• ホーム
  • 健康
  • 後悔しない良い決断、賢い決断のコツ、教えてください。

後悔しない良い決断、賢い決断のコツ、教えてください。

レス22
(トピ主1
お気に入り48

心や体の悩み

草だんご

私の永遠のテーマ、短所は
「なかなか決断出来ない、決断しても後でこの決断は間違っていたのではないかと延々と悩む」ことです。

特に自分の感覚だけで判断することが出来ない大きな事柄の時によく悩みます。
例えば自分の進路。一番やりたいことが分かっているのに他のことにも興味があったりすると、本当はこっちの方がいいんじゃないか、と悩んで決断出来ません。他のことを一通りやってやっぱりあれが一番やりたいんだと分かっても、今から始めても就職は難しいかも、など色んなリスクを考えてまた悩む。あきらめることも出来ない。

最近は子供の幼稚園。
二つの幼稚園で最後まで悩んで結局子供が園庭を気に入っている、先生が良い感じ、カリキュラムのバランスがよい等の理由で今の園に決めたのですが、入ってみて少し遠いため知っているお母さんが殆どいなくて寂しい、子供も知っているお友達が少ない、何かと通うのが面倒(私)、造形の作品がイマイチ、運動会やお遊戯会のイベントが子供に易しすぎる?ので見ていてつまらない等感じるようになり、近くの幼稚園にしとけば良かったかな〜と今更悩んでもしょうがないことで悩んでしまいます。
(近くの幼稚園は園庭がイマイチ、先生があまり子供を見ていない等が気になってやめたのですが造形作品とかイベントは見ていて楽しく、のびのび育てる、という園の方針は最初の私の希望でもあったんだよなと思ってしまうのです)。

こうやって後でウジウジ悩まないために決断する時に何を重視したらよいのかが分かりません。
自分で過去を振り返ると、その時自分にとって損するかもと思ったことは決してそうではなかったので、学習して今損だなと思う方をあえて選ぶようにするにしても何をもって損とするか、という点で判断もまた変わってきてしまうし・・・。決断が得意、という方、考え方のコツを教えてください。

ユーザーID:6889396870

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 大事なのは、決断後の持続力

    子供さんの事なら、「夫婦で無理なく継続できる事」を決めてみては…?

    子供さんを良くしようと思うあまりに、お母さんがブレない環境を作ろうとしていませんか?質問を読んでいて、子供さん考えを尊重したとはとても思えないのですが…。「決断を後悔する」=「子供のせい」はそろそろやめませんか?

    ユーザーID:9411481931

  • 欲張りをやめる。

    決断が正しかったかなんて誰にも分かりません。
    違う選択をしていたらもっと残念な結果だったかもしれません。
    欲張りをやめること。
    あれも欲しかったこれも欲しかったと「損したくない!」というがめつい気持ちを捨てることです。

    レストランで自分はハンバーグを頼みながら
    周りのテーブルのグラタンやパフェが気になってキョロキョロとしているのと同じです。
    いやしいと思いませんか?

    何を重視したっていいんです。
    楽しそう、近い、安い、知り合いがいる・・・、コレと思ったらそれが正解。
    それぞれに良さがあってどれも魅力的なんです。
    「100対0」で明らかに片方がダメなんてことないでしょう?
    だからどれを選んでも正解。

    隣の芝生を凝視しすぎです。
    入ってみたら同じはずです。

    それに、一度の選択ですべてが終わるのではありません。
    人生は細かい選択のくり返しです。
    次の選択のときにまた考えればいいんです。

    ユーザーID:8298570874

  • 隣の芝生

    ですよ、完全に。

    悪いけれど、何をやっても何処に言っても何がしかのケチをつけるクセ(?)みたいなものが身についていませんか?

    幼稚園の件についてですが、あくまでも大人の立場で覗くから「造形の作品がイマイチ」「イベントが子供に易しすぎる?」「見ていてつまらない」
    これ・・・あくまでも実際に通園しているお子さんの眼ではなくトピ主様の感想でしょ?
    しかも「知っているお母さんが殆どいなくて寂しい」は完全に主様の感情。
    お子さんはどうなのよ。

    近くの幼稚園についてだって「園庭がイマイチ」「先生が子供をみていない」とケチつけるわけで、要は「ネガティブシンキング」ばかりしているわけ。

    一度「ねがポジ」の本でも読んでみてはいかがでしょうか。

    何でも捉え方一つで気の持ちようは変わります。

    ユーザーID:7433723428

  • は?

    良い決断?賢い決断?

    そんなの後からついてくるものじゃありませんか!

    結婚もそうでしょ?

