未経験からDTPデザイナーへ転職希望

レス28
(トピ主0
お気に入り46

キャリア・職場

ごんた

現在、24歳で販売職で正社員です。

学生の頃は美術系の短大で絵画を勉強していまして、
将来のキャリアプランを考え、やはりクリエイティブ系の仕事で食べていきたいと思い、転職を考えています。

在職中はハードな環境(拘束時間が長く、遅番勤務)のため、転職活動ができそうにないので、
9月頃には仕事を辞め、資格学校か職業訓練校でDTPの勉強をしたいと考えています。

また、デザインの専門学校も進路の視野に入れています。
しかし、転職活動では経験を見られると思いますので、
専門学校で数年を使うよりも、パートや派遣で現場の経験を積んだ方が良いのかな?とも思います・・・。

現在、地方に住んでいますが、東京を中心に転職活動を行うつもりです。

将来的に結婚は考えていないので、女性一人で独立した人生を歩んでいこうと考えています。
その場合の人脈作り、技術を磨いて、いつかはフリーランスで働けるような職がいいと考え、DTPを選択しました。

・販売職から未経験のDTPへの転職は企業から見るとどうでしょうか?
・職業訓練校だけでの勉強でも転職活動で通用するでしょうか?
・専門学校に入るよりもパートや派遣で経験を積んだ方が効率がいいでしょうか?

その他、ご意見等ありましたらお聞かせください。
特に女性のDTPデザイナーの方、もしくは経験者の方がいらっしゃいましたら現状や経験を教えて頂けると助かります。

ユーザーID:5442875416

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • う〜ん…

    DTPだけだときついかなぁ…。

    Webデザインも視野に入れた方が良いですよ。
    あと…フリーになるのなら自前でツールを準備しないとダメですよ。

    さらに、結構高価です。
    ”アドビCS6”…二桁万円です(苦笑

    DTPだけだったら、”イラストレーター”と”フォトショップ”が有れば十分ですが、
    Webデザインとなると”CS6”(色んなツールの塊)が必要になります。

    まぁ、フリーで同等のツールが入手できますが、やはりスタンダードツールは持っていた方が良いです。

    ユーザーID:7227587204

  • なめてんの?

    現役ですが。

    めっちゃ忙しいよ?

    販売のほうが楽でしょ。

    DTPなめてんの?

    てかDTPがどんな仕事内容か、わかってんの?

    まあ、やってみたら。

    ユーザーID:9219888246

  • 今の状況

    仕事関係の知人が印刷関係のデザイナーですが大変です。雑誌や広報誌等の休刊や廃止が相次いでいて、仕事の量自体減っているそうです。WEBのデザインもそんなに仕事はないと言っていました。空き時間は全く関係のない職種でアルバイト始めた、とのこと。ちなみに、編集・ライター兼業の別の友人も、仕事減るは、依頼主が倒産して原稿料もらい損ねるは大変で、やはりこちらもアルバイトしています。2人とも、その分野で長年仕事をしてこれた人です。

    この小町でもデザイナーの方々の状況の厳しさ、次の手をどうするか、というトピを見かけます。印刷・活字媒体が縮小しているという全体の状況をふまえての転職希望でしょうか。老婆心ながら書き込んでしまいました。

    ユーザーID:0581042036

  • 他社は判りませんが

    IT関係勤務です。
    技術系部長職でデザイン部門も統括しており、部内採用人事にも携わっています。

    問1:
    若干のマイナス評価です。職歴の短さは当社に勤めても同じ可能性があると考えますし、短期間での進路変更は考えが浅い証明でもありますので。
    ですが、それ程のマイナスではなく、新卒より要注意という程度でしょう。

    問2:
    全く評価しません。
    特に数か月程度の訓練であれば尚更です。
    これは、過去の採用実績に基づく経験則ですので、成功事例がある企業は異なるかもしれません。

    問3:
    どちらとも言えません。
    当社にも契約から正社員になった者がいますが、それは秀でた実力があると認めたからです。
    これを狙うには、過去にその様な採用例がある企業である事と、トピ主さんに他者を凌駕する実力がある事が必須です。

    ちなみに、パート先や派遣先以外の会社への正社員登用を考えているのなら、多くの企業は非正規社員の業務は補佐業務と考え、職歴と捉えない場合が多いと思いますので非常に厳しいかと思います。

