あなたのご先祖さまの職業は?(駄)

レス48
(トピ主2
お気に入り59

趣味・教育・教養

いちご大福

先日、両親と表題について話をする機会がありました。
興味があり聞いてみると

母方の先祖→農家(関西地方)
父方の先祖→平家の落ち武者(九州地方)

だそうです。

ちなみに近代(曽祖父〜祖父の職業)では

母方→曽祖父は山伏さん&農家 祖父→植木職人&農家
父方→地主&自営業(飲食)

です。
母方の曽祖父の山伏さんというのはあまり聞いたことがないので驚きました。
お金もらえるのか・・・?
ちなみに農家はいとこが今でも継いでいます。

父方のほうは今は普通に会社員です。


みなさんのご先祖さんはどんなお仕事をされていたのでしょうか?
とてもアバウトな質問ですが、お付き合いいただけたら幸いです。

ユーザーID:9977772437

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数48

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 父方ですが切腹してた

    私の苗字は、私の住んでいた××県では私の親戚しかいないと聞かされています。
    その他でも珍しい名字です。
    ちなみに現状東京に暮らして15年経ちますが、まだ同じ名字の人に出会ったことはありません。

    祖母が、先祖は○○県から××県に引っ越してきたらしい。と言っていたので、
    大人になってからインターネットで調べたら、
    ○○県では比較的メジャーな名字でびっくりしました。

    また、祖母の言っていた住所を調べると、かなりピンポイントで
    「明治維新人名事典」に載っている人が検索にひっかかり、
    これは先祖か、隣に住んでいた同じ名字の人、のどっちかだと思います。

    ちなみに最後切腹してましたよ…。
    子孫は××県に逃げるしかなかったんでしょうね。

    母方は、北海道でして、たぶん外国(ロシアとか)からの移り住んで来たと思います。
    みんな色素が薄く、体型や、腰の高さ、足の形、体質が、
    いつも日本人離れしていると言われます
    (長いとかではなく、甲が薄くて細いなどです)。
    何かあって移動してきた人たちなのか、
    祖母に聞いても何も教えてもらえませんでした。
    まあ、そう思っていた方が何か夢があるという事で。

    ユーザーID:5767171634

  • 最近

    私も母の実家(本家)で家系図を見せてもらいました。ずっと先祖代々から百姓出だと言われ続け、母もずっと貧乏で大変な幼少期を送ったらしいのですが、実は奈良の士族だったらしく(本家も私も北海道です)先日法事で集まった親族全員びっくらこいてました(笑)

    ユーザーID:0048211942

  • 片や畑を耕し、片や算盤を弾き...

    父方→代々農家だったようです。

    母方→第二次大戦の東京大空襲で店舗が消失するまで、東京で和装小物を扱うお店を経営していたと聞きました。東京大空襲がなければ、、、と生前祖母がよく話していました。

    ユーザーID:9314049542

  • 農家です

    実家に江戸時代からの位牌や過去帳がある農家です。現在地から少し離れた地域で地主として羽振りがよかったのが曽祖父までで、他人の借金の保証人となったのが元で財産を失い、夜逃げ同然で現在地へ引っ越したそうです。祖父の代にお墓もこちらへ引っ越したため、明治時代からと思われる戸籍謄本の写しも実家にありました。その後現在に至るまで、貧乏です。

    母方は、村一番といわれるほどの大きな農家です。こちらにも古い位牌がたくさんあります。私の両親は、今で言ったら逆格差婚だったようで、母親は親の反対を押し切って結婚したことを悔いています。

    ユーザーID:7543467172

  • じゃあ軽ーい感じでホントかどうかはわかりませんが

    そういえば、父方に有名な巫女さん(巫女さんに有名だとかあるのかわかりませんが(汗)、場所は四国らしい。)がいたそうです。で、夫の家系は東北の神主さん家の出らしく、巫女さんの末裔と神主さんの末裔が結婚したんだねーって言っていたのを思い出しました。

    ユーザーID:8830141783

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • はい

    網元!

