簿記か社会保険労務士

レス10
(トピ主0
お気に入り18

キャリア・職場

はな

よろしくお願いいたします。簿記3級と宅建を持っています。
もう一つ資格をとるつもりなのですが、簿記1級と社会保険労務士で悩んでいます。
会社の連結などに関心がありその方面に転職したいので簿記にしようかと思いますが、実務で2級以上の知識はいるのでしょうか?
簿記1級の需要があまりないのなら、社会保険労務士を取ろうかと考えています。
どちらのほうが会社的に需要があるのか、今後持っていて必要とされるかご意見お聞かせいただきたく思います。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:3205052723

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 仕事の方向性は?

    トピ主さんは学生ですか?

    希望職種と資格取得の方向性がバラバラで
    「手に職」という言葉に踊らされているように感じます。
    会社で連結会計やりたいなら、宅建はいりませんし…

    会計士は難関ぽいから
    ランクを下げて、簿記1級?社労士?
    という感じでしょうか?

    簿記は検定です。
    仕事上で簿記1級程度の「共通言語を知ってます」という
    アピールにしかなりませんので
    持っているからと言って、仕事に就けるものではありませんし
    大概、実務経験が必須となります。

    また、社労士に需要がないのは、
    「会社の業務の一環としてこなすこともできる」
    程度の仕事がほとんどであること、と
    割と難易度の低い資格であるため、供給過多であることです。
    これが開業が難しいと言われるゆえんです。

    トピ主さんが学生なら
    2級→会計士 に進んだほうが、はるかに有益です。
    もしくは 2級→税理士(財表・簿記)ですかね。

    いずれにせよ、受験日が限られるので
    学習期間も年頭に置いて、受講されたほうが良いですよ。

    ユーザーID:3584922598

  • どちらも需要はない。

    一般企業では、どちらの資格も必須となる職種はありません。
    あれば「知識は持ってるんだな」と思われる程度です。逆に言えば「実務はできないんだな」ともとれます。

    社労士を持ってなくても人事労務の仕事してる人はたくさんいます。
    簿記1級を持ってなくても、経理決算の仕事してる人はたくさんいます。

    人事労務の仕事に就きたいなら、社労士を勉強してれば有利にはなるでしょう。
    経理の仕事に就きたいなら、簿記を勉強してれば有利にはなるでしょう。
    でも、資格を持っているから優先的に就職できるわけではありませんよ。

    ぴよさんもおっしゃっていますが、トピ主さんがどういう仕事をしたいか?によります。
    トピ主さんがやりたい・極めたい仕事はなんなのでしょうか?
    あれこれ畑違いの資格を取るのは、かえって就職に不利になるかもしれません。
    どんな仕事をやりたいか、キャリアプランを何も考えてないように見えますから。

    もう一度言います。
    どちらの資格も、必要とはされません。
    どんな仕事をしたいか、によります。

    ユーザーID:2210353303

  • 簿記だと思います

    母が簿記2級、兄が簿記1級(日商)を母が社会人になって、兄は大学で取得しました。
    私は社会人で宅建と社労士を取得しました。

    はっきり、簿記が需要があると思います。
    帳簿が読めるのは強いです。
    それにパソコンのスキルもありますからね。
    母は私達を育てた後再就職をしましたが、バブルが弾けた後にも関わらず正社員ですからね。
    兄も私より早い内定を貰いましたね。

    私といえば理系の仕事をしておりますが、何せ経験がないので需要がありません。
    知識だけの頭でっかちなので「いざ実務」は。
    何のために取得したかといえば、「老後の保険」のつもりでした。元々文系ですので手に職がないのです。

    そんな理由で簿記です。

    ユーザーID:9359451083

  • 簿記だと思います

    ハローワークの求人をみると断然簿記でしょうね。ただし実務○年以上という条件が必ずつきますね。資格からはいっていくというのは非常に難しいことです。

    頭がボケないようにするためとか、暇つぶしにという感覚で資格をとるのならいいと思いますが、今の時代仕事にはそう簡単に結びつかないですよ。資格取得にお金もかかります。

    ユーザーID:5500880401

  • 簿記・・・

    簿記2級と社労士持ってます。

    まだ若い頃簿記2級(と実務経験)で転職経験ありです。
    結婚退職後も経理関係のアルバイトには割りとすんなり就けたと思います。

    社労士は結婚後のアルバイト中に合格しましたが、それで開業することもなく(アルバイトの仕事には労務関係もありましたが勤務登録もすることもありませんでした)本当に履歴書の1行を埋めるだけみたいな感じです。

    今、全然関係ないアルバイトをしていますが、経理などデスクワークの仕事を続けたかったら、エクセルワードをしっかり習っておけばよかったなぁ、と思ってます。求人広告に「簿記3級(又は2級)と実務経験・エクセルワード必須」というのが割りと載っていて、残念だなぁ、と(笑。

