自分を大切にしないと

レス14
(トピ主2
お気に入り24

家族・友人・人間関係

mizue

先日父が入院している緩和ケア病棟の医師に、もっと自分を大切にしないと、と言われました。

父は癌の末期で緩和ケア病棟に入って4ヶ月程、一ヶ月程前から衰弱が急に進んできて後一ヶ月もたないんじゃないかという状態です。
私は40過ぎ独身(女)、ずっと離れて暮らしていたので昨年秋頃から休職して、今は父のこと第一優先と思ってやってきました。
遠くで心配しつつ仕事を続けることは現実的に無理になってきたので。
でも自分なりに息抜きをしているつもりだし、人にとやかく言われたくない。と思ってしまいます。

母は生きていますが8年前にくも膜下出血→脳梗塞→半身麻痺。父の癌が発覚する3年前まで父が自宅で介護していました。今は特養に入っています。
姉が一人いますが6年ほど前に実家を出て、昨年結婚。自分の事を第一優先に考える人です。父のことはできることをやるしかないよ、というスタンスです。意見すると激情して自分本位に騒ぎ立てます。

一生懸命なのは悪いことではないけど、お父さんは死んでいく人で、あなたはまだまだ未来のある身なんだから、自分を大切にしないと〜、と言われ、自分のやっているこがやんわりと否定されているような気がしてなりません。
他にやる人がいないし、ここまで父のことを優先してきたんだし(姉に母の事は姉、父の事は私、という役割分担を要求されました)、父の心配をして最期の時までしっかり見届けたい、と思って何が悪いのでしょう?

今までは回診時などのおざなりじゃない、親身な対応に感謝の気持ちも十分ありました。

でも今回のことで、患者ケア家族ケアとかもっともらしい気持ちでやっているのかもしれませんが、中途半端な親切心なんていらない、うっとうしいと感じる邪悪な気持ちが少し芽生えてしまいました。

相談というより愚痴になってしまいました。
医療関係の方、そうじゃない方、ご意見お待ちしています。

ユーザーID:0627998137

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ご意見も何も

    貴女は共感以外求めてないんでしょ?

    自分の意見を否定されたらムカついたってだけでしょ?

    だったら世界中の人間が否定しようとも、自分の思う通りにしたらいいじゃないですか。

    ユーザーID:5527864219

  • 心配されてるだけだよ

    否定してるんじゃなくて、
    心配されてるだけ。

    「あなたはもっと自分の人生を生きたほうがいいよ」っていう
    優しさじゃないですかね?
    あまりに自己犠牲というか、献身的にみえているのかも。

    でも、あなたが思うようにやっていいと思いますよ。

    ただ一つ気をつけていただきたいのは、
    誰もがみな、あなたのように献身的ではないということです。

    自分がこれだけやっているのに、あの人はあまりやってくれない。
    とか、思うのだけは止めてくださいね。

    あくまでも自己責任の下、思う限りの看病をしてください。
    お大事に…。

    ユーザーID:7736880786

  • 生きがい

    お医者様はプロですから。
    決しておざなりの親切心で言った言葉ではないと思うんですよ。

    沢山の患者さんと、その家族の、入院してから、亡くなるまでの、亡くなった後の現実をご存知のうえでの言葉だと思います。

    それに、患者さんの人生の終りに向き合うお仕事ですし、やっぱり人の人生について、真摯に考えているのではないでしょうか。

    だからこそ、家族のその後の人生も、決して余生というか、残った余り物の人生としてではなくて、自分の人生としてきちんと送ってほしいと思っているんじゃないでしょうかね。

    もしかして、トピ主さんのご様子を見て、看病が生きがいみたいになってしまいそうで心配されたのかもしれません。

    トピ主さんのお気持ちを、ちゃんと正しく測り知ることは私には出来ないのですが、やはり少し心配に感じました。

    『中途半端な親切心』と言えばそれまでかもしれません。
    ただ言いかえれば、それ以上を望むの状況なのであれば、看病されているお父さんが心配すると思います。
    ごめんなさい。

    ユーザーID:7612235265

  • 思いやりです

    私が思うには、よくやっている偉いなと見ています。
    けど、仕事を辞めたこと、独身で介護していることなどをみて自分を犠牲にしているように思い仕事や結婚など自分の幸せも考えて生きたらということだと思います。

    その先生は優しい目でみてるんだと思います。

    介護ほんとうにたいへんですね。そして親思いで。私なんかきっとできません。

    ユーザーID:2246624673

  • 辛いですね。

    私も同じ体験をし、母を亡くしました。
    お気持ち察します。


    ドクターの「自分を大切に」の言葉は貴女の体の心配をしてくれただけでお姉さんの言葉とは違います。


    親はその状態にあっても娘の体を心配するものです。


    病気のお父さんに健康な貴女の体の心配までさせたらかわいそうでしょう?


