アメリカ生活での子供達の支え方

レス16
(トピ主0
お気に入り25

旅行・国内外の地域情報

neodente

主人の転勤でアメリカに住み1年半が経ちました。1年生と3年生の子供達もだいぶ現地の学校に馴染んでいるように思います。日常会話は理解できるようになり、一緒に遊ぶ友達もできてきました。クラスメート、担任にも恵まれ、言葉や文化の違う息子達を良くサポートしてくれていると感謝しています。親も完全にはついていけないですが、担任の先生や保護者の方より、簡単な挨拶や簡単な会話で声をかけてもらえるようになりました。
ですが、最近、子供達が時々、自分の気持ちが英語で伝えきれない、話しかけてもなに言ってるかわからないって言われた、今まで仲良かったのに話しかけてもらえなくなった、と言うようになりました。この体験は私達親も職場で経験していますし、在米1年半では英語の上達は道半ばなので、双方の気持ちがわかります。私たち大人は、乗り越えるだけの精神力がありますが、子供達には辛いようです。
英語の上達は本当に日々の積み重ねで少しずつなので、もどかしさもあるのでしょう。上の子供はちょうど、担任の先生からの任命で、編入してきた日本人のお友達のサポート役となっているので、どういうふうに助けてあげているの?と聞いたら、わからないって聞いてきたときは必ずゆっくりわかりやすく話しているよ、と答えたので、周りのお友達もあなたに対してそうしてきたけれど、きっと今は遠慮がなくなってきんじゃないかな?ゆっくりしゃべったりするよりも、普通に話してわかってくれる友達とたまに話してみたいんじゃないかな、心がつながっていれば、言葉の壁は乗り越えられるよ、と話しています。
もし、同じような経験をお子様がされて、こんなことを言ったら元気がでたみたい、乗り越えられた経験などがありましたら、教えて下さい。滞在はあと1年半です。長い人生の中で、アメリカで生活できるという貴重な体験を、子供達にとってプラスの経験にできたらと思います。

ユーザーID:3711893628

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 子供さんが孤立しますよ、カンファレンスを薦めます

    うちの子も後からの日本人の通訳、それも2人です。現地の子は少しでも日本語が入るとそこだけの世界だからと次行こうとあなたのお子さんが目に入らなくなります。。男の子のお世話だったので、訳しても美術もパソコンの授業も先生の意図と外れたことをわざとされて3ヶ月過ぎて、我が家は面談申し込みました。
    細かい意図は親も同じで通訳がつけられる制度を利用しました。一度学校にメールでも事務所でも尋ねてあなたのお子さんをどうするかを両親できちんと相談してほしいです。

    駐在は期限付き、帰国の後は日本でも英語が小学生から必要となりつつあります。今日は英検の日でした。4級3級も小学生が多数、準1ですらいましたよ。海外に出ている間は現地のお子さん優先で日頃は過ごしてお泊りに誕生日会、行事に習い事、現地感覚をとにかくつけてあげてください。帰国のモチベーション保持とみんなが帰国子女と見る目に自信が付くか今大事な時です。担任は通訳の子がいると楽なんでその子に全部させたがります。遠足提出物、きりが無いので後からの子のためと割り切って接してみては。。
    日本語は補習校ではゆとりが終わり足りませんよ。忙しいですがチャンスです。

    ユーザーID:9210249424

  • 今が踏ん張りどき

    7年アメリカにいました。
    スタートが1年生で男の子だったため、語学習得には苦労しました。
    親がしてあげられることって、なかなかありませんね。
    いじめにつながらないように、見守るしかないかな。
    お子さん自身が自分で乗り越えなければならないんだと思います。
    でも乗り越えたときに得るものは大きいです。
    あと1年半の滞在とのことなのであっという間だと思いますが、
    精一杯頑張って欲しいですね!

    ユーザーID:7673335755

  • 状況がよくわからないのですが…

    我が家の長男も丁度一年生の時にアメリカ生活を
    スタートさせました。現在、中2です。

    同じアメリカ…と言っても、どの辺りにいるのか
    によって若干状況は変わってくると思います。

    我が家はテキサス州にいたのですが、トピ主さんが
    お悩みの、子供達が自分の思いを全部口に乗せて
    出すことができないイライラ…については、皆さん、
    週末の日本語補習校でお友達をつくり、日本人の
    お友達と遊ぶ機会をもうけることで、ストレスを
    発散していました。

    かといって、日本人とばかり固まっているのか?
    というと、そうではなく、平日は現地校の中にクラスで
    一人、二人、日本人という状況で、現地の習い事もしつつ
    忙しい日常をこなしていました。
    現地校のお友達については、アメリカ人と言っても
    相性の合う合わないがあるので、じっくり待つほか
    ありません。特に学年が上がると難しいです。

    後からやってきた日本人のお友達に関するトラブルは
    残念なことに、大なり小なり起こることが多く
    ある程度、自分でできることは自分でがんばって
    もらう、という線引きが必要になってくると思います。

