国際結婚 3ヶ国語

レス33
(トピ主8
お気に入り61

妊娠・出産・育児

jfd

ドイツに在住です。夫はフランス人、私は日本人の国際結婚です。今年の9月から長男は小学校に入学予定です。
が、ドイツの役所からはsprech Foederschule(言語支援学校)をすすめられました。学校の位置づけとしては特別支援学校のような位置にあります。3カ国語なので言葉の遅れは覚悟していました。知能はよいほうだと幼稚園からいわれています。が、どうしてFoedershuleなのか納得がいきません。知能に問題がないのであれば普通の小学校で問題ないのではないかと思っています。もちろん学校に通いながら言語療法は必要かとおもっています。このfoedersculrに2年間かよい、その後普通の小学校に変更できるといわれています。がFoederschuleというのはやはり抵抗を感じています。いまからフランス語のインターナショナルスクールに変更した方がよいのではと検討中です。
というのも、ドイツの小学校は9歳ころに進路がきまります。そのときにドイツ語が劣っていることによって進学先が狭められる可能性があるからです。私たちの母国語でない学校のシステムを使うのか、もしくはフランスのシステムでゆとりある教育制度を使用するべきなのか、いろんな面から悩んでいます。
この言語支援学校から普通の小学校に変更できるというのを信じて良いのでしょうか。

ユーザーID:6524039942

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 在仏で4カ国語環境です。

    子供の教育には、頭が痛くなりますね。お気持ち、よく分かります。

    うちも下の娘が去年小学校に入学しましたが、大変悩みました。
    4カ国語環境なので、言語の遅れが著しく、現地幼稚園では知恵おくれ扱いでした。
    幸い、良いスピーチセラピストに出会い、小学校はうちの状況を良く分かっているインターに入れて半年ほど経ちましたが、
    他の子供よりは少々遅れていますが、普通にフランス語で読み書きが出来るようになり、日本語や夫の母国語もまあぼちぼちといったところです。

    そこで本題ですが、もしトピ主さん家族がドイツに永住ではないなら、お子さんはフランスのインターに入れた方が良いと思います。
    言語を減らす事で子供の負担を軽く出来ますし、ドイツの学校のシステムに入れてしまうと、最悪の場合、トピ主さんが懸念されているように進路が狭められます。
    私の知り合いの娘さんがドイツ語圏スイスに10歳のときにフランスから引っ越し現地の学校に入ったのですが、ドイツ語がいまひとつのびなかったため、11−12歳の
    学校仕分けのときに職業グループ(?)に入れられてしまい、スイス国内ではもう大学に進学できなくなりました。最悪です。

    ユーザーID:3493171662

  • 何言語を目標にお子様の将来をご希望なのか?

    私も在独18年、娘15歳、息子13歳の母、主人は英国人です。

    お尋ねですが、お子様はどの言語の幼稚園に行かれ、自宅ではどの言語を第一、第二、と決めて過ごしていらっしゃるのか、それは将来を考慮しての選択だったのか、と言うことをお聴きしたいです。
    我が家は日本で出産、育ったのはドイツですが、幼稚園まではドイツ語、そして小学校からはEUの学校、英語科に通っています。子供たちの成長に見合う考慮した末の選択でした。
    幼卒の頃は3年間の独語生活により病院での1時間に及ぶ言語・知能テストでも現地学校に通えると言う証明書を頂きました。しかし、我が家は既に英語を第一母国語(とは言え私からの日本語の影響は多大でした)とする教育を考えていましたので躊躇なくEUの学校に入れ、今英語科で約8〜10年の生活をしています。将来、娘は英国の大学に、息子は独語の大学に進学したいとの意向を子供たちから聴いています。

    仏学校がゆとりがあるのか、等本気でそう思っておられますか?正直EUの学校では色々な言語科がありますが、特にそうは思いません。英、独、仏似通った物です。

    続きます。

    ユーザーID:2691712460

  • 今はどうですか?

