両親他界後の実家の処理

レス20
お気に入り170

春子

話題

50代女性、既婚で一人っ子です。

母は20年前に他界、現在実家には80歳代の父が独り。元気で自炊しておりますが
いつ、どうかなってもおかしくない年齢。
私は遠くに嫁ぎ、年に2回様子見に帰省はしていますが、父が元気なので考えたくない事は
遠まわしにしていました。これは私が悪いのです。

ですがもしもの時、実家をどうすればいいのか分からないのです。
賃貸に出す、新地にして売る、どちらかになるでしょう。
実家は地方ですが大きな都市。貸す、売る、どちらも可能だと思っています。
お金はどうでもいいです。

思い出たくさんの実家、父母との思い出のある実家。遺品を全て今の私の家に持って来る事は
出来ません。
母の趣味だった絵が大量に実家にある。今も父が飾っており、懐かしがっています。

こういった物をどうしたらいいのか?分かりません。

廃棄処分も考えておりますが、幼少時代の雛人形や母の絵をゴミとして廃棄してもいいのか?

悩んでおります。ご経験のある方、ご伝授をお願いいたします。

ユーザーID:6487490550

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • つい先日経験しました

    私も既婚、一人娘。遠方に住んでいて今後実家のある都市に住む予定は無いです。子どもがいますしね。
    一昨年、母が他界。父はそれ以前に他界してます。実家は古かったものの、母が何度も部分的にリフォームしており、まだ人が住める状態でしたので、早々に不動産屋を探して、売却しましたよ。

    遺品は、どれも懐かしく勿体ないのですが、自分で整理していても捨てるに捨てられず、キリがないです。
    不動産屋を決めてからは、どうしても要るものだけを取って、あとは業者に任せました(遺品引取、掃除など)。他人に任せたほうがはかどりますよ。

    ただ売却する前に、不動産の名義だけは自分にしておいたほうが良いです。もよりの登記所に行って相談すれば必要書類を教えてくれます。
    ちょっと面倒ですが(私は書類取り寄せなどで3ヶ月くらいかかりました)、これさえやっておけば、遺品整理も不動産売却も割りとスムーズです。

    家は住む人がいなくなると、古くなるのは早いですよ。建物を取り壊すにしてもなるべく早く不動産業者に相談したほうがいいです。
    住む予定のない実家を持っていると、貴女の死後、子どもさんが困りますから。

    ユーザーID:7233697930

  • まず

    遺品整理業者に依頼して、思い出の物は写真で保存し、後はお任せしたらどうですか?
    業者はリサイクルに出すようですよ。

    お父様は、民生委員にお任せしてはどうですか?
    後、ご近所の方にもあなたの連絡先を教えておく。
    但し、その為には帰省するたびに、お土産は渡しましょう。

    ちなみに舅も85歳です。非常に元気で独り暮らしをしていますが、民生委員の人の定期的な訪問と、ご近所の方にも頼んでいます。

    もっともこの舅は、用意周到な人で、自分が衰えた時のための施設探しはいつもしているようですけどね。

    ユーザーID:9282455081

  • 選択肢はいろいろです

    ご心配ですね。

    「家をどうにかしなければならないとき」とは
    1お父様が突然逝かれたとき
    2お父様が倒れて長く病の床に臥す・介護状態になるとき

    1の場合、お辛いでしょうが案外簡単なように思います。
    それはもう、そのときお考えになれば…と申し上げたいほどです。

    2の場合、その状況を維持するお金の準備はお父様がされているのか否かで
    家の処分の時期と方法が決まるように思います。
    次々と移らねばならない病院や施設の手配、治療方針の決定、生を維持するための金銭の算段、家屋の維持(近隣への配慮含めた)と売買、さまざまな法的手続きで、こちらは、怒涛の日々となるかと思われます。
    私は2の経験者ですが、知人の弁護士によれば「生きて何もできなくなったケースがいちばん困難」とのこと。自治体まで遠くの県に変えるとなると壮絶です。

    家のことは後から考えられます。
    今できることは、それとなくお父上の希望を聞いておかれることかと。
    どの程度の生命維持、お墓をこうしたいなどのイメージ(わが親は本山に永代供養されたいとはっきり言い置いてくれた)など。

    ユーザーID:1724763506

  • 私も実家を処分しました

    ほとんど廃棄しましたが、それ以外は自宅に持ち帰りました。
    大量になると、それも難しいですよね。
    それなら、お寺さんにお焚き上げをお願いしたらいかがでしょうか。
    簡単に言うと、お経を上げながら焼いて頂く、ということです。
    私は経験したことがないのでお布施の相場はわかりませんが、トピ主さんの心の負担は軽くなるのではないでしょうか。

