【相談】むなしい気分のやり過ごし方

レス4
(トピ主2
お気に入り8

心や体の悩み

sakura

夢を持って転職した先が悪質な企業で、2年半は我慢して勤めたものの法令違反と業績悪化を受けやむなく退職。
幸いすぐに別の会社に採用され、生活も落ち着いてきたのでそろそろ結婚をと考え婚活で知り合った方とお付き合いをしていたところで、青春時代を一緒に過ごした友人の訃報を受けました。結婚し子供にも恵まれ充実した生活を送っていた友人は自分の憧れでもあり、婚活に至ったのもこの友人の影響が大きかったほどでした。それからまもなく付き合っていた方とも別れたのですが、色々とやる気がおきません。

体調は良好で仕事も問題なく、客観的に今の自分は恵まれた状況にあると思います。
でも何だかむなしくて呆けています。
前の会社に入る前にはあった、人生に対する期待とか希望が持てなくなってしまっています。
以前は喜び楽しむことができた、小さな幸福を味わえなくなってしまいました。
すっかり世界が色あせてしまい、全然楽しくありません。

いわゆる厄年に当たる時期でもあり、色々な先輩方のお話を聞くと人生にはこういった時期があるようですが、皆さんどうやって過ごされましたか?
また、こういった気分に効く本や映画があればご教示下さい。

ユーザーID:2181124549

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 活を入れます

    あなたは憧れの人が亡くなったことで
    自分もどんな将来があっても
    死んでしまえば仕方がないと
    むなしく思っているのではないですか

    でも
    あなたはまだ結婚もしていないし
    子供も産んでいないし
    家庭の大変さも
    楽しさもまだ経験していないんです
    亡くなった方は途中で何とも無念かもしれませんが
    さまざまな体験をして
    残していく人たちに思い出を焼き付けて生ききってから
    亡くなったんです
    まだ 呆けている場合じゃないです
    あなたがやることはまだまだたくさんあります
    彼女が感じたことを知ることも
    あなたのやることではないですか
    呆けている場合ではありませんよ
    これは自分にも向けて言っています
    しっかりしなさい! 私

    ユーザーID:0642254424

  • おすすめの本

    「禅、シンプル生活のすすめ」という本がお勧めですよ
    いろんなことをやみくもに頑張ろうと思っていた私にはふと心休まる一冊でした
    人生に対する期待も、希望もただの想像です
    実現するには時間もかかり一歩一歩それに合わせて行動していくことが必要です
    実現するためにどれだけ時間を費やしたか・・・
    それが一番大事なことだと思いますよ
    年齢的なこともあるかもしれません
    テレビや流行に翻弄されていた年齢からふと抜け出す時期があるものです
    今こそ人生において本当に必要なことを考えてみてはどうでしょうか?
    周囲の人々の目や流行に翻弄されている自分から少し離れてみてはどうでしょうか?
    集団から離れてみると自分がどれだけ周囲の影響により作られていたかがよくわかります
    本来自分にとって必要な事柄、目標をもう一度立て直し少しずつ路線を変更していくといいですよ
    人生は上手に路線変更していくことが大事です
    子供の頃の夢だけに捉われず今の時点での目標などを持つことは必要です
    何も思いつかないときは進める駒だけ動かしてみることです
    一歩でも前に進むことで見える世界は変化していきます
    停滞していては進路は全く見えてきません

    ユーザーID:6845316932

  • 活、ありがとうございます。

    おば様、活をありがとうございます。
    元々、人生というのは死ぬまでの暇つぶしだと思っているので、「死んでしまえば仕方がない」というむなしさではなさそうです。

    友人は結婚してから体調を崩し、思い返すと最後の頃には結婚生活のマイナス面をよく口にしていました。健康でとてもポジティブな人だったのに、まるで人が変わったようでした。
    たまたま時期が合っただけかもしれませんが、結婚しなければこんなに死期が早まることはなかったのではと苦い思いがあります。
    また、友人が晩年を迎えていたのに、悠長に婚活していた自分を悔やんでいます。もっと付き添えばよかったです。たくさん助けてもらったのに、ろくに何も返せなかった。。。

    前の会社は現在倒産の瀬戸際です。
    世の中の為になっていると誇りを持って働いていたのに、実際は関わった人を不幸にする組織でした。
    取引先や元社員から訴えられており、そこで働いていた自分もそれに加担したような気がしています。

    よかれと思って前向きに動いた結果、報われないどころか最悪な事態に陥ったというのがこの厄年での私の経験と言えるかも知れません。

    ユーザーID:2181124549

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • りす様、ありがとうございます

    りす様、本のご紹介ありがとうございます。
    早速Amazonのカートに入れました。

    自他ともの評価で、他人には流されにくく我が道を突き進むタイプなのですが、結婚や仕事についてはまさに年齢的に翻弄されているのだと思います。
    本来自分にとって必要なものが何なのか、最近よく分からなくなっています。

    発言小町をのぞくのも久しぶりだったのですが、今自分が感じているのに近いむなしさについてご相談されている方を何人か見かけ、少し救われました。
    年を重ねると、先が見えたような気がしてくるものみたいですね。
    もちろん実際には、勝手に思い込んでいるだけなのですが。

    でも路線変更することで見える世界が変われば、また楽しい気持ちを取り戻せるかもしれないと、とても勇気付けられました。
    進められる駒がないか考えてみます。

    ユーザーID:2181124549

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