    こちらの国も9月から小学校です。

    うちの息子2歳でようやく言葉を話し始め今は
    自宅では現地語と日本語を使って学校では英語なので3カ国語話します。

    ドイツ語はできるんでしょう?
    できないならば支援学校がいいかと思いますが
    問題なくできるならば普通の小学校でいいとおもいますよ。

    あとドイツ教育じゃなくてもいいと思っているなら無理してドイツを選択しなくてもいいと思います。
    ただずっと永住するならやっぱりドイツ教育がいいのかなーとは思いますけど。

    ユーザーID:0379223625

  • 続きます

    知能はあるのに言語問題でパスしなかったからと言って、1〜2年遅らせる、ということがそれ程気になる物でしょうか?正直ドイツでは当たり前で、特に7月以降の誕生月のお子さんは1年遅らせる、というご両親が多いですよね?廻りに4月生まれのお子様を留年させたご両親もいらっしゃいました。

    子供にはそれぞれ、発達段階と言う物があります。
    その中には勿論言語の遅れ、というのもあるのです。(ただ、言語の遅れは取り戻すのにそれほど時間が掛からず、小学校4年位にはほぼ問題は解決するのですが)それでも、絶対日本のシステムのように上がらせて行きたいのでしょうか?どうも、それは親のエゴのような気がしてなりません。

    何よりお子様の発達状態を良くお考えになって下さい。
    1、2年の留年はどこのお子様でも大学までに経験することです。子供が望んで長期間留学する、とか未だにそれぞれのお子様方には思いがあって、何年かの修行の旅に出る子もいます。
    それを考えたら、人生のたった何年間なんて◯秒の一コマに過ぎませんよ。

    幼稚園からのアドバイスは意外と的を得ていますよ。幼の中でと家でのお子様の様子は違いますから。よくご考慮下さい。

    ユーザーID:2691712460

  • フランス語のインターナショナルにした方が良い

    と思います。
    我が家にも2人の子供がいます。現在は2人とも大学生ですが、家では皆日本語を喋っています。
    親切な知り合いのアドヴァイスもあり生まれてすぐにカトリックのミッションスクールに入学希望の登録をしました。幼稚園にも通っていたので現地語は分かって
    いましたが現地の子達と差がありました。幼稚園の先生から大人しいので、小学校
    入学前に1年プレスクールに通ったほうが良いとのアドヴァイスがありましたが、
    入学願書を出してるミッションスクールに入学させました。結果、大正解でした。
    トピ主様のお子様は頭がいいとお見受けしましたので、FOEDERSCHULEに行くよりも
    フランスのインターに入学されてはいかがでしょう。移民が多いので母国語が違うと
    現地語コースを習得してから入学ってお決まり?がこの国にもあります。
    私はのほほーんとして現実が分かってなかったので、そんなコースは要らないわって
    思って、考えを曲げなかっただけです。(昔はそれで通りました)

    ユーザーID:6670406781

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 匿名さん れすありがとうございます。

    レスありがとうございかす。
    我が家はいまのところドイツ長期滞在予定です。その点からも悩んでいます。
    確かに言語を減らすという点から考えた時にフランスのインターナショナルスクールは良いのではないかと思っています。
    子供にとって外の環境が母国語としてふさわしいのでしょうか?
    ネットで多言語についていろいろ調べて見ました。母国語をきちんと形成させることが大切だとおもっています。

    家族の会話はフラ語、日本語の両方が可能な家庭環境です。

    ユーザーID:6524039942

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • ギムナジウム

    支援学級と言うのはショックですね。でも現地小学校に入れることが可能なら入学させてみて、それでダメなら支援学級に転入すれば良いのでは?

    ドイツの入学年齢は5−6歳ですよね。日本の6−7歳より1年早いし、月齢が遅ければ5歳になって間もない場合もあります。そこで両親が非ドイツ語の家庭なら言語が遅れて当然です。

    ドイツはギムナジウムに入れないと将来が厳しいので、ギムナ入学をとりあえずの目標にして、言語発達を促すよう日々心がけてみたらいかがでしょうか。知能に問題が無いのですから、じきキャッチアップできると思います。

    10歳での進路決定は無試験、親の希望が優先されると聞きました。ただ、学力の低い子が親の意向でギムナに入り、学業に付いていけない場合が多いので、入学後2年間はレアルなどに転校できるそうですよね。とりあえずギムナに入れて、2年でヤバいと思った時に、リセに入れなおしてもまだ12歳なのでやり直せると思います。

