何年も覚えている可愛いエピソード。

レス33
(トピ主2
お気に入り77

生活・身近な話題

izi

 甥が2歳くらいとき、「ぞうのボタン」という絵本を読んであげていました。たまたまグレーで前に大きなボタンの付いたマタニティ服を着ていた私に、「○○ちゃん、ぞうさんみたい!」ってまだ舌足らずの話し方の甥に言われたんです。妊婦で体重激増を気にしていた私は絶句してしまいましたが。あまりにも可愛いので笑うしかありませんでした。
 それ以来、グレーの服を買おうと手に取る度に思い出しては笑ってしまいます。
こんな、後から思い出してもニコニコ出来るお話ないですか?甥は今年で30歳です(笑)。

ユーザーID:2935521672

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • でんでん虫

    兄が2-3歳くらい、雨が降ると庭でいくつものでんでん虫を集めてきて、窓辺に並べては、「とってもカワイイお顔だよ」といつまでも眺めていたそうです。

    ユーザーID:9276591191

  • 次の駅

    事情があり、おばあちゃんと北海道に住んでいる同僚の娘さん、3〜4才だったでしょうか。
    東京の父親のところに遊びにきた際には、いつも会社に来るので仲良しでした。
     ある日の電話

    「irasariちゃん、札幌にいらっしゃい! 飛行機に乗れば次の駅よ♪」

    ま、まあそうなんですけど。
    30年以上経った今でも思い出して、口元がゆるみます。

    彼女は今ニューヨークに住んでいます。やっぱり次の駅なんですが、なかなか・・・

    ユーザーID:0141575858

  • 魔法

    紙パックのジュースの残りが少なくなった時に、ストローの向きを変えて最後まで飲めるようにしてあげていたのを、2-3歳だった娘は「魔法」と呼んでいました。

    ユーザーID:4601254417

  • あります

    子供が幼稚園のときに、園長先生が
    手品でお金を出したそう。

    帰ってきたら、「ママ、ハンカチ貸して」で、先生と同じように♪チチンプイプイ チチンプイプイ〜とやっていて、
    「あれおかしいな・・」って・・私にお金をプレゼントしたかったんだなと優しい息子を思い出します。

    ユーザーID:1064648167

  • 昼間の月

    長男が3歳くらいの時、外遊びをしていた時、白く昼間の月が出ていました。
    それを見つけた息子は「夜になったら(月に)電気が点くの?」と聞いたのです。
    可笑しくて可愛くて、いつまでも忘れられないです!

    ユーザーID:9094465483

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 昔のご近所さんと息子が小さかった頃

     ご近所の男の子(幼稚園児)がお絵かきがすきというので,色鉛筆をあげたことがあります。
     その後,その子のお母様が「息子がお礼にこれを渡してきてと言うので。」と恐縮しながら手焼きのクッキーを持ってきました。最初「お礼に別のお菓子を用意しましょう。」と何度か言ったそうですが「それじゃ僕がお礼したことにならない。今日のおやつを上の(マンションのちょうど上階にあたるので)お姉ちゃんにちゃんと渡してきて。」その日は,オヤツを食べるのを我慢してお礼にくれたんだなと思うと.その気持ちが嬉しくてほろっとしました。

     私が風邪で寝込んだときに,長男(確か2歳くらいのとき)「ママ生姜湯」(実際に用意したわけではなく,コップだけでしたが)「俺が治してあげる。」と言って,ナデナデしてくれました。

    ユーザーID:0503840263

  • 夜は短い

    大きな工場があって、「何で夜も電気がついてるの?」と聞かれました。

    昼間働く人と、夜に働く人がいるからよ、あの工場の機会は一日中動いてるのと言ったら「じゃあ、夜に働く人の方がずるいんじゃない?」

    は?と思いましたが、子供は早く寝るので夜が短いのですね。

    ユーザーID:5301796470

  • 小学生の老人ホーム慰問

    手品を担当したそうですが、全部失敗。

    おばあさんたちの反応は?と聞くと「アラ〜…」と言ってたそう。

    本人も辛いが周りも辛かろう…、と想像し笑ってしまいました。

    ユーザーID:5301796470

  • 留守番電話

    現在小5の甥が小1のころのこと。

    学校から帰ってきた甥は風邪気味で布団で横になってました。夕方、母である私の姉が当時小3の姪を習い事へ迎えに行かなくてはならず10分くらい甥を一人で留守番させることにしたそうです。甥に「10分で戻るから、おとなしく寝ててね、誰か来ても出ちゃだめだよ、電話も出なくていいよ。お母さんの携帯の番号をここに書いて置いておくからね、何かあったらすぐ携帯に電話してね」と言い、急いで姪を迎えに出たそうです。
    5分ほどして、姉の自宅から姉の携帯に電話が…。姉は自分の携帯をマナーモードにしていたことをすっかり忘れていたようで着信に気がつかず留守番電話になってしまい、甥からこんなメッセージが入っていました。