    ユーザーID:8560131195

  • 選択肢はいろいろです2


    お雛様やお母様の絵など、トピ主さまの置ける範囲で置き、処分されるなら、神社などで人形供養・お焚き上げに出されればよろしいかと思います(有料かと思います。近くになくてもネットで探せます)。

    絵はお焚き上げにするかもらっていただける方がいればお譲りするケースもあるようですが、ぜひと申し出られればともかく、たいていは迷惑でしょう。

    大きなお仏壇は、嫁ぎ先に持っていけないので、これも檀家になっているお寺に相談すると、しかるべき方法で処分してもらえます。

    私の場合は、家は遺しても維持できないと判断し、痛む前に家ごと売却しました。更地にするより、古家付きで値引きするのも一般的なようです。私は知人に売却しました。

    大量にあった写真もある程度残し、お焚き上げに出しました。これは普通に処分してもいいみたいですが、気持ちの問題で…。

    親が生前から処分を進め、意向を話してくれていたので、重要な物か否か、思い出の物をどうするかをスッパリ決断することができましたが、それでも大事業でした。

    親の意向を知っておくことはとても助けになりますよ。

    ユーザーID:1724763506

  • 私なら

    両親共にあちらへ旅だった後に、絵画はフリマに出しますかね。

    >母の趣味だった絵
    これは収集していたということですか?描いていたということですか?

    いずれにせよ「母の趣味のものが誰かの目に留まって愛でてくれる」かもしれません。
    絵の好みってほんと解らないもので、落書きのような絵を「素敵だ」と言って選ぶ方もいます。

    ダメ元で遣ってみると思います(私の母は水彩画を趣味で描いています)。

    雛人形についてはお内裏さまだけ残して、人形供養してくれるお寺さんにもっていく。
    感謝の念をお煙に載せて故人に届ける感じですね。

    「色即是空 空即是色」

    どうも生きておりますと煩悩も多くて、有形のものを処分するにはとても勇気が要りますし決断も必要でしょう。
    ですが、私たちの身体もいずれは無になるんですよね・・・・。

    私もいずれは父母を見送らなければなりません。
    舅が亡くなった折には姑が涙しつつも遺品の整理をしていたことを思い出します。
    でも、想い出はいつまでも私たちの胸に残っております。

    どうぞあわてずにゆっくりご検討下さいませ。

    ユーザーID:9427336739

  • 雛人形はお炊き上げ、絵画はデジカメで保存

     雛人形は神社や寺などでやっている「お炊き上げ」に出してください。(人形を供養してから焼いてくれる)
     絵画はどうしても保存しておきたい数枚を手元に残して処分するしかないでしょう。親戚や故人の友人でもらってくださる方がいないか聞いてみては?やむなく処分する絵はデジカメで撮影しておきます。
     お母様が亡くなった時、お身内様で「形見分け」はなさらなかったのでしょうか?通常は亡くなって百か日前後くらいまでに形見分けすることが多いですね。(地方だったら、そういうしきたりは今も残っているように思います)

    ユーザーID:0582329454

  • できるだけ譲る

    全部捨てちゃうっていうのをよく聞きますが、
    そういう場合って実の娘でない場合が多いです。
    他人だからできるんだなあって思います。

    たぶんご両親は捨てられたくないはずなので

    1.思い出にせめて写真などをとっておく

    2.親戚や両親の知人に写真や実物を見せ、希望を聞いて譲る。

    3.残った場合は地域の自治体、施設等に写真や実物を見せ譲る。

    4.残りを捨ててしまいたくない場合は、譲りますコーナーやバザーに出す。

    等はどうでしょうか。

    家の一部をリフォーム資材として今の家に使う方法もあります。

    ユーザーID:5631926763

  • ゴミとして処分し更地にして売る

    私の実家も、兄が1人で住むようになって大量のゴミ置き場になりました。
    両親は他界してます。着物、母の手作り作品、父の蔵書、その他諸々。
    家はゴミ屋敷化、庭はジャングル化。ご近所さんから我が家に通報が来ました。

    兄に自分で片付けできる小さなアパートに引っ越してもらい、業者に家と共に中味も処分してもらい、更地にし、売却しました。

    すっきり〜。ご近所のためにも、兄のためにも良かったと思います。不思議とアパートに移ったらゴミ屋敷化していないです。

    何もかも燃えてなくなったと思って処分するのがベストですよ。
    記念品を幾つかと思うと、頭痛がしますよ。

    ユーザーID:4296307539

  • 悩みますが

    不動産についてはケースバイケースですよね。

    ちなみに我が家の場合、北海道の商家。子供二人は離れて暮らしていました。
    必要なものをそれぞれの子供が引き取り、残りは家と一緒に廃棄処分。土地は運良くお隣に売りました。
    友人の場合、何年かそのままにしておいた東北地方の実家をこの度賃貸に出すことにしました。でも、荷物の片づけ、インフラの整備、事務手続きなど、その度に出かけて行って大変だったと言っています。
    近くに、管理などを全面依頼できる人がいるなら賃貸もいいかもしれませんが売ってしまったほうがあとは楽ですよね。
    思い出の品は・・・捨てることができるか、手間がかかっても残しておきたいのか、あるいは将来戻る予定があるのか、を天秤にかけて決断するしかないでしょうね。
    でも、まだ先のことですのでその時の状況でまた判断されればいいことです。