    お互いの努力なくして継続ならず。

    一度決めたことは、後悔する暇があるなら、いい方向に向かうように努力するのみ。

    今の考え方なら、どんな決断をしてもその後に後悔するのが目に見えてます。

    ユーザーID:5947849925

  • そんなコツはありません

    イチローが大リーグ行きを決めたとき、
    浅田真央ちゃんが引退を決めたとき・・・
    それぞれの決断にコツがあったでしょうか。
    後悔しないための特別なノウハウの持ち主でしょうか。
    私は違うと思います。
    たぶん彼らは、自分の決断に自信はなくとも
    その先に待っている出来事に対して乗り越えるヤル気と勇気があるんですよ。

    トピ主さんは自分の決断の先には、「必ず後悔が待っている」と思い込んでいるだけです。
    自分には後悔しかない、後悔がお似合いと思っているんですよ。
    だから、「自分が後悔しそうなこと」だけに目がいってしまう。
    要するにいつも荒探しですね。
    心は「後悔するよ・・後悔するよ・・・ほーら、やっぱり後悔発見!」です。

    幼稚園について、
    お子さんは「こんな幼稚園に入るんじゃんなかった」って思っていそうですか?
    後悔したいのはお母さん、あなただけですよ。
    お子さんは新しい環境に適応していく。それが子どもの能力です。

    一つコツがあるとすれば、
    「後悔してもいい」と自分に言い聞かせることです。

    ユーザーID:5384112478

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 選択肢のある幸せ

    「重大な決断」で迷った事、後悔した事が有りません。
    進学、就職、結婚、転職…
    乱暴に言ってしまえば、いつも「他の選択肢がなかった」ので。
    良い風に言えば、
    自分の中に「一番優先したい事」の軸がハッキリしています。

    例えばですが、
    色んな事が出来る(仕事も好きで、家庭人で、やりたい事もある)
    人なら、選択肢も豊富ですよね。

    でも私の場合、ひとつの事(現在の仕事)しか出来ないので
    その事だけを基準にモノを考えれば良く、迷う余地が殆ど無いのです。

    例えば住む所を決めるにしても、選択肢が豊富な方は
    「何を優先すれば良いだろう?」と迷う場合もあると思います。
    私なら「ここなら仕事するのに便利そう」で即決です。
    (実際は諸環境も勘案しますが)

    あとから後悔する点が出てきたとしても
    「でも仕事するのに便利だし」で落ち着きます。

    悩む事自体は、何も悪くないと思います。
    色々な選択肢が有ると言うのは、豊かな事だと思いますし。
    大事なものが沢山ある、と言う事ですよね。

    あとは一度決めたら後ろ見ない!って風にできたら良いですよね。
    現在の選択の、良い所を探されてみると良いのでは。

    ユーザーID:5879825760

  • 決断する時が重要なのではない

    私は後悔したことないです。

    でも最善の決断をしているからではなく、決断したからには振り向かないからです。

    振り返って選ばなかったほうと比べたってしょうがない。
    違う方を選んでたって後悔してましたよ。絶対。
    後悔する人は何を選んでも後悔するんです。

    選んだからにはそれに対して一生懸命になることが後悔しない秘訣だと思います。
    なにが人生に最良の決断だったかなんて、死ぬ時ぐらいにしか気づかないと思いますので。

    ユーザーID:2250881251

  • 最近の指針

    自分のためになるかならないかではなく、相手のためになるかならないかで決める。

    進路なら、自分のやりたいことや、自分の年収が上がるにはどうしたらいいかじゃなくて、どうすれば自分の持てる力で世の中の役に立つ可能性が大きいかで決める。

    幼稚園は・・そんなことで悩む暇があっていいなっと思う。

    自分が最大限いい気持ちになるための決断力を求めていたらきりがないと思う。
    人の役に立つことができたと思える選択肢を選んだなら、それによって多少自分に不利益があっても「まあいっか、これでよかったんだ」と思える。

    ユーザーID:4037755845

  • 目の前の道はいつも二手に分かれている

    私の決定方法を書きます。

    AかBで悩んだら、紙に双方の良い点と悪い点を思いつくだけ箇条書きします。
    3日くらい掛けてもいいです。

    書き上げていくと、自分の中で優先事項が決まってきます。
    そうやって決断すると、十分吟味した結果ですので受け入れられます。

    ユーザーID:5104622107

  • 私は変えられないことは、良い視点からしか考えません

    たとえば、私がトピ主さんなら、知っているお母さんや友達がいなくて寂しい→
    新しいママ友が友達がたくさんできるから嬉しい、
    通うのが面倒→意識しなくても運動ができるからラッキー、
    造形の作品がイマイチ、運動会やお遊戯会のイベントがイマイチ、
    先生があまり子供を見ていない→子供の自主性を重んじているから、
    のびのび過ごせるという風に考えますね。