    やる前からダメだと決めつけずに、まずはお子さんの可能性を信じてみたらいかがでしょうか。

    ユーザーID:8521635923

  • インターを勧めます

    ご家庭での夫婦の会話がフランス語なら、フランス語のインターがいいと思います。

    うちは、夫(独)、私(日)、夫婦間は英語で、
    夫→子 はドイツ語
    私→子 は日本語
    です。子供はドイツの幼稚園でしたが、ドイツ語が伸びず何度も先生からこのままだと大変なことになると言われました。勿論、発達検査や知能検査を勧められました。
    日本語は日本人の子に比べると1年は遅れていました。

    結局、悩んだあげく英語のインターの小学校へいれてみました。そしたら、入学して3ヶ月もしたら学校で生活に困らない英語力がつき、半年したらもう英語の絵本は読むし、友達ともぺらぺら英語で話しています。
    入学時はまったく英語はわからなかったのに、親の英会話を聞き流していたのが頭に入っていたのか、さーっと吸収しています。同時になぜか、ドイツ語もいきなり伸びました。
    日本語もここにきて日本人の子とほとんどかわらないレベルになりました。
    欧州の非英語圏にいますが、現地語も必修でたまに習っていますが、これもぽちぼち話しています。

    親が夫婦間で使っている言葉をメインにするのが一番いいと思いますよ。

    ユーザーID:5714964826

  • 偏見があるからでしょう

    在仏で大学1年の子の母です。息子が4歳の時、現地幼稚園でフランス語が遅れているといわれました。
    息子は3歳まで夫も日本人なのでほぼ日本語のみでした。遅れているというより始めたばかりなので、時間が解決してくれると思いました。
    でも、息子に対して偏見を持った教師が担任では、先が思いやられるので幼稚園を変えました。そうすると、1年後には担任から、他の子より早く読み始めていると言われました。
    多言語を持っている子供には、子供自身のリズムがあり時間も必要だと思います。
    息子は小学校で1学年飛び級し、中学で1学年同じく飛び級しました。
    今、16歳で理系の大学1年です。あの時幼稚園を変えて良かったと今でも振り返って思います。

    お子様の進路ですが、フランス語のインターをお勧めします。
    その方が、お子様の将来に有利だと思われます。

    ユーザーID:1847064418

  • カナダです

    こんにちは。
    私の息子はカナダにあるドイツインターナショナルスクール(学園)に通っています。
    息子は4歳の時に幼稚園から通っています。
    私の夫はドイツ系カナダ人で、英語とドイツ語を話します。夫は私と息子には英語で話し、息子がドイツ語で話すとドイツ語で息子と話します。息子は日本語とドイツ語と英語の3ヶ国語を話します。
    3歳の時、英語も日本語もあまり話せなかったので、一年間英語のプリスクールに行かせました。その後この学校に入学しました。
    今では(9歳)ドイツ語の読み書きは充分できます。ここはケベック州なので、フランス語もしっかり教えていただき、意味はわからなくても読むことができます。英語は自分で読むようになりました。夏は仏語のキャンプに通わせます。
    日本語は、読み取りが抜群なのですが、漢字はやはり難しいです。
    この学校に入れたのは、ここの公立の学校がひどく悪いのと、夫がドイツ系だだったからで、そうでなければ、英、仏のバイリンガルの学校にいれていたと思います。親のどちらかがドイツ語ができなければ、私は息子をこの学校に入れなかったと思います。ここの環境は主に仏と英語です。

    ユーザーID:3443728638

  • 競争率は?

    フランス人のコミュニティにいるので、同じようなケースを沢山見てきました。
    フランスのインターという答えになると思いますが、競争率は大丈夫ですか?
    トピ主さんのお住まいになられている都市は、どちらでしょうか? それがわかれば、もっと具体的なアドバイスができるのですが。。。。

    仏仏カップル、独仏カップルが多い都市にいると、フランスのインターの競争率は高く、片方がフランス人であっても入れないことがあります。両方の親がドイツ人でも、フランス語を学ばせる為に、フランスのインターに入れる親もいます。そのため、子供の学力のレベルが高くなります。
    遅くならないうちに、仏のインターにコンタクトをとられてはいかがですか?