    今は貴女が強い精神力を持って毅然として下さい。



    お姉さんはドライですね。


    母親の看護は姉が看る様な言い方ですが、父親の介護もできない人が母親を看れると思いますか?


    看ませんよ。


    今父親の介護を貴女に押し付ける為の言い逃れしているだけです。


    母親の介護をするような人なら父親の介護も一生懸命します。


    もう姉はいないもの、自分は一人っ子だと割り切って対応した方がいいでしょう。


    あてにするだけ腹立たしいです。


    辛い時ですが後で後悔ない様に頑張って下さい。

    ユーザーID:3490535763

  • いわく言い難いけど

    どちらも分かる。

    休職・復職で、同じように勤務可能なら、1か月余りなら、求職・介護もありと思う。癌末期の辛い親を放っておけない気持ちは分かる。私も同じ病気の親を看取った。

    ただ、休職しても復職が難〜なら別。自分の一生の命綱〜仕事をやめてはいけない。

    その人の言う通り「これから生きていかねばならない人」なので。

    どちらの考えもあり。誰が誰を思って言っているか〜です。もし私の年の離れた妹がトピ主さんだったら、同じ言葉を言う。深く妹を思ってのこと。

    その言葉には大事なことが含まれていますよ。

    お父様の看取りや親の介護は大事ですが、自分の人生を犠牲にしすぎてはいけない。自分の人生を大事にしなさいね〜という意味です。トピ主さんがそのように見えるんでしょう。一理ある。

    今後のお母様の介護は施設に。家族がたまに訪問でも対応してくれる所。

    トピ主様は結婚し家庭を持つ方向で自分の生活を。独身の娘は親の介護担当になりがちで、結婚のご縁から遠のき、一生独身や仕事なしという人は昔からいる。

    そういうことをその人は言っている。つまりトピ主さんの一生懸命な介護の姿を偉いなあ〜と思い逆に心配した言葉。

    ユーザーID:6496254449

  • お父さまを最後まで大切に

    父の介護のため仕事を一時中断し、数年前に看取った同世代です。私からのアドバイスは、お父さまのために、今はベストを尽くしてくださいということです。

    3年余りに渡る介護の間に、心が折れそうになることもありました。でも、私より明らかに厳しい条件下で、懸命にご両親の介護を続けている知人・友人や見知らぬ方たちのことを見聞きして、自分を励ましがんばりました。

    トピ主様は、お父さまの介護についての覚悟がおありだと、トピ文から推察しました。ご両親を思う気持ちは、看護・介護を担当する方たちに伝わるものです。私の場合は、父を介護してくださったスタッフの皆さんとの間に、絆と呼んでもいいものができあがりました。

    お父さまを看ておられる医療関係者の方も、きっとトピ主様のことを心配してアドバイスされたのではないかと思います。

    仕事のこと、ご自分のことは後でどうにでも挽回がききます。お父さまのために全力を尽くしてください。

    ユーザーID:0511621950

  • 夏に父を癌で亡くしました

    「父の心配をして最期の時までしっかり見届けたい」気持ちはよくわかります。

    それは悪いことではないのですが、トピ主さんは、お父さんが亡くなった後も生きて行かなくてはいけないのです。

    私の母は看病頑張りすぎて父の病室で倒れてしまい、別の病院へ緊急搬送されたために、父の死に目に会えませんでした。
    毎日毎日朝から晩まで、それこそ夜も泊まり込んでいたのに。。。

    こんな例は沢山あります。

    医療関係者が頑張りすぎるトピ主さんを心配しているということは、一番身近にいるお父さんはもっと心配しているのではないでしょうか?

    「自分がいなくなった後、この子はどうなるんだろう?」なんて心配されない生活を維持していくことは大切ですよ。

    そうした方が、お父さんは安らかになれます。

    死後の話なんて不謹慎かもしれませんが、お父さんを安心させてあげてくださいね。

    ユーザーID:8583047007

  • 心配なだけでは?

    熱心に一人で介護されているトピ主さんの姿から、先生はたぶん「燃え尽き症候群」みたいなものを想像しているのではないかしら。
    たぶん、他のご家族をたくさん見て色々知っているから見越して心配しているだけです。
    お父様に尽くしているトピ主さんを否定しているわけではないと思います。

    ユーザーID:1796861464

  • あなたの思い

    ご自身の時間をご自身だけに使うことなく、今はお父様に注いでいらっしゃる。 それは、ご自身でそうしようと判断し決めたことでもあるし、自分以外誰もする人が居ないという現状と思いもあるかと思います。

