魂レベルで惹かれる風景

レス43
(トピ主0
お気に入り70

生活・身近な話題

アガサ

わたしは、スコットランドのアーカート城などの廃墟や、ブロンテ姉妹で有名なヒースの丘などの荒涼とした風景、そしてトスカーナの糸杉のなだらかな丘の風景にたまらなく郷愁を感じるのです。どちらも行ったことがないので、いつか行きたいです。前世とかでなにか縁があったのではないかと勝手に思ってます(笑)みなさんには、そんな惹かれる風景とかありますか。

ユーザーID:8710308848

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数43

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 富士山

    真冬の月光で真っ暗な闇の中に中に浮かび上がる雪の富士山です。

    初めて見た時は涙が出て来たコトを覚えています。

    ”霊峰”と言う言葉を思い出した瞬間でした。

    ユーザーID:1397846940

  • 都会の雑踏の中の石畳

    ありますあります。
    都会の雑踏の中の石畳に惹かれます。
    小学生低学年の頃にカレンダーでその風景を見て
    凄く懐かしい気持ちになったのを覚えています。

    私も自分の前世に・・・と信じています。

    ユーザーID:9586769697

  • ちょっと違うけど

    宮崎アニメの「魔女の宅急便」の一番良くあるところ。街の上空をキキがほうきに乗って飛んでる場面。説明へたですみません。

    あの街が大好きです。パズルもポスターもタぺストリーもあの場面のもの持ってます。あの街並みが好きです。自分が住みたいくらいです。

    ユーザーID:6449487780

  • まさにトピ主さんのと近い感じです!

    トピの題名を読んだ時点でこれしかないと頭にまず浮かんだのが、まさにトピ主さんも挙げたイギリスの丘陵地帯の風景や糸杉の木などで、文章を読んだら共通していて驚き。

    イギリスの風景がテレビなどで出てくるたび、ただ綺麗、素敵というよりは「私、ここに長い間居たことがある、よく知っている」という実感を伴った懐かしさや、いろんな複雑な思いや胸苦しさ?で一杯になります。

    幼稚園に入る頃まで、誰の影響でもなく、よくそういう風景を絵に描いていたのが残っています。
    時々、「あれっ、私まだこの人生でイギリスに一度も行ったことがないなんて!!」と信じられない気持ちになります。
    自分から計画しなくても、いつか呼ばれて行くことになるような気だけしていますが。実際行ったらどう感じるのでしょう。

    他の国の風景では、いくらすご〜く素敵な場所でも、一度も「懐かしい」という気持ちは感じたことがありません。

    以前そういえば友達が半分お遊びでしょうが、前世を当ててくれると云って言われたのが偶然にも「イギリスの田舎の婦人」(笑)でした。
    トピ主さんも、ヨーロッパにいらっしゃったのかも!面白いですね。

    ユーザーID:1132878062

  • 新婚旅行で行きました

    私はイギリスが大好きで、ロンドンのような都会も好きだけど、スコットランドの方も大好きです。なぜか昔から英国に惹かれるんですよね。トピ主さんの言葉を使うと、魂から惹かれる感じです。

    アーカート城は新婚旅行で行きました。ヒースのある地域も。4年前かな。素晴らしい思い出です。あーまた行きたい。

    ユーザーID:9226016822

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • トピ主さんのようにロマンチックではありませんが。

    亡き実父の故郷の風景ですね。夕焼け空に浮かぶ美しい山の影。その下では自転車で家路を急ぐ人の影が過ぎて行き…そんな詩になりそうな風景を眺めながら、湯船に浸かったことが忘れられません。もう三十年以上も前の話です。かなりの田舎なので、今も余り変わっていないのではないかと思います。父の実家を継いだ叔父夫妻が元気なうちに、もう一度訪れてみたいと思っています。

    ユーザーID:8033969343

  • 北海道の…

    オンネトー、です。

    20代中頃にツアーで行きました。

    深い緑色の湖面に雌阿寒が映ってたのを今でも忘れられません。

    30年前と湖面の静けさは変わり無いでしょうか。

    その頃は、周りも何も無く、本当に静かだったように覚えています。

    もう一度行きたい…。

    ユーザーID:1045551992

  • 思うに

    スコットランドのアーカート城などの廃墟や、ブロンテ姉妹で有名なヒースの丘などの荒涼とした風景、そしてトスカーナの糸杉のなだらかな丘の風景にたまらなく郷愁を感じるトピ主さん。おそらく、その郷愁は、写真や絵などで感じたものなのでしょう。

    もしも、トピ主さんがそこへ行くと、今度は、トピ主さんが今住んでいる所に帰りたくなる気持ちが生まれてくることと思います。今住んでいる所以外の所への郷愁の気持ちは、今住んでいる所の良さが見えない、満足することが出来ないから、自分の心に中に生まれてくるような気がします。

    外国の郷愁を感じた写真や絵と同じように、自分の足元の写真や絵を見ると、同じような郷愁を感じるかもしれません。私には、トピ主さんが風景写真や風景の絵が好きな人なんだなぁと思います。

    ユーザーID:7544768259

  • やっぱり、富士山と三保の松原です

    世界遺産からは落選しましたが、富士山と三保の松原です。美しい山は世界中にたくさんありますが、独立峰であの奇跡の造形は世界でも富士山くらいでは?