    甥「○○○○○(フルネーム)、ごようけん」

    なぜ「フルネーム」と「ごようけん」だったのかと言うと、小1の甥は「ご用件」の意味が分からなかったんだそうです。

    そのときのアナウンスが「只今電話に出ることができません。ピーっと言う音の後にお名前とご用件をお話しください」だったのですが、いまでも留守番電話のアナウンスを聞くとそのメッセージを思い出します。

    ユーザーID:4497563642

  • 姉妹

     娘が1年生の真冬のことです。仕事が少し長引き、娘より帰りが遅くなりました。鍵を持っていなかった娘が凍えて外で待ってると思い必死で帰って来ました。お向かいさんが、「さっき見かけたので、うちに入って待ってるように言ったんだけど
    大丈夫って言ったの、今そこにいる?」と。。。。でもいないんです。寒い中一体どこに行ったんだろう。。。とにかく荷物を置いて探すことにしました。
     ふと目を玄関先の犬小屋にやると娘のランドセルが上に!!のぞき込んだら我が家の二匹の犬たちと一緒に入って爆睡していました。慌てて起こしたら「あ、おかえり(ニコ)」
    暖かくて気持ち良かったようです。

    ユーザーID:2935521672

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • ほっこり

     笑顔になる皆様のレスに感謝しております!幸せな気持ちが伝わってきます。ありがとうございます。

    ユーザーID:2935521672

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • チップとデール

    私は、歯が出ています。(歯茎が出てるという方が正しいかも。)

    で、姪っ子が2歳半ごろ、私の口元を見て、
    「チップとデールみたい。」と言って歯を触り、
    妹と爆笑。
    うんうん、確かにそうかもね。
    妹は
    「おばちゃんに失礼やで。」と言って叱りましたが、
    なんか可愛くてねぇ。

    そんな姪も、13歳になりました。
    今でも可愛い姪です。

    ユーザーID:5483622266

  • お年玉

    幼稚園のときに、おばあちゃんに1000円札でお年玉をもらったときに、袋を振って「あれ、音しない」って言いました。

    次の朝幼稚園の先生に目を輝かせて発見したんだというふうに「先生!おとしだまって、お金だったんだよ」
    それを聞いた先生が「あら、今年一番始めの面白い話だ」と大笑いでした。

    私があげるは、いつも硬貨で、袋の中がジャラジャラ音がしたので、『音しだま』と思っていたらしいです。

    ユーザーID:1613864335

  • アメリカザリガニ

    息子が幼稚園の頃、一緒に田んぼから取ってきた立派な赤いザリガニ。
    水槽の中のザリガニを見て息子が言いました。
    「このザリガニは、ここがアメリカだとおもっているんだろうね」
    今でも甲殻類を見ると、その時の真面目な可愛い顔を思い出します。
    そんな息子は今28歳です。

    ユーザーID:9165053535

  • くま

     息子が4歳の頃、九州の実家で電車に乗り、「きれいな川だね」と話しながら窓の外を眺めていました。
    隣に座っていたおばあちゃんが、「あれは球磨(くま)川っていうとよ。」と教えてくれたのですが、息子が「お母さん、熊はどこにいるの?」と聞きながら、熊を見つけようと窓にへばりついていました。
     おがあちゃんとふたり、肩を震わせながら「く、熊はいないんよ(笑)」

    ユーザーID:0317993802

  • つい最近の話で恐縮ですが

    長女6歳が4歳の時のこと。

    あっぶらはーもにーはーしちにんのこ〜♪

    ひとりはのっぽで あとはっちにん(8人?!)♪


    と唄っていた。

    子供増えちゃってますけど…(汗

    正)ハブラハムには7人の子 
      1人はのっぽであとはちび

    長男、もうすぐ4歳。3歳になりたてのとき。

    ねーねー、しりとりしよう。
    じゃ、つーちゃんからね!

    ライオン!!!

    ・・・すでにおわっとるがな!(父)

    じゃあ、キリン!

