  • 育児関係の手当ても所得制限あるでしょう...

    保育園に入る入らないも
    育児関係の手当て類も
    所得で制限されるものって多いんですよ。

    気持ちは変わらないのは分かりますが
    子どもを持つことへの補助ではなくて
    「所得が低いから子どを持とうとできない」人への補助と考えるよりないですよね。

    ご存じだったら失礼なコメントになりますが、
    所得と収入は違います。
    所得730万だったら、収入的にはたぶん1000万強です。

    平均年収が400万500万という家もたくさんある中
    世帯収入が1500万とか2000万とかあるのに補助を受けよう!とするのは
    やはり制限して当然...と思う人が多いということだと思います。

    ユーザーID:4367593651

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 絶句

    経済的な理由から子供をあきらめている人も少なからずいるのです。
    そのことはご存知ですか?
    そういった人々も税金を払っています。
    あなたのおっしゃる助成金はその税金から出ているのではありませんか。
    生活を切り詰めて税金を納めて子供を諦めざるを得ない人がこのトピを読んだらどう思うんでしょうね。
    あなたの言い分は余りに自己中心的で想像力に欠けると思います。
    恥ずかしいので人に言わないほうが身の為ですよ。

    ユーザーID:3974877658

  • トピ主です

    貴重な意見ありがとうございます
    mimiさんの言われたように所得の低い(要するに貧乏な)人のためにちょっと手助けをしましょう。こう考えると、納得しなければと思います
    確定申告は、もろもろ差し引いた金額を出したと思いますが
    もう一度見直してみます

    前向きに考えます

    ユーザーID:6742636448

  • お金より…

    お気持ちはわからないでもないです。
    夫婦で働いてたら制限にひっかかりますよねえ。
    うちも私の収入だけでもひっかかりますが、都内によくいる一般家庭で裕福ではないです。

    でもこの治療はお金より、時間が大事です。
    私は34歳結婚一年で主人に体外をしたいと話し、治療半年で娘を授かりました。
    費用は100万以上かかりましたが、後悔していませんよ。
    お金は二の次ですよ。
    はやいに越したことはないと思います。

    ユーザーID:8818854824

  • 制限は

    不妊治療に限らず、助成金・補助金は所得などの制限があって当然かと……
    無制限にばらまくものではないでしょう。


    ところで、所得はいくらなのですか?
    ちょっとオーバーしているのでしたら
    体外受精を年に何回か行って

    医療費アップ→医療控除アップ→所得が下がる→助成金が貰える

    という流れになると思います。

    ウチは住民税を一括で払っているのですが
    不妊治療費の金額によってこんなにも違ってくるのか……と
    しみじみ思いましたよ。
    給料天引きでしたら税金の高低を実感しなかったでしょうね。

    ユーザーID:6318069697

  • うちも共働きなのでダメでした

    不妊治療に3年、総額200万円以上かかりました。
    お陰様で今は、一人目妊娠中(臨月)です。

    最初の一回だけは、2人合わせても所得制限に
    引っかからなかったのですが、その間に夫が昇進して
    所得が増えたため、2回目はほんの少しだけオーバーし
    助成を頂けませんでした。

    共働きだと制限を超える可能性は高いと思います。
    治療する夫婦はどちらもある程度の年齢であることが多いでしょうから
    所得自体が上がっている時期である人も多いかと。

    しかし共働きでなければ、なかなかこの高額な治療費を
    出すことは難しいでしょう。
    共働きでなかったら、言っちゃ悪いが「たかだか15万円」
    1回の治療費の半分にもならない額・・・を貰えると判った所で
    治療に踏み切れる夫婦がどれだけいることか?

    貧乏な人のための・・・と言うのも判りますが、
    実情にあった制度ではないような気が若干します。
    なのでトピ主さんが残念に思う気持ちも判ります。
    昇給した夫本人でさえ残念がってましたから(笑)

    私は「うちは所得制限を超えるほど2人で稼げている。
    だから治療をする選択ができた。ありがたい。」
    と考えるようにして切り替えました。

    ユーザーID:7261121738

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