• ホーム
  • 健康
  • 大腸がんになりました。恐いです。心の持ちよう教えて下さい。

大腸がんになりました。恐いです。心の持ちよう教えて下さい。

レス124
(トピ主16
お気に入り539

心や体の悩み

にゃんこ

50歳です。
今日、大腸がんを宣告されました。気絶しそうでした。

我が家は母子家庭で
24歳の息子は病気で働けないので私が養っています。
病気が治って就職して自立するのを見届けるまで、
25歳の娘が結婚して幸せを見届けるまで死にたくないです。

離婚して20年、子供達を大学卒業させ、
真面目に生きてきたつもりですが
何か罰が当たったのでしょうか。
とても悲しいです。
今死ねません。
この現実を、この病気をどう受け止めたら心が軽くなりますか?
教えてください。

ユーザーID:9800693563

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数124

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 慰めにならないかもしれないけど

    義父が大腸ガンになりました。進行具合は忘れてしまいましたが、初期ではなかったはず。
    しかも、その前に喉にガンが見つかり放射線治療中のことでした。転移ではなく別々にできたようです。
    さらに大腸ガンの手術から退院後に心臓発作を起こして倒れ、心臓の手術もしました。
    今はガンの転移もなく仕事復帰しています。
    たった2、3年の間にこれだけ大病しましたが、ちゃんと生きてます。主人は二人兄弟ですが、心臓手術前に両方に子供が産まれ、孫を見ることもできました。弟はガン発覚時点で独身でした。
    トピ主さんも希望を持ってください。応援しています。

    ユーザーID:3905204763

  • レスします

    突然の事にさぞ驚かれた事と思います。
    私の父も大腸ガンを宣告された時は本人も家族もショックでした。
    大腸ガンは日本人に多いガンです。主様も私の父も何も悪い事をしていません。罰があたったのではなく、たまたま発症してしまっただけです。
    ガンのステージにもよりますが、手術とその後の抗がん剤治療で多くの人がガンに勝っていますので、どうか落ち込まず、入院手術について準備される事をお勧めします。

    まず高額医療費の補助について、ご自身が加入されている保険組合に確認して下さい。
    後日生命保険金で補てんされるにしても、保険が下りるまでは自腹の支払いになります。
    10万円以上の医療費が直接健康保険から給付される支払い免除の制度があるので、利用しない手はないです。

    一人で悩まず、家族に打ち明けて下さい。

    ユーザーID:0573280909

  • 罰が当たっただなんて、そんなわけないじゃないですか!

    病気になった人は何かの報いを受けただなんて、そんなことにゃんこさんだって思わないでしょ?でも、どうして私が…って思っちゃいますよね。私もそうでした。
    大腸じゃなかったけど、がんになって、開腹手術と放射線治療と抗がん剤治療を経て何とか復活して15年、今52歳です。

    病気の進行度と治療方針の説明を主治医から受け、自分でも情報を集め、セカンドオピニオンを求めるのもありだし、治療方針が決まったら仕事関係の調整をし、入院前も入院後も検査の連続。病人って忙しい…って思いました。確かにしんどいこともあったけど、全部、生きるために必要なことだと思って、一つ一つこなしていきました。

    何が言いたいかっていうと、がんになったけど大丈夫だったよ!ってこと。がんばれって言いたくないけど、あえて言います。にゃんこさん、がんばれ!!

