心や体の悩み

極端に容姿が崩れる夢を度々みるので気分が悪いです

レス9
お気に入り10

nana

健康

20代後半女性です。
気持ち悪いので誰かに聞いてもらいたくて書き込みました。

月に1〜数回程度ですが、パターンの同じ嫌な夢を見ます。
夢の展開は、ふと鏡を見ると自分の容姿(主に顔)が極端に崩れているというものです。
顔全面が、真赤なニキビやただれ、火傷、湿疹…などが多いです。
粘膜や内臓のようなものがはみ出て、ピカソの絵みたいにグロテスクにぐちゃぐちゃだったこともあります。

夢の中で自分は、おそらく自分が傷つかないようにあえて「あ〜これくらい普通普通」というリアクションをとりますが正直、オカルトやホラー映画級の顔です。
そのあたりでふと目がさめて、鏡まで走り現実の顔に異常がないのを確認して「あぁぁよかった!」と思うのが一連の流れです。

私はもちろん、整形中毒だったりとかではありません。
成人後顔を怪我した際も全く取り乱さず、逆に周囲に心配されたこともあるほどです(ちなみにその傷もきれいに治りました)。
私は男女ともに、好きになる人は顔のつくりではなく、中身や表情がきっかけです。
顔の造形だけが全てだとは全く思っていません。
それなのにどうしてこんなハードな夢を度々見るのか、と考えてしまいます。

容姿にコンプレックスは、確かにあります。
ニキビ肌や、そもそも自分の顔つきも嫌いでした。
ですが今は乗り越え、公私ともに「美人のnanaさん」で通っています。
所詮お世辞込みとはいえ、前向きな努力で得た今の結果にある程度の自信を持てるようになりました。
その反面、どれだけ褒められても、自分の顔の嫌いな部分は多いです。

夢の中では、当然ですがそれが夢だとわからず、ものすごい絶望に襲われます。
毎晩ではないとはいえ、かなり嫌です。

同じような特定の夢を見る方、その夢が終わった方ですとかいらっしゃいますでしょうか。

ユーザーID:6097385246

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数9

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ん〜??

    答え、自分で書いてるじゃないですか。
    「潜在的にあり続ける、過去の(嫌いだった)自分に戻る恐怖」
    の夢でしょ?
    いいかえれば、コンプレックスが夢で吹き出している……という。
    意識に強く上らせていない分、夢でバランス取ってるんじゃないの?

    もっとつっこめば、夢で「平気平気〜」としながら、現実は飛び起きて鏡に走る程なのですから、

    >私はもちろん〜……全く思っていません。

    という表向きの理性に対し、本能(本心)が、「嘘言ってんじゃねーよ!」と無意識を使って警告してるとか、ね。

    ユーザーID:6386196793

  • まあ

    結果から言うと現状の生活で抑圧されてるからでしょう。

    夢診断で考えれば貴女自身の行動が一番重要です。
    顔が崩れるから顔に対する問題かと思うかもしれないですが、夢はそんなにシンプルなものでもないので。

    好きな人が出来たらその人が毎回出てくれるとか、夢って自由自在ではないですよね?

    問題なのは、何か引け目を感じた時に繕ったものの自分では気付きながらもばれないか、変に思われないかと周囲を気にする不安でいたたまれないと感じるという部分と見ました。

    夢では容姿で出てきましたが、それ以外にも実生活で余所行きの振る舞いに心が付いていききれずに疲れてるんじゃないでしょうか?

    本当はこうしたいのに頑張ってこうしてる、抑圧されたストレスがあると、どこかでばれたくない現状維持を望む一方で、ば〜んとさらけ出せたら楽になるかなと言う一方が葛藤してるんだと思います。

    アルコールで言う所の休刊日ではないですが、どこか肩意地張らずに済む趣味の繋がりや愚痴れる場所を作れると良いかもしれませんね。

    ユーザーID:9859752763

  • 何度か同じようなことがありました

    私の場合は、歯が抜けてしまったり、前歯が酷く欠けてしまったりする夢です。
    鏡を見てゾッとするパターンは確かに多いですね。
    そういう夢を見るのは、歯のことを気にしているときよりも、むしろ人間関係などでストレスを感じていたり疲れていたりするときです。

    トピ主さんの潜在意識の中に顔へのコンプレックスが多少あるとしても、
    悪夢を誘発するのはストレスや疲れではないかと思います。

    しょせん夢は夢で、現実ではありませんから、
    あまり深刻に考えず「ああ、疲れてるのかな」ぐらいに思うようにしています。
    そして目覚めたときの「夢でよかったー!!」を楽しんでます(笑)

    いま「快眠法」や「快眠グッズ」が流行っていますね。
    いろいろ試してみてはいかがでしょう。

    ユーザーID:7576723071

  • トピ主です

    >問題なのは、何か引け目を感じた時に繕ったものの自分では気付きながらもばれないか、変に思われないかと周囲を気にする不安でいたたまれないと感じるという部分と見ました。

    ぎくっとしました。
    外見より内面について、自分がおかしいのではないかという劣等感があります。
    おかしい、変わってる、臭い、気持ち悪い、本来の自分はそういう人間なのではないかとどこかで思っています。

    空気を読んだり、体裁を保ったり、「普通のふるまい」をすることは、努力してできるようになりました。
    それでもどこかでバレるのでは、という思いがあります。
    他の人は芯から普通なのに、私は付け焼刃だから…というような。

