現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

53歳、バツイチ、子あり親あり、彼は外国人、それでも・・・

葉っぱちゃん
2013年2月19日 4:10

その彼と、できたら再婚したいと思っています。
彼も、望んでいます。
でも彼はアメリカ住まい。
私は日本の実家に老母と大学生の子供、犬一匹と同居。
仕事もあります。
薄給ではありますが、70才まで勤められる安定した仕事です。
同僚との仲も良好で、ストレスも全くありません。
正直言って、今の生活は気楽で居心地がいいのです。
そんな私が、全てを捨ててアメリカで新生活をして、果たして
うまくいくのか、
とても良い方で、私には過ぎたお話ですが、今のお気楽な生活を
捨ててまで結婚すべきなのか・・・
彼が日本に来て住むというのは不可能です。
アメリカで、責任のある仕事をされている方ですし、
日本語も全くできませんので。
ただこのまま、形にならない超超遠距離恋愛をズルズル続けていたら
いつか破局してしまいそうで。
もし再婚するとしたら、今の彼しかいません。
他を探せばいいさ、というほど53才の女性に世間は甘くありませんし、
また、彼ほどステキな方から愛されることも二度とないでしょう。
決してのろけているわけでもなく、
日本のしがらみ、責任、気楽さ、ストレスの無さ。
アメリカに行けば、仕事も一から探さなければならないし、
経済があまり良くないアメリカで、53才の、これといった
キャリアも特技もない女性を早々雇ってくれることはないでしょうし、
また雇ってもらえたとしても、今ほど気楽に働くことは
できないでしょう。
でも、専業主婦にはなりたくありませんし、彼もそう望むでしょう。
70才まで保障された仕事があり、老母と大学生の子供と犬を犠牲にしてまで、アメリカに行くべきか。
とはいえ、あれほど素晴らしい方の妻となれることは、私にとっては
夢のようでもあり、最後のチャンスでもあります。
それに、このまま独身でいるのも寂しいのです。
どう思われるか、皆様のご意見をお聞かせください。

ユーザーID:4753458198  


お気に入り登録数:609
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:32本
最初へ 前へ 1 2 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(32)ほかのレスも表示

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
アドバイスありがとうございます。
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年2月19日 19:07

皆様の忌憚のないご意見、本当にありがとうございます。
在米の方からの、客観的なお言葉も大変参考になりました。
800字限定の中、情報が少なかったと思いますので
もう少し、彼と私のことを具体的に書いてみます。
彼は私より5才年上で、大手企業に勤務されています。
それ以外に、賃貸不動産をお持ちです。
ですので、中の上くらいの経済力だと思います。
ただ、在米の方もおっしゃっておられましたが、日本人の男性のように
ただ生活費をくれて、専業主婦でいいよ、という雰囲気ではないと私は感じています。
直接そう言われたわけではありませんが、これまで何度か行ったり来たりした上で、
そのように感じる次第です。
ですので、えるるさんがご指摘の通り、おんぶに抱っこの甘えた生活は
許されないでしょうし、よしんばできたとしても、
再離婚への切符にしかならないでしょう。
離婚歴は一度で、お子さんはいらっしゃいません。
これからご自分のお子さんをお作りになる気持ちもないようで、
その分、私の子供を大切に考えてくださっています。
次に、私のことを書きます。

ユーザーID:4753458198
続きです
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年2月19日 20:41

私に関しても、少し書かせていただきます。
海外経験ですが、帰国子女で、ヨーロッパではありますが、
一応あることはあります。
結婚前には、外資系の会社に勤めておりました。
そのため、英会話はなんとかなりますが、それ以外は
普通の事務員のおばちゃんです。
見た目もそこそこ・・・ぐらいの感じです。
彼は、私をとても気に入ってくださっていますが、
あまり自己主張をしない、おっとりした部分がいいのかな、と
自分では分析しています。
今まで再婚のお話がなかったわけではないのですが、
恋心を感じる方と出会うことはできませんでした。
そういう方は、今の彼が初めてです。
彼と出会ってから1年になりますが、来月も来日される予定で、
今回の目的は、「私の家族に会うこと」とはっきりおっしゃいました。
ですから、彼も将来のことを具体的に考えてくださっているようですし、
言葉の端々に、二人の未来を想定している話も出てきます。
電話も日に2、3度もかけてくださいますし、大切に想ってくださっているとは思います。