    ユーザーID:4760593041

  • まずは落ち着きましょう

    >気絶しそうでした。
    >何か罰が当たったのでしょうか

    厳しい言い方ですが、大げさすぎます。
    病気は習慣性のものももちろんありますが、運もあります。
    本当に生きたいなら、回復して家族を助けたいなら、まずは冷静になって病気の現状を見つめるべきです。

    まず大腸といっても結腸癌ですか?直腸癌でしょうか?
    またステージはどうなのですか?
    ・s→癌が大腸粘膜内に留まっており、転移の可能性がない。
    ・sm→癌が粘膜層を超えて筋層に一部到達している→リンパ節転移の可能性が1割ほどある。
    ・上記それ以降の浸潤度である。

    これらの状態によって治療方針や予後が変わります。
    本当に回復したいなら大騒ぎせずにきちんと向き合う事です。

    ユーザーID:0075734570

  • お辛いですね

    本当に何と言ったらよいか、、

    何の励ましにもならないかもしれませんが、私の親も3年前大腸がんと宣告されました。
    かなり進行していて大きな手術を受けました。その後も抗がん剤治療、転移や手術をして、私自身が父のことで医者に呼び出されたこともあります。
    しかし父は今は元気になったのです!

    まず私が今まで調べた結果ですが、大腸がんは「比較的おとなしいガン」であること
    転移しても根治が望めることがある(素人なのでここで詳しく書けませんが)

    だから、あまり思いつめないでください。
    私がどんなに心配し、励ましても、「ガンになった人にしかこの辛さは分からない」と父に言われました。
    だから私のどんな言葉もにゃんこさんの胸に今は響かないかもしれませんが、、。
    それでも言わせて下さい。
    「きっとにゃんこさんは大丈夫」だと。

    お辛いでしょうが、
    娘さん息子さんのためにも頑張ってください。

    ユーザーID:5723560970

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 母が大腸がん

    高齢の母が大腸(結腸)がんの手術をしました。
    ガンは10センチ。内視鏡手術で30センチとり、盲腸にも転移していて
    その周辺も取りました。
    10日たらずの入院。
    大腸がん自体は予後のいいガンだと聞きました。

    半年前ですが、元気です。痛くもかゆくもない・・と。
    便が少しずつ、数回出るそうです。

    ステージが4aで、高齢のため抗がん剤を
    しないので、再発の可能性は高いらしいです。

    3か月後の検診では血中のがん細胞も減ってきていました。

    定期検査を欠かさず、先生も何かあればその都度最善をつくしますと
    言ってくださっています。

    あなたのステージは?
    初期なら、それほど悲壮感を持たなくてもいいのではと思います。

    時間はあると思いますので、病院や、患者の会などに、
    相談してはいかがでしょうか。
    病気相談、無料相談、電話でも、相談することで得られる知識、情報もあります。

    また、パソコンができるなら、患者さんのホームページやブログも
    ためになるかと思います。

    私も、病気を持っていて、患者の会に入っています。
    そこで、情報を得ています。

    ユーザーID:5535871834

  • 初期なら

    適切な手術を受ければ5年生存率は90%以上です。

    父は8年前に初期の大腸がんで手術しました。
    術後半年間の抗がん剤治療を経て、現在も元気に過ごしています。
    週3回は近くのジムで水泳をしたり、月に1回は母を連れて車で一泊二日の旅行もします。
    大学の同窓会に出てお酒を飲んだりもしますよ。

    大丈夫ですよ、トピ主さん。
    息子さん、娘さんの為にも頑張って治療しましょう。

    ユーザーID:2019413605

  • 早期じゃないんですか?

    私の母も大腸ガンになりました。早期だったので内視鏡手術で完治しました。
    トピ主さんはどういう状況なんでしょうかね?

    ユーザーID:6406473879

  • がんばって下さい

    人間死ぬ迄生きられますから、悔いが残らないよう日々がんばって下さい。
    どうしようと悩む時間があるなら、行動しましょうよ。

    ユーザーID:7471293548

  • お気持ち判ります

    息子が先月大腸癌で夭折致しました、アナタの事が、人事と思えなくお返事をさせて頂きました。大腸癌は、早くに手術をすれば、治りやすい癌と思います。子供さんの為に、気をしっかりお持ち下さい。病と戦い全快される事を祈念してます

    ユーザーID:1104065703

  • ひと休みのサインかも

    きっとたくさんご無理を重ねてこられたのでしょうね。それも、無理を無理とは思わないくらいに。だからひと休みしなさいというサインかも知れません。落ち込むだけ落ち込んだら、あとはもう腹をくくって何とかすることだけ。抗がん剤や医療機器、治療法は日々進化しています。患者もまた手をこまねいている暇はないです。よき主治医と病院を探し、今からでも食事等の生活習慣を工夫して、何とかしましょう。ここへも愚痴りに来てくださいね。小町たちがついていますよ!!