    トピ主さんも、まず資格ありき、ではなくどんな職種に就きたいか方向性を決めて資格取得されたほうが良いかなぁと思います。講座受講やテストにもお金がかかりますしね。

    ユーザーID:3780238329

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 資格は万能ではないです

    ご主人が税理士、奥様が社労士という事務所に
    10年弱勤めてました

    もちろん私も簿記及び社労士の有資格者です
    あ、ついでに言うと
    キャリアカウンセラーも持ってます

    上記のような事務所に勤めていると
    「税理士試験に合格しました」とか
    「社労士試験に合格しました」といって
    何のツテもなく、飛び込みの就職希望者が
    よくやってくるんですよ〜

    でも正直なところ
    有資格者よりも「実務経験者」の方がいいんですよ

    トピ主様のトピ読むと
    「このヒト資格マニア?」って思ってしまいます

    現場サイド(新卒で務めた会社では採用担当をしてました)
    ではトピ主様のような履歴書には警戒を抱きます

    今後のご自分のライフプラン及びキャリアプランを
    考え、立てた上で

    新しい資格に挑戦されるのか?
    今の資格に関する仕事を経験を積んで深めていかれるのか?
    お決めになられたら、いかがでしょう

    繰り返しになりますが
    採用の現場サイドとしては
    資格よりも「実務経験に基づく実務能力」が優先です

    ユーザーID:1571134568

  • 簿記二級とって、実務経験を積む

    資格の本を多く取り扱っている大型書店で本を探してみてください。二級から商業簿記と工業簿記に別れてそれぞれを勉強する必要があります。
    簿記検定一級は、二級をとった後ですね。二級・三級に比べると、本の種類も少なくなるし、内容がイラストはなく図○○で、ぱっと見て難しく感じます。簿記での求人は、二級か三級ぐらいでありますから、経理事務ならば、これに実務がつくことがあります。
    社会保険労務士は、開業を考えているくらい、自分が営業して顧客をとるつもりがないとおすすめできません。←事務のパートの求人は見たことがあります。たぶん、お手伝い程度の内容かと。
    簿記一級も社会保険労務士も、通信教育または資格の専門校でお金がかかりますので、後悔しない選択をしてください。

    ユーザーID:2892415404

  • どちらもためになる

    日商簿記2級、宅建、社労士の資格を持っています。
    お解りになると思いますが、簿記は2級で十分かと思います。
    現在は、使いやすい会計ソフトがありますので、そこそこの知識があれば
    1級は必要ないのでは?2級でも工業簿記の科目はありますし。
    そもそも会社の連結に必要な知識のために1級を取得してもどうかな?と
    いうところです。高校の商業科で簿記1級を取得している女子は数多く
    おります。
    社会的需要というよりも、社労士の方が国家試験で難易度が高く、勉強すれば企業活動がより理解できると考えます。国家試験取得はステイタスです。
    ひとつのことに集中して努力できる人格と捉えられます。
    企業に一人でも社労士がいることは、会社にとって心強いものです。
    その代わり、合格するためには相当の努力が必要です。恐ろしい足きり
    を回避し、確実に1年で合格するには覚悟が必要です。
    需要という意味では、どの士業も少なくなってきています。要は企業活動を
    理解するとともに、自分自身の内面も鍛えることではないでしょうか。
    資格だけ取得しても企業は認めてくれません。

    ユーザーID:1538073229

  • 私もその二つで悩んでいました。

    私は経理のアルバイトをしていますが、人事労務関係に興味があり、
    社労士試験を受けました。
    結果不合格でまた来年の受験に向け頑張る予定です。

    そんな中、フリーターのような生活を抜け出そうと
    正社員を目標に転職活動を始めました。
    最初は人事労務系で探しましたがやはり実務経験を求められる
    場合が多く、自分が応募できる求人は少なかったです。

    一方、簿記は興味があまりなかったので、
    経理をしているのに受験すらしていなかったのですが、
    アルバイトでも経験があったので、この度正社員の採用を頂けました。

    ハローワークに行った際、職員の方に言われたのが、
    経理はどんな会社にも必要なものだから、
    そっちの経験の方が潰しはきくとのことでした。

    今の経理のアルバイトは未経験で入社しました。
    みんな1〜2年経験したら、もっと条件の良い会社へ
    転職していってるので、簿記の検定に合格した上で、
    なんらかの形で少しでも経験すれば、勤め先は沢山あるかと思います。
    同じアルバイトの方に簿記1級の方がいますが、
    まず書類では落とされないと言ってました。

    ユーザーID:0916793633

  • 簿記2級と英語

    この二つの能力でで世界レベルの外資系金融に就職した人を知ってます。
    その会社のアカウントのコントローラーは社労士を持ってましたが
    社労士の資格で就職できたのではなく
    やっぱり会計と英語の知識でが重要でした。

    会計と労務ができることを売りにするより
    どちらか一方プラス英語で付加価値をつけましょう。

    ユーザーID:7447730613

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