    ユーザーID:3674701019

  • 鍛冶屋です

    我が屋は父は農業をしていましたが、父の3代か4代前は鍛冶屋をしていたそうです。当時の長男が東北の方に鍛冶の修行に行き、そちらで所帯を持ってしまったので、次男が家を継ぎ、そのまま続いています。

    30年前以上も前に、その長男の子孫に当たる人から戸籍を取り寄せて調べたという手紙が来ました。
    どういった意図があるかと両親は警戒しましたが、結局ご自分のルーツが知りたかったようです。

    その後は年賀状だけのお付き合いですが、先の大震災には大きな被害を受けた当地であるにも関わらず、
    我が家にも様子伺いのお電話をいただき、改めて血縁関係の絆に思いが至りました。
    父はもう亡くなりましたが、80代になろうかと思われるその方に同じ年代の父の面影を重ねています。

    ユーザーID:1857002531

  • みんな同じです

    海に近い小高い丘に住み、海で貝をとって食べ、山でとったイノシンの肉を食べ皮で服を作り、住みかの回りの栗の木の実をとつたりして暮らしてました。あと時々石で包丁を作っていました。

    ユーザーID:8479646963

  • 足軽

    実家の母のご先祖は、伊達家の足軽だった!と自慢しています。

    …足軽って…自慢するほどなのかな〜って言うか
    私なら誰にも言わないな。

    ユーザーID:1407144285

  • 農家ですが、家系図がある

    父の祖先は、代々の農家で、地主だったそうです。

    九州の某神社に奈良からご神体を運んできた3人の氏子の一人が父の祖先で、今も某神社に我が家の家系図があるそうです。職業としたら、農業ですね。

    ユーザーID:8634672172

  • わかっている範囲では…

    父方の祖父は、婿養子なので素性がよくわかっていませんが
    (疎外されていたからなぁ)
    祖母の側は山地主。
    父も一応山の一部を相続しましたが
    遠方だし、外材に押されて日本の木材は売れないしで
    一応手入れだけは地元の組合にお願いしている状態です。

    母方の祖父の方は染物屋。
    私のひいひいおじいさんくらいに、いわゆる「遊び人(趣味人?)」がいて
    食いつぶしたとかいないとか。
    祖父もその血を引いているのか、学校の先生をしていましたが
    絵を描くのが趣味でしたね。
    母方の祖母の方は、地主さんでひいひいおじいさんの代くらいから
    学校の先生をやっていたそうで。
    そのためか、1代に1人くらいは教育関係者がいます。
    (祖母、叔父、私と3代続いています)

    ユーザーID:7452270374

  • 先祖はわかりませんが

    昨年亡くなった父方の祖母が若い頃(戦前の話ですね)芸者だったらしいです。先日父から初めて聞きました。

    といってもすぐに祖父に落籍されて芸者だった期間は短いものらしいんですが…確かに若い頃の写真を見ると着物の似合う綺麗な人でした。
    残念ながら私は似てなくて…逆に大柄の派手顔でインドのサリーなんかが似合う人なんですが。
    (芸事も全くダメですし)
    あと、今は年金生活の父は普通に会社員でした。

    ユーザーID:9169808109

  • なんと説明したらよいか…

    ど田舎の分家の分家なもので、先祖の詳細は戸籍で遡れる程度しかわかりませんが…

    本家の人に最近聞いた話だと、馬・馬車を仲介する仕事(?)だとか、運送中に馬を休ませる仕事だとか…ピンときませんが。

    ただ、その昔は馬が盛んな地域だったのでなんとなく説得力があります。

    何百年前もの先祖の職業が言い伝えられているなんて羨ましいです。
    私も先祖のこといろいろ知りたいので…。

    ユーザーID:1311013757

  • そう言えば。

    思い出しました。

    父方→農家→商家
    母方→武士→貿易商
    だったそうです。

    ユーザーID:6710121983

  • 父方のみですが

    家系図を辿ると、父方の先祖はとある藩の御典医だったそうです。
    それを表す名の付いた土地の菩提寺に大きなお墓があり、それを元に地元大学の歴史の先生が
    調査に来られました。
    地元の市立博物館にも肖像画があります。
    でも子孫は大したことはありません。

    ユーザーID:6582577413

  • 家紋も残ってないですけど

    一応、父方は江戸時代は旗本だったそうです。
    市販されている姓の辞典を引いてみると、源氏の流れだとか・・・ホントかなぁ?
    まあ今は全く関係ないので(父は今細々と飲食店やってます)どうでもいいですが。

    母方に関しては、祖父は古くから続く網元のお坊ちゃんだったそうで、文字通りおんば日傘で育ったと聞いています。
    戦地から戻った祖父は漁業とは何の関係もない分野でサラリーマンになったと聞いています。

    ユーザーID:8239263823

  • 確定事実は

    父方は武士(旗本)と、農家が一緒になった家系です。
    その昔、お殿様と呼ばれていたそうで。、武士の写真とか、刀とか、本家には色々と骨董品のようなものがあります。
    明治維新後、しばらくして農家とくっついたそうで、そのため本家は大地主です。


