母の教え(駄レスも歓迎です)

レス147
(トピ主2
お気に入り365

家族・友人・人間関係

こたつdeアイス

開いてくださりありがとうございます。

皆様のお母様の教えの中で、一番心に残るもの・ためになったもの・ちょっと笑えるもの…教えてください。
私の場合は
「結婚前の同棲はNG」です

若いときには門限もあり、旅行や飲み会に男性が一人でも参加する場合は終電で帰るように(学校行事と、女友達のみはOK)など

窮屈に感じましたが、自活するようになってからはあまり何も言わなくなりました。
今では、素敵なパートナーにも出会えて
自分なりにその方針の意味を理解して、母の娘で良かったと思っています。

周りからは同棲を勧められたりしますが、結婚まではとんでもないと笑顔で言えます。

ユーザーID:2906840284

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数147

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 立ってる者は、親でも使え。

    と、母が私に言いました。

    ユーザーID:8823058502

  • 母親は酒屋の娘

    休肝日を設けてますが、お酒、大好きです。
    「親の意見と冷や酒は、後から効いてくる」
    おっしゃるとおりでございます。
    かないません。

    ユーザーID:8796056354

  • 洗濯の時

    洗濯の時にポケットのあるものを見たらとにかく中を確認する事です。

    分かっているんですよ、分かっているんですが、忘れてしまってティッシュやら何やらにまみれた洗い上がりに遭遇しています・・・(涙)

    友人のお母さんは「給料日には必ず『ご苦労様でした』と旦那に言う事」でした。
    金額が少なくても必ず!と。
    友人は守らずに・・・。

    ユーザーID:9935586912

  • ぎんなんを食べ過ぎると鼻血が出る

    何の役にもたっていないですが。

    そして、実際に鼻血を出したと言う人に会ったこともないですが。

    ユーザーID:3461499701

  • 結婚するなら

    年下にしなさい。

    なぜなら、永く働いてくれるから。
    コレ、かなり打算的な教えですね。
    母から思春期のころに叩き込まれ、私の潜在意識にふかーくささりました。実際、夫は6才年下くん。色んな意味でわたしの結婚は成功かな。
    母よ、ありがとう。

    ユーザーID:6816027752

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 人の悪口を言うな

    あとは18まではどんな理由があってもお泊まりは無し!でした。
    その代わり18歳を過ぎたらどれだけお泊まりしても何も言われませんでした。

    ユーザーID:5386153881

  • 玉の輿

    良い家や資産家との玉の輿婚についての話をテレビで見ていて、母がポツリ
    「自分の自由にならないお金や資産なんて無いのと一緒。自分で稼げる甲斐性があって、自由にさせてくれる男を探さなあかん。」

    ゴメンねー母ちゃん!相手選び間違えたよー

    ユーザーID:8859063339

  • ウチの場合

    私が一人暮らしを始める時に言われたのは
    「お洋服1枚買うのを抑えても食事はきちんとしたものを摂りなさい。」
    「お腹一杯になればいいってもんじゃない。」
    それを守ってアラフォーの現在、家族全員健康です。
    両親も70超えてますが病気もせず至って健康です。
    結婚時から今に至ってはお金の大事さを教えられてます。
    散々浪費した親戚一家の没落(中小企業経営)その創立者だった母の伯父は徹底した倹約家でした。
    彼にノウハウ叩き込まれた母の事業は順調です。
    厳しすぎる母ですが、家庭を持った今では生き方を見習わないとと思います。

    ユーザーID:8455447264

  • うちの母

    「一髪、二服、三化粧」女性の身だしなみです。若い頃は「ケッくだらねー」とか思っていたのですが、大人になってみるとやはり大事だな、と。男性も、髪型が清潔で、服装がパリッとしていて、ひげなんかもきれいに剃ってあると男前度が上がりますね。

    「立ってるものは親でも使え、まして子どもはこきつかえ」私に手伝いをさせたいときの決まり文句でした。

    「猫を追うより皿を引け」目の前のことだけに対処するのではなく、原因から解決しなさいということらしいけど、母上様、あなたが一番原因を見ないで感情の赴くまま動いてますよ・・・

