養育費の事で教えて下さい

レス20
(トピ主2
お気に入り41

家族・友人・人間関係

マイセン

法律的にどうか?ということでお尋ねします。


離婚時、(子供が成人するまで養育費を支払う)という内容の公正証書を作成しました。
子供は現在18歳で4月から就職しました。

「就職したので養育費は払いません」と元旦那に言われました。

就職したら成人とみなし養育費を払う義務は無くなるのでしょうか?私の認識では成人=20歳と捉えていました。

子供は一応、就職しましたが心の病気をもっているためいつまで仕事が続くかわからない状態です。

納得出来ずにモヤモヤしています。
質問等があれば出来る限りでお答えさせて頂きます。
読みづらい文章ですが宜しくお願い致します

ユーザーID:9053676906

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • レスします

    養育費は通常成人(20歳)までですが、就職し所得がある場合、成人と見なされます。※女子が16歳で結婚した場合も同様。社会的には成人と見なされます。

    よって、扶養義務は消滅し、養育費の支払い義務は無くなります。

    いつまで続くかわからないから〜っていう理由じゃ無理ですね。
    例えば本当に働けない状態。であれば20歳までの扶養義務はあります。

    ユーザーID:5807679827

  • 払う義務は無くなります

    勿論、就職した子の分だけですが、養育費を払う義務はなくなります。

    成人とは一般的には二十歳ですが、二十歳以下でも養育費とは子が自立出来た時点までなので、正式に就職すれば無くなります。

    ただし、その子が退職し新たに学校に通えば養育費は二十歳迄という期限付きですが復活するし、病気により退職すれば同様に二十歳迄は復活します。

    ユーザーID:0732242330

  • 打ち切りでしょう

    18歳で就職したら、主様は、娘さんを養育するためにお金使っていないでしょう、養育費もらう必要自体がないでしょう、大学に行っているのなら、卒業までは義務があると思いますが、仕事をやめて、治療費がかかるようなことがあれば、また別の話です。

    ユーザーID:5535562545

  • 成人は20才だけど、働き始めたのならいらないでしょう

    養育費って子どものためのお金ですよ。
    母親のためのものではないです。

    お子さんが自立したのなら必要ないでしょう。

    ユーザーID:6796934337

  • 成人って

    20歳が成人とは限らないですよ。例えば18歳で結婚したら法的に「成人」と見なされますし。

    公正証書を作成する時に○歳まで等年齢の記載はされなかったのでしょうか。

    養育費は子供が生活していく為に必要なお金なので、その子供自身が就職したのなら払ってもらえないのでは?

    今まで支払ってくれていただけ私には羨ましいですけどね。

    ユーザーID:1966554232

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 就職したら

    養育費停止となければ二十歳まででしょうね

    ただ、旦那さんの言い分も理解できますけどね

    ユーザーID:5975113225

  • レスします

    > 離婚時、(子供が成人するまで養育費を支払う)という内容の公正証書を作成しました。

    敢えて「成人するまで」ではなく、「〜という内容」と書いている点が気になります。
    文言で争うのであれば、実際にどう書いてあるのかが重要になるでしょう。


    > 心の病気をもっているためいつまで仕事が続くかわからない状態

    まだ起きてもいないことを盾にして養育費の根拠にするのは無理がないですか?
    ひとまず養育費は終わりにして、成人するまでの今後2年間に何かあれば、別途相談というのが妥当かな。

    それ以降は、何かあれば行政のお世話になることになるでしょう。

    ユーザーID:3352053696

  • 社会的自立ということでは?

    20才未満でも就職や結婚をすれば、それで社会的に自立したと見なされるのですから、養育費は無理だと思います。法的にもそうだと思います。

    もし病気等で退職し、無職になればまた支払って貰うように話し合う、ことは可能だとは思います。

    でもいずれ20才で終わるのですから、お子さんの就職が続いた方がずっと良いと思います。

    あなたが明るい気持ちで、お子さんの就職を喜んで続くよう励ましてあげることが、何よりお子さんの支えになり大切だと思います。

    もし納得できないようでしたら、行政が無料法律相談をしてると思いますので、そこで訊いてみられたらどうでしょうか。

    ユーザーID:4313724258

  • マイセンさんへ

    「養育費の支払いは子供が社会的に自立するまで」が原則ですが、双方の
    話し合いで決めることになります。

    お子さんが就職されたのなら、取り決め通り払えと貴女が請求したとして
    も、元夫さんは養育費の減額・免除を求める調停を申し立てることが出来
    るはずで、それは後の審判でも殆ど認められるのではないでしょうか。
    ただし、お子さんの病気等を勘案した条件付きの裁定であろうと思いま
    すが。

    ユーザーID:6839635957

  • 支払い義務は継続する。

    公正証書をよく見直して下さい。

    ・子供の成人の日までと書いてあり、
    ・子が就職した場合の記載がなく、
    ・前夫の支払いが滞れば、

    裁判所は、強制執行に関する執行文を作成してくれます。

    従って、前夫は、子が就職したからと言って、当然には支払い義務を免れません。

    前夫が、支払いを免れたければ、減額または不払いの調停・裁判が必要です。

    ユーザーID:1152017689

  • 今後必要なこと

    いずれにせよお子さんは就職されたわけで、元夫の義務はいったん終了です。
    そしてお子さん自らが父親である元夫に対して無事卒業して就職できたお礼を言う番ですよ。

    ユーザーID:0682924698

  • 逆に質問ですが

    就職して自分でお金を稼いでいる子供の養育とはどのようなもでしょうか?
    そこにお金をかけたいのですよね?