    ユーザーID:0265110806

  • 辛い選択ですが

    廃棄して売る
    これが1番いいのでは?

    トピ主様にお子さんがいるのかわかりませんが
    ご自分が死んでしまった後
    残された物を又誰かが処分しなければならないのです

    私の主人の実家も
    捨てられない物であふれていますので
    お気持ちは良くわかります
    主人は全部廃棄すると断言していますよ

    ユーザーID:9878225600

  • 私達も考え中です

    私達というのは姉妹の事ですが。

    実家は両親も亡くなり、現在は空き家です。亡くなって数年経ちますが、まだ処分に躊躇いがあり、どうしようかと...。

    父の趣味の物は売って、維持費の足しにしています。
    ここ1、2年で、使える物は分け合い、売り、残った物は捨てるつもりです。

    私は実家から新幹線で3時間の距離に住んでいるので、実家が無くなったら田舎に帰っても居場所がないんだなぁと思うと寂しいです。

    本当は、実家の近くに住んでいる姉妹に実家に引っ越してもらいたい、そういう話も出ましたが難しそうです。

    維持費が勿体無い、早めに処分したらと周りからは言われてます。
    そう思いますが、あの場所から全てが無くなるかと思うと辛いです。
    近くいる姉妹は、親の面倒も見てたので、喪失感が私などの比ではありません。

    トピ主さん、お父様に十分に親孝行をしてあげて下さいね。

    アドバイスにもなってなくてすみません。

    ユーザーID:7057715893

  • 私は捨てました

    私もいろいろ思い入れの強いものはあったのですが、母が他界したときに、思い入れはあっても、死んだらもうそれは本人と一緒に消えてしまって、ただの物になるんだなぁと思ったので、ほとんど捨ててしまいました。
    取っておいても、私が死んでしまったら、あとに残った人にはなんの意味もない物だろうと思ったので。

    幸い、葬儀社のほうから紹介してもらった、死後整理の会社で、ゴミはゴミとして、また人形などは供養して処理というのをやってくれるということだったので、そこへすべてお任せしました。
    運び出しから清掃まで、すべてやって60万円くらいだったように思います。

    トピ主さんの場合、持ってくることができる物は限られているということなので、やはりどうしてもというものだけ持ってきて、あとは処分の上、売却してしまったほうが、あとの心配もなくていいんじゃないかな?と私は思いました。
    ご参考までに。

    ユーザーID:5686833040

  • お悔やみ申し上げます

    私の実家と、お姑さんのお母さんの家(主人の祖母)と二回遺品整理を経験しました。

    実家の場合は自宅と実家が自転車で5分の距離でしたが、乳幼児二人を抱えていたので一軒家丸ごとの遺品整理をとても出来ませんでした。
    ですので電話帳に載っている片づけ専門業者に依頼し、全て処分してもらいました。
    一度回収した遺品はいかなる理由があれど返品不可能と言われましたので、あらかじめ貴重品や分かる範囲の遺品(写真等)を保管しました。
    費用は2tトラック3台分で100万程かかりました。

    家は私が相続して現在住んでいます。

    祖母の場合はできるだけ費用を安くあげようと、遺品整理を全部自分達でしました。
    お姑さんの家から祖母の家まで距離も同じく自転車で5分程でしたので、お姑さんが平日昼間に通い、全て分別してゴミの日に出す。
    ベッドやタンスの大型家具は休日にお舅さんと主人、従兄弟で分解、小分けにしてゴミの日に出す。
    リサイクル家電は廃品回収業者に引き取りで、かかった費用はその4万だけだそうです。

    市営住宅でしたので、そのまま引渡しでした。

    参考になれば幸いです。

    ユーザーID:1650725227

  • そーなんです

    困りますよね…
    思い出の品は捨てられません…
    そう考えた義母は、生前中(まだ存命)に、いろいろ捨て始めてくれています。
    もともと潔い性格で、そこまで処分しますか?ってくらい…
    さっぱりしています!
    ちょっと主人にはかわいそうですが…
    ありがたいです。

