外国人と結婚した人集まれー!!

レス11
(トピ主0
お気に入り54

生活・身近な話題

まいまい

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 色々ありますが。

    アメリカ在住でアメリカ白人と結婚しました。人によって価値観が違うと思うので、アメリカ人だからなのか分かりませんが。

    専業主婦でも平等に扱ってくれる、休日には家事を手伝ってくれ休ませてくれる。
    手抜き料理でも文句を言わない。日本の一般家庭並みの料理を作ると感激してくれる。
    簡単なお弁当を待たせると同僚一同感心される。
    常に子どもが優先、次に妻優先。
    仕事はいつも定時、家族のために仕事を休める
    多少食い違いがあっても、日本ではこれが常識、と言うと納得してくれる。
    子どもが色白で可愛い。これはただの親バカですね。
    子どもがいても妻とのロマンチックな時間をいつまでも大切にしてくれる
    記念日には必ずプレゼントや花束。

    大変な事は、
    義理家族との付き合い。アメリカ白人と結婚して欲しかったようです。
    日本人よりマザコン。
    日本がらみの物が手に入りにくい、高い。
    パーティーが多い。
    幸い好き嫌いのない旦那ですが、食事の好みが多少違う。甘くて脂っこい物が好きなようです。

    ユーザーID:5989050978

  • なんといっても愛情表現が豊かなこと!

    に尽きるでしょう!

    国際結婚在米組です。子供も可愛い女の子が二人!
    私の名前、欧米人さんにはとても読みにくい名前なんですが、
    職場で主人が私たち家族の話をいっぱいしてくれてるので、
    たまに職場に遊びにいくと、みんな上手に私の名前をよんでくれます。
    「◯◯(私の主人)が、君の料理は上手だっていつも言ってるよ。うらやましいよ」とか言ってくれます。
    ちなみに主人のオフィスは娘のアートや、写真でいっぱい!

    お世辞っていうのもあるでしょうが!でも、そういうの聞くと正直うれしいし、
    主人の株をあげるため、クッキーやパンを焼いて持たせたりしてます。
    アメリカ人はそういうの単純に喜んでくれるので、こちらも作りがいがあります。

    もちろん家のなかでも、愛情表現が豊か!私たち夫婦だけでなく、子供にも。
    子供を中に挟んで、ぎゅううっとハグをするファミリーサンドウィッチが、私たち家族の定番です。

    ユーザーID:2983824671

  • 外国人とか意識したことはないけれど

    彼に出会えたことが一番嬉しいことです。
    国籍とか人種とか、そういうのは関係なしに。
    今も毎日幸せです。

    ユーザーID:7280106736

  • 色んな国に住めること

    EU圏の国&米国市民の夫のお陰で、いろんな国に住めること。

    英語以外にも、夫の母国語とその隣の国の言語と3ヶ国語をタダで習えること。(在宅留学と呼ぶ)

    日本の暑すぎる夏&雷(とても怖いのだ)から、私を連れ出してくれたこと。

    そして、以前の私だったら、絶対にビビッて住まなかったであろうカリフォルニアの素晴らしさを気づかせてくれたこと。
    ここが大好きすぎて、骨を埋めると決めました。

    夫よ、アリガトウ。

    ユーザーID:5871933188

  • 家族が世界のあちこちに

    家族や親戚が世界のあちこちに増えた事でしょうか。
    例えば義母のルーツはギリシャ、ドイツなど、
    義父のルーツはアイルランド、ドイツ、
    でも家族親戚はアメリカのあちこちに、という感じです。
    日本人と結婚していたら世界をまたいだ親戚関係は生まれなかったと思うので、
    素晴らしい縁だな、と思います。

    ユーザーID:9052507808

  • うれしかったことですか?

    最愛の人といつも一緒にいられて、お互いの感動や喜怒哀楽を「そうなんだ」と
    理解し合えて、相手の幸せを自分の幸せと感じられることです。

    ほかには思いつかないんですけど。

    ユーザーID:4845206032

  • ずっと大切な人ですね

    結婚15年、可愛い子供にも恵まれました。

    夫以外の外国人とはお付き合いをしたことはなかったのですが、夫のような人と出会えて幸せです。

    外国人だとか国籍だとか関係ないですね。

    ユーザーID:0761241833

  • 出会えて幸せ

    私も一緒にいると、国籍や人種とか忘れてしまっています。

    国籍や人種が違っても、気が合って、分かり合える、信頼し合うことができる人がいると知ることができた事は、大きな収穫だったと思います。

    ユーザーID:6089434468

  • 人生のパートナー

    カナダ人と結婚して子供が一人います。
    夫は仕事も家でしているので、本当にいつも一緒にいるのに飽きない!!
    こんなに楽しくて笑いの絶えない生活が出来ると思わなかった。きついことも楽しくないことも二人でシェアして乗り越えていける!
    人生のパートナーにめぐり合えたことが一番うれしいことかな。
    外国人と結婚したからとか関係ないですね。

    ユーザーID:3535268281

  • 良いことしか思いつかない

    ・愛妻家
    妻の自慢話をよくするので、初めて会う夫の同僚や友人は既に妻の趣味や価値観や日常行動を知っている(笑)

    ・恐妻家
    夫の友人を泊めたりすると、凄く感謝される。泊まる友人も、凄く気を使う。夫と友人が連絡が途絶えたりすると、「君の奥さんに何かまず事いっちゃたかな?」と心配される。

    ・夫婦仲が最優先
    夫婦の記念日は、カードとプレゼントを贈呈しあう。記念日以外でも子供抜きで外食する等、積極的に二人の時間を設ける。一般的にパパ・ママと呼び合わない。

    ・長男、嫁の概念がない
    ・成人した子供とは独立するのが当たり前で、同居・老後の面倒は当たり前ではない。
    妻・子供が家族であり、両親は「近しい親戚」。義両親が私(彼の妻)と同等の扱いをされない。

    ・子育ては夫婦の仕事で、できるだけ対等のスキルを持つ努力をする
    両親学級は、お父さん学級とマタニティーエクササイズを除き、12のクラス全て「カップルで参加が望ましい」と説明されている。実際、殆どの人が夫同伴で参加。ベビーサインのクラスでは、乳児連れのカップルが多かったが、父親たちはオムツを手際よく換えたり、泣く子を慣れた手つきであやしていた。

    ユーザーID:0412486802

  • ん〜、いろいろな意味で世界が広がった。

    夫が日本大好きで、どうしても日本人女性と結婚したかったからなのか、兎に角優しい。
    三人の子供は英日がうまくミックスして可愛い顔立ち(すみません、もろ親ばかです)
    日本に一時帰国中、自由が丘を歩いていた時に子供達が雑誌記者の方の目にとまり
    雑誌に載せていただきました。
    主人はモデルをしていたこともあるので主人の血が濃いのか?
    主人に教えてもらって英語も上達しました。
    因みに家では全員日本語で会話しています。
    義姉家族はスペインに、義兄家族はスイスに住んでいます。
    義両親はドイツです・・・→皆仕事の都合です。
    今私達家族は主人の仕事の関係で米国に住んでいます。
    世界が広がりました。

    ユーザーID:2764790165

レス求!トピ一覧