    子供は最初、ドイツ語ができなくても、学校に入れれば、3ヶ月もすれば問題ないそうです。ドイツ語にもたくさん、フランス語、ラテン語がまざっておりますし。ドイツ語が習うのが嫌にならないように、とにかくいい先生、環境を作る事が大切だと思います。
    ゲーテの青年向けコースにでも入れたらどうでしょう?

    ユーザーID:3075689278

  • 皆さん返信ありがとうございます

    皆さんのご意見読ませていただきました。まず、年少の1年間、子供はフランスでフランスの幼稚園に一年間通っていました。私の体調が悪く義理の両親の手伝いが必要だったのです。その後5歳以降になってからドイツには戻りドイツの幼稚園にかよいはじめました。そのせいもあり、3カ国語環境で私たちの母国ではない言語の習い始めが遅くなってしまっています。フランスのインターに入ることで多少言語環境を変更することに私は躊躇しています。

    こおり様> 私自身は1年の遅れはたいした問題ではないと思っています。上記にも付け加えたように幼稚園への通園期間が短いことからです。が、主人がドイツのシステムに不満を感じています。本人自身、10歳までは成績が悪かったそうです。そのあとに勉強をしてエンジニアスクールに入学できたと言っています。ドイツのでは10歳で進路が決まるのでその年までにそこそこ勉強ができないと進学に困難が生じることを恐れています。私は自身も10歳で決まりかけてしまうのは、不安です。

    ユーザーID:6524039942

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • Kiwi様

    ドイツ語はできます。が、文法的な部分と発音に少し問題があるとの指摘を受けています。また、言語支援学校へ勧められている理由として、フランス語と日本語であり、ドイツ語とは異なる言語のためです。これはドイツ語のテストをした結果でもあります。このテスト一時間ほどかかりました。現在も、言語療法には通っており、小学校に入学前には終了予定です。

    ユーザーID:6524039942

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 遅くなりました。

    返信を頂いていたのに、気付くのが遅れてしまい申し訳ありませんでした。

    さて、レスを読ませて頂きましたが、ご主人様としっかりお話し合いをされた上でココでトピを立てられたご様子。そうですね、それだけ仏人のご主人様がドイツ教育に納得されていないのであれば、フレンチスクールにお子様を預ける、と言う方法をとられた方が良いかもしれませんね。
    あまり信用出来ない教育環境に子供を預けるようなことはしないにこしたことはありません。

    ただ、私がお聴きしたいのは、将来どの言語を主言語となさるのか、です。我が子供たちは英国の学校に入れても全く問題はありませんが、もし今ドイツの学校に入れるならば?と想定した場合、1年遅れるのは必至でしょう。日本語に至っては書くことはなかなか難しいです。

    EUスクールは、英語科、独、仏、スペイン、蘭、伊等ありますが、高校からは例え英語科でも半分の教科はドイツ語での授業です。私の友人はフレンチスクールに通っていますが、やはり独語はマストだと言っていました(仏学校が独語に厳しいように思いました)。ただ、どのお子様もやってのけていることです。

    そう、学校を参観されては?

    ユーザーID:2691712460

  • 隣国人さんへ

    支援学級にはすでに一度見学にいっています。そのときは、外国人のためという考え方が全くできず、知能遅れに伴う言語障害のため学校なのかとおもっていました。が、そうではなくて外国人も含めてドイツ語の強化学校だと見方もできるんですね。
    その視点からも支援学校をもう一度見学して見る予定でいます。3ヶ国語で現地の幼稚園が2年、さらにフランスの幼稚園に1年通園していたのはやはりドイツ語の強化が必須なのかもしれません。

    ユーザーID:6524039942

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • AAさんへ

    普通の小学校に入学は可能です。ただ、言語療法士さんからはドイツ語は少し時間をかけて勉強することを勧めるといわれています。普通の小学校に通って途中で学校を変更することは子供にとってもストレスになる可能性が高いのではないかとのアドバイスをもらっっています。
    AAさんおおっしゃるように、ドイツはギムナジウムに入ってなんぼといいうイメージが私も主人もぬけません。安全圏をねらってインターのほうがよいのか、子供の能力を信じて支援学校からフランス語系のギムナジウムに入学し継続できるのが理想です。が、この語学系のギムナジウム、レベルの高いギムナジウムなので、小学校でのドイツ語力はもちろん、学力が大切になってくるとがんがえています。ドイツ、フランス両国の大学入学資格が取得できるギムナジウムでもあります。それはインターナショナルスクールも同じ目標になっています。インターナショナルのほうがフォローが手厚いのではないかと想像しています。が、やはりお値段は高めですね。

