音楽関係者様!聴音で移動ドでしか聴き取れません!

レス35
お気に入り60
トピ主のみ15

中年おばさん

学ぶ

このトピのレス

レス数35

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • なるほど…

    音楽教室は、きちんと勉強されたい方には物足りないのですね。

    子供はピアノのレッスンにソルフェージュを組み込むことが多いのですが、大人向けの教室は音楽の楽しさを追求するほうに主眼がおかれているようです。

    1:1のレッスンでしたら、ソルフェージュも組み込めます。
    ご予算的な問題は大きなものですので軽々しくおすすめは出来ませんが、トピ主さんは音楽教室より個人の先生につかれたほうが、深い勉強ができるのではないか、とは思います。


    私の先生は趣味の方も教えていますが、皆さんかなり難しいオペラアリアなどを歌い込んでいて、こちらが驚くほどです。
    ご一緒するのはオペラの合唱等でですが、休み時間に捕まって、このパートを弾いてください、と言われます。
    そして録音され、いつの間にか音源がパート内でコピーされ、次回の練習には皆さん暗譜されていたりするのです!もうびっくりです!
    60を過ぎた方も多くいらっしゃるのですが、勉強する意欲があるということは、いくつになっても素晴らしいことだなあ、と思わされます。

    これからも楽しく音楽を勉強していけますように。

    ユーザーID:9473736498

  • cantante様 モカ様 ご助言ありがとうございました

    cantante様> CBEFは、Bがちょっと狂いますが何とかヘ長調でできました。
    が、旋律でないのでとても難しいですね。 絶対音感があっても初見は外すのですか・・・
    洗足聴音を私もやっています!本当に励ましありがとうございました。

    モカ様> 先生の音楽教室はご指導の賜物で、すばらしいレベルですね!
    きっと皆さん、そこまで上達するために熱心に勉強された上での成果でしょう。
    私の通う文化教室は、私も含めて、譜読も不慣れな本当の初心者です。
    仕事帰りの夜、勤め人が合間をぬって月3回ですし、他に会うこともありません。
    合唱などとてもとても、課題曲も暗譜はムリ、最後まで音程&リズムは各自バラバラです。
    アリアに挑戦する方も、ページを間違えていますから。
    モカ様の知る生徒さん達は、やはり人には言わないがそれなりの努力をしていると思います。
    私も、限られた時間と能力と予算?内で、楽しんでいけたらと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:2017008140

  • 旋律(の一部)ですよ −1

    CBEFの例は、C音から始めた場合であげましたが、これ、アリアO mio Fernando (Donizetti:"La favorita")の最後の音形(オリジナルではなく、慣用バリエーション)が念頭にありました。アリアではH-↑A〜〜-↓Dis〜〜-E〜〜〜〜...とホ長調ですが同じ音形です。

    V7(属七)和音、移動ドですとソシレファですが、ソ-↑ファと跳躍せずにアルペジオで上行-下行し(ソシレファレシ)主音(ド)で終わると...何か思い当たりませんか? シューベルトのアヴェマリアの一部Ge-[bet zu dir hin we-]henと同じです。厳密に言えば、ここは属調(V度)上の更に属調=上主調(II度)内での”V7-I”なので、トピ主さんの耳に「ソシレファレシド」と響くのか「ラド#ミソミド#レ」と響くのかは分かりかねますが和音の響きとしては長3和音+短3度の属7和音が主和音で解決されるのです。(楽典知識もお有りのようなので)

    和声−音型の組み合わせで楽曲が出来上がっているのですから、このような引き出しを増やしていくことが、トピ主さんの目的地への近道だと思います。

    ユーザーID:1889104107

  • 旋律(の一部)ですよ −2

    逆にコールユーブンゲン、コンコーネは忘れた方がよいです。階名唱法の習得が目的ではないのでしょ? コンコーネは本来Vocalizzo(母音唱法)の教本です。ア等の母音で歌い続けるのは喉のリセットが難しいので、初心者にはデメリットの方が大きいです。また、コンコーネの旋律も「悪影響」と嫌う教師がイタリアでは多いのです。ヴォカリーズ集なら、トスティやロッシーニの方がよいです。また、歌詞のあるサルバトーレ・マルケージもよいです。通常、個人レッスンでは前レスであげたような長すぎない音形を半音ずつ移調しながら高音へ行き、音域のリミットまで行き着いたらまた半音ずつ降りてくる、というような発声練習を繰り返す中で音程感覚と、発声テクニックを身につけていきます。
    音形の引き出しが増えれば、初見も上達します。乱暴な言い方をすれば、先の旋律がイメージできれば、どの鍵盤を弾くのか分からなくとも初見で歌えます。

    歌う時は詩のリズム(アクセント)を大切に。音の頭は単独子音でなく母音と一致します。credimiなら、音の頭でcreではなく、cは前の音の最後に付け、音の頭はreにするだけで数段上のレベルに聞こえます。

    ユーザーID:1889104107

  • cantante様すごいですね 度々感謝いたします

    私はO mio Fernandoを知らない初心者です。
    少年合唱団&ファミリー用CD歌曲&デル=モナコやカナウ等しか聴いてないので。
    「ソシレファレシド」のアヴェマリアにはびっくり・・・
    楽典は本を読んだだけなので、習おうとしたところでした。
    自分で弾いて、音を確認しながら読まねばだめですね。
    和音も本を読むだけでなく、耳を慣らしていきたいです。
    コンコーネは必須ではないのですね。
    cantante様のレスはきちんと保存して、今後の役にたてたいと思います。
    今週の聴音は、私の苦悩をみてか
    先生は多少やさしめの5度以内にしてくださいました。
    ト長調もヘ長調も、こっそり移動ドで書き取った不肖の生徒です!
    ありがとうございました。

    ユーザーID:2017008140

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