    ユーザーID:8592253769

  • 同じような年齢で赴任しました。

    名前もろくに書けない状態で入ったので、はじめの一年は、「学校、どうだった?」と怖くて聞けませんでしたね。実際、後で聞いたところ、ろくにお友達とコミュニケーションできなくて、休み時間は時間つぶしに用事を作って兄弟の様子を見に言っていたとか。やっぱりね、でも、子供ながらにうんとがんばったんだろうな、と。

    親としてはうまい言葉もかけてあげられませんでしたが、家ではいろいろがんばらずにゆっくりリラックス。そして、せめて、プレイデートやスリープオーバー、誕生会などは積極的にやり、家族ぐるみでおつきあいできるお友達も徐々にできました。

    たったの3年で帰国が決まったときには兄弟ともに号泣。上の子は現在6年生、英検1級も合格し、小学校生活の最高の思い出だったと卒業アルバムに書いています。

    お友達とうまくいかないことは日本にいてもあります。親が子供をよく見て気持ちによりそってあげていれば、だいたい大丈夫なのでは?男の子なら、野球やサッカーなどのスポーツチームに参加させるのも良いと思います。(言葉はあまりいらないし。)

    ユーザーID:9981541437

  • 先生には言ってみましたか

    何を言ってるか分からない、と言われた事を先生に伝えましたか?ESLなどの英語のサポートは受けているのでしょうか。小さなことでも積極的にメモに書いて渡すなどして先生に報告したほうがいいですよ。

    1年半が過ぎ、周りのお子さんからは「異国から来た英語のできない子」という目が変わってきてはいるのでしょう。我が家は永住ですが、プリスクールまでは日本語オンリーで育ったのでプリでは大変な思いをしたようで6年生の今も「あの時は」という苦労話をしています。誰でも通る道かなとは思います。

    気持ちを伝えるのは日本語でも英語でも難しいこと。これはあと1年半で克服するのは難しいです。私なら「学校で英語には苦労したけどアメリカでは楽しかった」という方向へもって行きます。英語を大して使わないスポーツやアクティビティをさせる、あとは日本からの観光旅行で行かないような所へ連れて行って見聞を広める。大都市へ行って英語ができないけど生活してる人を見せる事もいいのでは?

    世界って広いな、色んな場所で色んな人がいるんだ、違っても良いんだって事を体験させるのも駐在の醍醐味じゃないでしょうか。がんばれ!!

    ユーザーID:7367501347

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • こういう事は考えられますか(一例です)

    私はNY市の公立小学校で勤務をしていますが、似た話を耳にします。

    初めての日本人の場合、面倒見の良い級友が世話をする。二番目の日本人は先輩日本人が世話係になる。先輩は始めは日本語で通じる仲間が出来て
    うれしい思いをする。親子で親しくなるみたいです。ところが後輩は頼りになる先輩からひと時も離れようとせず、先輩は他の級友と遊ぶ機会が減り、
    後輩がうとましくなる。これは母親同士の間でもあるみたい。先輩のお母さまから愚痴をこぼされる事があります。 
     
    低学年の場合、語学力も必要ですが性格が明るくて積極的なお子さんの方が適応し易いみたいです。
    日本人のお母様から相談された場合は、放課後校庭に残って遊ぶとかプレイデートやスポーツクラブへの参加を勧めています。
    子供同士接する機会が多い程仲良くし易いです。親が学校のボランティア参加も良い。
     
    私が子育てをした時は毎日学校でボランティア活動をし、子供の友達を連れて帰り我が家でプレイデート。
    スポーツクラブ参加。狭い地域なので、友達は学校、宗教、スポーツ教室等で重複する事が多く親しくなり易く、
    大学生の息子は今でも彼らとつき合っています。
     

    ユーザーID:1985912149

  • 経験者です。(英語圏では6年)

    海外在住の者です。いろんな国を転々としています。neodenteさんのおっしゃっていることが痛いほどわかります。私も子供達も同じような経験をし随分悩みました。そんなの時、韓国人の知人に相談したら、笑って「2年よ、2年!2年じっと待ちなさい。」
    本当に2年くらいたった時、ふと気付くと子供達の語学力が現地の子と変わらない位上達していました。私はそうはいきませんでしたが(笑)

    スポーツクラブに所属した上の子は早く現地になじみましたが、文化系の下の子は時間かかりましたね。

    後半年したらきっといい変化があると思います!
    ・・とエラそうなことを言っていますが、海外子育て現在進行形。皆さんのレスが大変勉強になります。Keyココさんまで読ませていただきましたが、私も元気をもらっています。ありがとうございます。

    neodenteさんに勝手に親近感を抱いています(笑)。海外子育て、共に頑張りましょうね。

    ユーザーID:4230600896

  • 足を救われるよ様

    貴重な体験を教えて下さりありがとうございます。アドバイスを頂いて授業中に教室に様子を見にいくと、性別が違うにも関わらず、三ヶ月以上も経つのに、席も隣、リセスも常にペア、授業中もプリントの通訳、パソコンの指導など全てサポートしていました。また、自分の子供もそれが当然だと思ってサポートしていました。これでは、確かに周りのお友達と距離が出来て当然だと思いました。また、ESL教員も朝ラウンドしたらほとんど来ないそうです。幸い、親御さんとは特に親しい訳ではないため、あまり気を使う必要もありません。新しく来たお子さんのためにもなりませんし、一度担任、ESL教員に相談します。