    ユーザーID:6524039942

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • ドイツの事は分かりませんがレスします

    将来はドイツとフランスの大学入学資格が欲しいという事ですね。
    ドイツ語もそうだと思いますが、フランス語は書くのは難しいですよ。
    とにかく文系、理系でもフランス語力は大事です。
    試験の解答も穴埋めや選択ではなくて論文形式が多いですから。

    家の子は飛び級を二年しましたが、フランスは高校卒業資格があれば大学に入学できます。
    ただしグロンゼコールや医学部等に入るとなると全く違います。
    バカロレアを取得している時点で、2年留年して取得、2年飛び級して取得した子供では年齢が違いますが、条件は同じです。
    グロンゼコールや医学部等の初年度の入学試験を失敗した場合、次年度に再挑戦しますが、翌年も失敗した場合飛び級しているからまた来年受けられるという事はありません。

    ですからフランスの高校卒業資格を取るにあたり留年は気にされなくてよいと思います。

    トピ主さんのお子さんはドイツ語だけが問題なのであれば長期の休みなどに学校の補修をされたらどうでしょうか。
    親が教育熱心ですと両親がフランス人で子供さんが出来ないわけではないのに、家庭教師をつけている家庭はとても多いですよ。

    ユーザーID:3263466871

  • 学費について

    お子様はフランス国籍をお持ちですよね?でしたらフランス政府公認の在外フランス人学校でしたら奨学金が給付されると聞きました。金額は各家庭の収入などによって違うそうです。
    またフランスに近いドイツにお住まいでしたら、フランスの公立高校は寮がありますので、小中は地元のフランス人学校、高校から寮に入れる、にすれば学費を抑えられます(週末は閉寮しますので皆家に帰ります)。またはご主人様のご実家から高校に通う、など。

    ヨーロッパは案外フランス語を使う国が多いですよね。フランス語が出来ればベルギーやスイスの大学、カナダのケベック州の大学へも進学が出来、選択肢も増えます。スペインも英語より仏語が話せる人(特にフランス寄り)の方が多いですし。

    でも景気はドイツが良いですね。フランスの学校を出ても、特に理系の生徒は仕事を求めてドイツに移り住む生徒が多いそうです。就職して仕事をしながらドイツ語を覚える人も居るそうですよ。

    ドイツにあるフランス人学校でしたらドイツ語の授業もありそうですし、良さそうな気がします。
    一度学校見学に行ってみたら如何でしょうか。

    ユーザーID:5047299571

  • とりあえず、インターの申し込みを。

    最初にレスした者です。

    決定するのは後にしても、今すぐ仏系小学校に願書を提出した方が良いですよ。
    アトランタさんがおっしゃっているように、人気があるのでしたら、もうCPに空きはないかもしれません。フランスの学校は3月に願書を出すのが普通ですから。

    独/仏両国の大学入学資格が取れるというのは、IBのことでしょうか。ヨーロピアンバカロレアということですね。ひとつ知っていただきたいのは、フランスのバカロレアを普通に取得しても、(その国の言語ができるという証明があれば)ヨーロッパの大学は割合どこでも入学できるということです。後は専攻によって、バカロレアをサイエンス系にするか経済系にするかなどの違いです。後は高得点かどうかも重要ですが。

    もしヨーロピアン/インターナショナルバカロレアを取得できる高校に入学できなかった場合、お子さんが普通のギムナジウムに行って大学入学資格を取得できればよいですが、最悪、職業高校に行かなければならない場合、それからリセに入ってバカロレアを取得する事が果たしてできるかどうか。フランスのバカロレアも大変ですよ。

    ユーザーID:3493171662

  • 子供第一に

    結局のところ、お子さんの母語をどの言語にするか、
    学習言語を何にするか、親がきちんと考えてこなかった結果だと思います。
    3言語環境なんてただでさえキツいのに。