    逆に専門学校は就職先を確保しているのが当然ですから、成績次第では良い就職先の斡旋を期待できると思います。

    ユーザーID:6827716268

  • だいじょうぶ

    24歳だったら、まだだいじょうぶ。
    未経験者を育ててくれる企業もあるでしょうし。ただし、「未経験可」というのは、実務経験が未経験ということなので、DTPの基礎は身につけておいて下さい。基礎だけだったら、スクールに一ヶ月〜三ヵ月も通ったら充分でしょう。

    ユーザーID:1652432506

  • 出来る人優先なのは間違いない

    元DTPデザイナーです。
    編集プロダクションのデザイン部署で働いていました。
    私は運よく未経験で入社しましたが(20代後半)、

    ・ちょうどその会社が、 ”未経験可” で募集をかけていたことと、
    ・PCが使えたこと。
    ・フォトショップがかなり使えたこと。

    などが、採用のきっかけになったのだろうと思います。

    そういう所は、即戦力を欲しがります。
    指示して仕事ができるということが必須だからです。
    または、すぐに覚えられるだろう人を選んで取ります。

    技術職ですから、まずは自分で作品を作って持っていくのが一番です。
    面接の時には、その作品をファイルにまとめ、アピール材料にしましょう。

    ・とある雑誌のページを真似てデザインしてみました。
    ・こんな絵が描けるんです (←ポイント高い) など
    ぜひ持っていきましょう。

    また、出来るならこれ必須。
    ・MACが使える。
    ・インデザイン・イラレ・フォトショが使えるとかなりいい。
    勉強してください。

    フリーのデザイナーは結構厳しい業界です。
    よほど使えないと無理。忙しいししねぇ。体力勝負だよ。

    ユーザーID:5759323852

  • 辞めました

    10年前にDTPに転職しました。
    美術を学んだ経験があるなら基本的な構図や
    色彩が備わっているので武器になります。

    しかし、私が学んだ頃からDTPでは飯は食えない時代に
    突入しました。高い学費を払って貰える賃金は800円程。
    思い描いていたデザインの世界とはかけ離れ、スーパーのチラシ
    不動産屋の間取り。

    デザイン性が問われるというより流れ作業でした。
    企業への面接には必ず作品提出があります。
    それは、学校の卒業制作やオリジナルデザインではなく
    実際に仕事に使われた作品です。
    とにかく作品数が必要。

    つまり実務経験がないと雇ってもらえません。

    ようやく、人並みにデザインができ始めた頃にはWEBの世界到来。
    また学費や参考書に投資してHTMLが理解できホームページが
    作れるようになったら次はCSS。。

    もう、ついて行けませんでした。
    現状を申し上げるとDTPだけでは今の時代難しいです。
    WEBも視野に入れた方が現実的です。
    まずは、高い学費を払う前にデザイン業界の現状とWEBの世界を
    調べるといいと思います。

    ネットや参考書を読んで尚、デザイン意欲があれば是非。

    ユーザーID:5825052510

  • DTPよりWEBデザインのほうがいいのかも?1

    DTP系では都内最大手・老舗のひとつの会社に勤めていました。
    ですが、数年前にWEB系の子会社に合併されてしまい、社名はなくなりました…。
    書店を見ればわかるでしょうけど雑誌の廃刊も多く、それくらい不景気が続いています。
    つまり、クォリティの高い仕事は、業界の一握りの人間しか関われないのです。
    今は通販カタログ等の仕事が多いですが、過酷でやりがいも少なく、実入りが悪いです。

    また、キャリア=作品になるので、転職やステップアップ、独立の際には、
    履歴書以上に作品のスクラップが命となります。
    ブラックな会社・事務所にはことかかない業界ですから、下手なところに入れば安月給で酷使されて、
    職歴となるような仕事を何一つできないまま、酷使されて終わり。
    パートや派遣での実績は、あまり有利な要素にはならないです。
    必須アプリとMacが扱えるよというアピールになるくらい?
    転職組み・専門学校卒はスタートから不利ですし、
    クォリティ高めの媒体のデザイン経験が数年とか、何か売りがないと将来的に食い込んでいけないかも。
    つまり、最初に入れた会社が随分その後を左右すると思います。