    ユーザーID:9217047471

  • 私も

    現在59歳。

    5年前に大腸がん手術しました。

    告知された時は冷静でした。
    それまでに検査をいろいろやって
    うすうす感じていたので「やっぱり」ぐらいでした。

    誰が悪いわけではありません。
    なってしまったんですから、前向きにいきましょう。

    大丈夫ですよ。
    今は治る病気です。

    ユーザーID:0440186707

  • 乳がん治療中です

    私も告知されたときは体がふわふわして歩いている感覚がなく、
    外を歩けば周りの人がまぶしく見え、「あの人たちの輝く世界と
    私の世界は別物」のように思え、あたかも自分が透明人間になったかの
    ごとく自分の存在がちっぽけで軽く感じられました。

    告知の日も、薄々は感じてましたが、待合室の血圧計で告知前145
    (普段は130でやや高め)告知後は淡々とと自分では思っていたものの
    血圧は180とわずか15分で激変しました。でも2週間もすれば現状を
    認識し、やるしかないと腹をくくれるようになりました。

    ところでお子さんたちのことですが、うちは高校生の子供が2人です。
    私が亡くなれば誰かに後見人になってもらわないといけません。いくら
    遺産や保険金を残しても不安です。トピ主は成年のお子さんなので
    その点は良いと思います。息子さんの病気とかはちょっと心配ですね。

    どういう治療かは私と違うのでなんともいえませんが、最近の抗がん剤は
    吐き気対策も昔より進んでいるので、前向きにすごされますように。

    ユーザーID:8114695746

  • トピ主です。

    皆様、ありがとうございます。
    全てのレス、心に響きました。感謝しています。
    ガンの宣告を受け、50歳の若さでガンになった自分を
    受け止める事ができませんでした。
    その場で崩れ落ちそうでした。
    ガン⇒死
    悲観してしまいました。

    正式な病名は上行結腸ガンです。
    大腸の中で一番分かりにくい場所にガンが出来ていて
    普通は見つかりにくいそうです。

    病状については、まずは手術してみないと判らないと医師に言われました。これが本当に恐いんです。
    もし、もし、手遅れだったらどうしよう。
    病気と闘う以前の悪い症状だったらどうしよう。
    死にたくないです。手術恐いです。
    こんな弱虫ですみません。情けないです。
    前向きになりたいです。

    ユーザーID:9800693563

  • トピ主のコメント(16件)全て見る
  • トピ主です。

    医師からガン告知された後、
    大腸の画像を観ながら細胞の説明、
    今分かっているだけの病状の説明をしてくださいましたが
    弱虫の私は画像を直視する事もできず、
    ましてや医師の話も耳に入りませんでした。

    ただ、私から医師に
    「死ぬんですか?もう手遅れですか?」これしか聞けませんでした。
    本当に情けないです。
    医師は優しく微笑んで「死ぬって考えなくていいですよ。」と
    答えてくださいました。

    どうしたら冷静になって病気を受け止めることができますか?
    こんな質問ですみません。
    自分でも大腸がんの勉強をしなくてはいけないと思うのですが、
    恐いから逃げています。この病気から逃げています。

    ユーザーID:9800693563

  • トピ主のコメント(16件)全て見る
  • 人間いつどうなるかわからない?