ユーザーID:4753458198
トピ主です
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年2月20日 14:01

皆様、真摯なご意見を本当にありがとうございます。
一つ一つ読ませていただき、どれもあまりにも的確で
ご相談させていただいて良かった、と心から思いました。

お話を伺って、方向性がまず大きく二つに別れることに
気づきました。
一つは、結婚を前提にもう数年待ち、子供や母のことが
ある程度メドがついてから渡米する。
もう一つは、はなから結婚、渡米をあきらめる、というものです。

前者の場合、これから数年後、ということで、私も50半ばを過ぎ、
ますます今の仕事を離れがたくなると思います。
それを圧してでも渡米して、新生活をしようと思う自分がいるかどうか、
今の私には未知数です。

もう一つの、とても現実的なご意見は、現状維持を続けること。
年に数回、お互いに行ったり来たりしながら、シニアの恋愛を楽しむ。
最もリスクの少ない、後悔のないやり方だと思います。
ただその場合、近々再婚する夢は消えますが。

ご相談させていただき、心の整理がてら、自分が一体何を望んでいるのか、
根本的なところの曖昧さに気付きました。
「再婚」を望んでいるのか。
「彼」を望んでいるのか。

ユーザーID:4753458198
トピ主です
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年2月20日 15:04

私の舌足らずのため、情報が不足しておりました。
申し訳ありません。

まず、彼の身元に関しては間違いありません。
知人を通しての出会いであり、これまで二度
彼のお住まいにも伺い、滞在しています。
大手企業部長職、賃貸不動産所有に関しては
間違いありませんし、独身、お子さんがいらっしゃらないことにも
虚偽はありません。
ご自身は、大変誠実で、不器用なほど正直な方です。
決して、イケメンで数々の女性と泣かしてきた、というような
タイプではなく、武骨な感じすらする方です。
ですので、人物に関しては問題ありません。

実は昨晩、とても寂しい気持ちに襲われ、メールをしましたら、
すぐに彼から電話があり、
将来の不安、子どもが巣立ち、母も高齢ですのでそのうち・・・
となったとき、自分は一人ぼっちで寂しい、犬しか側にいてくれない、
というようなことをメソメソ話してしまったのです。
彼はアイリッシュ系の大家族で育ち、ご兄弟がたくさんおられます。
「あなたはいいけど、私は・・・」みたいに言ってしまったのです。
そうしましたら、来月来日するときに、家族と会って
ある程度形にする、とおっしゃいました。

ユーザーID:4753458198
トピ主です
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年2月21日 12:54

真摯なご意見を、ありがとうございます。
一つ一つ、しっかり読ませていただき、
アドバイスを肝に銘じます。

少し、本題と逸れてしまうのですが、
昨日、つい私が寂しい気持ちに襲われて、
彼に弱音を吐いてしまったことを書きました。
それで・・・

そのときは、「日本に行ったときに、これからのことを
具体的に話しましょうね」という旨
おっしゃってくださったのですが。
どうも、その後メールもいつもほど頻繁には来ないし、
電話も来なくなってしまったのです。
まだ一日のことですし、こちらからメールをすれば
即返信してくださいますし、
昨晩も普通にお休みなさいメールのやり取りなどしたのですが・・・

彼も、賃貸物件の方で、週末に事故があったりして
後処理に忙しく、大分お疲れのようだったので
タイミングが悪かったと思いますが。
お疲れのときに、ネガティブな話をしてしまって
ちょっと引かれちゃったかな・・・と案じています。
なんとなく、これまでとは態度が違う、と感じてしまって。
私の思いすごしかもしれませんが。

ユーザーID:4753458198
トピ主です
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年2月21日 13:00