    ユーザーID:8391498924

  • DTPよりWEBデザインのほうがいいのかも?2

    ちなみに残業代の出る会社等はほとんどありません。
    名目あったとしても、デザインというのは「良いもの」を作るのに終わりがないので、
    (美術系の人ならわかりますよね?)
    残業しようと思えばいくらでもできるわけです。
    なのでやはりサービス残業の温床になってしまいます。
    時間に追われて適当な作品を作っていれば、仕事はこなくなりますし。

    私も会社務めの頃は、毎日終電があたりまえの疲弊した日々でした。
    もっとブラックなところだと泊り込みです。
    業界的にルーズなので、夜10時に原稿が来て、朝提出なども良くある話です。

    フリーになって、SOHOの仕事斡旋のWEBサイトを見てる限り、
    DTPよりWEBデザインのほうが数倍以上の需要があり、金額も高いようです。
    私もWEBのほうで勉強しなおそうかと思いつつのここ数年です。
    WEB系のデザイン業界も過酷といううわさを聞きますが、
    同じ過酷でも、数年実績を積めばフリーとして仕事が確実にあるほうがいいと思います。

    うちはサラリーマンの夫の収入がメインなのでやっていけます。
    フリーのDTPだけで食べていくのは厳しいですよ。

    ユーザーID:8391498924

  • なかなか厳しい

    出版関係で働いています。
    どういうジャンルのDTPをやりたいかにもよりますが、
    現在、出版関係でDTPのみで生きていくのはとても厳しいです。

    DTPは、へたすれば社内に担当者がいたりもするので、
    いきなりフリーは厳しいかと。
    まずは小さくてもどこかに就職なり在宅契約して、
    少しでもコネを作る必要があるでしょう。

    出版関係であれば、フリーは、
    うまさ(デザインセンス及び、正確さ)はもちろん、
    速い安い、土日まったく関係なしで働くようでないと仕事はないです(きっぱり)。
    逆に言えば、この点をおさえていれば、
    出版関係では、フリーであれば使ってもらえる可能性があります。

    出版関係に限定して言えば、DTP職の人は、
    専門用語(PCでなく、編集用語)を覚える必要があります。
    その意味では、専門学校に行くのは有効かと。

    ちなみに、クリエイティブ職にあこがれているということは、
    当然、デザインもできるということですよね。
    取引先に言われるデザインで組む仕事は、少ないと思いますから。
    センスだけでなく見やすさや相手のイメージを形にするのは、
    大変だと思うので、がんばってくださいね。

    ユーザーID:4678423418

  • 若さとやる気が大事ですよ

    まず最初に「DTPデザイナー」という職種はありません。「グラフィックデザイナー」や「エディトリアルデザイナー」です。主様はどのようになりたいですか?

    >販売職から未経験のDTPへの転職は企業から見るとどうでしょうか?
    元々美術系学校だったようですので、やる気があれば問題ないかと。
    >職業訓練校だけでの勉強でも転職活動で通用するでしょうか?
    >専門学校に入るよりもパートや派遣で経験を積んだ方が効率がいいでしょうか?
    とりあえず、アドビの各ソフトが最低限使えれば問題ないです。学校に何年も通うよりも、スクールで2,3ヶ月学ぶくらいで充分かな。

    面接の際には自分で制作した作品があるといいですね。ソフトを使用した物はもちろんですが、手書きのイラストもOKです。

    私は現在在宅でDTPをしています。
    エディトリアルデザインですが、私は雑誌ではなく書籍のデザインが多いです。カバーではなく、中面のデザインですね。
    で、そのまま組版も行うのでDTPオペレータの仕事もします。
    書籍デザインが多いので、組版までやらないとやっていけません。

    主様はまだ若いので、やる気があるなら早い方がいいですね。

    ユーザーID:7233181992

  • 編集屋です。

    教育系の編集者をしています。

    個人のフリーランスで、DTPで生活している人は、確かにいます。が、
    状況は厳しいと思います。ページ単価は、版元の天の一声で決まりますし、
    センスも問われます。(柱周りのデザインなど)

    大規模な仕事は、当然個人では抱えきれないので、法人に依頼します。
    単発本や、小規模な書籍などは、法人といより、個人といった感じ。

    DTP屋(いわゆる組版屋)は、パソコンの詳しくないといけません。
    基本ツールは、Adobeのインデザイン、昔は、QXなどもありましたが・・まぁ、スルーでいいでしょう。
    bookoffや、本屋で立ち読みしてみてください。
    AdobeのHPから、無料体験版もいじってみるのもいいでしょう。