    ユーザーID:0717619589

  • コツはありません

    後悔しない決断なんてコツはありません。トピ主さんは単に自分の決断に自信がないだけです。レストランで料理を選んでも、他人の注文した料理が気になるような性格ではないでしょうか。自分の選択に自信がない、つまり目利きでないということです。そういう人は、例えばどんなに素晴らしい出来のバッグがあっても、ブランド品じゃないと有難がらないのではないでしょうか。見てくれに影響されすぎたり、見栄っ張りな性格なのです。それを変えない限り、一生後悔すると思います。

    ユーザーID:8257712501

  • 良いところを見て

    トピ主さんの決断で正しかったと思いますよ。やはり子供にかかわる先生が親にとって信頼できるという第一印象は大事です。
    成人した子供がいますがいろんな学校や先生とかかわってPTAもやりましたが、第一印象が良いというところはいい感じでした。
    将棋の羽生さんの「直観力」という判断力を鍛える本も参考になりました。
    何を優先するか、その優先したことを大切に良いところを見てあげてください。
    これからも同じことの繰り返しです。情報を集めつつも、冷静に客観的に判断するといいでしょう。

    ユーザーID:0301542149

  • 欲張り

    トピ主さんは決断下手なわけではありません。
    欲張りなだけです。

    幼稚園の件だって、別の園に通わせたら「園丁が広い方にしておけばよかったなぁ。今の園は子供もちゃんと見ていない感じがするし」と思うだけです。


    トピ主さんは欲張りで、全てのものを手に入れたいのです。

    なので、決断上手になるには、欲張りの心を改めるしかないです。
    それは「現在の状況をあるがまま受け入れる」ということです。

    それができない限り、これからも同じ心から逃げられないでしょう。

    それは決断が上手・下手という問題ではなく、欲張りの心から来るものだから。

    ユーザーID:7107638666

  • 秘蔵のマニュアルを公開

    人生は、選択と決断の連続です。
    選択と決断は、公私に亘り悩むものですね。
    情報が古いのですが、ノウハウを紹介します。
    以前にリーダーズダイジェストという月刊雑誌がありました。

    愛読していたのですが、日本では時代の流れということで、
    廃刊になりました。再発行の動きがあるようですので、期待
    しています。英語版は、他の国で出版されています。

    プライベートや仕事に活用できますから、ご自身で改善して
    お使いになったらと思います。
    (1983年6月号抜粋)
    選択に当たり、次の項目をチェックするとベターと紹介され
    ていました。私は、これにより随分と仕事がスムーズに処理
    出来たと思います。

    1 プラスマイナス、興味深い
    2 あらゆる要素を考慮する
    3 何を最優先するか
    4 成り行きや結果を予測する
    5 狙い、目的、方針の再確認
    6 代案、可能性、選択の幅
    7 他の視点から見る

    以上を問題や課題の難度に応じて使い分けます。
    私の補足追加
    8 感情を排し、理性を優先する
                        以上

    ユーザーID:7477479626

  • 選択の基準

    「どちらがより良い選択か」
    ではなく、
    「どちらがより面白い選択か」
    で選ぶ。

    ユーザーID:6097749965

  • 無理だと思う

    トピ文からの限られた印象ですが、
    あらゆることにあら捜し、欠点捜しをして
    ダメだしをしなければ気がすまない性格のようなので、
    満足する決断というのは不可能だと思います。

    長所ではなく、欠点ばかりを数え上げるのは
    いまさら変えようがない(と思う)ので、
    この先どう決断しても、常に不満を抱えた人生なのだ、
    と覚悟したほうがいいと思います。

    ユーザーID:6556137692

  • 後悔ねえ。

    私、あんまり後悔しません。
    後から振り返って、あっちを選べばよかった、そう思ったことはありません。
    でも、失敗はたくさんあります。

    思考のクセというか、後悔して「あのときこうしていれば…」と思いたくないので、
    「あー!失敗した!やっぱキツかった、でも勉強になったから次は絶対失敗しない」、そう思います。

    何をするにしても、どんな選択をするにしても、得るものはたくさんあります。
    そこで生まれる出会いがあります。知識もあります。
    その偶然が、ぜんぶ全部自分の身となるんです。

    いい事だけおこる人生なんてないってこと、後悔ばっかりしている主さんだったらよくご存知でしょう。

    後悔じゃなく、失敗。
    失敗は多くのものを学べるものだし、また、取り返せるものだとも思います。

    っていうのを、昔付き合っていた超ネガティブ彼氏にいつも説教していたら、浮気されて振られました。
    ま、これも人生の失敗ですよ(笑)。

    ユーザーID:4729521393

  • 損か得か?