    多言語環境に適応できて、知的活動面でもついていけるかどうかは、
    子供の適性によるところもおおきいのです。
    学校に入る段階になって学校側から足りない部分を指摘されるまで、
    親がそれに気づかなかったということは、トピ主さん達夫婦が、
    子供の言語面でのケアを怠ってきたということです。

    一番気の毒なのは子供です。
    フレンチのインターに通う云々ではなく、子供の負担のない環境に家族で転居する
    ことをなぜ考えないのでしょうか。欧州内だったら転職も当たり前のことですし、
    絶対にドイツにいなければならない理由はないと思うのですが、いかがですか。

    今の状況だと、セミリンガルになってしまいます。
    生まれながらに備わっている知能は劣っていなくても、これから身につける
    知識や複雑な思考能力が育たなくなってしまいますよ。

    ユーザーID:6934321025

  • 2度目で失礼します。

    お返事ありがとうございます。すでにいろいろな可能性を調べきって、その中でベストの選択に悩んでいらっしゃるようですね。

    ドイツではギムナ以外は大学進学ができませんので、ドイツ人の多くは大卒者(ウニ)ではありません。一方、レアルシューレから単科大学を出れば、いわゆる日本での一般大学卒くらいの扱いを受けられます。ドイツで大卒だと専門職か幹部候補しか職はないので、これはこれで職探しが大変らしいですが。

    ギムナは入学後、塾などのサポート環境がないまま全ての教科を落とさずに進級し、卒業試験をパスしないといけませんが、日本のセンター試験程度だそうです。

    要はギムナで合格点を取り続けられれば、卒業試験は大丈夫だと思います。特別難問が出るわけではなく、しっかりした基礎知識が問われるようです。

    インターは200-250ユーロ/年かかりますよね。ドイツが長い予定なら、現地校が良いかと。グルントは地域によってレベルが変わるので、移民の少ない、ギムナ進学率の高いところ(要は高級住宅街)はどうでしょう。

    お子さんが一人っ子なら3か国語いけますよ。

    ユーザーID:8521635923

  • 言語が人間をつくります!お子さんの母語を決めてあげましょう。

    数ヶ国語環境での子育ては、本当に大変ですね。
    私は在独で、ドイツ人夫との間に二人の娘(長女ギムの6年、次女小学3年)がいます。5年生での進路選択には私も悩まされたので、主さんがお困りな様子よくわかります。
    ドイツは州ごとに教育制度やレベルが結構違うので、できればどの州にお住まいなのかわかると、皆さんもアドバイスしやすいと思います。私はドイツで一番厳しくレベルが高いと言われるバイエルン州の状況でお話します。
    4年生時(4月末まで)での成績(独語、算数、生活科の3教科)でどの学校に進学できるかの許可が出ます。教師によっては親の希望に多少の配慮はありますが、テスト結果がすべてです。テストは結構厳しくどの親もかなりサポートしています。引っ掛け問題(ドイツ語力が問われる)や、未習の問題もかなり出されます。作文は得点が2倍にされ、ドイツ語力への評価に重心が置かれています。ちなみにギムの国語の主要テストはすべて作文論文になります。思うに、ドイツ語でいかに自己表現ができるか?がドイツの学校教育のポイントなのでしょう。
    私は3年生頃から国語のフォローはし辛くなりました。今では娘たちにドイツ語を聞きます。

    ユーザーID:2837347716

  • 言語が人間をつくります! 続きレスです

    普通の知能と勉強に対する姿勢がある子供なら、ドイツの学校でも他国の学校と同様にやっていけると思いますが、両親が自宅でドイツ語のフォローをどれだけしてあげられるかが、かなりネックになるでしょう。それだけの覚悟が主さんご夫婦にあるかです。
    私が算数を日本語で教えた時、娘の不完全な日本語では理解が難しく娘は頭がパニックになったようで、学習のフォローさえもドイツ語に統一せざるを得ませんでした。
    あと、皆さんドイツではギムに行けなければ将来はないように言われてますが、最近では多くがレアル卒業後、2年間補習校に行ってアビトゥーア取得し、単科大学に進学します。最終的にアビトゥーアを取得すれば、ドイツ社会では前途は開けます。
    主さんご家族は、具体的にお子さんがどの年齢になるまでドイツ滞在なのでしょうか?それによっては、本当にドイツの教育で子供を育てるべきかどうかが決まるのではないかな?
    お住まいの地域の役所(学校教育課)に行き、お子さんの学校教育について相談されたらどうでしょうか?少なくとも、その地域の学校システムを具体的に説明してもらい、納得がいった上でお子さんの学校を判断されてもいいと思いますよ。