    ・・・。(父)


    なぜか、最後に「ン」がつく言葉が好きだった。

    いや〜、子供って無垢すぎる。

    ユーザーID:6136665886

  • 自分が小さかった時のこと

    うちの父は魔法を使って信号を青に変えてくれていました。
    テクマクマヤコンテクマクマヤコン早く青になーれって魔法の呪文を唱えて。(秘密のアッコちゃんですね)
    タイミングが上手なので、わくわくしながら騙されていました…。
    ほんとは反対側の信号を見て合わせながら唱えてたんだけど。
    そんな父が亡くなって数年経ちます。
    今でも駅から帰る時、駅前の信号で引っかかるとその時のことを思い出します。

    ユーザーID:8672795530

  • 海外ですみませんが、、、

    シングルマザーで一人で育ててますが、今だに忘れられないのが、、
    娘3歳の反抗期。娘が悪さすると勿論親として叱りますよね。そうすると、、
    ”ママ!ゴーTo チッキン(鶏)!(台所、Kitchenのいい間違い)”。可愛くて”ふふ”と笑っちゃうと彼女の逆鱗にふれ更に”Go To Chiccckenn!!”と。
    多分私が仕事から帰ると大体台所にいるのを知っててうるさいと台所に追いやろうとしたのでしょうね。
    あとは、1歳過ぎた頃。色々ないたずらをしだして、、、究極は、、
    朝起きて寝不足で気分最悪。でも仕事に行くのでふらふら起きて。まずはトイレに。
    そこでトイレの便器の中に見たものは、、彼女のピンクのがらがらが、ぷかぷか浮いてました。一瞬 ”???”の世界。
    私のその日の一番の仕事は便器に恐る恐る指を突っ込み、がらがらを拾い上げるでした。

    本当にあの頃は必死でしたね〜。けど本当にこういう小さい思い出ってきらきらした宝物ですよね。今でも”私、本当に幸せなんだな〜”と感謝してます。

    今では私の脇の下に入らないほど大きくなって(9歳)。でも寝顔は初めて見たときと同じ。

    ユーザーID:8471191813

  • 食べちゃうぞー

    うちの二男の「たく」ですが、小さい頃、横着なことをしたり、わがままを言ったりしたときに、パパが「そんなことする子は食べちゃうぞー」と言って、食べるまねをしました。大変怖がったのですが、あるときまたその場面で、「たくを食べたら、たくがなくなっちゃうよ。それでもいいの?」と言うではありませんか。パパもママも大爆笑でした。
    その後、そういう場面では食べちゃうぞーではなく、おばけが「えっへっへ、たくーーーー」とやってくるという形にしたのですが、ある日、「ねえ、ママ、おばけはどうして僕の名前を知っているの?」と聞くのです。またまた、大爆笑でした。

    ユーザーID:4009673483

  • に の文字をみて

    ひらがなを覚え始めて夢中の甥っこが、
    私に問題出して!とせがむので

    『に』 の文字を画用紙に書きました。

    『う〜ん…むつかしいなぁ。『こ』と似てるんだけどなぁ』とつぶやいてました。

    おそらくあいうえお順に覚えていたみたいです。

    ユーザーID:8970895810

  • ただいま!

    かつて知り合いに物を貸すと、返してくる時は必ず付箋がついていて、
    付箋には「ただいま!」って書いてあるんです。
    可愛い!最初意味がわからなかったのですが。
    彼女とは今、仲のよい友人です。

    ユーザーID:8011014983

  • 弟の学ランがまだブカついていた、中1の頃の話です

    引出物で頂いたのでしょうか、ウチに可愛らしい角砂糖が一箱ありました。
    溶かした砂糖をパステルカラーのピンクや黄色、緑で色づけして形作った小さなバラがデコレートがされた物です。

    その角砂糖を使うと更に可愛らしい事が起こりました。
    紅茶等にポトンと落としてスプーンで混ぜると、角砂糖が溶けて小さなバラがプカリと浮かんできて、渦に乗って水面をクルクルまわるのです。

    ある日の朝食時、弟がそっと周囲をうかがうと、その角砂糖のバラの部分を、これまたそ〜っと齧っている所を偶然目撃してしまいました。

    小さな花が何で出来ているのか…?
    ずっと気になっていたんでしょう。(笑)
    でも角砂糖を食ベている所を見つかったら怒られるとでも思ったのか(そんな事で怒らないのに…)、「そ〜っと」小さな花を齧っている様子がなんともカワイくて、もう随分前の出来事ですが今だに記憶に残っています。
    たまに思い出して、あんな角砂糖ないかなぁ…とも思います。

    予談ですが件の角砂糖、朝からちょっぴり気分があがります。(笑)

    ユーザーID:6453922202

  • まだいいですか?