    癌は、部位や、種類によりますが、
    早期なら、健在で、長期生存されてる人がいます。
    義父は、10年くらい前に、早期で、胃癌手術してますが、
    今も元気で、畑仕事してます。
    私の母方の伯父2人、長男は、大腸がんで亡くなってますが、
    次男は、早期の大腸がん、その後、早期の胃癌にも
    なってるけど、健在です。
    時には、奇跡的レベルで、余命宣告されても、
    15年、長期生存されてる方もいます。

    私は、41歳の時に、胃癌告知され、低分化二期〜三期の進行で、
    術前抗癌剤してから、全摘しました。
    手術できるギリギリのところでしたが、
    幸い、経過良好で、今年で5年になります。

    いと子の旦那さんは、
    50代で、一昨年、海外の主張先で急死したり、
    昨年、年末に義母のいと子の息子さんが、
    44歳で脳出血かなんかで、急死したのですが、
    その母親である義母のいと子は、癌の手術したところで、
    まさか、自分より若く、健康だと思ってた、息子(次男)が、
    先に亡くなるなんて、ショックだったようです。
    つまり、人間なんて、いつ、どうなるか、わからない。
    だから、自分だけとか、罰が当たったなんて、思わないで。

    ユーザーID:5970480045

  • 病状は人それぞれだと思いますが

    祖母は30代で大腸ガンになり大手術をしました。

    現在90代で元気です。

    人によると思いますがこういう例もあります。

    ユーザーID:4308225283

  • わたしの 知り合いで、大腸ガンが、よくなった人がいます。

    ミキ・プルーンが、大腸ガンを 確実に よくなすそうです。

    3日間の間に、大便が、出ないと、便秘になり、大腸ガンに、なりやすくなるそうです。
    ミキ・プルーンの栄養は、ビタミン、ミネラルを、たくさん、ふくんでおり、大便のお通じが、よくなり、大腸ガンを、よくなす効果・効能が あるそうです。

    わたしの家庭は、ミキ・プルーンを 大さじ、いっぱい、コップにいれ、それに、お湯を いれて、とかして、飲んだり、

    あるいは、カレーを 作るときに、ミキ・プルーンを いれて 食べたりして、わたしの家庭は、ミキ・プルーンを 愛用しています。

    ユーザーID:4942374913

  • トピ主です。

    こんな真夜中になっても眠れません。
    CT検査で引っかかった時から嫌な予感がしていましたが
    ガン告知された時の衝撃から解き放たれません。

    ガン家系なので毎年胃がん、乳がん、子宮がん検診を受けていたし、
    年老いたらガンになるかもしれないと思っていましたが、
    まさかこの若さで、大腸がんになるとは夢にも思ってもいませんでした。

    私は数年前から躁うつ病を患っています。
    なかなか快方に向かいません。
    ガンになって躁うつ病が悪化しなければ良いけれど心配です。

    一人暮らししている娘にメールでガンの報告をしたのに
    全く返信がありません。
    ショックです。
    心配じゃないのかな?
    娘にとって母親がガンになったってさほど心配じゃないのかな?

    ユーザーID:9800693563

  • トピ主のコメント(16件)全て見る
  • 心が軽くなる方法はないです。

    病気が軽くなる方法がないのと同じです。
    でも、負ける訳にはいかないんです。
    どんなに苦しい状況でも、立ち向かわないといけないから…

    私も、先日3度目のがん宣告を受け、目の前が真っ暗に…(アラフォーです)
    とぴ主と同じように、「何か悪い事でもしてたのか?罰があったのか?」と思いましたが、
    罰が当たったんだとしても、このまま自分の人生の幕を下ろすことも、白旗を挙げることも
    出来ません。闘い続ける運命だったんだと…思わないとやっていけませんし、ここで
    負けるわけにはいかなんです。

    まずは現実を受け止め、現状はどうなのか把握するところから始めませんか?
    信頼できるDr.にシッカリ病状を説明して貰って、何をすべきか見極めませんか?