    ユーザーID:2837347716

  • 親のエゴ

    欲張りなご両親ですね。。お子さんが可愛そうです。日本語は時間的に確保できるかもしれませんが(一般的には母親の方が子供との時間は長いという意味で)、フランス語まで無理に詰め込もうとするのは親のエゴですって。お子さんがConfuseしてドイツ語の理解力が遅れて他のお子さんが経験していること理解できずにいるような状況になってもご自分達の夢を託そうとしますか?我が家も英語圏で夫と私は外国人同士で子供を育てています。うちの子供たちは日本語はその年齢の日本人の子なみに話せますが、それは夫にも大きく協力してもらったからこそです。夫にも日本語を習ってもらいました。家族で会話するのに、夫だけ理解できないのは会話としてなってないと思うためです。夫の言語は将来子供たちが興味を持ったらでいいと思ってます。十代ですが、今まで学校で言語の遅れ、知能の遅れを指摘されたことはありません。下の子に関しては州内でも有名な高校に進学しています。

    「どうせならバイリンガル以上になって欲しい!他のハーフのお子さんと差をつけて欲しい!」と思うのは両親の勝手です。お子さんにあった教育をもう一度見直してあげないと可哀想ですよ。

    ユーザーID:2294896749

  • 追加レスです。(1)

    主さんご夫婦にとって、ドイツの学校教育制度によくわからない点が多くあるがために、不安も大きいようにお見受けします。私自身も長女が4年生時には同じ心境でしたが、現状や情報が把握できるにつれ不安も晴れ、親としてすべきことが見えてきます。
    「支援学校」と言えば、何らかの事情(家庭環境が悪いことが多い)で学習態度ができておらず学力が低い子供のためなのですが、「Sprachforderschule」であるならば、ドイツ語力に支援の必要がある(特に外国人の)子供のためのクラスなので、ドイツ語力をつけるにはとてもよい制度だと思います。
    「ドイツフランス大学資格取得可能なギム」があるのであれば、5年後のそこへの入学を目標に、ドイツの小学校4年間で学力とドイツ語力をしっかりつけてやればよいのではないでしょうか?読み書き計算の基礎と学習習慣がつけば大丈夫です。
    脅かすつもりはないのですが、現実としてドイツでは日本のような手取り足取りの指導はしないので、小学生でも家庭で親が学習内容を説明する必要が多々あります。このため、子供の能力に差がなくても家庭環境によって学力差(進路差)がつくのがドイツの現状です。

    ユーザーID:2837347716

  • 追加レスです。(2)

    主さんのお子さんの場合、両親の母国語でない言語環境での学校教育選びなので大変慎重にならざるを得ないでしょう。子供の成長に従い、親との会話も精神的に深い内容になってきますが、親子それぞれが母国語として使いこなせる言語が異なる場合、どこまで突っ込んだ会話が、そして気持ちを正確に伝えることが可能になるか?ということも考えてくださいね。うちは、次第にドイツ語が血肉になっていく娘たちと、日本語ではもう深い話しができなくなってきて寂しい気持ちがしています。
    あと、お子さんの誕生月はいつでしょうか?ドイツ人でも4年生時での進路選択に不利にならないように、6から9月生まれの子供の場合にはあえて入学を1年遅らせる親も多いです。1年間で子供は随分発達しますものね。医師や幼稚園からの証明が必要ですが。
    字数制限もあり、ちょっと辛口口調になってるかもしれませんが、主さんご夫婦の不信感や不安はよくわかるので、お子さんの今後を見据えていい道が開けますよう、お住まいの地域の学校制度や現状について直接よくお調べになられることを是非お勧めします。ドイツでも絶対の部分もあれば、事情により結構融通が利くこともありますから。