    その中で、mizueさんは考え動きお父様に配慮してきたのだと思います。その姿は非常に一生懸命であり献身的でもあるのだと思います。

    お父様への思い、お父様の現状、それを取り巻く現状を考えれば、mizueさんがそのようにされるのもmizueさんの中では当たり前であるのかもしれません。

    mizueさんは、ただただお父様が現状の中で少しでも快適に過ごせるようにと、mizueさんの今できる限りのことをされているのだと思います。

    mizueさんには、mizueさんのしたいこともあると思います。ただ今はお父様に尽くす精一杯お父様に寄り添うという事が最優先となっているのかもしれません。そこに至るにはmizueさんも色々と考え思いを馳せたことと思います。時に苦しくなることもあったかと思います。

    続きます。

    ユーザーID:5161216914

  • がむしゃらな時期があるからこそ見えてくるもの

    《あなたの思い》の続きです。

    それらを含めたmizueさんの思い行為全てが、周囲の一言で無碍に反故にされたように感じたのかもしれません。

    もしそうであるとしたら、それは非常に辛かったこととお察し致します。

    私事ですが、自分がしなければ誰がやってくれる(やる)んだ、皆、他人事みたいに妙に冷静でいかにもな労いをくれるが誰一人とて手を貸す者も行動として実行してくれる者など居ないではないか。自分が歩みを止めたらどうなるんだ、物事は解決に向かいすらもしないではないか。

    生きていく中で何度かそのような思いになることがありました。負けず嫌いな私はその内、純粋な自分の行為が意地となりヤケとなり周囲からは声すら掛からなくなり、その頃から脱力感のようなものを心身が感じるようになり実際何も手に着かなくなり、なるようにしかならない…自分がしなくても誰かするでしょう…となり排他的にもなりましたが、それも時と共に本来の純粋な気持ちが湧き動き出すようになりましたが以前ほどがむしゃらではなくなりました。

    時間と余裕は心身を楽にしてくれる気がします。これも、がむしゃらな時期があったからこそだと思います。

    ユーザーID:5161216914

  • お気持、わかります

    私も、母の末期の看護中に色々な人から「頑張るな」と言われとても不愉快でした。「大変だね」と単に同調してくれる方が嬉しかったです。

    「自分に命を授けてくれた親の最後の世話ですよ!ここで頑張らなくて他になにがあるの?今が一番の頑張り時じゃないの!」と心中で反論したり。 相当な過労(夜中の介護で寝れませんでした)のなか、それなりに自分の体調も管理しながら続けている私の力量も否定されたようで憮然としました。

    詰まるところ、「頑張るな」と言いつつも夜中の介護を交代してくれるわけでもなし、言われる方にはかなり無責任な発言と映るわけです。 皆さん、私の健康を気遣っての発言で悪気はなかったのでしょうが、当時は疲れていたため、好意的に感じる受容力がありませんでした。

    人の価値観はそれぞれ。最期までしっかり看護しないと後で自分が辛いと思う人はそれしか道がないのです。残りの時間を使ってお父様と沢山お話しして下さい。私も悔いはありません。

    ただその後のご自身の生活が危ぶまれるまでになるとそれは逆に親不孝ですから、バランスが必要ですね。頑張って下さい。

    ユーザーID:6523798614

  • トピ主です

    お返事もせず一カ月以上も経ってしまいました。
    トピを立ててから数時間後に父が危篤状態になり、翌々日に亡くなってしまいました。

    トピを立てた前日前々日は、姉から電話やメールで理不尽かつ不愉快なことばかり言われ、精神状態がかなり落ちていました。
    姉に意見はもうすまいと思っていたけれど、我慢も限界!何か言ってやろうとメールの文面を悶々としながら一日中考えていました。
    先生の何気ない言葉も姉伝いにメールで知らされたこと。
    言葉そのまま素直に受け取ればいいことなのに、疑心暗鬼に陥っていたようです。

    ユーザーID:0627998137

  • トピ主です つづき

    私が病院に行った日曜に病変があり(熱が出た、うわ言を言う)、心配だったので月曜も病院に父の様子と先生の話を聞きに行くと姉に電話で伝えたところ、姉激情。(月火は2週ぶりぐらいに姉が病院に行く日でした。)私が担当の日なんだからあんたは来るな。あんたが来るならあたしは行かない。私のことが信頼できないのか、と。。
    姉は腫れ物なので父が心配ながらも月火は病院に行かず、火曜の夜から病状悪化で危篤状態、多臓器不全に陥って、水曜の朝は迎えられましたがもはや会話はできない状態になってしまいました。耳は聞こえているようでこちらの呼びかけにはうなずいたりはできていたのですが。。

    先生や看護師さん達には本当にお世話になりました。
    素直な厚意に猜疑心を抱いてしまって申し訳ない気持ちです。
    ご意見下さった皆さんも本当にありがとうございました。
    見ず知らずの方々の優しさが身に染みました。

    ユーザーID:0627998137

レス求!トピ一覧