    自宅でできる仕事なので、主婦の副業で活動するのが、理想だと思いますが・・・。

    ユーザーID:0419641707

  • 友人が10年選手です

    ですが、この業界先細りです。
    友人もいつ何があっても驚かないという覚悟で続けています。
    単価の安い中国に仕事を持っていかれているとの事です。

    そういう私もWEBデザイン関係に関わっていますが、こちらも景気はよろしくありません。
    今から20代のお嬢さんが転職してまで入る業界なのか、ちょっと考えてしまいます。

    フリーランスになっても気合と根性でやっていく位の気持ちがあれば挑戦してみてはどうでしょう?
    サラリーを貰って仕事をしたいと思っている人には向かない業界だと思います。

    ユーザーID:7750244542

  • 勉強するのは素敵なことですが

    当方、専門職から専門学校経由でゲーム業界。現在はドロップアウトですが。
    DTPとは違うもののデザイン関連畑で食べてた経験からいうと。

    24歳で販売から転職ですか。いや悪くはないんですが。
    現在の遅番勤務で転職活動が出来ない、という人に勤まる業界とは思えません。

    美術系短大出ドローイングが得意という事なら、専門学校に通ううくらいなら基礎くらい自分で勉強できるでしょう。

    まぁ夢を追うのはいいものです。

    いずれフリーになったら・・・と夢を語るのはそのくらいにして、まず納品しましょうね。

    ユーザーID:6222416333

  • レスします


    トピ主さん、私はフリーで編集・ライターをやっています。友人にデザイン、DTPを生業にしている者が多くいます。出版不況だと強調する人がいますが、私にはそうは思えません。いちばんひどかったのは2、3年くらい前です。いまは毎月コンスタントにいろいろな仕事が来ています。えり好みしなければ、食べるのに困窮することはないと思います。専門学校でも職業訓練でも技術は身につくと思います。以前ほど仕事がたくさんあるわけではありませんが、そんなにひどくもないですよ。

    ユーザーID:1670021534

  • 元々の希望職種なのですか?

    DTPを含めWebデザインも”センス”が必要とされます。

    ただ単に素材を並べて絵にするだけだったら誰にでもできます。
    つまり”フリーでは食えない”ってコトです。

    更にツールを使いこなすセンスも必要になります。

    一度、adobeのサイトへ行って体験版をダウンロードして使ってみてください。
    DTP系だと”Illustrator”がスタンダードツールと言われてます。

    また、件の世界はものすごい勢いで進化しています。
    去年使ってたツールが使えなくなるなんて事すらあります。

    私の知人はその”追い立てられるような状態”に耐えきれず転職しました。


    とは言え、まだお若いですから挑戦してみるのは有りですよ。
    仕事に関しては、あっせんのエージェントも居ますからだいじょうぶだと思います。

    ただ、(上げたり落としたりですみませんが)営業をしつつ仕事はキツイですよ。
    人脈づくりもパーティーや飲み会ですので夜ですし、周りは男性ばかり…よからぬ考えで寄ってくる人も少なくないです。

    ユーザーID:7227587204

  • とりあえず

    美術短大卒、現役、自営業 Gデザイナーです。

    自営になっても納期次第では何日も徹夜する場合もあります。

    >拘束時間が長く、遅番勤務
    同じようなものですよ。

    DTPデザインと、ひとくくりにしていますが、何がやりたいのでしょう。

    作りたいものがハッキリしているなら、
    目標に向かってやるべき事がみえると思うので
    あとは努力のみですが。

    専門学校に行くなら、課題をやる時間以外も、
    関連職種のアルバイトなどやった方がいいかも。

    フリーランス目標なら、使用ソフトウェア以外にも
    PCまたはMACまたは両方のマシンなど周辺機器についても、
    ある程度トラブル対処ができるスキルを身につけてください。

    ちなみに業界によっては、ギャラは驚く程どんどん低下しています。
    中小企業なら正社員でもボーナスないとか珍しくないです。
    今ならフリーではなく正社員でがんばった方がいいですよ。

    年齢的には、経験者で出産後復帰の25〜35歳くらいの人たちも
    就職または仕事上のライバルになってきますね。
    結構厳しい道だと思うけど、
    「ものを作る喜び」がそれに勝ると思うのならがんばれると思う。
    よく考えてみて。