    ユーザーID:7261385890

  • うちの母は、

    「年下の男性と既婚者には手を出すな」と言っていたっけ。

    ...。

    恐ろしいことに、結婚してから、年下の男性に手を出され、紆余曲折の末に再婚しました。

    ...ここまで真逆っていうのも笑える...。

    ユーザーID:0609479632

  • うまい事言うなぁ

    私が中学生だった頃に母に「お母さんのくせにそんな事も我慢出来んの?」って言ったら、「この間までお母さんは、子どもでお母さんをするのも初めて」って言われました。

    自分が母になって納得です。

    ユーザーID:6814247847

  • 母が祖母に言われて それを私に

    私に伝えてくれた言葉です

    嫁に出たからは
    実家は兄嫁の物と思え
    慣れた家のなかでも兄嫁の許可なく勝手に入るな
    結婚前の自分のものを持ち出すときも
    必ず兄嫁に伝えてから持って行け
    です

    今結婚して出た娘が
    わが物顔に兄嫁がいる実家に出入りして
    好き放題しているのが多いようですが
    これでは家の中が誰が跡継ぎか
    その家をもりたてていくのはだれかが
    まったくわからなくなってしまいますよね
    それを当たり前に感じる親世代も
    昔の親とは覚悟が違うとおもいます

    私は固いのかもしれませんが
    気を付けるようにしています
    気をつかうだけでも 違うと思います

    ユーザーID:9898840079

  • 変わった母なので…

    母の教え…

    ・立ってるの者は親でも使え!
    ・外に女は作っても子供は作るな!

    です。ためになってるかは微妙ですが…
    ちなみに、母が立ってるときは思いっきり使います。

    ユーザーID:5515037438

  • あります

    子育ての話です。1つ、2つ・・・9つと終わりに「つ」が付く歳までは、子供から目を離さなず。です。

    ユーザーID:0707786145

  • 言うとおりになった

    うちの母は、
    「結婚するなら安定した(倒産の心配がない)会社の人としなさい」
    と言っておりました。

    父が誰もが知っている会社に勤務していたのです。

    その言葉通り、父と同じ会社の人と結婚しました。
    父の紹介ではありません。結果的にそうなったのです。

    今の時代、倒産の心配がない会社はないと思うので我が子には言えません。
    何年も前の母の教えですから(笑)

    ユーザーID:7736740627

  • 募金は自分のお金で

    小学校低学年の頃、母と一緒に行ったコンビニで
    おつりの小銭を1枚、募金箱へ入れてかなり叱られました。
    「そのお金はお父さんのだから!したかったら自分のお金でしなさい!」と。

    あと、私は器用な方だったので楽器も勉強もスポーツも出来ましたが、
    ある日母から
    「あなたは色々出来るけど、猿から見たらシッポが無くてかわいそうだと思われてるかもね」と言われ、
    逆説的ですが、何を持ってようが持ってなかろうが、
    人は自分が満たされてると思うもんなんだなと思うようになりました。

    と、なんだか冷たい母みたいですが、とても面白く
    もう病気で亡くなりましたが、辛い時もいつも笑顔でした。
    それが一番の教えかも。
    こんな風にはなれないだろうなと尊敬する母です。

    ユーザーID:5753049631

  • けんかするなら

    小学生の時の母の教えです。

    先に手は出してはいけないが、相手から出してきたら一発多くやってしまいなさい。と。

    どのみち先生には両方怒られるのだから、一発でも多くやっちゃえ、という感じです。

    でも、私はそんな殴り合いのケンカなどしたこともなく、でも面白かったので息子と娘には同じように教えました。
    子供たちも、穏やかな性格でその教えを使ったことは一度もありませんが・・・