    ユーザーID:2837347716

  • 支援学校を検討中

    皆さんれすありがとうございます。
    私たちはNRWに住んでいます。現在住んでいる場所の小学校はギムナジウムに進学する確率がかなり高いときいてます。
    言語療法士さん、支援学校とも再度話しをしました。言語療法士さんは他の地域の小学校なら入学可能だとのこと。近所の小学校ではドイツ語のレベルが他の小学校より高いためだそうです。また、言語の遅延レベルは半年であること。表現力が少し乏しいとの指摘をうけています。遅延の原因は幼児期の引越し、ドイツ語の学習開始が遅かったこと。支援学校に通っても2年後には戻れる可能性は十分に高いと言われています。が、絶対に戻れるとは返事ができないとのこと。現在母国語が2つのため、ドイツ語については危険要因があるとの判断です。
    また子供のフランス語に関してですが、主人の仕事の関係で、フランスの幼稚園に1年間かよいました。またドイツにもどってくるとは予測していませんでした。私たちが生活していくための仕事の選択でした。そのような背景からフランス語を話せるようになったのです。休みはフランス実家に帰っています。 続


    皆さんの意見を読み支援学校でさらなるドイツ語の強化を

    ユーザーID:6524039942

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 続き

    子供は4月生まれです。幼稚園からは1年のこっても知能的に退屈してしまうとはじめから言われてました。そのため、一年間の延長強くはすすめてきませんでした。
    言語支援学校で話しをした時も母国で話しかけるのが一番だと最近ではよく言われているとアドバイスをされました。とくに母国でない言語を親がはなすと悪いアクセントがつくためよくないこと、文法的な誤りも間違って覚えてしまうからだそうです。
    ドイツの教育システムで行く場合は 家庭でのドイツ語サポートは必須だと思っています。家庭教師も考えています。現在家族の会話はフランス語にしています。言語療法士さんからもそのほうが良いとのアドバイスをうけました。が、どなかもかかれていたように、子供が成長したときのことも考えています。私自身フランス語は母国語ではないことで子供と対でフランス語を話すことにはためらいます。幼児期の引越しはやはりとても大きな影響をうけていることはまちがいありません。支援学校なら家庭内のアドバイスも可能なこと、バイリンガルなどの他言語の子供達が多く通ってきているのを目にしました。

    ユーザーID:6524039942

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 続き2

    2年で戻れない場合は他に問題があるとのこと。悩みすぎずに支援学校での支援をうけ近所の小学戻るのが、子供の学習意欲を失わないための最前策かと。。。。
    ドイツの小学校の実際例ありがとうございす。ドイツの教育システムの実情がよくかる説明でした。学習を続けいくための学習意欲、または不登校など2次的な問題をさけることも考慮したいです。
    3カ国語、とくに両親の母国語が異なる場合は難しいんですね。子供が一人ならインターを選んでいたことでしょう。もう一人ひかえています。

    ユーザーID:6524039942

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 海外での子育て、お互い頑張りましょうね!(1)

    NRW 州ならバイエルン州とは学制や進路選択基準が微妙に違うので、できれば現地のドイツ人保護者と親しくなり、州内の学校制度や行く予定の学校内の様子等の情報が聞けるといいですね。ママ友を作り情報交換できると、後々随分助けになります。
    また、親の疑問や心配、希望などを担任教師に常に相談(批判に留まらないよう建設的に)し、学校と二人三脚で協力してやっていく姿勢をはっきりと見せると、教師側もお子さんにしっかり配慮してくれるようになります。海外で習慣規則が違うとはいえ、相手も人間なのでまずは信頼関係を築ければうまくいきます。バイリンガル児を多く見ているプロの支援学校を大いに活用し、小学校に転校しても基本同じ姿勢でやるといいです。
    子供の学習意欲喚起維持に親が留意してやることは、主さんも言われるとおり大変重要です。図書館に行ったり、本読みを毎日聞いてやったり、必要なら書き取り練習(市販テキストあります)も力がつきます。うちの娘は2年時にドイツ語力不足を指摘されたので(夫の単身赴任で平日家庭では日本語のみだった。)家庭で上記のことに努めたおかげで他のドイツ人の子よりドイツ語表現力語彙力がつきました。

    ユーザーID:2837347716

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