    ちなみに船でアメリカから日本に帰って来て、最初にレーダー画面に映る日本の本土は富士山頂です。実際に目の当たりにすると感動します!

    ユーザーID:1303435079

  • 大草原の小さな家

    昔ドラマありましたがあのような木造の小さな家がなんとなく懐かしい。
    家族が仲良く暮らして夕餉にはランプの灯り・・

    木のぬくものが懐かしいです。

    ユーザーID:2493869792

  • ありますね

    私はもう十何年も前ですが、ネパールに行った時にそう感じました。

    当時のネパールって、本当に山村だったんです。
    トレッキングでもしようかと一人で安宿に宿泊し、早朝にぼーっと外を見ていると、
    山間の家家から煙が立ち上り、言われも無き郷愁を感じました。
    勿論、他の海外も日本の山村も行った事がありますが、
    あんなに強烈に懐かしい思いを感じたのは初めてです。
    前世とやら、私はネパールの人間だったのかも知れません。

    ユーザーID:4090030267

  • おお! 同志よ!!

    かれこれ30年ほど前、新婚旅行でスコットランドへ行きました。
    その当時はまだ産業革命の時についたと言われた煤だらけのエディンバラ城がありました。
    どんより曇った3月の空とすすけたエディンバラ城…
    魂が揺さぶられました。

    翌年、意を決してもう一度行ったら…
    なんと駅前はキレイなショッピング街に、エディンバラ城は煤落としをしてすっかり見違えるように綺麗になっていました。

    ものすごくガッカリしましたが、前年の経験を生かして
    スコットランドをドライブして、「アーカート城」「ストレーカー城」に巡り合いました。
    開城している時間を過ぎていたので誰もいませんでしたが
    湖のほとりからお城を眺めていると本当に寂しい恐竜が湖から顔を出しそうな雰囲気でした。
    グレン・コーでは誰にも会わず荒涼とした山肌を独り占め(夫と二人でしたが…)
    途中、小さな街の教会や廃墟と化した城館にたくさん出会って
    私の前世のどこかでこの辺りに暮らしていたと感じました。


    あと、もう一つ魂が揺さぶられたのは「ポンペイ」
    絶対に自分はこの時代にここにいた!って感じました(笑)

    ユーザーID:9190271841

  • あります

    クロアチアのドブログニクです。
    絶対いつか行くと決めています。

    ユーザーID:2754199648

  • 川辺、そして緑

    川が流れている所の、川岸や中洲?に雑草が群生している所が
    たまらなく好きです。

    私もずっと、前世の記憶に違いないと確信してました。
    同じこと考えてたんですね。

    ほんと、魂レベルだと思います。

    ユーザーID:4829112290

  • 鬱蒼とした森

    屋久島が一番ですが、木に囲まれた神社とかそういう所でもいいです。
    空や海、花よりも大きな木に緑で囲まれている感じを想像すると落ち着きます。
    子供の頃、田舎の山に行くのも好きでした。
    山登りとかそういうのが好きという訳ではありません。

    ユーザーID:0932925420

  • 郷愁を感じる風景

    トピ主様が挙げておられる風景、私はテレビなどでしか見たことがありませんが、私も惹かれます。他に、なぜか16世紀のオランダ(ネーデルランド)の風景画の前に行くと、時間を忘れて立ち尽くしてしまいます。

    何度か夢に見た風景(小高い丘の上から教会や川の流れる街を見下ろしている)とよく似た絵を、図書館の美術全集の中に見つけて、びっくりしたことがあります。ロシアの地方都市の絵でした。当時の恋人には、それはデジャブだと言われましたが・・。

    ユーザーID:5359839871

  • こちゃこちゃした古い町

    マテーラ、カサレス、フェズなど、住んだことはもちろん行ったこともないのに、どうしてかあの手の町の写真に郷愁を感じます。
    日本でも東京等の下町の小さな家が密集していて、道が細く入り組んでいてどこに出るか分からないような感じに郷愁を感じます。
    実際は田舎生まれです。
    日本のこちゃこちゃした下町はだんだん無くなっていますよね。火事が起きたら消防車が入れないということで仕方ないのかもしれませんが、残念です。

    ユーザーID:6384586002

  • あります!