    ユーザーID:1689677291

  • 子どもの前で

    「嫌なことがあっても、子どもの前で舅・姑のことを悪く言わないこと。」
    子どもはなんでも覚えてるからねー。と母に言われました。

    なんでも、私が小さい頃、私をおぶって姑(私の祖母)宅に行った帰り、知り合いにあった母は「どこからの帰り?」ときかれた際におんぶしている私に
    「クソババアのとこ!」
    と答えられたことが今でも恥ずかしくてたまらないのだそうです。

    ユーザーID:7956159637

  • トピ主です。

    「うまいこと言うなあ」のちいさんまで拝見しました。

    皆様、レスありがとうございます。
    お母様の教え、ひとつひとつ頷きながら読みました。

    世の中では変な親もいますが、子供を正しく導ける親御さんが増えていってほしいです。

    引き続き、「母の教え」募集します!!

    ユーザーID:2906840284

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • うちの母は

    好きな男には自分から告白するな

    ですね。母曰わく、本当に自分のことが好きで大事にしてくれる相手なら必ず向こうから「好き」と言ってくれるはずだから。だそうです。
    教えに従い、良い夫をつかまえました。

    ユーザーID:5593340731

  • 小学校入学の直前に

    「授業中は先生の顔を穴のあくほど見ていなさい」と言われました。

    人の顔に穴なんかあくのか? と思い、言われた通りじーっと見つめ続けました。
    6年間そうやっててついに穴なんかあきゃしませんでしたが、おかげでじっと座って人の話を聞ける人間になりました。
    小学生の間だけは優等生でもありました。

    かの発言のあとしばらくして家を出ていった母親の、唯一ありがたい教えです。

    ユーザーID:8922743305

  • 母よなぜ?

    皆さんのお母さん、なかなかいいこと言っていますね。
    私は、う〜ん、うちはないよなぁ、何かあったっけ?と思っていたら、1つありました。
    「卵焼きには、お砂糖だけでなく、お塩もいれるのよ」
    …母よ、なぜこれなんだ?
    ちなみに、母が作る卵焼きは、砂糖の他、一つまみの塩を入れるものです。
    これは子どものころから見ているので、もちろん知っているのですが、なぜ結婚する娘にわざわざそれを言うのか…。
    ちなみに夫は、卵は目玉焼きが好きなため、ほとんど卵焼きは作っていません(笑)。
    駄レス失礼いたしました。

    ユーザーID:1210061166

  • 結婚相手の顔、その人の中年以降の様子

    母曰く、女の子のお雛様(お内裏様)は充分吟味して母方実家に頼んで買ってもらわないといけない。
    なぜなら、将来の夫の顔が、お内裏様の顔に似ているそうです。
    それを聞いた小学生の娘は、おばあちゃんの言葉を信じ、自分のお内裏様をうっとり見て、こういう顔のお婿さんと結婚するのかとワクワクしているようです。
    これは(駄)の教えかな。
    でも、確かに私は自分のお内裏様にそっくりの輪郭の四角い顔、金太郎のような髪型の夫を選んでしまった・・・。母方の実家のせいなのか。
    また、母曰く、結婚相手を決めるのには、相手の親をよく見て決めなさい。
    男なら、その父親以上にも、以下にもならず、同じようになるから、舅になる人と同じ(程度の)ような人で良いのなら結婚したら、とのこと。
    一般論として、母は正しいと思う。
    ただ、うちの場合、どちらかというと夫は見た目も中身も姑のように老けてきています。

    ユーザーID:6743509276

  • 私が子供に教えるのは

    私は同棲して色々学んだので子供には結婚前の
    同棲にどれだけメリットがあるのか教えます。
    相手・自分の全てがさらけ出される同棲は、結婚を
    考え直すチャンスにもなるからです。

    子供には幸せな結婚をして欲しいと心から願うので。

    ユーザーID:5808404677

  • 人の振り見て我振り直せ

    母の口癖でした。
    素敵な人を見て「あんなふうになりたい」ではなく、
    他人の欠点を見て「あんなふうになりたくない」
    「なってはいけない」という、
    否定的なモノの見方です。