    ユーザーID:5073341400

  • ソルト様

    今が踏ん張りどきなのですね。力強い励ましをありがとうございます。見守るしかないのは時には胸が痛む事もありますが、乗り越える度、子供達が成長すると思って支えられたらいいなと思います。

    ユーザーID:3522444738

  • 帰国して2年半様

    アドバイスありがとうございます。子供達の通う学校は比較的日本人の多い現地校です。ですので、日本人同士、日本人保護者同士のトラブルも絶えません。とあるグループは、何をするにも放課後も一緒で、日本人からもアメリカ人からも敬遠される状態となっています。ですので、新しく来た日本人の方は、これから大変だと思います。人それぞれなので、うちは合わない方とは程よい距離を保ち、気にせずやっています。子供達のクラスメートに偶然日本に半年住んだことがあるアメリカ人のご家族がいて、少しずつ親しくなり、家族ぐるみでお付き合いができています。そのご家族より地元のユーススポーツ、ミュージックバンドにも誘ってもらえたので、溶け込めるのも早かったと思いますが、ここ3カ月は新しいお友達のサポートで遊ぶ時間が学校内でも格段に減っていたので、その練習時にちょっした疎外感、違和感を感じているところでした。こちらのご相談させて頂いてから、そのアメリカ人の友達のお母様に相談したところ、理解してくれ、そのお子さんが以前と同じように接してくれるようになり本当に嬉しかったです。スポーツはさせてみて良かったと思えることのベストワンです。

    ユーザーID:2121882001

  • 帰国子母様

    貴重な体験、アドバイスをありがとうございました。おラン上階、プレイデートで少しずつ友情をはぐくまれた様子をうなずきながら共感しながら読ませて頂きました。英語はできるに越したことはないんですが、気持ちが伝われば、言葉の壁はカバーできるのもだと共感いたします。
    スポーツクラブは、他の方もアドバイス下さっていますが、私も非常にやらせて良かったと思っています。私も帰国子母さまのように寄り添えるよう努めて行きたいです。

    ユーザーID:2121882001

  • ともりん様

    アドバイスありがとうございます。こちらでのアドバイスをもとに、いつも支えてくれるアメリカ人の友達に相談したところ、皆さまのアドバイスが的確でしたので、今後対応していきたいと思います。ありがとうございます。

    ユーザーID:2121882001

  • keyココ様

    教員をされているお立場から、貴重なご意見と体験をありがとうございます。さすが、先生というお立場から、的確に冷静にお子様、保護者の方をご指導されているな、と感じました。子供達は地元ユーススポーツに入ったことをきっかけに、クラスに溶けこむことがスムーズに行きました。自分の心を伝えるものは言葉以外にあるのだと気付いたことは子供達にとって非常にプラスだったと思います、ありがとうございます。

    ユーザーID:2121882001

  • nene様

    親近感を持って下さる、一緒に頑張りましょう、と温かいお言葉をありがとうございます。nene様も大変だと思いますのに、嬉しいです。そうですね、限られた時間でのアメリカ生活、子供達にとって少しでも宝物になるように頑張ります。

    ユーザーID:2121882001

  • わたし

    小学校低学年の三年間、NYの公立小学校で過ごしたアラフィフです(現在米国勤務)。まああまり親ができることはないと思います。。。今でも鮮明に覚えているのが、「ダイヤモンド?」「ノー、ダイモン!」と発音を同級生に直されたことです。現在の勤務先では、「発音はNY風だが、時々文法を間違える日本人」と見られているようです。

    ユーザーID:3964387651

  • 経験談です

    私自身、子供の頃に親の関係で海外(アメリカ、イギリス)に在住していました。

    最初の頃、同じように言葉が出来ず、友達もなかなか出来ませんでした。
    転機が訪れたのは周りから得意だったことが認められた時ですね。僕の場合は算数と絵画でしたが、別に何でも良いと思うのです。
    欧米人の良いところは、何か優れたところがあると、それを褒める習慣がある点だと思います。まあ、時々大げさだなあと思いますが、褒められれば頑張りますし、頑張れば更に認められますので、いい循環に入ると思います。

    お母様にお願いしたいのは、直接はお子様の行動や交友関係に口出しをしないようにする一方で、英語以外の授業は英和辞典を使うことを先生に許可して戴くなど、落ちこぼれないようなサポートをしてあげて欲しいということでしょうか?

    子供の頃は親の転勤を恨めしく思ったこともありますが、現在私は英語をそう不自由なくこなせて、色々な情報に接することができて世界観が広がっているように実感していますので、今は親には本当に感謝しています。

    多少辛いかもしれませんが、影でサポートしつつ、そっと見守っていてあげてください。

    ユーザーID:9246626997

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