    母方は農家と漁師の流れです。
    私の曽祖父までは北陸だったそうで、それ以降は東京でサラリーマン家系です。
    母方の本家も父方同様大地主ですが、なんにせよ、うちに恩恵は全くありません。残念。


    家のルーツ、何の役にも立たないけれど、なんだか楽しいです。

    ユーザーID:0726853017

  • 武家でした

    父方ですが信州地方の武家でした。そこに今も建っているお城の家紋は
    現在のうちの家紋と同じです。
    その後、江戸(東京)に出てきたようで、都内に江戸時代の年号の
    墓石が今もあります。

    母方は、たぶん昔は農家だったんじゃないの?と言っておりました。


    時代が時代なら、私は「おひい様」で政略結婚させられていたのかしらんっと
    妄想逞しく、楽しんでおります。

    ユーザーID:2124540708

  • うちの場合は

    父方は山間部の水飲百姓ということでしたが、祖父の父の代に株かなんかで少々の財をなし、それを元手に山や土地を買いました。
    祖父はその土地に檜や杉を植える林業家でした。
    長男の父は県庁所在地で生活基盤を支える技術を身に付け、定年まで真面目に働きました。

    職業軍人の父を持つ母は県庁所在地に生まれ、いまビジネス街になっている一等地で裕福に暮らしておりました。
    ところが戦争でその土地を離れ今の場所へ。

    できの悪い子孫(私)はご先祖様の遺徳を食いつぶして生きております。

    ユーザーID:2596969985

  • 武士か農民兼職人

    福島県浜通りがルーツの茨城育ちです。
    学生の時に課題で先祖調べをしたので、天保あたりまで遡れます。

    父方祖父も祖母も、それぞれ家格の高い武家でしたが、分家を繰り返し、祖父母の代ではごく普通の農民兼職人。
    母方祖父の先祖は、天明の飢饉の時に加賀から移民してきた開拓農民。
    母方祖母の先祖は武士。

    余談ですが、震災で、母と父方祖母の実家や農地は津波で跡形もなく流失し、父方祖父や母方祖母の実家は放射性物質で汚染され、住むことも田んぼや畑を耕すこともできなくなってしまいました。

    福島の身内のほとんどが仮設住まいになってしまいましたが、浜通りの子孫はくじけませんよ。
    震災や原発には負げねど。

    ユーザーID:3710817899

  • 華族

    だったようです。
    祖父母の代までは都心に豪邸を構えて、お手伝いさんもいたようです。
    今から90年も前、祖父の大学時代に、
    フランス留学などもしていて、5ヶ国語話せたのだから、
    相当いい育ちだったんだろうなあ。
    (詳しく話を聞いたことがないのですが)

    両親の代から、ごく普通に国家公務員なぞしており、
    私の代では、カツカツの会社員です(泣)
    日本語1ヶ国語ですら語彙に乏しく、こ洒落た会話も出来ないし…。

    ユーザーID:9825167060

  • おもしろいですよね

    父方は代々外様大名に仕える士族でした、だ〜いぶん下っ端の。
    ある西国のお殿様のお家がお取り潰し(か、移動)になった時に、新しい殿様にくっついて西へ移動して今の地所に落ち着いたのだそうです(お寺さんも一緒についてきて、今もそのお寺さんの檀家です)。
    明治維新で世の中が変わってからは、商いも始めまして祖父の代にはずいぶん羽振りが良かったそうですが、道楽者の祖父と、始終体を壊していた祖母で財産は使い切ってしまったとか。
    今はみんな普通の勤め人です。

    母方は昔材木の運搬で栄えた川沿いの小さな町の造り醤油屋です(今は過疎の町…)。
    親戚一同で酒や油やらの商いもしており、祖母は唯一の女の子で小学校に上がるまで地面を歩いたことがないんだとか。
    とっくの昔に廃業してしまい、今は昔醤油を入れていた徳利のような陶器の瓶が唯一の思い出です。

    夫の方は農家です。
    痩せた土地を開墾して、お祖父さんの代にずいぶん苦労して、行商などもして必死で農地を広げたそうです。
    あのころの人たちの努力には頭が下がりますね。

    ユーザーID:3022406911

  • 今は平凡

    母方のほうは、いろいろ職業があったようです。
    銀行家、酒屋、その他ですが、三十代以上さかのぼるので、武家の期間が長そうではあります。家系図がありますが、ちゃんと読んでなくて、すみません。
    父方は近年は農家をやっていましたが、古くは御典医がいたそうです。十六、七代前の話です。
    それほど優秀な人材はいないのに、いまでも兄弟、いとこ、その子供などが、医師や療法士や薬剤師などの仕事についております。なにか遺伝子に偏りでもあるんでしょうか。