    ユーザーID:6099317621

  • アートディレクター目指さないと

    一生食べて行きたいのなら、デザイナーではなく
    アートディレクター目指さないと難しいと思います。
    お仕事のコンセプトや企画、プレゼンしたり
    撮影や制作全体(予算スケジュール含む)の
    ディレクション業務全般ですね。

    Macが使えて(パソコンにマニアックだと尚良)、
    紙媒体もwebも両方に通じてて
    自分で仕事を作り出す企画力と営業力がないと
    「一生」は続けられません。

    といっても大体はデザイナーからたたきあげてディレクターに
    なっていきます。
    だた、他の方もおっしゃっていますが、デザイン業界
    特に紙媒体は斜陽産業になりつつあり、
    ハロワで聞いてもやめておいた方がいいと言われる位です。
    販売職の正社員ならまだ色々保障ついてると思いますが
    下手なデザインプロダクションに入ると
    保険なし、残手なし、ボーナスなしで実は最低賃金以下で契約してた!
    って事もありますし、事務所に泊まりになったりも普通にあります。
    販売員の拘束時間よりはるかに拘束時間長くなる可能性が高いです。

    トピ主さんは短大で絵画やってたなら
    イラストレーターとかはチャレンジしないんですか?
    (って、コレも厳しい仕事だけど)

    ユーザーID:2736326262

  • 職業を見誤っていませんか?

    書籍編集者で、社員採用にも関与しています。

    トピ主様のトピックスを読む限り、職業としてのデザイナの業務内容を間違っているように感じます。DTPは単なる道具で、誰が使ってもいいのです。資格も免許もいりません。

    質問にお答えします。

    弊社には販売業から転職した社員がいます。前職が何かは特段の問題ではありません。異業種出身の方は歓迎です。

    弊社では、職業訓練や専門学校での教育は特段の評価はしません。美大出も同様です。

    弊社では、近傍業種のパートやバイト経験は職務経験に含めません。単なるフリーター期間です。

    先日、弊社の書籍を見たとのことで、縁を頼って某有名事務所デザイナが営業に来ました。その本の編集担当に「デザインの問題点」を指摘していましたが、デザインは編集担当が自分で行ったものでした。つまり、実施者本人に問題点を指摘していたわけです。コンセプトや色使いなど多岐にわたりましたが、編集担当の海よりも深い洞察に比べれば、薄っぺらな指摘としか言いようがないものでした。

    当然ですね。本作りの終盤のわずかな期間だけ、デザイナは仕事に関わるだけですから。

    ユーザーID:9342808285

  • 具体的にどういう事をしたいのですか?

    DTPというと、デザインというより組版、印刷に詳しいオペレーターというイメージ、
    デザイナーもDTPを使いますが、それはデザインを表現するツールでしかないので、
    重要なのはソフトが使えるかよりも、デザインセンスや表現力です。

    私はグラフィックデザイナーを10年程しております。
    面接もしていますが、学歴はほとんどみません。
    確かに今まで畑違いの仕事をしている方が来ると不思議には思いますが、
    それだけの行動力、やる気を人一倍感じる時もあり、さほど問題ではありません。
    やはり一番参考にするのは、面接時に持ってくる作品です。
    うまいか下手かより、その人のデザインセンスを見ます。
    ソフトの使い方などは働いていれば嫌でも数ヶ月で覚えるので、そこはあまり気にしませんが、
    センスのいい人はソフトの使い方がおぼつかなくても作品を見ればだいたいわかります。
    あとはその人の人となり、性格ですかね。
    これから一緒に働く仲間として、楽しくやっていけそうかっていう所は結構大きいんですよ。
    いくらセンスが良くても、気難しそうな人や、やる気が感じられない人などは採用しません。
    まずは作品をたくさん作ることですかね。

    ユーザーID:8028048766

  • 夫がDTPデザイナーです。1

    私はデザイン関連ではないのでどこまでがDTPなのかは曖昧ですが、夫はDTP経験者かつ現職です。
    今の職場は紹介予定派遣から契約社員を経ています。
    途中、全くの別業種で働いていた期間もありますが、15年以上前から生業としています。