    周りの事も心配でしょう。でも、今は自分の事を最善に考えましょう。それがひいては
    家族の為にもなるんですから。

    ユーザーID:8135949465

  • 今を乗り越えてください

    にゃんこさん、
    今は告知に驚かれ、受けとめられずにいると思います。

    罰が当たったのでは?
    と考えてしまうこともわかります。
    でも、にゃんこさんは決して罰が当たったのではありません。

    人間は生身です。
    病や事故は突然やってきます。
    日々、悩む事がたくさんあっても、元気に生きていることは奇跡だと思います。

    今はいろいろ考えることがたくさんあると思います。
    息子さんや娘さんのこと、生活のこと、
    仕事のこと、
    治療のこと、
    そして自分の命のこと…

    心がいっぱいいっぱいで大変だと思います。

    受けとめるのには、少し時間が必要です。

    今は治療を最優先にして身体を大切にしてください。

    私も数年前、30代半ばで病に倒れ、約1年治療をしました。

    仕事や結婚、家族…
    いろいろなことを考えました。今は元気に働いています。

    今は苦しいでしょうが、
    乗り越えるんだ!と決意して、息子さんや娘さんたちと今を乗り越えてください。

    ユーザーID:2154594917

  • ちゃんと話を聞いて

    まず冷静になってください。
    お医者様はあなたはガンだからもう死にますっておっしゃいました?
    そうじゃないでしょ?
    ガンってそう簡単に死ぬ病気じゃないんですよ。
    それなのにどうしてガンって、ステージも転移の話も何もかもすっ飛ばして
    「=死」ってイメージが根付いちゃってるんでしょうね?
    そりゃあガンが原因で死んじゃう人だって居ますけど、
    ガンになった人全員がガンが原因で死ぬわけじゃない。
    再発もなく他の原因(老衰含む)で亡くなる方の方が多いのに。
    主人も50にして大腸がん発覚。
    大手術でしたが、ぴんぴん生きてるし仕事も変わらずやってるし食欲も旺盛。
    とっても元気にしてます。
    お医者様も「絶対はないけど今の所心配ない」とおっしゃってます。
    まずお医者さんの話を良く聞く事。
    とりあえず今すぐに死ぬ事はないと思います。
    キチンと冷静に現実を見てください。
    後、バチが当たったのか?とかそういう事は言わないように。
    他のがん患者の方に失礼です。

    ユーザーID:0864910221

  • 悲観的にならないで

    私も49歳の時に直腸癌になり開腹手術をしました。
    幸い初期だったので再発もなく56歳の現在まで元気に
    生きていますよ。
    にゃんこ様のステージがわからないのですが
    癌=死ではないです。
    治ると信じて頑張って下さい。

    ユーザーID:5473610271

  • 2度目のレスです

    >医師は優しく微笑んで「死ぬって考えなくていいですよ。」

    今、医者は驚くほどシビアなことを患者に告げます。
    現在の医療方針がそのように変わってきているみたいです。
    お愛想は言いません。逆に患者に説明のとき、最悪(とこちらは思える)のことを医者は言います。
    だからお医者さんがそういったのなら大丈夫です。嘘は言いません。
    ただ医者が「難しい」とか悪いことを言った場合、実際は大丈夫だったということならあると思います。(医者が嘘を言っているのではなく、医者は「考えられる最悪のケース」を患者に話しておくように思えます)
    私も親がガンになり様々な体験をしました。

    にゃんこさんの不安な気持ちは痛いほど分かります。

    ユーザーID:5723560970

  • 相手を知れば、怖くない。

    私の父も50前で直腸癌になり(私は当時16歳)その後、人工肛門で20年以上何の受診もなく生きていました。

    不安な気持ちもわかりますが、まず今の状態をしっかり把握して、今後の事も全て調べて(病気の経過・入院費・会社関係・退院後の生活・お金・子どものこと等)病は気からって言葉通り、不安はストレスになり...悪循環でしかないと思います。

    「何か罰が当たった」ではなく、この試練を乗り越えられる力が貴方にはあるって事だと思います。
    きっと色んな事を一度立ち止まって考えるチャンスなんだと思います。

    他人が頑張って、きっと大丈夫!って言っても無理でしょうから、自分で大丈夫、頑張れる!って思わないと駄目なんだと思います。(不安は解消されないし、病気も良くならない)

    自分を守れるのは、自分の頑張りだけですヨ。

    ユーザーID:5663754387

  • 大丈夫ですよ

    ガン家系だから毎年しっかり検査されていたのですよね?
    であれば、早期の発見では無いのでしょうか?
    それとも、余命宣告されてしまったのでしょうか?