    ユーザーID:5352172872

  • サムライです

    父方の祖父の家も祖母の家も、母方の祖父の家も祖母ぼ家もサムライのようです。
    順に説明すると、父方の祖父の家は会津藩士。
    今年の大河ドラマ「八重の桜」にご先祖様らしきサムライが出てこないかなあと見ています。
    母方の祖父の家は松代藩士。真田家のお殿様に小さい時挨拶に行ったと、祖父から聞いたことがあります。
    母方の祖母の家は宇和島藩士。この家のことはほとんど聞いたことがありません。
    父方の祖母の家は、江戸のサムライだったらしいが、こちらも詳しくきいたことはありません。

    ユーザーID:7602048390

  • 木こりの頭領

    父方の曽祖父が地元の林業を束ねる人物で、木こりの名人だったそうです。
    倒すのが難しい(他の木や建物を破壊しそうで危なくて倒せない)大木でも、どの枝を切り落としどの枝を残すかを計算して、他の木々に枝が衝突する力を利用することにより倒れる角度を調節、見事狙った角度に倒すことができたそうです。

    ユーザーID:2625190239

  • トピ主です

    みなさんお付き合いありがとうございます。
    今も先祖の家紋をついでいる方や
    歴史上の人物に関わっていそうな方もいらっしゃり大変興味深いです。

    ユーザーID:9977772437

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 武士と農民

    父方祖父系・・・その地域一番の大庄屋。
    父方祖母系・・・下級武士。先祖をたどれば源氏で、太平記登場人物の末裔。

    母方祖父母系・・・どちらも農民。

    ちなみに、両親は公務員、私は会社員と結婚して主婦。
    父方と母方の親族のカラーはかなり違っています。
    父方は高学歴でステイタスのある職業が多く、都会的でスマートな感じです。
    母方は兼業農家が多く、地に足がついた素朴な感じですね。

    ユーザーID:0093147391

  • ご先祖様

    夫のご先祖様は、どこを向いても商家。
    江戸時代、某地方から藩主の国替えについて、某地方へと移りました。
    貸したお金を踏み倒されていると何かの本で読みました(笑)

    私の父方、史料を読む限り、江戸時代からは確実に農家。
    名主、村長、医師、教師がおります。

    母方、聞いた話では、江戸時代までは武家。
    御殿医の家と結婚して、明治時代に商家になったそうです。

    そのずーーーっと前は、どなたかもおっしゃっていましたが、野山を駆け回って自給自足の生活をしておりました。
    厳しい環境を生き抜く強健な身体と知恵に恵まれた、立派なご先祖様でした。
    私がいちばん会ってみたいご先祖様は、両親祖父母を除くと、この遠いご先祖様がたです。

    ユーザーID:4607168712

  • 武士と町民?

    父方は誰もが知っている武将の家臣で、出世して城主になったため、私の曽祖母は嫁ぐまでお城に住んでいたそうです。
    今でも地元に残っている本家から父宛てに、曽祖母が暮らしたお城の写真が届きます。

    母方は、武家としても有名なお殿様の本陣を経営していたそうで、今はその場所には誰も住んでいませんが、保護されそのままの形で残っています。
    実家に行くと所縁の品が残っていますよ。

    ところで、父方の祖先が仕えていたという有名な武将ですが、偶然にも大学時代の友人が結婚した相手が、その武将の直系の子孫でした。
    このため、未だに当時家来だったという家から年貢として毎年貢ぎ物が届くんだそうです。
    驚きですよね。
    いろいろな伝説を残した武将なので、さすがだなあと思いました。

    ユーザーID:2032391996

  • 詳しくはわからないが。

    父方…落ちぶれた士族の末裔で、貧乏で、食うのにも事欠いて、結局は痩せた土地で、農業をしていたらしい。
    母方…裕福な農家だった。
    と聞いています。
    父方の祖父は、公務員(郵便局)。
    母方の祖父は、大学教授、母方の祖母も、実際に教師の仕事をした期間があったのかは不明ですが、女子師範を出ています(女に学はいらないという親に訴えるためにハンストをして入学したとか…)。そのせいか、母方は教育が子供に残せる資産という考え方があるようで、母の兄弟姉妹は6名もいますが、当時としては珍しく全員大学まで出て手に職をつけています(奨学金などでまかなった様で、お金は掛けてないと思います)。財産はありません(笑)。

    ユーザーID:6527281914

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