結婚話どころか、恋愛自体が危うくなっているのかもしれません。
鮫子さんがご指摘のとおり、私が一人で突っ走ってるだけのかも。
少し冷静になってみます。
私からの連絡は控え、彼がしてくるまで
待っていようと思います。

えるるさん、知性的でしっかりしている、と
お褒めの言葉をいただきまして、ありがとうございます。
とはいえ、しっかりでも知性的でもなく、53才で
未だに小さなことで悩んだりクヨクヨしたりしている見ての通りのヘタレです

ユーザーID:4753458198
トピ主です
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年2月21日 13:11

疑問点に、私が気づいた範囲でお答えします。

Mouseさん。
そうですね、彼はオリエンタル好きだと思います。
詳しくは聞いておりませんが、私の前彼女さんは中国の方だったそうです。
私の、黒髪のロングヘアーや、若く見えるところが気にいっておられるように思います。

エリンギさん、素敵な方とご再婚されて、素晴らしいですね!
おめでとうございます!
自分の幸せもだけれども、他の方の幸せも、心から嬉しく感じます。
同時に、前向きなパワーもいただけるような気がします。
私もエリンギさんのようになれたらいいのですが、何やら雲行きが・・・
必要以上にネガティブにならず、一旦冷静になってみようと思います。

ユーザーID:4753458198
トピ主です
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年2月21日 13:44

xyzさん。

前向きで明るいアドバイスをありがとうございます!

>私の人生のモットーは『棺おけに片足を入れた時に後悔しないこと』です。

そうですね!
そのためにも、いろいろなことを視野に入れ、今こそ冷静で客観的にならなければならないと思っています。
私には気付けなかった視点を教えていただけるのが、こういう場所の良いところなので、一つ一つのアドバイスを心に刻んでいます。

私には、こちらの皆さんが、私の幸せを願ってくださっている、
そのために、少し辛口だったり、厳しかったりすることもあることが伝わってきます。
ご自分や、身内のことでもないのに、見ず知らずの私のために、真剣に心配してくださり、ときには酸っぱかったりシビアだったり、
ときには明るく前向きだったり。
その全てに、心から感謝しています。

これからも、よろしくお願い致します!

ユーザーID:4753458198
トぴ主です
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年2月21日 15:12

取り急ぎです。
彼から、いつも通り連絡が来ました!
とても愛情のある言葉をくださいました。
私の杞憂だったようです。
お騒がせしまして、申し訳ありません。

ご意見をお聞きして、今後結婚の話が出た場合、遠距離婚も視野に入れてみようかな、と思い始めています。
あくまでもそういうお話が出たら、ということで
くれぐれも一人で暴走するのは止めておきます。

ユーザーID:4753458198
トピ主です
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年2月21日 22:16

こんばんは。
あちらの方のことですが、まだ「絶対働いてもらう」とか
「日本に来ない」とか、おっしゃっているわけではありません。
私が、何となくそのように感じた・・・ということです。
そのように書いたつもりだったのですが、うまく伝えることができず、申し訳ありません。

老後一人でさびしい、というのは、私だけではなく、再婚したい多くの人が上げる理由だと思います。
なぜ再婚、という形にこだわるかと言えば、やはり精神的なセキュリティーが大きいからだと思います。

ヨネさん。

>じゃあ、老後がくるまで遠距離の今の関係を続ければいい。
70歳まであと17年。
「そんなに持たないわ」というのなら、結婚生活ももたないのでは?
日米を往復する旅費と時間を惜しむようならね。

17年、遠距離を続けるのはなかなか大変なことだと思います。
遠距離がもたないのと、結婚生活がもたないことを、同じ範疇にくくっていいものかどうかもわかりません。
遠距離は、おいしいとこどりではありますが、家族という畑は耕せません。
結婚は、それこそ「良いときも悪いときも、喜びのときも、富めるときも、貧しいときも」ですから(笑)

ユーザーID:4753458198
トピ主です
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年2月22日 15:23