    主に顔面や皮膚関係が多いですが、歯や髪関係の夢も見たことがあります。
    抜け落ちてゾンビのようになっていたり、総白髪になって必死で染めている夢も見ました。

    寝る前はなんだか神経が強張って、眠剤代わりに安定剤を飲んでからベッドに入ることが多いです。
    それで眠れるので困りはしないのですが、できれば何も飲まなくても眠れるようになりたいです。

    ユーザーID:6097385246

  • それは

    それは大なり小なり誰でも抱える問題です(人生を本気で放棄してる方を除き)

    自分の意識に縛られない為には、一つは貴女が不安に思っている事が、実は社会通念上、考えれば誰でも抱えていないとつじつまが合わない事であると理解する事。
    想定と現実のギャップがなければ、人は生きる希望を持てません。
    全て満たされた瞬間に人は死を待つだけになります。
    逆に言うと、生きてる方は人への感謝の体現なり、親への感謝なり、授かった命の使い方などの上に生きる理由を何かしら付加して生きています。
    こうで無いといけないと言うのは、言い換えれば向上心とも言える。
    言葉の選択も重要です。
    眠剤へ依存と言うと聞こえは悪いですが、眠剤を利用して睡眠をスムーズにコントロールしている私。と言えば、出来る女の様にも聞こえます。
    言葉は心に影響しますので。

    次に、賢い(考えすぎる)貴女は、上記のような理論武装もしてきたかもしれません、けど駄目だった経緯もあるかもしれないので、もう一点。

    ユーザーID:9859752763

  • それは2

    もう一点は、経験値による裏づけ、重み付けです。

    「そうは言っても私なんて」が残ると、客観的な視点からでは問題のない貴女も、自分ルールでは癖で駄目な女と決め付けてしまいます。

    大舞台でスポーツ選手が練習をバックボーンにするように、貴女自身の中で良い所を認識できるような練習をすると良い。

    一日の自分の行動を振り返って、無理した努力の結果でも良いです。
    今日のこれは自分の本質とは違ったかもしれないけど、良い結果(喜んでもらえた等)に繋がりました、ヨシ。と記録しましょう。

    後はジンクスでも良いので、切り替えスイッチを見つけておくといい。
    怖い夢を見たときは疲れてるな、よし今日は甘いもの食べよう、栄養ドリンク飲んで長風呂しようとか、海に行って大声で思ってる悩みをぶちまけるとか。

    要は、私で言う所の口内ヘルペスの様に、夢を一つの生理現象として受忍してしまう。
    心が疲れてるんだと。

    拒絶が疲弊を生み、夢が繰り返される事もあるので、受忍を心がけたら意外と夢の内容が変わるかもしれませんね。

    ユーザーID:9859752763

  • ありがとうございます

    以前職場の上司に、雑談でですが
    「あなたはなりたい自分の像を強く掲げて、それに向けて努力努力って感じじゃない?偉いよね、でも疲れるでしょ」
    と言われたことがあります。
    それと同じなのかもしれませんね。

    ちなみに、それって特段言葉に出すことなのかな?と、普通のことなんじゃないの?と思いました。
    内容としては普通だとしても、程度として言及ものだったのかもしれませんが。

    ありのままでいい的な理論が、どうもよくわかりません。

    一日のできごとを夜思い出すと、悪いことばかり出てきます。
    針の穴をつつくように、自分の至らない行いを挙げ連ねるのは得意です。
    そういう自分も嫌ですし、そもそもそういう部分が性格が悪いと思います(笑)

    自分に自信を持って、ストレス発散することでしょうか。
    心掛けてみたいと思います。

    ユーザーID:6097385246

  • 無理に

    >自分に自信を持って、ストレス発散することでしょうか。
    心掛けてみたいと思います。

    1点、
    自信と言っても、無理に自分に嘘をつくことではないです。
    心のどこかで「自分に嘘をついている」と思いながらでは意味が薄れるので。
    反省点が出てくるならそれはそれとして受け入れるという事です。
    但しそこで終わらないだけ。

    「反省点がありました、だからこうすると変われるかも、いくつかあった中から明日からはココを重点的に対策しよう、ヨシ寝るか」と

    勉強と一緒で、幾ら向上心があろうが、一日に出来る量は限られています。
    テスト前に教科書全部覚えれば無敵だからと言って、出来る人はいないでしょうし、それを目指す人は無謀

    ただただありのままは良くないですし、かと言って無謀だって良くない。
    生きれる期間がどこかで決まっているなら、少しの向上心と少しの達成感を糧にしながら、日常に意味を持たせられる人が生きてるって意味では幸せなのかも

    なので、自分で問題点に気付ける貴女は、気づけない人に比べそれだけで一歩前進でしょう
    今日はこう、次はこうって良い切り替えを受け入れる事かな

    ユーザーID:9859752763

  • 関係ないことを思い出しました

    話がそれるんですが、父親の言葉を思い出して苦笑いでした。

    「教科書の文章くらい、全部覚えていないでどうする」
    「全部暗記して足りるわけではないんだから、そこから深めて当然。まず暗記は必須」
    と、テスト前は毎回説教されていました(笑)
    それは私には無理だという反論も、教科書の暗記も、できたことはなかったですけど。

    まだ足りない、まだまだ足りない、もっとこうしなきゃああしなきゃ、と考える癖があるかもしれません。
    義務から努力するのはしんどいですし、向上心から適度に努力して、適度に休憩して、楽に生きたいと思います。

    ユーザーID:6097385246

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