    今10歳の長男が4歳のころ。
    冬が近くなり私がハンドクリームをつけたのを見て、「お母さん、手にカサカサ出たの?」といいました。
    それ以来、カサカサしてきたシーズンに毎年思い出して笑ってしまいます。

    これも長男です。次男が離乳食のころバナナを常備していたのですが、いつもほしがるので、ある日「これはナ・ナ・バ。次男君が食べるために買っておいたんだよ」と伝えました。すると長男は、「ナーナーバ、かぁ。(バナナにそっくりだけど)そういうのもあるんだね。」と納得してくれました。

    次男はおととし、夫が幼いころに失くしてしまったミニカーの話を聞いて、「クリスマスプレゼントは自分はいらないから、お父さんが失くしたミニカーあげたい」とぽろぽろ涙をこぼして訴えました。

    三男は、最近月を見て「お月様見てもいい?」と尋ねます。訳が分からなかったのですが、「まあるいときはみてもいいの?」・・・オオカミ男に変身してしまうのを心配していました。

    ユーザーID:5909871472

  • メス?

    姪っこが1人でおままごとをしていて、料理をつくる過程で「メス、メス」と言ってなにやらふりかける仕草をしていました。
    ???と思っていたら、母親である姉が「それは、お酢よ」と優しく訂正していました。
    今だにお酢を使う時に、思い出します。

    ユーザーID:4636079369

  • 甥っ子と金魚

    帰省のお土産に、和菓子を。
    季節感あふれる、透明な寒天に金魚が浮いているという某有名和菓子店のお菓子。

    甥は、両手に金魚のお菓子を大事そうにいただき水仕事中の祖母(私の母)
    のもとへ

    「おばあちゃん、きんぎょをおみずにいれてあげないとしんじゃうよぉ〜」



    当然、そのお菓子は食べませんでした。そんな甥っ子も、小学6年生。卒業、おめでとう。

    ユーザーID:2464853937

  • クリスマスイブに

    子供と二人きりのクリスマスイブ。

    もう、寝る時間と思い、ドアの鍵を閉めました。
    そうしたら、
    切実な目で私を見つめて「ママ、サンタさんが入れないよ〜」と言いました。私は「あらら、そうね・・」といい、鍵を開けました。

    部屋をみて、煙突がないからドアからしか入れないとずっと心配してたようです。

    ユーザーID:5913721988

  • 餅食べたかったんだね

    うちの弟が小さい頃です。

    ストーブがスーと引かれ隣の部屋へ。なんだなんだと思っていたら、餅の匂いがして。
    弟は餅を食べたかったんですが、怒られると思ったんでしょうね。

    そぉっと見えないとこで、よほど食べたかったんだねと母が笑っていました。

    ユーザーID:2301506343

  • 息子が保育園のころの話
    職場に落雷があり、電子機器が壊れました。
    家族で夕飯を食べている時に
    「今日、雷が落ちてパソコンが壊れちゃってね...」
    と話をしたら、
    子供が
    「ホント!!お母さん、角は1本だった?2本だった?」
    って聞いてきました。
    絵本に出てくるような「かみなりさま」が落ちてきたと思ったみたいです。
    あまりの可愛さに抱きしめました♪
    その息子も中3の受験生。
    『落雷』と聞くと、「角」を思い出し、今でも笑えます。

    ユーザーID:1920128357

  • 涙をうかべて

    息子が2歳のころ。
    <かたあしダチョウのエルフ>という絵本をちょっとむずかしいかなあと思いながら読み聞かせしていました。
    ラストが悲しいお話で、しんみょーにおとなしく聞いていたなあと思い、ふと息子のの顔をみると、目に涙を浮かべて、<かわいそうな七面鳥やなあ・・おかーさん・・>と。

    あのタイトルはダチョウなんですけど・・・
    ってか息子よ。七面鳥って言葉どこでおぼえたの???

    ユーザーID:6384319123

  • 奈良公園の鹿

    双子の娘と息子がいます。

    3歳ぐらいのときだったでしょうか、奈良公園に遊びに行きました。「おせんべいあげる」と張り切っていました。息子は上手にあげることができましたが、娘は怖くておせんべいを離すことができません。鹿がじれて、蹴りそうになりました。

    一瞬のことで、親もお店の人もびっくり、急いで娘をかばおうとしたのですが…

    息子が手を振り回して、「○○ちゃんいじめちゃだめ!おせんべいあげないからね。」と鹿を叱りました。結局娘がびっくりして転んだだけで何もありませんでしたが、あのときのかわいい息子の姿は眼に焼きついています。近くにいた外国の方が、連写でその状況を写していたのも印象に残っています。

    今は、お互いに憎まれ口を利く20歳です。

    ユーザーID:0483917572

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