    学生時代にバスの中から見た庭のある木造一軒家。
    不思議と懐かしくて目が離せませんでした。
    まさに魂レベルの懐かしさ。
    私の育った家とは全然似てない古いタイプの家なのに…。

    誰にも言ってませんが私も前世にその家と関係があったのだと思っています。

    ユーザーID:9488124836

  • バリの寺院

    観光地から小さい寺院まで、あの「割れ門」が「これ知ってる!」
    ポイントでした。
    かの地の人は何度も捧げものや祈りをしますが
    あの習慣も初めて見たのに、すっと入ってきたような。
    そしてバリにいたとき、異常に眠くなります。
    乗り物に乗ってもホテルにいても、寝てばかりの状態が続いて
    しばらくたつと異常に元気が出てきて、何を食べてもおいしく、
    暑くてもなんでも平気です。
    日本では考えられません。水を得た魚とはこのことか、と思います。
    きっと、ここにいたことがあるなと思います。

    ユーザーID:2278557654

  • 真っ白い雪の平原

    真っ白い雪の平原

    これこそ、私の魂の風景です。



    冬の北海道の山から里へ、そして流氷の海へ
    真っ白な風景


    これが一番かなあ、と思いつつ

    ロシア・シベリアの雪の大平原に憧れて乗ったシベリア鉄道

    これが、一番ですね。

    生きるのには辛そうだけど
    なぜかそこに恋い焦がれる

    自分でも不思議だな、と思います。


    前世、そこに住んでいたのでしょうか・・・

    ユーザーID:5583190134

  • 色々な所に行きたい

    私はイギリスの湖水地方の景色が好きです。 それから、全く異なりますが、アメリカ、フロリダのキーウエストまで行く長〜い橋が見える高速道路からの景色も脳裏に残る素敵な景色でした。

    ユーザーID:1383332306

  • 私の場合は

    ニューヨークです。

    初めて行った時の躍動感が忘れることができません。
    「私の街だ!」と思いました。
    スタテン島フェリーから、マンハッタン島に近づく景色を見た時の興奮。
    前世で経験しているのかな?と思いました。
    最近増えてきた新しい高層ビルよりも、古いレンガのビルに惹かれます。
    アメリカは好きな国ですが、あんな感覚になったのはニューヨークだけです。

    その後、サイキックの方に前世でいたことがあると言われたことがあります。

    ユーザーID:2809232752

  • 一人で見る月。

    春にはおぼろ月。

    松の木の枝を通して観る月。

    しょっちゅう見ていても感動します。

    ユーザーID:4258637305

  • 奈良

    奈良の飛鳥・吉野です。
    十数年前、電車で初めて飛鳥を通った時、そんなつもりは全くなかったのに自然に涙が出て、「ここにまた来たい」と強く思いました。

    それから数年に一度、奈良のさまざまな場所を訪ね歩いています。お寺でお参りすると、文字通り、心が洗われる気がします。

    ユーザーID:8684002706

  • 素敵ですね

    ウユニ塩湖の映像を見ると本当にキレイで引き込まれます。
    行ってみたいのですが、富士山級の高度らしく高山病になるのが
    目に見えているので諦めています。
    アガサさんの夢がかなうといいですね。

    ユーザーID:2104983028

  • 富士山と明石海峡大橋です

    JR富士岡駅から見た富士山。
    JR舞子駅から見た明石海峡大橋です。

    ユーザーID:5228793636

  • 恐山

    夕暮れ時の宇曽利湖を望む風景。
    周りは本当に静かで、強烈な懐かしさと哀愁を感じました。
    旅行好きで国内もほとんどの県に行ってるし、海外も20カ国以上行っていますが、あそこまで魂の惹かれた場所はありません。

    恐山は有名な霊山で、魂の帰る場所と言われているようですが、本当にそうなのかもな〜と思いました。
    今思い出しだだけでも、猛烈にまた行きたくなります。
    今までに2回行きましたが、行くのに下手な海外より時間がかかる・・・。

    ユーザーID:7521572977

  • 行ったことないけど…

    私はギリシャのパルテノン神殿を見ると、古い記憶が呼び起こされるような、なんとも言えない気持ちになります。胸の奥がザワザワして、思い出したいけど思い出せない何かがあるような…ギリシャ神話を読んでいても同じような気持ちになりますね。

    あとはフランス。TVや写真で町並みやフランス語を聞くと、なぜだかとても懐かしく感じて。子供の頃から、フランスっていう言葉にとても敏感でした。一度も行ったことないのに…不思議です。

    ちなみに私の姉はエジプトが子供の頃から大好きで、デパートや博物館でエジプト展があるたび嬉々として行ってます。ツタンカーメン像やカポノス容器(ミイラを作る時に臓器を入れる器)を見てはうっとり…そんな姉を持つ私は、姉は前世ではミイラ職人の娘で、私をミイラにした!と信じています(笑)。

    ユーザーID:5424511749

  • 苔ですかねぇ

    苔のある風景を見ると、心が洗われるような気がします。
    森の木とか庭石とか、石の塀とか。
    苔むした城跡とか最強です。

    もし前世があるのなら、雨の多い場所に住んでいたかも
    しれません。(笑

    ユーザーID:9475558587

  • 大きな川を渡る橋

    小沢健二の歌で「大きな川を渡る橋が見える場所を歩く♪」という歌詞があります。ウチの近くだと木曽川、長良川、揖斐川に架かる橋を見ると不思議とこの歌詞が頭に流れてテンションが上がります。なんででしょうね?

    ユーザーID:5364382532

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