    お父様と相談するか、自分か全て請け負うかですね。

    ユーザーID:7885604148

  • 廃棄しました。

    昨年母が亡くなりました。
    父が亡くなった時、母が
    「片付けるのは私が死んでからにしてね。」と言っていたので
    両親が長年暮らした実家を半年余りかけて整理、廃棄しました。
    亡くなったばかりだったので、非常に辛い作業でした。

    でも家には保管場所が無く仕方なかったし、
    私に余力があるうちに作業したかったからです。

    仮に今処分しなかったとしても私が死ねば処分が待っています。
    それならば
    私が処分してあげたかったのです。

    ひとつひとつ別れを惜しみました。
    『ごめんね、私のものも処分するから許してね。』
    と言い訳しながら。
    いつでも何処へでも行けるように私も身軽になりました。

    ユーザーID:1902041399

  • 更地にしては、いけません。

    建物が建っている状態と、更地の状態では
    「土地に掛かる固定資産税」に雲泥の差が出ます。

    更地にしてはいけません。売却する直前まで、もしくは建物付きで売りましょう。
    その際には、更地にする手数料(100-200万)は、割引にして。

    私の両親も他界しましたが、思い出の品物の処分は心が痛みます。

    でも、本当の大切なモノは「思い出そのもの」「愛情の証」と思っていますから。

    価値のあるモノ、父母の手作りのモノの中でよりすぐったモノのみをピックアップして、
    それ以外は全て「一斉廃棄処分」にしました。

    一つひとつ手に取ると、捨てられなくなります。

    「どうしても、これは」のモノのみを手に取り、持ち帰り、
    それ以外は一斉処分をお勧めします。

    そんな事で、天国の両親は怒るとは思えませんので。

    ユーザーID:4639038505

  • 寄贈しました

    同じくです。私もそれで困り果ててました。

    しかし捨てるのも何ですので、人形など骨董的な年代物は資料館などに寄贈しました。
    インテリア絵画や額ものは、地域の施設や病院などに寄贈すると良いでしょう。
    母の子供の頃の通知簿や学校関係の品も色々と出てきました。これもまとめて資料館へ寄贈です。

    トピ主さんが捨てないでぜひとも残して欲しいのは昔の家計簿ですね。
    何十年もきっちり付けている家計簿はそれだけで歴史資料ですので、捨てないでこれも寄贈してください。
    あと写真や家庭映画のフィルム。フィルムは超貴重です。絶対に捨てないで下さい。


    悩むところは、喜んで貰ってくれる寄贈先を探すことです。
    地元の博物館や資料館、都内の資料館、欲しがっているところは色々あります。
    思い出の品を捨てるよりはよいでしょう? 頑張って探して下さいね。

    ユーザーID:6532873048

  • トピ主です

    たくさんのアドバイスをありがとうございます。
    まとめてのお礼で申し訳ございません。

    遺品整理業者、お焚き上げ、言葉は聞いた事はありましたが詳しくは知らなかったので
    大変参考になりました。

    家や土地の不動産も件も全く無頓着でしたので改めて考えることが出来ました。

    仏壇の事は考えた事が無かったのですが、遠方のためお墓参りも何度も行く事が出来ないですし
    お寺さんに相談してみます。大変参考になりました。

    母の趣味だった絵は母が描いていたものです。
    皆さまの仰る通りやはり写真に残しておくべきですね。

    思い出のある家。柱のキズや親子で遊んだ庭など、決心はまだ出来ておりません。
    帰る所が無くなるのが辛いです。

    今は父が生活しておりますので焦らず考えて、父の意向も今のうちに聞いておきます。

    ご近所の方に私の連絡先を教えておく事というご意見にも「確かにそうだ」と思いました。

    たくさんのアドバイス、本当にどうもありがとうございました。

    ユーザーID:6487490550

  • 結局ほぼ全部捨てることになる

    経験者です。

    いろいろ悩んでも、家一軒を残せないなら
    結論は「ほぼ全部捨てる」ことになります。
    残せるのは形見分けになるような品と
    価値はなくとも個人的な思い出の品だけです。

    それ以上自宅に持ち帰ったとしても
    いつかは自分も旅立つのです。
    自分の荷物だけでもいろいろ残ってしまうのに
    子供に祖父母の荷物まで残して処分させるわけにはいかないです。

    本当に手放せない品だけ手元において
    あとは写真で残すなど考えてみましょう。

    ちなみに私は母が朝食の時だけに使っていた
    花柄の皿を一枚だけ持って帰りました。
    いろいろ思い出してどうしても捨てられなかったのです。
    トピ主さんも片付けるうちにそんなものが見つかると思います。
    ・・・まだまだずっと先の話になるでしょうけど。

    ユーザーID:1860766317

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