    早期発見なら適切な処置で取り切れるかと。
    そんなに心配することは無いですよ。
    だから、お子さん達も慌てないのでしょう。

    それに、50歳では若くしてガンっていうレベルでは無いですよ。
    まずは冷静になりましょう。
    日々後悔無く生活できるよう頑張って下さい。

    ユーザーID:2201041456

  • 死にません!

    大腸がんだから必ず死ぬとは限りません。
    おじは、数年前大腸がんになりましたが
    今は元気に働いています。以前よりは、
    食生活に気をつかったりしていますが
    以前となんら変わらない生活をしています。
    おばはその間、がんに効くというお茶や食品を
    一生懸命出したそうですが。
    きっとご家族が支えになってくれると
    思います。大丈夫です、死にません。

    ユーザーID:5053075068

  • メールはダメですよ

    そんな重要なことをメールで報告はダメですよ。
    返事がないのは娘さんもどう答えていいか悩んでいるのかも。
    軽く返事できることじゃないですしね。

    返事がないと悪いほうへ悪いほうへ考えちゃうでしょ?
    事実はどうだかわからないのに。
    だからダメなんですよメールは。
    電話で話したほうがいいですよ。

    ユーザーID:6406473879

  • ガンを知ることから始めましょ

    お医者さんも 不幸なことを考えなくていいとおっしゃってますが、
    もう怖くて聞いたことも”がんだった”以外 ほぼ入ってないのでは?

    まずは 落ち着きましょう。
    いいお医者さんに会えましたね。
    そして見つけてもらった。
    じゃあ 治しましょうです。

    動揺で話が聞けないなら、娘さんに同席していただきましょう。
    インフォームドコンセントってやつです。
    驚かずに冷静に話が聞けるタイプでしょうか?
    主様以上にアタフタされるなら 他の方がよいでしょうが
    そうでなければ、娘さんを通して聴き直せば、安心では?

    現状、治療方針、手術、術後の生活を聞いて、
    準備しましょう。
    これ以上にすることはないです。
    動揺したって治りませんから、
    スムーズに準備を進め、ゆっくりとがん退治です。

    やりたいこと、やれるように、治療しましょう。
    立ち向かっていきましょう。

    ユーザーID:7091520920

  • ウチの父、肺がんです

    ウチの父、肺がんで、闘病4年目。
    抗がん剤は続いてますが、至って普通。
    癌が大きくも小さくもならないみたいです。

    母、胆のう癌でしたが、手術で一応完治。

    友達の父親、大腸がんで手術後、一応の完治。
    別の友達の父親、同じく大腸がんで手術後、一応の完治。
    また別の友達の父親、胃がん(自分で触って大きな塊に気づいて病院に行った)、
    胃を全摘したけど、今は規則正しくお酒を飲んで元気一杯。


    父の知人…骨が溶ける位進行していて、末期…と言われてから
    3年になりますが、3年前と変わらず、普通に生活してます。

    最近、余命2年…と宣告を受けた、ご近所さん。
    宣告を受けてから1ヶ月位は、塞ぎこんでましたが、今は戦う気満々です。

    主さんも今は、宣告を受けて間がなく、ショックでしょうが、
    いつかは受け入れて、戦う気持ちが出てくる事を願ってます。

    今は、癌=死ではないですよ。
    勝つことの出来る病気、共存出来る病気です。
    先生に言われた通り、死ぬ事は考えなくて良いと思います。
    勝つ為に出来る事は沢山有ると思います。

    ユーザーID:6227594976

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