    若い頃は座右の銘にしていました。
    でも今は止めました。
    母は人のアラを探す天才で、私もそうです。
    人やモノのそんな見方が嫌になりました。

    例えるなら。
    (古い話で恐縮ですが)
    一重で目が細いけれど細面で日本的なA子のことを、
    素直な性格のB子は「田中裕子に似てる」と言い、
    私は「S(目の細い男性タレント)に似てる」と言いました。
    正直どちらにも似ています。
    でも田中裕子と言われた方が人は喜び、
    人間関係も旨く行きますよね。

    今は人の長所を見つけようと努力しています。
    私は「母の振り見て」我振り直しました。

    ユーザーID:9509514326

  • 潔癖な母

    しつこくしつこく言われていた事は男女間の潔癖さに関してでした。
    ・浮気(不倫)は絶対に駄目
    ・既婚者には手を出すな、出されるな
    ・デキ婚は絶対に駄目
    男女間でのだらしなさには本当に厳しかったです。
    周りで不倫(浮気)に罪悪感を抱いていない人達と会話をすると
    本当に価値観の違いを感じさせられます。
    私が子供の頃から、ワイドショーなどで芸能人の不倫ネタを見るたびに
    「浮気する男は絶対に繰り返す!!」と憤慨していました(笑)
    ちなみに父は凄く誠実で真面目な人なんですが、
    結婚前に付き合っていた男性で何か痛い思いをしたのかなと想像してます(苦笑)
    幼い頃からの洗脳で、自分は絶対に浮気(不倫)はしない、と断言できます〜(笑)

    ユーザーID:0976606569

  • お金で解決できることならたいしたことない

    20代の終わり頃でしたか、初めて事故を起こしてしまいました。
    駐車場での接触事故で、怪我人もなく、ただちょこっとこすった程度のことですみましたが、私は初めての事故に取り乱してしまって。

    その時の母の言葉が「こすっただけならお金で解決できる。これが怪我人や死人が出たらいくらお金を積んでも解決できない。お金で解決できる程度で済んでほんとに良かった。お金で解決できることは、お金出せば解決するんだからたいしたことではないんだよ」でした。

    それ以降、お金で解決できることと、解決できないことについて深く考えています。「人の心を傷つけたり」「信頼を失う行動をとったり」することなどは、特にお金では解決できないことだから気をつけないとなって思って暮らしています。

    ユーザーID:9646132823

  • 激しく駄

    小さい頃、コカコーラを飲むと骨が溶けるから
    飲んじゃダメ!!と母に言われ続け、怖くて飲めませんでした。

    あのしゅわしゅわ〜ってカンジが、
    そのまま骨を溶かすのかと、ものすごい恐怖でしたよ(笑)

    そんな私50代、ビールが大好きです

    ユーザーID:2545071088

  • うちは

    私の母は、

    「安物買いの銭失い」はするな!

    「だますより、だまされろ」「待たせるより待てる人」になりなさい!

    とよく言われました。


    とにかく他所様に迷惑をかけず、無駄使いをするな!ということだと思います。

    3つ目の言葉は、私が子供の頃、友達との待ち合わせで、待たされることが多く(県民性がそういうところだったので)、短気な私はかなりイライラしていた時に言われました。要は人の振り見てわが振り直せ!的な感じでしょうか。。。

    ユーザーID:0768447305

  • 面白いですね

    面白いですね、私も入れて下さい。夫の母ですが、夫が子供の時に、
    「喧嘩して負けて来たら家に入れないよ」と言ったそうです。時代ですね〜。
    遺伝子を受け継いだ腕白息子に私は喧嘩してくるなと言いましたよ。
    私の母は「姑から言われたことはずっと忘れない。だから私もお嫁さんに嫌な
    ことは言わない」です。ついでに父は私が結婚する時にメモを渡してくれました。
    そこには、「忍と待と」と書かれていました。見抜いていたんですね。
    婿が酒飲みで、仕事ばかりでなくつきあい酒で帰宅が遅くなることを。

    ユーザーID:8021676681

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