    夫曰く、デザイン学校を出ていても使えない人は使えない。そうです。
    3つの会社を経験していますが、どれも印刷会社です。
    印刷会社で求められるのは基本は早さのようです。
    知識が無い人は色々悩んだりして作業工程が多くなって遅くなるし、知識があっても必ずしも早いとは限らない。
    経験があれば前はこんな感じだった、この色で出すと印刷でこう出るから色調整が必要とか色々あるみたいです。

    デザイン学校を卒業して新卒から3年働いている方がいるそうですが、遅い!なんでか知らないけど遅い!と良く言っています。
    夫は経験者として派遣され直接雇用に至ったのですが、それまでに3人お断りしたそうです。
    未経験から採用した方もいらっしゃるようですが、難しい仕事は任せられないらしく、かなりの量が夫にまわされるとか。

    ユーザーID:6325108870

  • 夫がDTP2

    私はパソコンに比較的強いので職業訓練のDTPを受けようかなーと相談した事がありますが、
    『俺みたいにバリバリ印刷会社のDTPは難しいよ。どこかの会社のメイン業務の片手間にDTPを扱うくらいなら余裕でできるようになるんじゃない?』
    と言われました。
    DTPとして食べて行きたいのであれば修行から始める気持ちで。
    夫世代の人だとパソコンに頼らずにやってきた経験もあるようですが、最近の人はパソコン頼りだし出来ないことが多すぎる!ようです。

    ちなみに夫のお給料は正直良いほうではありません。
    夫曰く印刷会社なら良い方だよー。らしいですが。

    デザイン関係に行くと更に酷いのでは?
    知人(夫の友人)がデザイン・開発の会社に勤めていましたが、給料はそこそこ(+ヒットすれば臨時ボーナス)でしたがいつも徹夜しているイメージがあります。

    別の知人はフリーランスのDTP?かWebデザイナーさんですが、納期が近ければ徹夜続きだそうです。
    その分自由も利くけど暇=収入が無いなので喜べないと。
    仕事は以前仕事をしていたツテがメインのようです。
    やはり技術がないと難しいですね。

    ユーザーID:6325108870

  • 忙しいと思う

    DTPデザイナーって色々あります
    友人はスーパーのチラシ作ってますが、めっちゃ忙しいよ
    拘束時間が半端ない

    曖昧な指示で作ってはやり直し作ってはやり直し
    デザインのやり直しは無料だから

    結果、拘束時間は長く、人間関係はギスギスし、視力は低下、休日もいつ呼び出しかかるか分らないから携帯は手放せないし遠出は無理です

    クリエイティブな感じもなし。

    また紙媒体自体が景気良いとは言えません
    webデザインも出来た方が就職にはいいかも

    仕事を辞める前に
    とりあえずMac買って通信の学校の講座に入って学割でアドビのソフト買って少し勉強してみてはどうですか?
    それで、創造意欲がかき立てられるなら転職も有りだと思います
    仕事ができるなら、転職後努めた会社で実績を作ってそこから仕事をもらうことも可能です
    ただ「仕事ができる」ことが必須です
    頑張って

    ユーザーID:8476042117

  • やめたほうが賢明です

    垣間見ましたが、かなり厳しい世界です。

    先細りってどなたかのレスにありましたが、そのとおりかなあ。
    確か派遣でも、時給が高かった特殊技能だったはずなのに、今では一般事務扱いになっていたような・・・

    >将来的に結婚は考えていないので、女性一人で独立した人生を歩んでいこうと考えています

    なおのこと、フリーランスはお勧めできません。
    趣味として楽しみ、転職するとしたら、ずーっと体力的に持つ仕事、年配の人もたくさん働いている職場へ行かれることですね。

    クリエイティブって素敵、華やかで派手だと思い込んでいる世界にあこがれているだけです。

    ユーザーID:2987245054

  • DTPはクリエイティブとはちがうよ

    アートディレクターやデザイナー等のクリエイターが考えたものを
    カタチにするのがDTPの主な仕事。
    ひと昔前なら、デザイナーの修業時代の雑務のひとつだったり、
    現実的な事を言うと、デザイナーになれなかった人の受け皿で
    埋められていた気がします。
    地味な作業で量もハンパなく軽作業扱いで賃金も安くキツく、
    一人前のデザイナーになる前にこれで相当淘汰されていました。

    今はデザインと同時進行でDTPも機械がみんなやってくれますので、
    DTPデザイナーのニュアンスとは、クリエイターに頼むほどでもない、
    デザインよりも価格・スピード重視の印刷物を作る人たちですね。
    トピ主さんの想像とはちょっと違うかもしれません。