    ユーザーID:9936745178

  • みちおさん、それは違います。

    法的な「成人」の定義と行事祝日の「成人の日」をごちゃ混ぜにして考えるのは間違いです。
    公正証書の「成人」はあくまで法的な「成人」であって行事祝日の「成人の日」とは無関係です。
    他の人もしっかりと言及してますが法的な「成人」とは20歳になることではないのですよ。
    ちゃんと調べてから発言しなければ誤った情報を広めるだけですよ。

    ユーザーID:9965619482

  • トピ主です

    無知な私に色々教えて下さった皆様に感謝します。
    子供が就職=成人で法律的に間違いが無いと認識してよろしいでしょうか?ネットで検索したところ(就職=成人)(公正証書に成人までと記載があれば20歳迄請求出来る)と2パターンあったためどちらが正しいのか知りたかったのです。


    1…勝手に養育費を減らされ抗議すると「金に汚い女!死んでしまえ!お前は皆から嫌われてるETC」と大声で怒鳴られて傷ついた事
    2…公正証書に(子供にかかる費用が出来たとき話し合いの上金銭を支払う)とあるのですが私立にしか受からなかった子供の学校にかかる費用は一切みないと言い切り無視された事
    3…子供には良い顔をして「困った時はいつでも相談しなさい、いつでも父さんはお前の事を思っている」と言いながら子供が修学旅行の小遣いを少し援助してほしいとお願いすると私に電話してきて「子供を使って金をとる気か!」などと言われた事

    その他にも色々有りますが勝手に減額された分が20歳までもらえるとチャラくらいになるので貰えるものなら貰いたいと思った次第です。

    ユーザーID:9053676906

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • トピ主です

    続きです。
    心情的かつ感情的にモヤモヤしていたのですが法的に無理なものだと判れば少しスッキリした気分になりました。
    私の中でこれから養育するお金というより今まで支払って貰えなかった養育費を取り返すという気持ちだということに ここに書き込みながら気づきました。

    子供の初任給は5月25日で生活費はもちろん2ヶ月分の定期の立替や会社の制服代、スーツや仕事を円滑に進めるためのグッズや携帯代等、初期投資が色々多い為せめて最後に今月だけでも…と思ったのですがそれも無理と元旦那に言われました。

    愚痴になってしまいすみませんでした。
    明日から心機一転 子供を支えながら頑張っていきたいと思います。

    本当に有り難うございました

    ユーザーID:9053676906

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 就職が、成年擬制させるなんて聞いたことが無い。

    皆さん、常識で物をおっしゃっているようですが、公正証書には成人に達するまで養育費を支払うとなっているので、父親は当然に支払いを停止する権利はないはずです。

    まずは、支払うのが義務であり、当人間の話し合い又は家庭裁判所の審判でしか義務を免れないと思います。

    私なら、子の健康が安定するまで支払ってほしいと言い続けますがね。

    ユーザーID:1152017689

  • 待ってください

    法律上成年は20才です(民法4条)

    公正証書があるということは、強制執行できるようにしてあるんですよね?

    強制執行できるんじゃないですか?

    向こうが、減額・払わないという主張をするとは思いますけど。

    こちらは、子供の事情を主張して、減額には応じられないと主張して。

    手間だとは思うのですが、お金は大事なのでやった方がいいと思うのですが。


    法テラスとか市や町の無料法律相談に行かれたらどうでしょうか?

    ユーザーID:2538802338

  • 私もみちおさんと同じです。

    成人擬制では婚姻は明記されてるけど、就職は明記されてませんよね。

    公正証書の文言にもよるでしょうけど、条件付きでなければ就職によって当然に支払義務を免れるわけではないと思います。

    公正証書があれば差押が出来るはずですから差押をすればよいのでは?
    それに対し相手が異議があるのであれば、調停などを申し立てればよいかと思います。

    トピ主さんのお子さんの心の病気というのがよく分かりませんが、障がいなどで独立できないお子さんの場合、20歳を過ぎていても養育費の受け取りが認められるケースがあります。その場合も当然にそうだというわけではなく、調停などで扶養料の請求をする必要が出てくるかと思います。

    かかる費用や生活が安定しないなどの事情があれば、未払分も含めて差押が出来ると相手に伝えてみてはどうですか?

    また養育費(扶養料)は子供の権利なので、親が勝手に放棄をすることはせず、出来うる限りの努力(相手に支払わせる)をするのも(監護する)親の義務かと思います。

    ユーザーID:6010169615

  • お子さんが決めたらいい

    マイセンさんと元旦那さんが払う、払わないでモヤモヤしてもしょうがないです。お子さんが18歳ならば養育費が必要かどうかをお子さん自身が決めたらいいことです。

    お子さんが『大丈夫、養育費なくても頑張る』と決めたらマイセンさんが出る幕ではないと思います。
    『もうちょっと援助してほしい』と決めたらお子さんの名前で新たに養育費請求の調停を起こしたらいいだけのことです。

    でも就職してるなら元旦那に支払い決定がでるかどうか微妙ですが。

    まあ、一般的に成人まで養育費を支払うと公正証書でなっていても就職した場合は子の自立とみなし元旦那は養育費の減額・免除の請求ができます。なぜなら養育費は未成熟子が社会自立をするまでに必要とされる費用だからです。
    一度就職して退職した場合でも自立できる能力があるとみなされることが多く、今までと同じ金額がもらえることは難しいでしょう。

    養育費うんぬんよりお子さんの病気を治してしっかりと自立させるほうが大切だと思いますがね…

    ユーザーID:6695652260

  • 養育されてないのに養育費?

    就職して養育されていないのに養育費を貰うのですか?
    元旦那さんが調停なり裁判なりを起こせば、停止もしくは大幅な減額が認められそうですけど。。

    ユーザーID:4930964069

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