様々なご意見を、ありがとうございます。
実は、ちょっと変化が起きました。
どうしてこういうタイミングで、という感じなのですが
前に付きあっていた方から、復縁のメールが来たのです。
その方もアメリカの方ですが・・・
その方との過去のいきさつはちょっと省きます。
今現在のことを申しますと、明確に結婚を踏まえたメールでした。
こちらで在米の方の、現実的なお話を伺い、医療のこと、就職のことなど
色々な懸案事項があることが分かりました。
そういう意味では、今回復縁のメールをくれた方との将来の方が
ずっと現実的かもしれません。
経済的にかなり余裕があり、専業主婦を好む方であることも分かっているからです。
タイミングの問題で、当時は再婚する気持ちになれませんでしたが、今は事情が違いますし、
こちらで色々な困難をお聞きするに当たり、現実的に、安定した再婚を望むのであれば、そちらの方の方が良いかもしれません。

「彼」なのか。
「再婚」なのか。
再婚であれば、医療や仕事のことなど気にしなくて済む相手の方がより現実的である。
冷静に考えてみたいと思います。

ユーザーID:4753458198
トピ主です
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年2月22日 19:33

一つ一つの疑問点にお答えしたいのですが、
なかなかそこまで気が回らず申し訳ありません。

*犬について

犬は、家族同様ですので、どんなことがあっても最期まで面倒を見ます。
今の子の前に飼っていた子も、18才の天寿を全うするまで見届けました。

*子供について

子供は男の子です。
彼は将来、海外で働きたい希望があり、
私が将来渡米することになったとしても、反対することはありません。

*母について

85を過ぎ、高齢です。
おかげさまで大変元気で、ボケてもいません。
潤沢な年金をもらっており、生活に関しては全く問題ありません。

ユーザーID:4753458198
トピ主です
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年2月23日 12:35

色々なご意見、ありがとうございます。

まだ何かを決めたわけではなく、今すぐ決めようというわけでもなく、
様々な視野に立ちつつ、選択肢を保持しよう、という段階です。
来月、今の彼が来日しますし、その後どういう話になるか、というのも
今後に影響してくると思います。

年齢からいって、慎重にはならざるを得ませんので、
取りあえず、どちらの方とも現状維持で行きたいと思います。

また何かありましたら、ご報告させていただきます。
よろしくお願い致します。

ユーザーID:4753458198
トピ主です
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年2月24日 16:04

*母について

少し離れたところではありますが、姉夫婦がおりますので、
母に何かあったときには、彼らと協力して面倒を見ようと思っています。

*キャリーさん

そうですね。
今のタイミングで、元彼さんが再度結婚のオファーをしてくださったこと。
運命を感じます。
キャリーさん、私の気持ちをご理解いただき、
温かいお言葉をかけてくださって、ありがとうございます。

*くるみさん

応援ありがとうございます。
「人をやっかまない」
「羨ましがらない」は、私のモットーでもあります。
悪意や怒りに気持ちを支配されるのは、それだけで自分を不幸にしますので、
いつも感謝の気持ち、明るい気持ちでいたい、と思っています。
なかなかできないことが多いですが、そうなるよう、努力しています。
こちらの皆さんも、同じ気持ちでいらっしゃると思います。
どちらのご意見も、貴重な意見として、拝読しています。

ユーザーID:4753458198
トピ主です
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年2月25日 16:10

2度目になると思いますが、彼らとの出会いは、
ネットではありませんのであしからず・・・

ユーザーID:4753458198
トピ主です
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年2月26日 19:34

*元彼について

急にメールが来たわけではなく、これまでも
友人として、近況報告等、連絡を取りあっていました。
彼とは、お互いの家族も知っている仲ですし、
ケンカして別れたわけでもなく、非常に良い友人です。

ぶっちゃけ言いますと、私が最近体調を悪くしまして、
ちょっと仕事を休んだりしたときがあったんですね。
そのときに・・・
決して計算高くそうしたわけではないんですが、
将来の不安とか、孤独感とかを彼に漏らしてしまったんです。
今回、今彼にやったような感じで、メソメソと。
それを聞いて、元彼が、「君さえ良ければ、僕とこれからのことを
考えない?」という流れになったわけです〜
これってバッシング必至ですよね?
でも決して、彼の、そういうリアクションを想定して
不安を相談したわけではないんです。