    損するかも……って考え方、あまりしたことがないです。

    私のように行き当たりばったりな人生も、あまり胸をはれるもんじゃあございませんが。

    人の役に立つこと について書かれているレスがありましたが、読んでいて気持ちのいいものです。そういえば私が今の仕事を選らんだ理由も どうせなら人様のお役に立てるもので というきっかけでした。そこでの内部事情は【幻滅するようなご都合主義】でしたが、お客様相手の仕事なので、ニーズがある限り退くこともできず、時々仕事しています。

    が、後悔はないですね。これも人生経験 と、そんな一幕もありか……といった感じです。

    幼稚園が遠いとのことですが、お子さんは中でお友達、作りますよね。その邪魔にならない為にも園に対するネガティブ思考はやめられた方がいいかと思います。

    ちなみに煩悩とは【欲】と【迷い】と【怒り】の三つのことだそうです。
    決めたら無心で取り組んだ方が楽ですよ。どうしても嫌なら転園したっていい話ですけどね。そこまでの大差はないんですよね。

    ユーザーID:5753271898

  • 自分の決めたことを「最善の決断」だったと思えるように努力する

    私は決断は早いほうだと思うし、ほとんど後悔しません。普段の買い物から大学・学部選び、就職、結婚などの大きな決断まで。後悔しないコツがあるとしたら、レスのタイトルに書いたようなことを心がけていることだと思います。もちろん、努力してもどうにもならない場合もありますが、その時は事態改善のために「新しい決断」を下すことになるのでしょう。

    仕事柄、見知らぬ人からの相談を受けることがあります。私と同じ仕事に就く方法を尋ねられる他に、専門分野に関連した人生相談のようなものもあります(私の仕事は人生相談を受けることではありません)。

    相談してくる人たちの共通点を挙げるとしたら「何かを決断する際に失敗したくない」という思いが強く、「今の自分に最適・最善のものがあるはず。だから、それを選びたい」と考えていることかもしれません。仮に「最適・最善のもの」を選べたとしても、「最高の結果」を得られるかどうかは自分次第なんですよね。

    トピ主さんの書かれた幼稚園の欠点(?)の中には、今後は欠点でなくなるもの、トピ主さんの考え方次第で欠点でなくなるものがありますよ。気付いていらっしゃいますか?

    ユーザーID:0281119152

  • 勘を頼りに、自然に任せる

    今までの人生の決断で、後悔をしたことは一度もありません。やりたくないことはやってこなかったし、お気楽人生といえるかもしれません。

    私の場合は、家族にも言われますが、勘が働くので、勘を頼りに物事を成るがままにさせておいて、それでいろいろが自然に決まっていくというパターンが多いです。もちろん客観的な事実も考慮に入れますが、自然の流れというか、自分の内側から欲していることを大切にしています。

    その選択は、自分の利益だけではなくて、家族や周りの人たち、ひいては社会にとってもプラスになることだとの、楽観的な考えが基盤にあります。

    ユーザーID:8224333453

  • トピ主です。

    みなさんご意見ありがとうございました。
    みなさんのご意見を頂きながら色々考えていました。

    恥ずかしい話ですが最近どちらの歯医者に行くかでも散々迷いました。
    一度行って良かった、予防にも力を入れていて安心だけど遠すぎる所か、超近くの行ったことない、そこそこ評判は良い家庭的な所にするか。結局お医者さんがよく話を聞いてくれて感じ良かった遠いところにしたのですが、虫歯の治療のつもりが親知らずを抜くことになってしまいました。抜歯するなら何となくそちらでやりたいと思っていたので良かったのですが、抜いた後すぐに家に帰れる距離じゃないので途中口の中が大変でした。そして一週間たっても痛い。前はそんなことなかったのに。抜歯自体も割とすぐに済んだのに痛い。

    そこで思いました。
    結局想定外の出来事って起こるものなんですよね。
    抜くの上手そうと思って行って実際そうだったと思うけどその後が意外と大変だった。親知らずを抜いたら楽になると思ってたらそうでもなかった。

    そんなこんなでこういう事はどっちもどっちなのかなあって思い知らされた気がします。

    ユーザーID:6889396870

  • 後悔することに必要以上の罪悪感を持たないこと

    程度の差こそあれ、後悔は誰でもするんじゃないかなぁ?
    選んだのは自分だと言う認識とか、責任感、そして失敗だとすればそこから何かを学ぼうとする意思、そう言うのがあれば、それはそれでいいと思います。

    ユーザーID:1221735105

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