    ネットの普及で紙媒体は衰えていく一方で、この業界は非常に厳しく、
    ちょい賃金のいいDTPデザイナーさんは元々バリバリのデザイナーさんだったりしますので、
    今からこの世界をスタートするのは厳しいかも。

    トピ主さんここにトピ立てられるのでしたら、WEB作成会社等に入力等で潜り込んで
    WEBデザイナーの道を模索された方が喰いっぱぐれがないと思います。

    ユーザーID:0774318786

  • 私は学校で勉強することをお勧めします。

    私はWEB制作の現場の者ですが紙媒体の方と通じる所ありますので書かせて頂きます。

    デザインや編集ソフトを一通り勉強するという意味で専門学校や職業訓練校で学ぶことをお勧めします。

    WEBや紙媒体の仕事は免許がなくとも仕事ができるため、独学でしか経験のない方も多数存在します。
    私の経験上、独学の方は本当に仕事がデキる人と、なぜこの業界にいるのか不思議なくらいにスキルがなく、偏った業務しかできない人の二極化が激しいです。

    専門学校に通うなど、何かしら一通り勉強を重ねて来られた方は当然ながら一定レベルの品質を担保することができます。

    人事としては業績が全てと言い、偏ったスキルを持った人を勤務年数だけで判断して採用する場合もありますが、現場からすると、「なぜ雇った。。。」ということも多数あります。

    実務経験はともかくとして専門学校に通われる余裕をお持ちでしたらぜひお勧めしたいです。
    年齢もまだお若いし専門学校で就職の斡旋をしてくれる場合もあるでしょう。
    他に、最初は武者修行のつもりで未経験歓迎の会社に応募して、実績を積んでも良いかもしれませんね。

    私はトピ主さんを応援したいです。

    ユーザーID:6459024269

  • DTPは道具です(2度目)

    DTPを使う職業を整理しましょう。
    主に5業務あると思います。

    1.印刷会社や組版屋さんのオペレータ
     写植機の替りにDTPを使います→自主創作性は極小

    2.個人・デザイン事務所のデザイナ
     紙と鉛筆の替りにDTPを使います→同中
     基本は依頼者からソースが提供されます

    3.企業内デザイナ
     新規に生まれた職域です→同大
     自社商品を売るための活動なので制約はありません

    4.出版社や広告代理店の社員デザイナ
     数年前から増えています→同大
     依頼者と受託者の身分が同じなので、予算の制約等はありますが基本は社内調整です

    5.編集者などのディレクター(広告を含む)
     DTP使用者が急増しています→同超大
     依頼者と受託者が同一なので、時間的制約を除けば創造性の塊です

    現在、3-5が1-2の仕事を急激に奪っています。一般論ですが、2は設備の更新が低調で、3-5は常に最新の傾向があります。2は優れたデザインをすればいいだけですが、3-5は販売結果まで求められます。3になるには専門学校等は必須でしょう。

    自分の進む道を見つけてください

    ユーザーID:9342808285

  • 25歳駆け出しデザイナーです

    私は25歳女性、3月末にデザイナーとして働き始めました。
    その前は高校の頃からのバイト先で接客を10年、その傍ら漫画の依頼を受けたり知人から頼まれ小遣い程度にロゴなどデザインしていました。デザイン系の学校には通っていません。

    多少の違いはありますが、経歴に似たところがあると思いレスさせていただきます。
    幸運にも恐らく珍しく残業手当完全支給・休日出勤なし・雰囲気のいい会社に拾われました。
    私はロゴやフライヤーのデザインやら、こまごまとしたイラレの作品があり、イラストなどの仕事履歴もあったためその作品+αの作品集を作って持って行きました。ちょうどそれが今年の1月のことです。

    なのでもしIllustratorやPhotoshopが使えるのであれば、学校よりも作品集を作って面接に行かれた方が手っ取り早いのではないかな、と思います。もしスキルがないなら学校もいいと思います。接客業は勤続10年の部分が真面目ということで評価されましたが、結局のところ作品がすべてでした。
    なお、あとから知りましたが私が就活をしていた1月はデザインの求人が多い時期だそうで、狙い目の時期というのもありますね。

    ユーザーID:9190774271

レス求!トピ一覧