彼は、私と別れてからも、誰ともお付き合いしておらず、
きっと言いやすかったんだと思います。
今彼のことは、チラッとは話していますが、基本的に
お互いにプライベートに関しては入り込まないようにしているので
(別れて以来)。
今彼は、来月の中旬に来日することになりました。(1年間でで3度目です)

ユーザーID:4753458198
トピ主です
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年2月28日 10:15

翻弄なんて、とんでもありません。

確かに、アドバイスに逐一影響され、言うことがコロコロ変わる
芯のなさ、フラフラする優柔不断さは認めますが、
芯の弱さ、フラフラ感は、53になった今もいかんともしがたく、
だからこそ、このようにご相談させていただいているのですが。

ユーザーID:4753458198
トピ主です
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年3月1日 13:31

ヘタレNO.1みたいな感じになってしまいましたね。
そう思われても仕方ないと思います、軸がないんですものね。
渡米した後の、就職や医療保険の大変さを考えると
「彼が好き!ついていく!」という最初の勢いも
ナヨナヨと崩れはて・・・

やっぱり渡米しないで現状維持がいいのかな〜、と。
とはいえ、元彼お坊ちゃまさんからオファーが来れば
渡米して、ちょっとセレブな暮しもいいかも♪と安易に流れ・・・

ううう・・・
叱られるのは致し方ないと思います。
吹けば飛ぶような信念しかないんですものね。
「大丈夫かなぁ」さんがおっしゃるように、
「その人を愛している、一生を共に過ごしたい」というよりは、
「結婚して安定した妻というポジションを手に入れたい、理想のポジションを提供してくれるのは果たしてどちらの男性か?」
なのだと思います。
とても鋭くて、ビックリしました。

今まで気づかなったのですが、いえ、気づいていても
気づかないフリをしていたのかもしれませんが、
どこかで・・・
どこかで、「見返してやりたい」というような気持ちが自分の中にあるのかな?と。

ユーザーID:4753458198
トピ主です
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年3月2日 13:57


今、30年以上お付き合いしている、イギリス人の男の子(?知り合ったときは男の子だったけど今はおじさんですね。彼氏だったことはありません)にもご相談していて、
彼は、元彼の職業とか、住んでいる地域も知っているので、
論理的、現実的、将来的に考えて、元彼の方がいいだろう、とアドバイスをくれました。
どうも、今彼は分が悪いようです。
一日に何度も電話やメールをくれる彼に対して済まないような気がしますが、
今は天秤にかけているのが実情です。
いづれにしても、今月の彼の来日は止められないので、予定通り家にも来てもらい、家族に紹介します。
母が失礼な態度を取らなければいいと思いますが・・・
今回よく観察し、お話も聞いてみようと思います。

ユーザーID:4753458198
トピ主です
葉っぱちゃん(トピ主)
2013年3月2日 14:05

*大丈夫かなあ?さん

「見返してやりたい」というのは、自分でもよくはわからないのですが、
たとえば・・・
そうですね。
離婚したときに、おしゃべり雀さんたちが、根も葉もない噂を流して
まるで私の方が100%悪い、というようなことを言っていたことに対してとか・・・なのかな?
もしかしたら、玉の輿に乗って、アッと驚かせてやりたい、という
気持ちがどこかにあるのかもしれません。

今彼でも充分インパクトはありますが、元彼はさらに玉の輿感が強く、
もし本当に彼と再婚したら、事情も知らないのに無責任なことを言いふらした人たちをギャフンと言わせられるかも・・・って。
もちろん、それだけで元彼を選ぶことはありませんが。
やっぱり価値観があうことが一番ですし。

ユーザーID:4753458198
 
最初へ 前へ 1 2 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(32)ほかのレスも表示

現在位置は
です